• 車買取おすすめ

車の維持費は年間・月々いくらかかる?平均費用や節約方法もご紹介!

自動車にかかる維持費について解説します。軽自動車と普通自動車では年間かかる平均費用が異なります。また、エコカーなどの車種を選ぶことで節約もできます。車を購入する際にシミュレーションしてみましょう。少しでも安い維持費で車に乗る方法をご紹介します。

sirasaka

車の維持費は年間・月々いくらかかる?平均費用や節約方法もご紹介!

※当記事はアフィリエイト広告を含みます。
※「高く売れるドットコム」「おいくら」は弊社マーケットエンタープライズが運営するサービスです。

車は、日常生活を便利にする乗り物です。イルミネーションを見たり自然を見たりと、お出かけがさらに楽しくなりますよね。しかし、無料で車に乗れるわけではありません。「どのくらいの維持費がかかるのだろうか」と疑問を抱いている人もいるでしょう。

その悩みを解消するために、今回は車の維持費を紹介します。車のタイプ別に年間維持費・月間維持費をまとめたので、参考にしてください。

※買取相場は執筆時点で取得した情報となりますので、実際の買取価格と異なる可能性がございます。

車の維持費は大きく6つに分けられる

車をもつと税金や保険料がかかります。メンテナンス料やガソリン代などもかかりますね。ここでは、そのような車を維持するためにかかる6つの費用について説明します。

税金

車を所有した場合、自動車税と自動車重量税がかかります。自動車税とは、毎年4月1日時点の所有者に課せられる税金です。普通自動車・小型自動車を所有している場合は都道府県、軽自動車を所有している場合は市区町村へ納付します。

納める金額は、以下のように車種や排気量など、さまざまな要因によって変動します。

排気量税額(2019年9月30日以前に車を新規登録した場合)税額(2019年10月1日以降に車を新規登録した場合)
軽自動車(一律)10,800円10,800円
1,000cc以下29,500円25,000円
1,000cc超1,500cc以下34,500円30,500円
1,500cc超2,000cc以下39,500円36,000円
2,000cc超2,500cc以下45,000円43,500円
2,500cc超3,000cc以下51,000円50,000円
3,000cc超3,500cc以下58,000円57,000円
3,500cc超4,000cc以下66,500円65,500円
4,000cc超4,500cc以下76,500円75,500円
4,500cc超6,000cc以下88,000円87,000円
6,000cc超111,000円110,000円

自動車重量税とは、自動車の重さで変動する税金です。新規登録と車検のタイミングで対象期間分をまとめて納付します。13年・18年以上所有すると自動車税が高くなるので、注意しましょう。税額の詳細は、以下の表にまとめました。

車の重量エコカー減免の適用がある場合エコカー(本則税率)エコカー以外(所有期間が13年未満)エコカー以外(所有期間が13年以上)エコカー以外(所有期間が18年未満)
0.5t以下0円5,000円8,200円11,400円12,600円
0.5t超1t以下0円10,000円16,400円22,800円25,200円
1t超1.5t以下0円15,000円24,600円34,200円37,800円
1.5t超2t以下0円20,000円32,800円45,600円50,400円
2t超2.5t以下0円25,000円41,000円57,000円63,000円
2.5t超3t以下0円30,000円49,200円68,400円75,600円

保険料

車を購入した場合は、自動車保険への加入を検討する必要があります。自動車保険とは、自動車による事故や損害に備える保険のことです。損害の補償として保険会社から保険金が支払われます。この自動車保険は、自賠責保険と任意保険の2種類に分けられます。

自賠責保険とは、他人への慰謝料や治療費などの損害に対して補償される保険のことです。法律により車の所有者は加入する必要があります。自賠責保険のデメリットは、自分のけがや他人の自動車には補償が適用されないことです。

これらにも備えたい場合は、任意保険にも加入しましょう。任意保険の保険料は、車種や運転手の年齢など、さまざまな要因によって変動します。

メンテナンス料

車を安全に乗り続けるためには、定期的にメンテナンスを受けなければいけません。そのため、メンテナンス料も維持費に含まれます。メンテナンスにかかる費用の内訳は、以下にまとめました。

メンテナンスの内訳詳細
修理車が故障した場合や不具合が発生した場合にかかるお金
消耗品の交換タイヤやオイル、エレメントなどの消耗品を交換する際にかかるお金
車検新車購入から3年後、その後は2年ごとに受けなければいけない定期点検のこと

