墨田区で粗大ごみはこうして出そう!料金・持ち込み方など解説

東京都墨田区の粗大ごみの処分方法や、申し込み方法、料金、粗大ごみシール、持ち込み方法や場所などわかりづらいポイントをまとめました。墨田区で粗大ごみを処分にするにはお金と手間がかかります。ルールに従って正しく出しましょう。また、お金をかけずに不用品をお得に処分する方法も紹介しています。墨田区にお住まいでこれから粗大ごみを出そうと考えている方はぜひ参考にしてください。
墨田区で粗大ごみはこうして出そう!料金・持ち込み方など解説

ほぼ毎日出している生活ごみについては、分別の仕方やゴミ出しの日を把握している方がほとんどだと思います。

しかし、あまり頻度の高くない粗大ごみの出し方をきちんと把握している方は少ないのではないでしょうか。

古くなってしまった家具や壊れた電化製品などは粗大ごみに分類されることがほとんどです。また、大掃除や引っ越しなどでは大量の粗大ごみが出ることもあります。

ごみの出し方は、市区町村ごとに異なったルールが細かく決められているので、煩雑で複雑なのが現状です。

今回は、いざというときに困らないように、東京都墨田区の粗大ごみの出し方についてまとめました。墨田区で粗大ごみを出す予定のある方はぜひ参考にしてください。

墨田区の粗大ごみについての決まりと出し方

墨田区の粗大ごみについての決まりと出し方

まずは、墨田区で決められている粗大ごみの定義と出し方について見ていきます。

粗大ごみに出せるもの

日常生活でいらなくなった電気器具、家具、スポーツ用品などで、大きさが30cm角以上のものは基本的に粗大ごみとして扱われます。

これらは解体しても粗大ごみ扱いです。また、ガスコンロやストーブなどといった通常のごみ収集に支障のあるものは30cm未満であっても粗大ゴミ扱いです。

粗大ごみを出す方法

粗大ごみは通常のごみ収集場には出せません。住居の形態によって異なりますので、ご注意ください。

戸建ての場合は、玄関先や敷地の入り口など、わかりやすい場所に出します。アパートなどの集合住宅の場合は、粗大ごみ置場、粗大ごみ置き場がない場合は、1階の共有玄関前などわかりやすい場所に出します。

収集は8:00~15:30過ぎ頃までに行われますので、申し込み時に指定された収集日の朝8時までに出します。立ち合いは必要ないので、必ず決められた時間までに出しましょう。

65歳以上もしくは障害者で構成する世帯で、自分たちで粗大ごみを屋内から運びだすことが出来ない方は、管轄のすみだ清掃事務所へ相談してください。

粗大ごみの持ち込み方法

自分で粗大ごみを日曜日に指定場所へ有料で持ち込むことができます。希望の方は事前の申し込みが必要です。

処分料金について

次に、気になる料金について見ていきましょう。

粗大ごみ品目と料金

粗大ごみは品目ごとにそれぞれ料金が設定されています。同じ品目でも、大きさで料金が異なる場合は、解体前の大きさで申込みます。墨田区の品目ごとの料金は下記のURLで調べられます。どれに該当するのか判断に困る場合は、すみだ清掃事務所に相談しましょう。

粗大ごみとしてよく出されるものの料金の一部をご紹介します。粗大ごみ処理券については次で解説しています。

品目料金粗大ごみ処理券
衣装ケース400円A券200円x2
オーディオ機器(アンプなど)400円A券200円x2
自転車800円A券200円x1、B券300円x2
ストーブ800円A券200円x1、B券300円x2
ソファー2,000円A券200円x1、B券300円x6
箱物家具(高さ・幅合計360cm未満)2,000円A券200円x1、B券300円x6

参考:粗大ごみ品目と料金検索

料金の支払い方法

墨田区が発行する粗大ごみ処理券を必要な料金に達するように購入します。処理券には、A券200円、B券300円の2種類です。墨田区以外の処理券や必要な料金に満たない場合は収集されません。

処理券の購入場所

墨田区の粗大ごみ処理券取扱所の表示のある商店やコンビニエンスストア、スーパー、またはすみだ清掃事務所で購入できます。

処理券の貼り方

処理券に名前(集合住宅の場合は部屋番号も)か受付番号、収集日を記入し、必要枚数を粗大ごみ1点ずつ見やすいところに貼ります。

申し込み方法について

申し込み方法について

粗大ごみはルールに従って、正しく出す必要があります。最近ではインターネットで申し込みができるので、平日の日中は忙しくて申し込みができない人でも簡単に申し込めるようになっています。

収集依頼方法

電話または、WEBサイトから申し込みを行います。なお、粗大ごみ扱いできない品目や電話申し込みでしか受け付けていない品目もあるので、事前に注意事項をよく確認しましょう。

持ち込みの申し込み方法

粗大ごみの持ち込みを希望の方は、下記の粗大ごみ受付センターへ直接電話にて申し込みを行ってください。

変更や取り消し

収集(持込)予定日までの日数が日曜日を除き4日以上ある場合はインターネットでの手続きが可能です。それ以外の方は、粗大ごみ受付センターへの電話連絡が必要です。

申し込み先
粗大ごみ受付センター
電話番号
03-5296-7000
受付時間
月~土曜日 8:00~19:00(祝祭日も受付)
※インターネットで申し込む場合は、1回の申し込みにつき10個までです。それ以上の場合は電話で申し込みしてください。

