気になるバイクの査定の相場は?高く売るための方法



気になるバイクの査定の相場は?高く売るための方法

バイクを売ろうと検討しはじめてから「このバイクはいくら位で売れるのかな?」と考えるのではないでしょうか。そして、ネットで調べてバイクの買取をしてもらうのがよさそうだと分かり、インターネットで査定の申し込みをする…そんな人が多いのではないでしょうか。

ただし、バイクを売却する際のポイントを押さえずに査定に出すと、相場より安い金額でバイクを手放すことになりかねません。

この記事では初めてバイクを売る人が、より高値でバイクを売ることができるように、大切なポイントを分かりやすくご紹介していきます。査定の申し込みをする前に、ぜひ参考にしてください。

バイクの相場

バイクの査定額をアップさせる方法を紹介する前に、バイクの相場と査定額の出し方について解説していきます。

バイクの相場はどのように決まる?

バイクを売却する際に、自分のバイクがどれくらいの値段で売れるかが気になるところです。しかし、所有しているバイクと同様の車種、年式、走行距離、コンディションのバイクが同時期に売りに出されることはないため、明確な値段を推し量ることはできません。

とはいえ、バイクの相場として一定の目安があり、購入後5年が経過したバイクの相場は購入価格の40〜50%程度と言われています。

これは購入価格の30〜40%程度まで値下がりする自動車よりも、値下がりせずに取引されていることを示しています。バイクの値下がり率が低い理由には流通量が関係しています。一般的に広く流通している車などは数が多く、売買される機会も多いと言えます。

このように流動性が高いとモデルチェンジによって型落ちしたり人気が落ちたりすると価格にすぐに影響しますが、バイクは趣味としての要素が強く、流通性が高い製品ではありません。

一般社団法人日本自動車工業会の報告している二輪車生産台数を見てみると、2015年まで新車の生産台数は下がり、2017年にかけて増加しています。それでも2017年の2輪車の生産台数は約65万台と、同年の自動車生産台数約920万台の10分の1以下に留まっていて、自動車と比較するとバイクは流通量が圧倒的に少ないことが分かります。

さらに、バイクはマイナーチェンジが頻繁に繰り返されており、希少性が高い車種が多いのも特徴です。これらの理由からバイクは値崩れしにくくなっています。

相場自体が購入価格の40〜50%であるとはいえ、バイクの査定額はさまざまな要素によって左右されます。例えば、市場に売却する予定のバイクと同じ車種が多ければ、査定額は下がりますし、逆にプレミアが付いているような場合は査定額がアップします。

バイクの査定額の出し方

買取会社によって、バイクを査定して買取った後の売り方が違います。ここでは直販の買取業社とオークションを利用する買取業社の特徴を紹介します。

①自社で直接お客様に販売するケース(直販)

買取をした後、自社の工場でメンテナンス・清掃をしてお客様に直接販売する直販という流通経路を取る会社の場合、想定販売価格からメンテナンス費用等を差し引き、自社の利益を加味した上で買取価格を算出します。

バイクという商品の特性上、在庫リスクが査定額を左右します。お店の在庫が少なければ、多少強気での買取額の提示がされるということもありますし、人気車種であれば、すぐに売れるだろうという判断のもと、高額査定となることもあります。

②オークションでバイク屋に販売をするケース(業販)

直販に対して、オークションで販売をする会社の場合は、現在のオークションでの成約相場を見ながら買取価格を提示します。オークションで落札したバイクに利益を乗せて販売をするため、最終的な価格には、落札者の利益と出品社の利益が乗っていることになります。そのため、オークションで販売する買取業者の方が、直販と比較して買取査定額が低くなる傾向があります。

ただし、買取されたバイクのほとんどはオークションにかけられるので、相見積もりで大きく差が出るケースは多くはありません。

査定額に影響するポイント

ポイント①車種

バイクの査定価格を決める要素について解説していきます。まず、査定額に大きく影響する要素が車種です。人気の車種は古くても買いたい人が多く、中には絶版車でプレミアが付いて購入額以上の価格で取引されることもあります。希少性がある場合はプラス査定が期待できます。

ポイント②年式

また、年式も外せないポイントです。基本的には、新しい年式のバイクの方がプラス査定は大きくなります。ただし、マイナーチェンジ等があり、この年式までのデザイン・カラーリングが人気があるといったケースもあるため、一概に新しいものが査定額が高くなるとは言えません。

車と同様に走行距離も査定に影響します。走行距離が少ない方が基本的には高評価となりますが、あまりにも少なすぎると評価は下がります。これは使用頻度が低いとゴム製の部品や消耗品が劣化してしまうためです。

ポイント③コンディション

コンディション(エンジンの状態、フレームの歪み、傷・故障の有無、カスタムの状況、純正パーツの有無、消耗品の状態)も大きく影響します。同じ車種・年式でもタンクが凹んでいる、カウルが割れているといった外見上のマイナスがあると査定額が下がります。