メンテナンス料の中で大きな割合を占めるのが、車検です。車検は、道路運送車両法によって必ず受けなければいけないと決められています。新車を購入したなら3年後、その後は2年ごとに必ず受けましょう。車検費用の目安は、約30,000〜100,000円です。

しかし、車種や車の状態などによって車検費用は大きく異なります。具体的な金額を知りたい場合は、業者に見積りを出してもらいましょう。

ガソリン代

車を走らせるためにはガソリンが必要です。いくらかかるのかは、その人のライフスタイルや住んでいる地域などによって異なります。ガソリンの価格が安くてあまり走らなければ、月10,000円以下に抑えられるでしょう。

しかし、ハイオク車で長距離ドライブを頻繁に行う人は、月50,000円近くかかる場合もあります。ガソリン代を安くしたい場合は、レギュラー車・ディーゼル車を選んだりクーポンを活用して給油したりと、工夫をしましょう。

駐車場代

持ち家以外の人は、車を停めるための駐車場代がかかります。こちらの費用は、以下の要因で変動します。

  • 住んでいる地域
  • 平面駐車場か、立体駐車場か

賃貸物件であれば、物件のページに駐車場代が記載されているので確認してみてください。賃貸物件の駐車場以外に停める場合は、その駐車場の管理会社に問い合わせると教えてくれますよ。

ローン

車をローンで購入した場合は、毎月一定の金額を返済していく必要があります。維持費とは少し違いますが、維持費として組み込んでおくと非常に楽ですよ。ローンは組み方を間違えると生活が苦しくなります。

何度もシミュレーションを重ねたり担当スタッフからアドバイスをもらったりして、自分に合ったローンプランを組むようにしましょう。

【種類別】車の維持費の目安

車の維持費は、人によって異なります。しかし、これだと参考になりませんよね。そこでここでは、車の種類別におおよその目安を紹介します。

年間維持費

1年間で見ると、車の維持費は大体290,000〜335,000円かかります。詳細は以下の表にまとめました。ひとつの参考にしてください。

維持費の内訳軽自動車コンパクトカーSUVミニバン
税金約6,600円約34,000円約39,500円約39,500円
任意保険料約23,000円約27,500円約27,300円約26,400円
車検点検料約11,000円約11,900円約11,900円約12,200円
車検法定費用約8,600円約14,800円約14,800円約17,500円
メンテナンス費約56,000円約56,000円約56,000円約56,000円
ガソリン代約65,000円約69,000円約66,200円約95,000円
駐車場代約120,000円約120,000円約120,000円約120,000円
合計約290,200円約333,200円約335,700円約366,600円

【シミュレーションの条件】

  • 年間走行距離:10,000km
  • ガソリン単価:レギュラーは171円/L、ハイオクは182円/L、軽油は151/L
  • 自動車税(軽自動車税):2022年の4月1日以降の税額を適用
  • 自動車保険:35歳以上、14等級、車両保険の価格以外は同条件
  • 車検:ガリバーの車検サービスを利用
  • 駐車場代:月々10,000円
  • 洗車:1ヶ月に一度(2,000円)
  • オイル交換:6ヶ月に1回(5,000円)
  • バッテリー交換:2年に1回(20,000円)
  • タイヤ交換:4年に1回(50,000円)
  • その他:分かりやすさを考慮するために十の位以下は切り捨て。すべての費用を1年に均して計算

月間維持費

1ヶ月で見ると、車を維持するのに大体24,000〜30,000円かかります。維持費の中で大きな割合を占めているのが駐車場代とガソリン代です。ここを削れれば、維持費はもう少し安くなるでしょう。

維持費の内訳軽自動車コンパクトカーSUVミニバン
税金約550円約2,800円約3,200円約3,200円
任意保険料約1,900円約2,200円約2,200円約2,200円
車検点検料約900円約900円約900円約1,000円
車検法定費用約700円約1,200円約1,200円約1,400円
メンテナンス費約4,600円約4,600円約4,600円約4,600円
ガソリン代約5,400円約5,700円約5,500円約7,900円
駐車場代約10,000円約10,000円約10,000円約10,000円
合計約24,000円約27,400円約27,600円約30,300円

