バイクの廃車手続きの流れ|必要な書類・費用・引き取りまとめ

バイクを廃車するには、排気量によって手続き先や必要な書類などが異なります。ここでは、排気量ごとの廃車手続きの方法や、必要なものなどをまとめました。また、お得にバイクを廃車にする方法も併せてご紹介します。


バイクの廃車手続きの流れ|必要な書類・費用・引き取りまとめ

バイクの廃車手続きの方法

バイクの廃車手続きの方法

バイクの廃車手続きは、バイクの排気量(〜cc)で変わります。基本的に原付と呼ばれる125cc以下のもの、軽二輪車と呼ばれる126cc〜250ccまでのもの、大型バイクと呼ばれる251cc以上のものの3つに分けられています。

また先述したように、バイクの手続きでは、一時的に登録を抹消するものと永久的に登録を抹消するものの手順はほぼ同じです。異なるのは書類の名前くらいです。一時登録抹消と永久登録抹消を同時に説明していきます。

廃車手続きにかかる費用

原付バイクの廃車手続きは無料で行うことができます。

原付バイク(125cc以下)の廃車手続き

原付バイク(125cc以下)は、以下の方法で行います。

廃車手続きを行う場所

お住まいの自治体の役所(市役所・区役所など)

廃車手続きに必要なもの

家から持っていくものは下記の3つです。

標識交付証明書
これはバイクを登録したときにもらった書類です。もし自宅に保管していなければ、役所で再発行してもらえます。その際、印鑑と身分証明書が必要です。身分証明書には、パスポートや保険証、マイナンバーカードなどを使います。
バイクの使用者の印鑑
軽自動車同様、認印で手続きを行うことができます。シャチハタではなく、朱肉を使うタイプの印鑑を持って行くとよいでしょう。バイクの所有者と使用者が異なる場合は、両方の印鑑を持って行くようにしましょう。
ナンバープレート
あらかじめバイクからドライバーなどを使って外して持って行きます。

役所でもらうものはこちらです。

廃車申告書
この書類は役所に行くと無料でもらえます。一時でも永久でも同じくこの書類に記入します。

廃車手続きの流れ

  1. 家から持参するものを持って役所に行く
  2. 役所窓口でもらえる用紙を受け取り、記入する
  3. 書類・ナンバープレートを提出する
  4. 廃車証明書を受け取る
  5. 完了

窓口で最後に受け取る廃車証明書は、バイクを売るときに必要になります。きちんと保管しておきましょう。

軽二輪車(126〜250cc)の廃車手続き

軽二輪車(126〜250cc)は、以下の方法で行います。また、廃車手続きにかかる費用は、書類と証明書発行にかかる費用を合わせて330~530円程度かかります。これは自治体によって異なります。

廃車手続きにかかる費用

書類と証明書発行にかかる費用を合わせて330~530円程度かかります。これは自治体によって異なります。

廃車手続きを行う場所

お住まいの地区が管轄の陸運局

注意:軽二輪車は、書類上では軽自動車と書かれていますが、軽自動車検査協会では二輪車全般の手続きを行っていません。そのため紛らわしいですが、軽二輪車の廃車手続きは、陸運局に行く必要があります。

廃車手続きに必要なもの

家から持っていくものはこちらです。

  • 軽自動車届出済証
  • バイクの使用者の印鑑
  • ナンバープレート

軽自動車届出済証は、バイクを登録したときにもらった書類です。手元になければ、印鑑と身分証明書(マイナンバーカードやパスポート)を持って行って、陸運局で再発行してもらいましょう。

続いて、陸運局でもらうものは以下のとおりです。

軽自動車届出済証返納証明書交付請求書
一時的にバイクに乗らない、バイクをそのまま中古のバイクとして売ることを考えている方はこちらの書類を窓口でもらいます。
軽自動車届出済証返納届出書
バイクが壊れていて処分する、バイクを解体して部品を売ることを考えている方はこちらの書類を窓口でもらいます。