バイクの場合は、カスタムをしていることも多いため、純正パーツがあるのかどうかもポイントです。エンジンのかかりが悪い、異音がするといった点は大きなマイナス要素となります。また事故をしていて、フレームが歪んでいる場合も同様です。

バイク高く売れるドットコム

バイクを高く売るポイント

気に入って買ったバイクだからこそ、少しでも高く売りたいものです。そこで、紹介したバイクの相場や査定額を決定する要素をもとに、バイクを高く売るためのポイントを確認していきましょう。

ポイント①日々のメンテナンス

バイクは車種にもよりますが、車のようにボディをかぶせた作りになっていないため、むき出しになっている部分は雨風に晒されます。こうしたダメージはバイクにはつきものですが、査定額は日々のメンテナンスや保管方法によって大きく変わります。

高額査定を狙うためには、日々小まめに手入れをしてバイクのコンディションの維持向上を図ることが大切です。日常的なメンテナンスのポイントは、

  • エンジンバッテリーの状態
  •      
  • 空気圧
  •      
  • ボディの汚れ

の3点です。

まず、エンジンオイルのチェックは欠かさず行いましょう。エンジンオイルが減っているとエンジンが焼き付いてしまうことにもなるので、適切なタイミングで補充をします。バッテリーも不調であれば小まめに修理に出しましょう。

次に大切なのが空気圧のチェックです。乗り味に直結する部分ですし、タイヤのグリップ・摩耗にも影響が出てきます。給油の頻度にもよりますが、ガソリンスタンドで給油する際にチェックをすることをおすすめします。

最後にボディの汚れです。数か月に1度でもよいので洗車をしましょう。バイクを綺麗にすることも重要ですが、それ以上に洗車をする際にバイクをよく観察することが大切です。バイクをよく観察することで摩耗しているパーツや傷、汚れ等に気づくことができ、問題が大きくなる前に対処すればメンテナンス費用も安く済みます。

ポイント②保管方法

バイクが屋根のない場所で野ざらしになっているなら、屋根のある場所に移動させましょう。難しいようであれば、バイクカバーをかけることで、錆の発生や塗装の日焼け、各種パーツの劣化の進み具合に差が出てきます。

ポイント③査定前のチェックポイント

買取査定の場合、買取会社の担当者は車検証をチェックして車種・年式など、バイクの情報を確認してから走行距離・コンディションを見ていきます。そのため、整備記録がしっかりと残っているかもポイントとなります。

併せてバイクのオーナーに質問することもあるので、カスタムをしている場合などは純正部品の有無や、日々のメンテナンス状況などを適宜アピールしましょう。趣味の色が強いバイクは、売主が大切にしているかどうかの印象も査定額に影響するので、査定をしてもらう前に綺麗にしておくことでプラス査定が狙えます。

バイクの高額査定を目指すなら一括査定がおすすめ

バイク高く売れるドットコムで一括査定

バイクの一括査定とは、インターネット上で申し込みができるサービスで、複数の企業に同時に依頼ができます。通常、持ち込みで特定の買取業者から話を聞いている状態では、その金額が高いか安いか判断がつきません。

また、買取価格は買取会社にとっては仕入れのため、当然安く買いたい気持ちが働くため、場合によっては本来の価値よりも安い価格を提示してくる可能性があります。

しかし、一括査定であればさまざまな企業から見積もりを取ることができるため、売主は査定額を比較することができます。また、買取業者も他社と比較されていることを知っているため、極端に安い値段を提示することができません。

ただし、買取業者によっては特典を付けている場合もあるため、査定額だけでなく総合的に判断する必要があります。

例えばバイク高く売れるドットコムでは、60社の中から6社を選んで一括査定を行うことができます。査定は無料で利用することができ、情報の入力も1分でできます。しかも壊れて動かないバイクや改造してあるバイクでも査定に出すことができますし、出張査定の費用もかかりません。そのため、自分のバイクを売却したくなった際に利用するサービスの候補としておすすめです。

バイク高く売れるドットコムで一括査定する

まとめ

バイクは流動製が低いため、値下がりしにくい傾向があります。そのため、購入価格に対して比較的高額査定が期待できますが、バイクの状態によって左右されます。プラス査定が期待できるのは、希少性が高い車種で年式が新しく、ある程度使用されているものです。

それでいてエンジンやバッテリーなどのメンテナンスが行き届いていることが重要です。長年雨風に晒されるとダメージが大きくなってしまうので保管方法も大切なポイントのひとつです。

これらのポイントを押さえつつ、一括査定を利用すれば高額買取が期待できます。まずはバイク高く売れるドットコムでイブンのバイクの価値を確認してみてはいかがでしょうか。

齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車などあらゆる物の処分方法や買取のコツを紹介し、世の中にリユースを広めるべく活動しています。

関連キーワード