※基本的な条件は年間維持費の段落と同じ。分かりやすさを考慮するために十の位以下は切り捨て。

維持費が高くなりやすい車と安くなりやすい車の特徴

車は種類によって維持費が異なることが分かっていただけたでしょう。しかし、「維持費が高くなりやすい車の共通点が見えない」という人もいるのではないでしょうか。

その悩みを解消するために、ここでは維持費が高くなりやすい車と安くなりやすい車の特徴について説明します。

維持費が高くなりやすい車の特徴

維持費が高くなりやすい車の特徴は、以下の通りです。

  • 排気量が多い
  • 車が重い
  • 年式が古い
  • たくさん走行している
  • 燃費がよくない
  • パーツが高い

自動車税や自動車重量税は、車の排気量や重量などによって変動します。排気量が多くて重量が重い車ほど多くの税金がかかるので、注意しましょう。また、年式が古い車や使用頻度が高い車は維持費が高くなる傾向にあります。

メンテナンス・修理の回数が増えるからです。その他、スポーツカーや輸入車なども高い維持費がかかります。一度の修理で数十万円かかるケースも珍しくないので、特別なパーツが必要な車に乗っている人は大切に乗りましょう。

維持費が安くなりやすい車の特徴

維持費が安くなりやすい車の特徴は、以下の通りです。

  • 排気量が少ない
  • 車が軽い
  • 年式が新しい
  • 走行距離が短い
  • 減税の対象になっている
  • 燃費がよい

上記の特徴に当てはまるのが軽自動車やコンパクトカーです。ハイブレッド車も維持費が安い傾向にありますよ。最近は、オシャレな軽自動車やかっこいいコンパクトカーが増えています。そのため、これを機に乗り換えを検討してみるのもよいでしょう。

車の維持費を節約する方法

車の維持費は、少しの工夫で節約できます。人によっては、年間数万円の節約が見込めますよ。ここでは、実践してみたい車の維持費を節約する方法について説明します。

こまめにメンテナンスを行う

基本的に故障の程度が大きいほど、多額の修理費用がかかります。例えば、エンジンが故障したとしましょう。センサーの軽微な故障であれば、大体数万円で直ります。

しかし、故障の程度が大きくて載せ替えが必要と判断された場合、車種によっては100万円以上かかります。このようになるのを防ぐために、こまめにメンテナンスを行い、早期発見・早期解決を心がけましょう。

メンテナンスしている場所を見直す

車のメンテナンスは、主に以下の場所でできます。

  • ディーラー
  • 整備工場
  • カー用品店
  • ガソリンスタンド

上記の中で料金がお手頃なのは、整備工場とカー用品店とガソリンスタンドの3つです。いつもディーラーに依頼をしていた人は、一度メンテナンスの場所を見直してみましょう。

軽自動車を選ぶ

軽自動車は、維持費が安いことで有名です。例えば、今回のシミュレーションだと軽自動車の1ヶ月の維持費は約24,000円です。一方でミニバンの維持費は、約30,000円かかります。これを1年で考えると、約72,000円も差が開きます。

維持費の高さに頭を悩ませている人は、軽自動車への乗り換えを検討しましょう。

減税制度を活用できる車を選ぶ

最近は、エコカー減税やグリーン化特例など、自動車税を軽減できる制度があります。維持費を安くしたい人は、この制度を活用できる車に乗り換えましょう。例えば、同じSUVでも「ハリアー」に乗れば、エコカー減税が適用されて約30,000円も税金が安くなります。

古い車に乗っている場合は乗り換えを検討する

同じ車に13年以上乗っていると、自動車税が約15%高くなります。軽自動車だと約20%も高くなりますよ。また、古い車は不具合や故障が増えて修理費用がかさむ傾向にあります。

「その車が好き」というわけではなければ、なるべく早く新しい車に乗り換えた方がよいでしょう。

カーシェアリングを使う

カーシェアリングとは、ひとつの車を複数の人でシェアし合う車のレンタルサービスのことです。「タイムズカー」や「カレコ」などが有名ですね。車に乗る機会が少ない人や短時間の利用が多い人は、カーシェアリングを使った方が安く済む可能性が高いですよ。

料金表やプランなどを確認しながら、自家用車とカーシェアリング、どちらの方がお得か比較してみてください。

なるべくローンを組まない

ローンを組むと毎月数万〜数十万円の返済が発生します。現金一括で購入すればローンの返済がなくなるので、かなり維持費が安くなりますよ。現金一括が厳しい場合は、できる限り多くの頭金を入れましょう。

もしくは、毎月の返済負担を軽くできるプランでローンを組むことをおすすめします。

自動車保険(任意保険)を見直す

保険料節約のために任意保険を解約する人もいますが、これはあまりおすすめできません。保険料を節約したいなら、解約ではなく見直しをしましょう。例えば、以下のように設定すると任意保険料を少し安くできます。

