ドラムセットの処分を考えている方必見!賢く上手な片付け方

不要になったドラムは場所を取るだけでなく処分方法も難しく運び出すのも一苦労です。 そんなドラムがあなたのご自宅やご実家の片隅で眠っていませんか?この記事ではドラムの処分のやり方についてまとめて紹介しています。市区町村の粗大ごみ収集からオークション出品、買取専門業者への売却まで捨て方はさまざまです。処分別に費用・メリットを分かりやすく解説しています。ドラムセットの処分に困っている方や買替えをお考えの方必見です。


ドラムセットの処分を考えている方必見!賢く上手な片付け方

大小さまざまなドラムやシンバルなどのパーツで構成されているドラムセットは、大きさもかなりあります。不要になったドラムセットを処分しようと思っていても、どのように処分したらよいのか悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

他の楽器と異なり、ドラマー人口は決して多くないため、知り合いに聞いてもわからない場合が多いと思います。

「ドラムセットは粗大ごみとして捨てられるのか」「売却するのなら、どんな方法があるのか」「費用はどれほどかかるのか」など、ドラムセットを処分したいと考えている方は、いくつかの疑問があると思います。

そんな疑問に答えるために、ドラムセットの4つの処分方法を紹介しますので、ぜひ、参考にしていただき、これまで持て余していたドラムセットを、賢く上手に処分して、すっきり快適な空間を作り出しましょう。

ドラムセットを賢く処分する4つの方法

ドラムセットを賢く処分する4つの方法

そんなドラムセットの処分を簡単に行うには、どんな方法があるのでしょうか。ドラムセットの賢い処分方法を手続きや費用、メリットについて詳しくご紹介します。

市区町村に粗大ごみとして回収してもらう

ほとんどの市区町村では、ドラムセットを粗大ごみの対象品目に指定しています。粗大ごみの出し方については、市区町村ごとにさまざまなルールが定められています。

粗大ごみの回収には、事前申し込みが必要な市区町村と必要のない市区町村あります。収集方法については、戸別収集とごみ処理施設への持ち込みの2つの方法があり、市区町村によって異なります。

また、ドラムセットを粗大ごみとして処理するためには、粗大ごみ処理手数料が必要です。無料の市区町村もありますが、おおよそ300円~1,000円程度かかります。

粗大ごみ処理手数料の額は、ドラムセット全体を1つの粗大ごみとして扱う場合と、バストラやシンバルなどのパーツごとに1つの粗大ごみとして扱う場合があります。

ドラムセットを粗大ごみとして戸別収集に出す場合は、地区の収集場所や自宅の玄関先、集合住宅の場合は、1階部分まで運び出す必要があります。ドラムセットをなるべく分解して、収集員の方が収集しやすい状態で出しましょう。

しかし、ドラムセットの場合は、パーツごとでも価値があります。全体的に破損がひどくて演奏できる状態ではない場合を除けば、セットごと処分するのではなく、破損したパーツだけを粗大ごみまたは大きさによっては、不燃ごみとして処分することをおすすめします。

かかる費用

  • 粗大ごみ処理手数料(無料の場合もあります)

メリット

  • 破損していても回収してもらえる
  • 梱包の必要なし

デメリット

  • 粗大ごみとして処分する場合は、お住まいの市区町村に申し込みが必要
  • 粗大ごみ処理券を購入しなければならない
  • 回収日まで待たなければいけない
  • 個別収集の場合は所定の場所までの運び出し、ごみ処理施設への持ち込みの場合は運搬の手間がかかる

