走行距離が車買取の査定に与える影響はどれくらいあるのか?

車高く売れるドットコム

走行距離が車買取の査定に与える影響はどれくらいあるのか?

走行距離が多い車は車買取の査定額が大幅に下がる、と聞いたことはありませんか。10万キロを超えると価値がなくなり売れなくなる、といった話を耳にしたことがあるかもしれません。しかし、本当に走行距離が多いだけで売れない、査定額が大幅に下がる、といったことはあるのでしょうか。

ここでは、走行距離が車買取の査定に与える影響についてまとめてみました。走行距離が多い車をなるべく高値で売却する方法についてもご紹介します。車を売りたい方はぜひ参考にしてください。

走行距離がチェックされる理由

中古車の査定でチェックされるポイントはいくつかありますが、中でも重要視されるのが走行距離だといわれています。では、どうしてそこまで重視されるのでしょうか。それは、走行距離が車の寿命やコンディションを把握するために重要な要素だからです。

走行距離から耐久年数を把握する

車は走れば走るだけ耐久年数が短くなります。車はさまざまな部品から構成されており、それらは次第に消耗してゆきます。消耗品パーツなら交換すればよいのですが、それが簡単にできないパーツもたくさんあります。

例えばエンジン内部のピストンのように、長年の使用で摩耗してゆくものですが、簡単に交換できるものではありません。そのため、走行距離が長い車だと、それだけ部品の消耗も激しいと考えられます。また、ボディやシャーシにもダメージが蓄積している可能性があります。

ただ、こうした状態は外から見ただけではわかりません。パーツの消耗にしても、エンジンやトランスミッション内部となると状態が把握しづらく、耐久年数を予想することが難しくなります。

査定の際に走行距離が重視されるのは、表から見ても車の耐久年数や、コンディションがわかりにくいため、走行距離を手がかりとするほかないのです。中古車の購入を考える人は耐久年数を懸念し、走行距離の長い車を選びにくくなります。そうしたことも踏まえ、買取の金額は決められます。

目安となる距離

一般的には、一年間で1万キロの走行が標準だと考えられています。そのため、同じ5万キロの走行があった車でも、3年で5万キロを走行している場合だと走行距離が長いと考えられ、5年で3万キロだと少ない、と判断されます。30年以上前では、技術の水準がそこまで高くなかったこともあり、10万キロが車の寿命だと考えられていました。今でもそう信じる人はいますが、一概に10万キロ走っているから寿命だとはいえません。

しかし、かつて10万キロが寿命だといわれていたのは、エンジンに使われているタイミングベルトの交換時期の目安であることも理由のひとつでしょう。タイミングベルトは重要なパーツで、切れると車を駆動させることができません。ゴム樹脂でできているため、放っておくと劣化してしまいます。

車高く売れるドットコム

査定に与える影響

では、走行距離が10万キロを超えた車は売れないのでしょうか。結論からすると売れないことはありません。また、逆に走行距離が少ないからといって必ずしも高額査定になるとも限らないのです。

走行距離はひとつの要素

中古車の買取価格決定にはさまざまな要素があります。確かに走行距離は査定額の決め手になるほど重要な要素ではあるものの、それだけで決まるわけではありません。過走行の車であっても、それだけを理由に買取を断られることは考えにくいでしょう。走行距離はあくまで査定における要素のひとつです。

高値がつくことも

希少な車種や珍しいカラーの車体などは、過走行でも高値がつくことがあります。市場に中古として出回っている数が少ない車種だと、希少性もあり、一定数の需要があると考えられます。

また、日本車は海外、特に東南アジアでも人気があるので、外国への販売ネットワークを保持している中古車取り扱い店では高値で買取ってくれることがあります。海外の市場では過走行車やコンディションの悪い車でもよく売れています。そのため、過走行でも高値がつく可能性は十分あるといえるでしょう。

高く売るためには

走行距離が長い車を少しでも高く売るには、いくつかのポイントがあります。まずは消耗品を含め、車全体のメンテナンスをきちんと行うことです。

また、お店によって査定の基準は異なり、最終的な売却価格も大きく変わってきます。そのため、なるべく高く買取ってくれるお店を選ぶことも大切です。きれいな状態で査定を受け、ついていた付属品はつけるといった基本的なことも押さえておきましょう。

消耗品のメンテナンス

メンテナンスにおいて、特に重要なパーツとしては、先述のタイミングベルトが挙げられます。エンジンにおける給排気のタイミングを調節しているタイミングベルトは、ベルトと名前がつけられているように、ゴム樹脂製のパーツです。そのため、劣化によって切れることがあり、切れてしまうとエンジントラブルに直結してしまいます。

エンジンにおける給排気のタイミングがずれると、不完全燃焼や稼働が止まることがあり、エンジン本体に負担を与えるほか、運転中の重大な事故にもつながりかねません。査定のためだけではなく、ふだんの安全な走行のためにも、タイミングベルトのメンテナンスは大切です。

