バイク処分方法|費用無料の捨て方と原付~大型の廃車手続きも

バイクの処分方法はもちろん廃車手続きなど詳しく解説しています。間違った方法で処分してしまうと、法律違反になる可能性もあります。この記事では、正しいバイクの処分方法や処分費用無料の買取サービスを紹介していきます。バイクの場合は、処分する前にナンバーを返納する廃車手続きを行わなければなりません。原付・軽二輪自動車・小型二輪自動車などバイクの大きさによって管轄している機関も異なるのでそのあたりも詳しく解説しています。
バイク処分方法|費用無料の捨て方と原付~大型の廃車手続きも

壊れてしまったバイクや乗らなくなったバイクをどう処分するかは大きな悩みだと思います。実際、何年も放置してしまっている人もいるのではないでしょうか。

不要になったバイクの処分方法は、法律でバイクの大きさによって決められていますので、法律に則った方法で処分しないと法律違反となってしまいます。

まだ十分に乗れそうなバイクに関しては、バイクの買取業者に買い取ってもらうという方法もあります。この記事では、バイクの廃車手続きや処分方法についてまとめています。

不要なバイクがあってお困りの方はぜひ参考にしてください。

バイク処分の流れについて

バイクを処分するには、大きく分けて2つのアクションが必要です。

  • ナンバーを返納する廃車手続き
  • 車体を処分する

それぞれについて詳しく説明していきます。

処分する前の廃車手続き

「廃車手続き」とはバイクを捨てたり壊したりするということではなく、簡単にいうとナンバープレートを返納するということです。

廃車手続きをしておかないと、手元にバイクがないのに毎年、自動車税の請求が来るという事態になってしまうので、バイクが不要になったらすぐに行うことをおすすめします。

バイクは大きさによって管轄している機関が違いますが、廃車手続きはほとんど一緒です。ナンバープレートと必要事項を記入した書類を提出するだけなので意外と簡単に手続きできてしまいます。

また、買取業者に売却する場合は、廃車手続きを業者に任せることができるので、廃車手続きをする時間が無いという方には買取業者に売却するのがおすすめです。

原付バイクの廃車手続き

原付バイクと125cc以下のバイクの廃車手続き

原付バイク(スクーター)と125cc以下のバイクの廃車手続きは、各市町村の役所で行います。

役所によっては平日しか受付していない自治体もあるので、平日に仕事がある方にとっては、少し面倒かもしれません。

しかし、各役所にある廃車申請書に必要事項を記入して、持参したナンバープレートと一緒に提出し、廃車証を受け取るだけなので短時間で終わります。

以下の持ち物を持って行けば手続きがスムーズに進みます。

廃車手続きに必要な持ち物

  • ナンバープレート。
  • 標識交付証明書(原付バイクの購入時にもらう書類)
  • 印鑑
  • 廃車申告書

廃車申告書は役所の窓口または市役所等の自治体のホームページから地域によって申請用紙をダウンロードすることが可能です。

軽二輪自動車の廃車手続き

126cc以上で250cc以下のバイクを軽二輪自動車と言います。この排気量のバイクは全国にある運輸支局(陸運局)での管轄ですので廃車にする際には、最寄りの運輸支局にナンバープレートを持っていって廃車手続きをします。

運輸支局で「軽自動車届出済証返納証明書交付請求書」を購入します。この書類は車体を解体処分する場合は必要ありません。

同じく運輸支局にある「軽自動車届出済証返納届」を記入して持参したナンバープレート、軽自動車届出済証、自賠責保険証明書と一緒に窓口に提出すれば廃車手続き終了です。

運輸支局も平日しか営業していないので、手続きは平日に行う必要があります。

廃車手続きに必要な持ち物

  • 軽自動車届出済証明書交付請求書(永久的なバイクの廃車手続きの場合は不要)
  • 軽自動車届出済証返納届出書
  • ナンバープレート
  • 車検証(軽自動車届出済証)
  • 自賠責保険証明書(期限が残っている場合のみ)
  • 印鑑

軽自動車届出済証明書交付請求書と軽自動車届出済証返納届出書は廃車手続きを行う陸運局で入手することができます。ナンバープレートは返納する必要がありますので忘れずに持っていくようにします。

小型二輪自動車の廃車手続き

251cc以上のバイクは「二輪の小型自動車(小型二輪)」として、自動車のカテゴリーに含まれます。251cc以上の小型二輪自動車の廃車手続きも各運輸支局で行います。

運輸支局内にある申請書を記入し、必要書類、ナンバープレートとともに提出します。その後、運輸支局内にある自動車税事務所で翌年度からの軽自動車税がかからないように申請します。