墨田区では粗大ごみとして出せないもの

リサイクル法の対象品目や、180cmをこえるものなどは粗大ごみには出せません。引っ越しなど期日がきまっているときは、特にスケジュールには余裕をもって出すことをおすすめします。

法律で決められているもの

テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンなど家電リサイクル法対象品目やデスクトップパソコンなどパソコンリサイクル対象品目など、法律によって粗大ごみで出せないものがあります。詳しい内容は下記のURLにまとめられています。

参考:家電リサイクル法対象品目

参考:パソコンリサイクル対象品目

関連記事はこちら

長いもの

全長が180cmを超えるものは粗大ごみとして出せないことがあります。サーフボード、はしご、物干し竿などは、180cm以下に切断してから出しましょう。

処理が困難なもの

自動車、自動車部品、自動車タイヤ、ピアノ、耐火用金庫、消火器、コンクリートブロック、ガスボンベ類、金庫や仏壇などは処理が困難なため粗大ごみでは出せません。

商売で使っていたもの

事業活動で出たものは粗大ごみとして出せません。

墨田区で布団やテレビを処分する方法

墨田区で布団やテレビを処分する方法

墨田区で粗大ごみとして出されることの多い物に、布団やテレビがあります。それぞれの出し方を紹介します。

布団

掛布団、敷き布団、かい巻き、夏掛け、毛布(電気毛布)などが粗大ごみとして出せます。

料金

400円なので、A券200円・2枚必要です。

テレビ

家電リサイクル法対象品目なので、以下のいずれかの方法でリサイクルします。テレビの処分については下の記事でも詳しく解説しています。

家電販売店に依頼する

新たに買い換えをする店舗、または製品を購入した店舗に依頼します。料金は、リサイクル料金と収集運搬料金を小売店に支払います。

家電リサイクル受付センターに申し込む

家電リサイクル受付センターへ電話で申し込むと、収集運搬業者が自宅まで引き取りに来ます。料金は、リサイクル料金と収集運搬料金を収集運搬業者に支払います。

申し込み先
家電リサイクル受付センター
電話
03-5296-7200
受付時間
日曜日・年末年始を除く8:00~17:00

指定引取場所へ持ち込む

リサイクル料金を支払い、自分で指定引取場所持ち込みます。指定引取場所は以下で検索できます。料金は、郵便局・ゆうちょ銀行でリサイクル料金を支払います。別途、振込手数料がかかります。

参考:最寄りの指定引取場所検索

粗大ごみ手数料の減免・免除になる人

粗大ごみ手数料の減免・免除になる人

下記の条件に該当の方は、粗大ごみの手数料の減免や免除があります。粗大ごみ受付センターへお電話にてお問い合わせください。

減免・免除対象者

かっこ内は手続きに必要なものです。

  • 暴風/豪雨、地震等の天災の災害を受けた方(管轄清掃事務所の指示)
  • 生活保護受給者(生活保護受給決定通知書の写し、生活保護受給証明書、生活保護変更通知書のいずれか)
  • 火災等の災害を受けた方(消防署長の罹災証明書)
  • 児童扶養手当受給者(児童扶養手当証書の写し)
  • 特別児童扶養手当受給者(特別児童扶養手当証書の写し)
  • 老齢福祉年金受給者(老齢福祉年金証書の写し)
  • 中国残留邦人等支援給付受給者(墨田区福祉事務所長の発行する本人確認証の写し)

粗大ごみは賢く出そう

粗大ごみは賢く出そう

粗大ごみを処分するときは、捨てるとはいえ料金がかかります。しかし、その粗大ごみをお金にかえる方法があります。それは、粗大ごみに出す前に買取査定に出してみることです。

「高く売れるドットコム」は、スポーツ用品や釣り具などの趣味のものや、冷蔵庫やテレビ、エアコンなどの粗大ごみとして出せないリサイクル対象の家電まで、幅広い買取実績があります。

高く売れるドットコムをチェック

出張・宅配・店頭買取と3つの買取方法があるので、全国どこにいても利用することができます。

店頭が近くにない方や、自宅から粗大ごみを運び出すのが難しい方も問題なく利用できます。とりあえず買取額がいくらになるのかを知りたいときは、ウェブや電話で受け付けている無料査定を行えば買取額がすぐにわかります。

買取成立には条件や対象外品目はありますが、手間やお金をかけずに粗大ごみを処分したい方におすすめです。

買い取ってもらえれば臨時収入にもなりますので見逃す手はありません。引っ越しなどで大量に粗大ごみが出る、まだ使えるけど買い替えるので不要になったなどの場合は特におすすめです。

買い替えの軍資金になるかもしれません。一度、検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ

まとめ

粗大ごみの処分はごみを出す日やルール、料金が細かく決まっているので手間やコストがかかるものです。

また、家電リサイクル法などができてからは、粗大ごみとして扱えないものも増えています。

粗大ごみの処分でお困りの際の備忘録としてご利用いただければ幸いです。

齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり3年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。様々な物の処分方法や買取ポイントを紹介し、世の中にリユースを広めるべく活動しています。