車の下取り前に知りたい買取との違いとメリット|条件や注意点

車の買取と下取りに付いて解説いたします。車を売却する時には買取と下取りの二つの方法がありますが、二つには価格の査定価格の出し方やメリット・デメリットに大きな違いがあります。この違いは、これから車を売却する方もぜひ知っておいた方が良いでしょう。
車高く売れるドットコム

車の下取り前に知りたい買取との違いとメリット|条件や注意点

車を売却する時には、買取だけでなく下取りする方法もあります。どちらの方法にもメリット・デメリットがありますので、その人にとって最善な方法は違ってきます。車は高い買い物ですので、売却の際にもなるべく最良の手段で売りたいという方も多いでしょう。

また、実際に車の売却に下取りと買取があることを知っていても、具体的に価格がどのように決まるのかといったことを知らない方もいるかと思います。価格の決定方法を知っていると、査定交渉の際にも役立ちます。そこで、買取価格と下取り価格の違いから価格の決まり方までを解説してきます。

車の下取りと買取はどう違う?

車の下取りと買取はどう違う?

下取りは、古い商品を売却してその金額分を購入する商品から割り引く行為を指します。一方買取は、古い商品を売却してお金に変えるということです。この二つは、車の売却という同様の意味となります。

意味合いは変わりませんが、車の場合の下取りは「ディーラー」でのみ、買取は「買取店や中古車販売店」でしか行っていないという特徴があります。買取店で中古車を購入する際に下取りはできませんので、注意が必要です。

では、なぜお店によって売却方法が分かれているのでしょうか。これはお店の形態に違いがあるためです。例えばディーラーは、メーカーから新車を販売するという契約を交わしていますので、新車を販売することに力を注いでいます。中古車を販売しているディーラーもありますが、販売の比重は新車なので中古車を買取する必要が無いのです。

反対に買取店では、中古車を売却する販売ルートをしっかりと抱えています。新車を販売するお店ではないので、中古車を買取販売するということが業務の中心となるのです。このような違いがあることから、ディーラーと買取店で売却方法が分かれているのです。

車高く売れるドットコム

下取りと買取の価格はどう決まるのか

下取りと買取の価格はどう決まるのか

下取りや買取価格はどうやって決まるのでしょうか。実はこの二つ、価格の決め方が大きく違うのです。そのため、査定額にも大きな差が出ることがあります。実際にどのように決まるのかを見ていきましょう。

下取りの価格の決まり方

下取りの場合は、きちんとした公式に基づき計算されています。これは社団法人日本自動車査定協会によって定められたのもので、ディーラーはこの協会に加盟をしています。具体的な下取り査定の公式は以下となります。

基本価格+加点(車検残、カラー、オプション)-減点(修理歴、傷、内外装)

このように基本的な価格があり、そこから加点と減点で計算されます。またこの計算以外にも、ディーラーでは他社ブランドの車の査定を低くする傾向があります。

他社ブランドの売却は大変で、営業マンも他社の車の知識は十分ではないこともあるためです。もし高い金額で買い取ったとしても、売却に困ってしまう可能性もあります。しかし、自社の製品に乗り換えたことで、メーカーからインセンティブがもらえるというケースもあり、特定のライバル車種に関しては、高く引き取る場合もあります。

また、基本的に純正でないと査定が上がりません。改造車の場合は下取り査定額がアップするどころか、減額される可能性もあります。

参考:査定業務|日本自動車査定協会

買取の価格の決まり方

買取の査定額は、下取りよりも細かい項目で判断されます。「車の種類や状態、付属品、季節」など項目はさまざまですが、これをまとめると車の需要と供給に大きく関係していると言えます。

買取店では、需要が高い車に対して高い値段を付けます。例えば人気の車種や人気のカラー、グレードは高値で販売ができますし、すぐに売れるので高額査定になるということです。そして、そこから状態や付属品の有無などで、加点や減点がされていくといったように考えると良いでしょう。

またお店の販売ルートによっても、値段は変動します。販売ルートとは「オートオークション、店頭販売、ネットオークション、海外販売」というように、お店が買い取った車を売却する方法のことを指します。販売ルートもいろいろとありますが、業者によって持っているルートが違うため、買取査定額も異なる結果となります。

販売ルートによっては、仲介業者が入ってしまい、マージンが引かれることもありますので、その場合は査定に響いてきます。反対に店頭販売といった仲介業者がいないルートは、査定額が高くなることもあります。

下取りと買取にはどのようなメリット・デメリットがあるのか

下取りと買取にはどのようなメリット・デメリットがあるのか

ここまでで、価格の出し方が違うということがわかったかと思います。単純に価格の面だけで言えば買取に分がありますが、下取りにもメリットがあります。互いにどのようなメリットやデメリットがあるのかを見てみましょう。

下取りのメリット・デメリット

下取りの最大のメリットは、売却の手間が省けるということです。ディーラーに行って購入と下取り手続きをするだけなので、無駄な手間はほとんどかかりません。新車が納車されるまで、下取りする車に乗ることができるのもメリットの一つです。また、買取では売りづらい昔の車種の場合、下取りの方が高額になる可能性があります。