廃車手続きに必要な持ち物

  • 自動車検査証
  • 申請書(OCRシート第3号様式の2)
  • 印鑑
  • 手数料納付書
  • 軽自動車税申告書
  • ナンバープレート

自動車検査証はナンバー交付時にもらう書類ですが、なくしてしまった場合でも手続きは可能です。

申請書と手数料納付書、軽自動車税申告書に関しては運輸支局内にあるので、記入事項を記入して手続きを進めます。

処分するバイクの保険料と税金

バイクを処分するタイミング

廃車手続きをしたときに、自賠責保険の有効期限が残っていれば保険料が戻ってきます。残っている期間が長い程、多くの保険料が戻ってきますので、バイクが不要となったらなるべく早く廃車手続きをするのがおすすめです。

また、自動車税はその年の4月1日時点で登録されているバイクや自動車にかかる税金です。そのため、処分を考えているバイクがあったら、3月中に廃車手続きを済ませておくと、翌年度の税金がかかりません。

車体の処分について

バイク車体の処分について

どちらかというと廃車手続きよりも、バイクの車体処分の方が面倒に感じる方も多いのではないでしょうか。

バイクは粗大ごみとして扱うことができません。ゴミステーションに出してしまうと、不法投棄とみなされてしまいます。

廃品回収業者が引き取りに来てくれればいいのですが、廃品回収業が回ってこない地域やタイミングが合わないと処分に困ってしまいます。お金をかけて車体を処分する際の方法を2つご紹介します。

廃棄二輪車取扱店に引き取ってもらう

バイクを処分するときは、「廃棄二輪車取扱店」に引き取ってもらうことができます。バイクの種類に応じて設定された数千円~1万円程度のリサイクル費用の支払いが必要です。

「廃棄二輪車取扱店」に引取られた廃棄バイクは、メーカーや輸入元が責任をもって適正なリサイクルを行っています。

「廃棄二輪車取扱店」は一般的なバイク販売店であれば、ほとんどの場合は加盟しています。近くにバイク販売店がある場合は、一度、費用や引き取りが可能かなど確認するのがおすすめです。

廃車手続きのみも可能

「しばらくバイクに乗らないけど、車体は置いておきたい」というときは車体を処分せずに、廃車手続きのみ行うこともできます。

廃車手続きを行えば、毎年の税金はかからなくなりますので、長期間利用しないのであればおすすめの方法です。

また、一時使用中止を行うこともできます。一時使用中止の手続きには軽二輪自動車が500円、小型二輪自動車が350円の手数料がかかりますので手続きのときは準備しておきましょう。

バイクが必要になったときは再登録をすれば、また同じバイクを使用することができます。一時中止の際の手続き後に受け取る「廃車証明書」は再登録の際に必要なので、大切に保管しておきましょう。

廃車手続き後のバイクに乗ると法律違反になってしまいますので、そこだけは注意しましょう。

ヘルメットの処分はどうすればいいの?

バイクを処分したと同時にヘルメットも片付けたいケースがあります。こちらの記事で処分方法を詳しく解説しています。

バイクの処分を請け負う業者に依頼する

事故車や故障車などの買取が厳しいバイクは、処分を専門に行っている業者に依頼するのがおすすめです。処分にかかる費用は無料で、バイクを運搬することが困難でも現地まで取りに来きてくれることがほとんどです。

廃車手続きなども代行してくれるので、非常に手軽に利用することができますので忙しい人でも利用しやすい方法です。

買取業者に依頼して売却する

バイク買取業者に依頼する

これまで使ってきたバイクを売却したいという場合には、買取専門店に買い取ってもらうことをおすすめします。

バイクを処分するにはやはり、バイク買取店に依頼するのが一番簡単で確実です。廃車手続きは簡単とはいえ、平日に休みをとったり、慣れないことをするのは結構な労力がかかるものです。

バイク買取店なら、バイクを処分するための手続きの代行まで行ってくれるところがほとんどです。査定は、土日でも行っているので、忙しい人でも利用しやすいのがポイントです。

ただ、廃車手続きは税金や保険が関わってくることなので、きちんと廃車手続きが完了しているかは、廃車証などの書類を確認しておきましょう。

買取ってもらうことができれば臨時収入が入ります。自分で処分となると手間や費用がどうしてもかかるので、バイクを処分できたうえに臨時収入も望めるおすすめの処分方法です。

高年式のものや新型のものなら、特に高値で売却できる可能性もあります。リサイクル(再生利用)ではなくリユース(再使用)することも選択肢の一つとして考えてみてください。

動かないバイクや改造バイクなどでも買取ってくれる業者はあるので、処分してしまう前に一度は買取査定に出しても損はありません。

高く買取ってもらうには

バイクを高く買い取ってもらうための事前準備をご紹介します。

買取相場を調べておく

自分のバイクの買取相場を知っておくと、査定で提示された金額が適正かどうか判断できます。

高く売れるタイミングを狙う

新生活が始まったり、バイクに乗りやすい気候である春と夏にバイクの需要は高まります。需要が高まる直前の時期に買取価格が高くなる傾向にあります。

また、年式が古くなるとそれだけ査定額が落ちますので、新しいうちに買取依頼をかけましょう。

日ごろのメンテナンス

「外装のキズ・サビ・ヘコミ」「エンジン廻りの異音」「バッテリーの不調」などは、査定のマイナポイントです。日ごろから、汚れやサビを落としておくなどのメンテナンスをしておくと、良い状態を保てます。