不用品回収業者に処分を依頼する

不用品回収業者に処分を依頼する

民間の不用品回収業者に依頼して、ドラムセットを回収してもらう方法です。

梱包や運び出しの必要もなく、自分の都合のよい日時を指定して、そのまま部屋や倉庫などから運び出してもらえるので手間がかかりません。

特に、集合住宅にお住まいの方や仕事で忙しい方など、粗大ごみの収集日にドラムセットを運び出すことが難しい方におすすめです。

回収料金は、不用品ごとの料金のほか、軽トラ1台分、2トントラック1台分など、車両に積み込む不用品の量で料金設定している不用品回収業者などさまざまです。

引っ越しをする場合など、ドラムセットの他に処分したい不用品がたくさんある方や、早急に処分したい方などにもおすすめです。

費用

  • 回収費用

メリット

  • どんな状態でも回収してもらえる
  • 梱包の必要がない
  • 自分の好きな日程で処分ができる
  • 迅速に処分してもらえる

デメリット

  • 回収費用が高い
  • 中には悪質な業者もいる

ネットオークションに出品する

ネットオークションに出品する

ヤフーオークションや楽天オークション、モバオクなどのネットオークションに、ドラムセットまたはパーツごとに出品する方法です。

通常、ネットオークションに出品する際は、システムに会員登録し、会費を支払います。

また、出品登録する際には、ドラムセットの写真を見栄えよく撮影する必要があるなど、出品登録するまでにも費用と手間がかかりますが、売りたい値段で出品できるため売値にこだわりたい方におすすめです。

落札された場合は、利用するネットオークションによって異なりますが、落札額から約8~10%の落札システム使用料を支払います。

ドラムセットを落札者に送付する際には、梱包材を購入し、壊れないように丁寧に梱包しなければなりません。

ドラムセットごと送付する場合は、分解して送るとしても相当額の梱包材の費用や送料を負担することになります。また、このひと手間を惜しむと落札者からの評価が下がってしまうので要注意です。

パソコンやネットの知識があまりない方、ネットオークションが初めての方、ドラムセットなど楽器の相場価格について知識があまりない方には、少々ハードルが高いと言えるでしょう。

また、落札されるまでの時間がかかるだけでなく、落札されない可能性もあるため早急に処分をお考えの方には不向きです。

費用

  • オークションの会員登録費
  • 落札システム使用料
  • 梱包材費用
  • 送料

メリット

  • 希望価格に設定可能
  • 市場の評価額で取引可能

デメリット

  • ネット上に出品する際に手間がかかる
  • すぐに買い手が見つからない場合がある
  • 商品の梱包や発送に手間がかかる

買取専門業者に売却する

買取専門業者に売却する

ドラムセットなどの楽器は、買取専門業者に査定をしてもらい、売却することもできます。

ドラムセットは、年月が経っても十分に使用できる楽器なので、買取専門業者も積極的に買い取ってくれます。

特に、ヤマハやPearl、TAMAなどの人気メーカーのドラムセットやRolandの電子ドラムセットなどは、思いのほか高額で買取が行われる場合があります。また、バスドラ、スネア、タム、ハイハット、シンバルなど、パーツごとでも買い取ってもらえるので、買い替えをお考えの方には特におすすめです。

参考までに買取業者の違いや特徴をまとめた記事もぜひ読んでみてください。

一般的な査定の申し込み方法

買取の際は、ほとんどの買取専門業者がウェブまたは電話で無料簡易査定を行っています。

買取を希望するドラムセットまたはパーツの商品名・型番・商品の状態・附属品の内容などをフォームに入力または電話で伝えて、自分のドラムセットがどのくらいの価格で買い取ってもらえるのか、簡易査定金額を調べてみましょう。

「付属品が足りない」「汚れ、キズなどがある」「年式が古い」などの場合でも、査定対象となります。しかし、ヘッドが破れてしまったり、著しくパーツが壊れている場合は買取対象外となる可能性が高いので注意してください。

ドラム以外にも売りたい物がある場合はまとめて売れる

ドラムセットの買取は、有名楽器店でも行っていますが、その場合は楽器の買取だけになってしまいます。

ドラムセットなどの楽器だけでなく、テレビや冷蔵庫などの家電製品のほかカメラ、パソコン、オーディオ、ゴルフ道具などのスポーツ用品、バッグなどのブランド品など、他の不要品を買い取ってもらいたいという方には、買取専門業者に依頼すればまとめて処分できるため、不用品を一掃したいという方には特にメリットが高い処分方法です。