一方デメリットとしては、買取よりも価格が下がるということです。人気の車種にプラス査定になるはずの付属品が付いていても、評価対象にはならないので買取との差額が大きくなる可能性もあります。

買取のメリット・デメリット

買取は、査定価格が高くなる場合があります。更に複数のお店と交渉ができるので、査定額をアップすることも可能です。売却後は現金で受け取れますので、車だけでなく他の用途にもお金を使えるというのも大きいでしょう。

査定額にはプラス査定になる要素も多くありますので、人気の高い車や付属品のある車は買取利用の方がお得になります。一方デメリットは、買取までに時間がかかるということです。やはり時間と手間の上では、下取りにはかないません。

また相場の変動が激しく、売却の時期には査定額が急に落ち込むことがあります。市場に需要が無い場合は、査定額が極端に低い場合もあり、下取り額より下回ることもあります。

下取り価格を上げるには?

下取り価格を上げるには?

下取りは、基本的に買取価格よりも低い傾向にあります。特に人気車種やカラーですとその傾向が強いです。そんな時は最初に買取店で査定額を出してもらい、その額をディーラーで下取りした際に提示しましょう。

そして、買取査定額を考慮した下取り額が決定した場合に、購入を決めると良いでしょう。また最初に買取査定額を提出すると、営業との交渉がスムーズにいく場合がありますのでおすすめです。

なぜならディーラーの営業は、お客さんが何か条件を提示した場合に備えて少し見積額を低く提示する可能性があるからです。そこであらかじめ用意した買取査定額を提出することで、下取り車の価値を既にお客さんが知っているということがわかりますので、その情報を加味して下取り価格を決定してくれます。

下取りの注意点

下取りの注意点

下取りをする際にはいくつかの注意点があります。何も知らずに下取りをすると、損をする可能性がありますのであらかじめ知っておきましょう。

見積もり前に下取り依頼をしない

最初の段階で下取りという言葉を出すと、下取りを前提に話を進められてしまいます。そうなるとそのお店で全てを済まさなければいけなくなりますし、断りづらいという問題もおきます。

このようなことにならないように、購入したい車の見積もりを先に出してもらいましょう。そして、見積額に納得できたら下取りの話をします。前述もしていますが、先に買取査定を出しておき、その上で交渉をするとスムーズに進む可能性が高くなります。

下取り査定はお金がかかる場合がある

車高く売れるドットコム

ディーラーで下取りをすると、査定料金がかかる可能性があります。これはディーラーにもよりますが、車両購入時に請求される名目です。気になる場合は、先に査定料金がかかるのか確認しておくと良いでしょう。

また、下取りの査定をしてから購入を止めた場合は、査定料金はかかりません。しかしお店によっては、購入をしてもらえるように引き留めることもあるでしょう。このような問題もあることから、先に買取店で買取査定を行い、金額を出しておくのも良いでしょう。一方買取査定では、査定料金はかかりません。

下取り査定に必要な書類をそろえておく

下取り査定の依頼には、以下の書類が必要です。書類が無いと審査ができませんので、あらかじめ用意しておくと良いでしょう。

  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • 自動車検査証
  • 印鑑登録証明書
  • 印鑑(普通自動車は実印、軽自動車は認印)

他にも委任状や譲渡証明書が必要になりますが、こちらは自分で用意する必要はありません。また、整備の記録や事故履歴に関しても聞かれますので、車に入れておきましょう。事故履歴なども正直に話しましょう。内部を見れば修復歴があることはわかってしまいます。もし嘘をついたことがわかってしまうと、契約ができなくなりますので、注意が必要です。

最も高く車を売りたい場合は買取の一括査定がおすすめ

車高く売れるドットコム

車を売却する時には、買取と下取りの二つの方法がありますが、店舗ごとにも違いがあります。また、少しでも高く売りたい場合は買取を選択することもお伝えしました。

車買取と言っても様々な業者があるため査定をしてもらうのは、時間も手間もかかります。

そこでおすすめしたいのが、車高く売れるドットコムの一括査定です。たった45秒で各社の一括査定ができ、出張買取も行います。より高額での買取はもちろんのこと、買取前後のサポートもあり、安心できるサービスの提供をしています。愛車の売却を検討している方はぜひお試しください。

車高く売れるドットコムで一括査定する

まとめ

車を売却する時には買取と下取りがありますが、両者では価格の決め方やメリット・デメリットが大きな違いがあることがわかりました。下取りは、新しい車をすぐに購入して古い車をすぐに手放したい方や、買取査定であまり高額にならない車をお持ちの方におすすめです。

一方買取は、人気の車種や状態の良い車、付属品、車検残があるなどの高額になるような車を所持している方や、より高い金額で売りたい方に向いていると言えます。それぞれのメリット・デメリットを理解し、最適な方法で車を売却しましょう。

車高く売れるドットコム
齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。

関連キーワード