車の買取契約のキャンセルについて|注意点や規約まとめ



車の買取契約のキャンセルについて|注意点や規約まとめ

車の買取契約キャンセルで、気をつけなければいけないのは、キャンセル料とキャンセル可能期間です。キャンセルの連絡が遅くなればなるほど、キャンセル料は高くなり、キャンセルが難しくなります。さらにいえば、そもそもキャンセルすること自体、買取会社にとって迷惑なことというのも、忘れてはいけません。

買取会社には、契約が決まり次第すぐに次の買い手を探すところも多く、買取を取り消されることにより、重大な損失が発生することもあります。以上のようなことを踏まえ、車買取契約のキャンセルについて解説します。

買取で発生するキャンセル料

車を買取に出して、無事引き渡しが完了しました。でも、他の買取業者のほうが高く買取ってくれることを知り、キャンセルしたくなってしまった。そんなときに注意したいのが、キャンセルにかかる料金です。

キャンセル料を支払うのは納車完了後の取り消し

車の買取を依頼したまではよいものの、気が変わり、愛車が恋しくなって契約取り消しをしたいとき、料金がかかるのは車や必要書類を買取り先に渡したあとです。つまり、話し合いの段階で契約書にサインをしていないときや、契約書を提出しても車や、車検証などの書類をおさめていないときは、多くの場合はキャンセルできます。一般的にキャンセルするなら早いほうがよいといわれるのはこういった理由があるためです。

反対に、車や書類を買取会社に提出済みのときは、高い確率で、キャンセル料を支払うことになります。それどころか、キャンセル自体ができない場合もあります。

各業者でキャンセルに関する規約を記載

キャンセルに関する取り決めは、各会社によって違います。買取会社のホームページだけでなく、契約書に書かれているので、必ずチェックしておきましょう。また、少しでも理解できないことがあれば、そのままにせず、納得できるまで話を聞きましょう。

キャンセル料は次の人に売るための経費

そもそもキャンセル料とは、次のユーザーに売るためのコストです。車を買取って次の人に売るためには、買取や査定、名義人変更などの手続き、車両の保管、車内整備などを行います。それらには、金銭的コストがかかるのです。急なキャンセルがあった場合に、これらの費用を請求するのがキャンセル料です。

また、オークションに出品している業者もいます。そういった業者はオークション会場へ持っていく手間と費用もかかっています。その費用もキャンセル料に含まれるのです。

キャンセル料のぼったくりに注意

買取会社の中には、法外なキャンセル料を請求してくるところもあります。オークションに出品した場合や、次の販売先が決定してない場合、買取会社の経費は数万円ほどしかかかっていません。

しかし、実例として5万円での売買契約をキャンセルしたら10万円のキャンセル料を請求された例が、国民生活センターのホームページに記載されています。このように、法外な請求をされた場合は、すぐに国民生活センターに相談しましょう。

キャンセルできるかできないかはタイミングが問題

買取をやめたいのであれば、速やかに連絡しましょう。遅くなると、キャンセルできないこともあり、キャンセルできてもキャンセル料を取られます。

キャンセルできるのは引き渡し直前まで

買取依頼を取り消せるのは、買取査定を依頼し、話し合いが行われ、車や書類が手元にある段階までです。また、引き渡しが完了したあとで、オークションにも出されず、キャンセルしたとしても何も損害が発生しないところまでです。ちなみに、各会社で取り決めがあるので、そこに記載されているキャンセル可能期間であれば、キャンセルが可能です。

キャンセルできるかどうかは業者次第

次の買い手がすでに決まり、キャンセルをすることで買取会社に損失が発生する場合や、買い手の迷惑になる場合、そして買取会社の定める期間を超えたときは、キャンセルできない場合があります。買い手が見つかっている状態では、売り手と買取業者での売買契約はもちろん、買取業者と買い手の売買契約も成立しています。ここでの契約取り消しは、買取会社の信用の低下にもつながるので、キャンセルを拒否できるのです。

キャンセルするなら速やかに連絡する

買取会社は、売り手から車を買取ったあとすぐにオークションに出品したり、買い手を探したります。買取会社は、オークションなどで転売した収益で生活しています。ですから、多くの業者がその日のうちに転売準備、メンテナンスなど販売活動に取りかかっています。

このため、車を渡した翌日にキャンセルを依頼したのに拒否されることもあります。また、高額のキャンセル料が発生したりするので、引き渡し後にキャンセルするならすぐに申し込みましょう。

キャンセルできる期間を決めているところもある

車の買取では、いろいろなトラブルが発生します。契約取り消しもその1つです。そのため、契約後、または納車後にキャンセルできる期間を決めているところもめずらしくありません。その期間内であれば、キャンセル可能です。期間を超えるとキャンセルは難しいので、必ず期間内に連絡しましょう。