ドラムセットの買取を依頼する際に、他の不用になったものも一緒に査定して買い取ってもらえば、部屋もすっきりと片付けることができます。不用品を処分することで、思わぬ臨時収入につながる可能性もあります。

費用

  • 不要

メリット

  • 運び出しや梱包の必要なし
  • ほかの不用品も一緒に処分が可能
  • スピーディーに現金化が可能

デメリット

  • 破損しているものなどは買取ってもらえない場合がある
  • 買取業者によって査定額に差がある

買取依頼をする前の準備

ドラムの買取価格は、有名ブランドなど元の価格や型式によって査定価格がアップすることがあります。ここでは、高価買取をしてもらう際のポイントについて見ていきましょう。

動作を確認しよう

動作を確認しよう

楽器は音が出なければ価値がありません。しっかり音が出るか確認しておきましょう。特に電子ドラムの場合は電源が電源が入るかどうかの確認もしておくことをおすすめします。

きれいに掃除をしておく

きれいに掃除をしておく

ドラムセットをきれいに磨き、ほこりや汚れなどを取り除いておきましょう。

タバコのヤニなども査定価格に影響してしまいます。専用のクリーナーなどでピカピカに磨いておきましょう。

付属品を揃えておく

付属品を揃えておく

購入時と同じような状態にしておくことが、高価買取のポイントです。保証書や付属品、取扱説明書など、揃えれるものはすべて準備しておきましょう。

ドラムを売れる買取サービスの紹介

実際にドラムを買取しているサービスをご紹介します。どの買取サービスもインターネットから申し込みが出来る点が特徴です。

楽器高く売れるドットコム

楽器高く売れるドットコム 楽器高く売れるドットコムでドラムを売る

楽器高く売れるドットコムは全国対応の楽器専門買取サービスで、店頭買取、出張買取、宅配買取の3つの方法があります。ドラムセットのように大型の楽器は、持ち込みや梱包・発送の手間のかからない出張買取がおすすめです。

希望する日時にスタッフが自宅に訪問し、実際にドラムセットを確認して最終的な査定を行います。提示された買取金額に了承すれば、その場で現金で支払われます。出張費や搬出費用は一切かかりません。

買取の申し込みから買取まで日数がかからないので、すぐに処分したい方や現金化したい方におすすめです。

楽器の買取屋さん

楽器の買取屋さん

楽器の買取屋さんはネット型の楽器買取専門店です。インターネットに特化しており、人件費や店舗運営費を削減している分、削減したコスト分を利用客に還元することで高額査定を実現しています。独自の再販ネットワークで高価買取が可能で、納得のいく買取金額を提示してくれます。

取扱ってくれる楽器の種類も豊富で、不具合楽器にも対応してくれます。「宅配買取」「出張買取」「店頭買取」のほか、「法人買取」や「大量買取」にも対応しています。出張買取の場合は、電話から最短30分で出張買取、宅配買取の場合は、入金が早く、買取成立後24時間以内に振り込まれるなど、対応が早いことが魅力といえます。

参考:楽器の買取屋さん

イケベバイキング

イケベバイキング イケベバイキングでドラムを売る

イケベ楽器が運営する楽器買取サービスです。条件検索から楽器のジャンルやブランド名を選択・打ち込んで検索すると買取上限金額の一覧が表示されます。

買取方法は店頭に持ち込みか、宅配買取の2種類から選ぶことができます。買取価格の目安がわかるため安心して売ることができます。

トイズキング

トイズキング トイズキングでドラムを売る

24時間対応のウェブ査定ができ、全国出張買取に対応した楽器買取サービスです。買取金額20%アップといった期間限定キャンペーンも定期的に実施されています。

まとめ

処分に困ってしまうドラムセットの処分方法についてご紹介しました。

市区町村の粗大ごみから、オークション、回収業者、買取など、あなたのニーズにあった処分方法を見つけて、自宅やご実家で幅を利かせるドラムセットの処分にお役立てください。

齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。