一般的には10万キロで交換といわれていますが、劣化具合は使用する環境でも変わります。場合によっては5~8万キロほどで交換したほうがよいケースもあるでしょう。劣化しているかどうかは目視や、手で触ってチェックします。先述したように素材がゴム樹脂のため、劣化すると固くなる、ひび割れるといった状態が確認できます。明らかにひび割れが目立っているような場合、交換の時期かもしれません。10万キロというのはあくまで一般的にいわれている目安です。実際の交換時期は劣化具合を確認して決める必要があります。

また、冠水など、ベルトが濡れるようなことがあるとそれも劣化の原因となるため注意が必要です。定期的にエンジンルーム内をチェックし、タイミングベルトそのものも目と指先でチェックすることをおすすめします。

下取りと買取

メーカーと特約店契約を結び、そのメーカーのものだけを取り扱っている店舗をディーラーと呼びます。その店舗で、新しい車を購入することを条件に古い車を引き取ってもらう「下取り」の場合、その車種の流通上における最低水準での価格を提示される傾向にあります。コンディションがよくても人気の色・車種でも、ほぼ一律の価格設定となり、古い年式や過走行の車だとほとんど値がつかない、ということも珍しくありません。

そのため、高く売ることを考えれば、中古車の販売や買取を行うお店、または買取専門店への売却がおすすめです。これらの業者は、さまざまな要素を鑑みながら評価を行います。車種の希少性が評価されるのはもちろん、過走行の車体であっても適正な価格で買取ってくれることも少なくありません。

とはいえ、やはり、日本では過走行の車は敬遠されがちですが、海外ではそこまで気にせず購入する人がたくさんいます。可能であれば海外への販売ネットワークがあるお店でも査定を受けましょう。海外で人気の車種やカラーだと、予想以上の高額査定となることも考えられます。

店舗によっては、即日現金払いが可能なところもあります。このような業者は、すぐに現金が必要なケースでは重宝できるものの、査定額が低くなる傾向にあります。とにかく早く売りたい、すぐにお金が必要、という時以外は避けましょう。過走行車など、評価されにくい車を高値で売ることには向いていません。

高く買ってくれるところを探す

中古車販売店でも買取専門店でも、査定の基準は異なります。基本的な部分は同じかもしれませんが、もっとも重視ポイントは違うのです。距離よりもトータルでのコンディションを重視するところもあれば、人気やトレンドなどを重視するところもあります。

評価の基準が異なるため、提示される金額が数万円から数十万円と、大きく違ってくることも珍しくありません。高く売るためには、査定額を比較し、より高額査定をしてくれるところに依頼する必要があります。店舗に公式ホームページがあれば、何を評価の重要なポイントにしているか記載されていることがあるので参考にしてみましょう。

買取を強化している車種を公表している店舗もあります。買取の強化キャンペーンなどで、時期により注力される車種が変わることもあるので、タイミングが合えば過走行でも高値が期待できるでしょう。こうしたチャンスを見逃さないようにしたいものです。

車高く売れるドットコム

高く売るには、複数の見積もりを比較する相見積もりがもっともポピュラーな方法です。気になる業者をいくつか見繕い、それぞれに査定をしてもらいましょう。また、一括査定サイトを利用すると一度に複数社の見積もりがとれるので便利です。

査定はなるべくきれいな状態で

基本的なことですが、査定を受ける前には車をきれいにしておきましょう。過走行車でしかも見た目も悪いとなると、印象がとても悪くなってしまいます。水垢や泥などの汚れは洗車して落とし、付属品はそろえておくなど、少しでもきれいな状態にしておけば印象はずいぶん違ってきます。

外装はもちろん、内装もきれいにしておくとより好印象です。オーナーに大切にされてきた車、という印象を与ることは、評価を高くするために重要です。

過走行の車はただでさえマイナス評価になりやすいため、こうした小さな工夫や努力が大切です。ほんの少し手間をかけるだけで、金額がアップすることは十分考えられます。ボディは洗車とワックス、内装はシートからフロアマットにいたるまで掃除し、できれば消臭もしておくことをおすすめします。

ネガティブな印象を抱かれがちな走行距離の長い車も、売却することは可能です。しかし、少しでも高く売るためには、消耗品のメンテナンスや買取店選び、清掃など気をつけなければならないことがいくつかあります。少し面倒に感じるかもしれませんが、適正な価格で引き取ってもらうためにはチェックしたいところです。

一括査定サイトを利用する

車高く売れるドットコムでは、簡単な入力でスピーディに相見積もりがとれるサービスを提供しています。一度にまとめて査定を受けられるため、過走行の車でも予想以上に高値がつくことも期待できるでしょう。ぜひ一度ご利用ください。

車高く売れるドットコムで一括査定してみる

まとめ

走行距離は、車の寿命やコンディションを把握するために重要な要素です。しかし走行距離が多くてもしっかりとメンテナンスをしておけば、適正な価格で買い取ってもらうことが可能です。買取をお考えの方は、一度査定に出してみることをおすすめします。

車高く売れるドットコム
齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。

関連キーワード