おすすめのバイク査定サイト

バイクの買取を行っている業者は数多くありますので、どこの業者に依頼すればよいのか迷ってしまいます。できれば、少しでも高値で買い取ってほしいところです。

バイク王

バイク王

バイクの販売からレンタルバイク、中古パーツの販売までバイクに関する様々なサービスを提供しているバイク王では買取も行っています。

フリーダイヤルでもインターネットのどちらでも24時間受付しているので、忙しくて時間が無いという方でも安心して利用することができます。

買取の対応地域も北海道から沖縄まで全国対応しているので遠方に住んでいるという方でもバイクを売ることができます。

バイク王でお試し査定する

バイクワイン

バイクワイン

日本全国出張買取対応のバイク買取専門店です。サイト上でオンライン自動査定が可能で、メーカー、排気量、車種、年式、走行距離を選択するだけで査定金額がわかります。その後、申込に移るので先にいくらで売れるかわかるため安心して利用できます。

出張に来てくれる日時も調整可能で、実車査定で提示された買取価格に納得した場合はその場で取引成立となります。

バイクワンで自動査定する

バイクブロス

バイクブロス

様々なバイクパーツ用品のインターネット販売や、新品・中古バイク検索などができるバイクポータルサイトのバイクブロスが実施している無料バイク一括査定サービスです。最大8社がバイクを査定し見積もりを出してくれるため、査定金額の比較が簡単にできます。思い入れのあるバイクで買取にはこだわりたい方におすすめです。

バイクブロスで一括査定する

レッドバロン

レッドバロン

レッドバロンの年間販売実績は9万台を超えており、人気車種からレアなモデルまで買取しています。また、買取から販売までを自社で一貫して行っており、中間コストをかけずに運営しているので買取価格にも期待ができます。

ローン支払い中、転倒、不動車でも買取できるので、「持っているバイク売れるかな?」と悩んだ際は一度、査定に出してみるのもおすすめです 。

レッドバロンで査定する

バイク高く売れるドットコム

バイク高く売れるドットコム

バイクの売却でおすすめしたいのが、「バイク高く売れるドットコム」です。

バイク高く売れるドットコムは、登録している買取業者の中から買取価格を最大6社提示するサイトです。

バイクは、買取時期と在庫バランスによって買取価格が変動するため、査定時点で最も高価買取できるバイク買取会社が一度の申し込みでわかります。

中古のバイクや自賠責保険や車検が切れていたとしても複数の買取会社が提示されますので、必ずバイクを買取ってくれる業者を見つけることができます。

バイク高く売れるドットコムのメリット

1度の査定申込みで最大で6社の査定額を同時に知ることができるので、バイクが今どのくらいで売れるのかを比較することができます。査定額を比べることで、一番高い買取額で売ることが可能です。

WEB上の申し込みフォームから一括査定の申込みをすると最大24時間以内に査定結果が返ってくるので、リアルタイムで買取価格を知ることができます。

自宅にいながら売却できる

バイク買取査定サービスを利用すれば、買取店へ行く必要はありません。壊れて動かないバイクや改造バイクでも査定依頼ができます。

売却手続きが簡単

必要書類がそろっていれば、一部の場合を除いて、査定後その場で現金で売却できます。

無料で利用できる

バイク買取査定サービスはすべて無料で利用できます。一括買取査定・出張買取査定・売却に関わる名義変更・廃車手続きなどの手数料は不要です。査定の結果、買取不成立となった場合も費用が発生しないので、安心して依頼できます。

バイク高く売れるドットコムで査定する

まとめ

まとめ

「バイクが必要なくなったので処分したい」と思ったら、まずは買取査定を依頼するのがおすすめです。動かなくなってしまった不動車や改造車でも値段が付くことが多く、思わぬ臨時収入が期待できます。

買取が難しい場合は、処分業者に引き取ってもらう、廃棄二輪車取扱店や解体業者に依頼するなどの方法がありますので、自分が利用しやすい業者に依頼しましょう。自分で解体するのは危険なので止めてください。

いずれの場合も、廃車手続きがきちんと行われているかをきちんと確認することが大切です。

乾太一 / 専属ライター
乾太一 / 専属ライター

あらゆるモノの買取・処分方法を熟知している高く売れるドットコムマガジン編集部のエースメンバー。疑問が多いリユースについて誰もが読んでわかりやすい記事作りを心がけています。

関連キーワード