  • ドライバーの年齢を一定の年齢以上に限定する
  • ドライバーを本人に限定する
  • 補償内容を限定する

契約する駐車場を見直す

最近は、空き地の有効活用として駐車場を作るケースが増えています。近所を見渡して現在の駐車場よりも安いところはないか探してみましょう。時間に余裕がある人は、相見積りと価格交渉をしてみることをおすすめします。

車は不要と感じたら「車高く売れるドットコム」で売却しよう

車高く売れるドットコム

車買取なら車高く売れるドットコム
車買取なら車高く売れるドットコム

出典:車高く売れるドットコム公式サイト

おすすめポイント 東証プライム上場企業が運営
最短即日査定・翌日入金
電話と画像だけでの査定・買取も可能
関東圏内買取強化中!

車高く売れるドットコム」は東証プライム上場企業の弊社マーケットエンタープライズが運営する車買取専門サービスです。

無店舗化によりコストを削減し、市場価格のリアルタイムデータを活用することで、高価買取を実現しやすい環境が整っています。

査定額にご納得いただけない場合は価格交渉も大歓迎です。不明点や気になる点を解消し、お客様が納得のいく買取を実現します。一般社団法人日本自動車査定協会(JAAI)が認定した「中古自動車査定士」の資格を有する査定士が出張査定に伺うため、適正な価格をご提示いたします。

買取対応地域は日本全国です。特に、関東圏内での買取を強化中です。また、年式が7年以内で、走行距離が10万キロ以下の車であれば、さらに買取強化をしております。一部の地域では、電話と画像のみでの査定・買取も可能です

一部の買取実績もまとめていますので、気になる方はぜひお気軽に車高く売れるドットコムへ無料査定してみてください。

メーカー 車種 買取金額 年式 走行距離 ボディ色 買取日
スズキ キャリイトラック
冷蔵冷凍車
¥500,000~ 平成30年 ~6万キロ 2023年8月20日
ポルシェ 911 GT3 ¥19,000,000~ 平成29年 ~2万キロ ホワイト 2023年8月22日
トヨタ アクア S ¥300,000~ 平成26年 ~5万キロ パープル 2023年8月28日
ホンダ N-BOX カスタム
G・Lホンダセンシング
¥1,100,000~ 令和2年 ~2万キロ 2023年9月5日
トヨタ スープラ RZ ¥5,300,000~ 令和4年 ~2万キロ ホワイトパール 2023年9月7日
トヨタ RAV4 アドベンチャー ¥2,850,000~ 令和3年 ~2万キロ アーバンカーキ 2023年8月26日
レクサス LS500h バージョンL ¥7,500,000~ 令和3年 ~2万キロ 銀影ラスター 2023年9月20日
トヨタ アルファード
ハイブリッド X
¥3,550,000~ 令和2年 ~3万キロ パール 2023年8月14日

Webでの査定依頼は24時間受付で、お電話での受付は土日も対応可能です。一都三県からのご依頼には最短即日で無料の出張査定に伺わせていただきます。ホームページでは車を少しでも高く売るコツやよくある質問なども掲載しています。愛車の売却をご検討の方は、お気軽に [ 0120-990-092 ](受付時間:9:15~21:00 土日もご対応 ※年末年始除く)へご相談ください!

サービス名 車高く売れるドットコム
電話査定依頼 0120-990-092
土日もご対応
WEB査定申込 WEB査定はこちらから
運営会社 株式会社マーケットエンタープライズ

1分で入力完了!/
車高く売れるドットコムで
愛車がいくらで売れるかをチェック

車の維持費は年間200,000円以上

今回は、車の維持費について説明しました。車種や使い方などにもよるものの、車の維持費は年間で大体290,000〜335,000円かかります。月々にすると、大体24,000〜30,000円ですね。人によっては、「高い」と感じたでしょう。

その場合は、軽自動車へ乗り換えたりカーシェアリングを活用したりしてみてください。乗り換えや手放しなどで車を売却したい場合は、車高く売れるドットコムを利用しましょう。プロのスタッフが丁寧に査定をし、適正価格で買取してくれますよ。

sirasaka / 編集長
sirasaka / 編集長

弊社マーケットエンタープライズが運営する総合買取サービス「高く売れるドットコム」にて査定業務や出張買取などに携わり、現場で培ったリアルな知見を活かし「満足できる買取体験」を提供すべく買取メディアの運用も行っています。 利用者様の買取にまつわる疑問を解決できる有益な発信のため、日々精進してまいります! リユース営業士資格保有(日本リユース業協会より授与)

sirasakaの執筆記事一覧 ≫

関連キーワード