キャンセルされることによる買取会社の影響

買取会社は、キャンセルされることによって様々な影響を受けます。買取も契約なので、キャンセルによって買取会社にどのような影響があるのか知っておくことは大切です。

オークションでの影響

オークションに出品する買取会社は、出品するだけで手数料を取られています。これは、落札されなくても同様です。また、出品の取り下げを繰り返した場合に、出品停止のペナルティを受ける場合もあります。

買い手が見つかっている際のキャンセルの影響

買取会社で販売先が決まっている場合、買取自体がキャンセルされると、信用に影響します。買い手からすれば買うつもりだった車が手に入らないのですから、当然印象は悪くなります。小売業は信用が大切なので、キャンセルによるリスクは重いのです。

主な買取企業のキャンセル規約

ここまで、キャンセルに伴う様々な影響について紹介してきました。大手の買取会社では、キャンセルに伴う規約を独自に設けています。ここでは、代表的な会社がどのようなキャンセル規約を設けているかを紹介します。

ガリバー

ガリバーは、ホームページでキャンセルについて記載しています。それによると、契約をかわして引き渡し済みなら7日間です。納車後、オークション、または買取手が見つかっていても翌日までキャンセルが可能です。さらに、納車前の状態であればたとえ契約書にサインしても取り消しが可能です。

ビッグモーター

ビッグモーターは、契約後のキャンセルは一切できません。次の買い手が見つかっている状態で契約することも多く、トラブルを発生させないためといえます。キャンセル不可能なので、少しでも引っかかる点がある場合、サインは慎重に行う必要があります。

アップル

アップルは、全国にフランチャイズ展開を行っているので、店舗によって規約が異なります。一応、本部の規定では引き渡しの翌日までキャンセル可能ですが、契約の際にしっかり確認しておきましょう。

ネクステージ

ネクステージの公式サイトには、キャンセルに関する規約の記載はありませんでした。しかし、キャンセルはできない、とはっきりうたっているわけではないため、相談することはできるかもしれません。契約の際にしっかり確認しておきましょう。

カーセブン

カーセブンでは、納車から7日間キャンセル可能です。また、売買契約成立後でもキャンセル料が発生しません。次の買い手が決まっている場合には相談が必要ですが、7日間はキャンセルできるようです。

キャンセルしないためにはしっかりと考えて契約すること

ここまで、キャンセル可能な店舗、できない店舗そしてキャンセル料などについて紹介してきました。しかし、キャンセルは買取会社に迷惑がかかる行為です。また、契約の取り消しなので、どうしてもトラブルになりやすいのです。このためできればキャンセルしないのが無難、といえます。

では、どうしたらキャンセルをしなくて済むのでしょうか。結論としては、よく考えて車を売ること以外ありません。自分の大切な車がもう二度と戻ってこないことをしっかりと把握しておきましょう。少しでも迷いがあるなら売却しないほうがよいかもしれません。

また、査定は必ず複数の業者から見積もりをもらい、納得した状態で契約しましょう。そして、最終的に契約する際には、契約内容をしっかりと見直し、問題がないことを確認しておくことが大切です。その時点で疑問がある場合や、納得できなければ断ればよいのです。

車を売る際には、細かい契約内容まで目を通しておくことが大切です。買取金額だけに目を奪われがちですが、重要なのは契約の内容です。その内容によっては、重大なトラブルになりやすいので、慎重にチェックしましょう。

車を売りたいなら高く売れるドットコムへ

車高く売れるドットコム

契約後に他の会社のほうが高く売れたことを知ってしまうと、どうしてもキャンセルしたくなります。そのようなことがないように、車高く売れるドットコムの一括査定サービスでは売りたい車の情報を入力するだけで、複数の買取業者から見積もりをもらえます。

さらに、買取に関する相談窓口も設置しており、お客様が安心、納得して契約できるように尽力しています。査定は無料なのでぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

車高く売れるドットコムで一括査定する

まとめ

買取のキャンセル依頼は、買取業者に負担がかかるだけでなく、その先の買い手にも迷惑がかかる可能性があることを忘れないようにしましょう。また、急にキャンセルしたくなっても、簡単には取り消せないことも合わせて把握しておく必要があるのです。

それでも、なんとかキャンセルがしたいという方は、契約後どのくらい時間が経過しているのか、また、買取会社のキャンセルに関する規約を確認してから連絡するようにしましょう。ちなみに、キャンセルの件など車の買取にはわかりにくいこともあることでしょう。そのようなときは、査定専門店など仲介者を利用すれば、車の買取がよりスムーズになります。

齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり3年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。様々な物の処分方法や買取ポイントを紹介し、世の中にリユースを広めるべく活動しています。

関連キーワード