LEICA ライカ 買取

              

LEICA ライカ 高価買取中

高く売れるドットコムでは、LEICA ライカを高価買取中です。
高く売れるドットコムでは、新品も中古品も送料・査定料一切無料!ご不要になったLEICA ライカがございましたら、お気軽に買取査定のご依頼をお申し付けください。

              

高く売れるドットコム コールセンター

0120-945-991

[ 年末年始除く9:15~21:00 ]

60秒で簡単入力 買取価格を調べる!

LEICA ライカについて

LEICA ライカ高価買取中!高く売れるドットコムでは、LEICA ライカの高価査定を行なっております。 使わなくなったLEICA ライカがございましたら、是非、無料査定のご相談を! お電話または、お問い合わせフォームから、査定、買取、そして、お支払いまで一括してサポートさせていただきます。 「これいくら?」と感じたら、まずは査定料・送料が完全無料の高く売れるドットコムへ買取依頼をお申し付けください。

LEICA ライカについてさらに詳しく

LEICA(ライカ)は、ドイツの光学機器メーカー、エルンスト・ライツが元となったライカカメラのブランド。
レンジファインダーカメラ「Mシリーズ」、一眼レフカメラ「Rシリーズ」、コンパクトカメラ、フィールドスコープ、双眼鏡など、あらゆる製品を製造・販売している。
レンズの描写性能などのクオリティが高く、プロカメラマンからアマチュアカメラマン、コレクターや愛好者も多い。
ライカは、エルンスト・ライツ社のカメラのシリーズで、またその関連会社の名称である。ライツのカメラなので、ライカである。
レンジファインダーカメラの最高傑作を製造したことで有名だ。太刀打ちできるものではないと判断した国内メーカーは一眼レフの開発へとシフトしていった。
35ミリフィルムを考案したのは、ライツの精密機械エンジニア、オスカー・バルナック氏である。氏は写真を撮ることが好きだったが、喘息気味で体が弱かったために、撮影機材のサイズと重さに悩まされていた。1912年に映画のカメラを試作しており、1914年にはそれをヒントに、24×36mm判カメラを試作している。第一次世界大戦もあり、市場にでるには1925年までまたねばならなかった。
1954年にライカがレンジファインダーカメラM3を発表するまで、国内メーカーはライカを研究し模倣しつづけた。M3はその後14年にわたり製造され、2011年現在でも欲しがる人は多い、伝説のカメラと言ってもいいだろう。ちなみに名称のM3は、M1から始まるというわけではなく、More Rapid、 More Convenient、 More Reliable の頭文字をとっているそうだ。
ライカはレンジファインダーを突き詰めて完成させてしまったがために、一眼レフへの移行は遅かった。それでも熱烈なファンが多く、製品の質も素晴らしい。 デジタルカメラが主流になってからはミノルタやパナソニックなどと提携して、身近になってきている。

  • 家電
  • 楽器
  • カメラ
  • オーディオ
  • ホビー
  • 鉄道模型
  • パソコン
  • スマホ・タブレット
  • 自転車
  • 電動工具
  • ブランド
  • 時計
  • 美容機器
  • ナビ
  • カー・バイクパーツ
  • 教材
  • スポーツ用品
  • ゴルフ
  • 釣具
  • 農機具・業務用機械
  • 金・プラチナ
  • 骨董・絵画
  • その他

コールセンター(年末年始除く9:15~21:00)

0120-945-991

60秒で簡単入力
WEBから無料査定

買取価格を調べる!