上記の書類どちらかを窓口でもらいましょう。これらの書類は、軽自動車のときと同様、窓口で受け取るときに30円程度でかかります。

廃車手続きの流れ

  1. 家から持参するものを持って役所に行く
  2. 役所窓口でもらえる用紙を受け取り、記入する
  3. 書類・ナンバープレートを提出する
  4. 証明書を受け取る(300~500円必要)
  5. 完了

証明書はバイクを売る際に必要になることがあるので、大事にとっておきましょう。

大型バイク(250cc以上)の廃車手続き

大型バイク(250cc以上)は、以下の方法で行います。

廃車手続きを行う場所

お住まいの地区が管轄の陸運局です。

廃車手続きに必要なもの

家から持っていくものはこちらになります。

  • 自動車検査証(車検証)
  • バイクの使用者の印鑑
  • ナンバープレート

陸運局でもらうものはこちらです。

  • 抹消登録申請書
  • 手数料納付書
  • 軽自動車税申告書
  • 検査登録印紙

窓口でもらうときに、上記3つで100円程度、印紙で350円程度必要になります。

廃車手続きの流れ

  1. 家から持参するものを持って軽自動車検査協会に行く
  2. 協会窓口でもらえる用紙を受け取り、記入する
  3. 書類・ナンバープレートを提出する
  4. 証明書を受け取る
  5. 完了

最後に受け取った証明書は、バイクを売る際に必要なので大切に保管しておきましょう。

廃車手続きにかかる費用

自治体によって異なりますが、大型バイクはの廃車手続きでは書類等で450円程度必要になります。

ちなみに使用者本人がバイクの廃車手続きに行くことができない場合、委任状を書けば代理人が手続きを行うことができます。委任状はネット上でダウンロードすることができます。そのほか、引っ越しなどで住居が変わった場合、発行3ヶ月以内の住民票が必要になります。

買取店の利用もおすすめ

買取店の利用もおすすめ

バイクを廃車にする手続きは、必要なものや流れを知っておけばオーナー自ら行うことは可能です。しかし、前述の通り、慣れていない場合は書類の作成も難しく、代書を利用するにしても費用がかかります。そこでおすすめしたいのが、バイクの買取店への売却です。

陸運局の廃車手続きは意外と面倒

すでにバイクを廃車にする方法についてはお伝えしてきましたが、とても自分にはできそうもないと感じた方もいらっしゃるでしょう。初めての場合、必要なものを忘れたり、書類に不備が生じたりすることも珍しくありません。忘れ物を取りに帰る、印鑑を買いに行くなど二度手間、三度手間になることもあるかもしれません。

しかも、陸運局は平日しか窓口が開いていないため、わざわざ仕事を休んで廃車の手続きに訪れるという方も少なくありません。しかし、忘れ物や書類の不備などがあるとその日のうちに手続きが終わらず、後日また休みをとって足を運ぶことになってしまいます。

不慣れな方がスムーズにバイクの廃車をしたいのなら、こうした面倒な手続きを代行してくれるバイクの買取店を利用するのがおすすめです。

無料で手続きを代行してくれる

バイク買取店では廃車手続きを無料で代行してくれるところがほとんどなので、費用がかかりません。面倒くさい手続きをすべて任せられるため、オーナーは何もしなくていいのです。費用も手間もかけたくないという方にとって、もっともおすすめの方法といえるでしょう。

意外と高く売れる可能性も

自分で廃車手続きをして処分するとなると、一銭にもなりません。むしろ、手続きや処分をするのに費用が発生してしまいます。しかし、買取店を利用する場合は、思わぬ高値がつくケースもあるのです。

自分としては、古くて走行距離も多く、コンディションも悪いバイクなので価値はないと思っていても、そのバイクに価値を感じる方がいるかもしれません。もしかすると、喉から手が出るほどそのバイクを欲している方がいる可能性はあります。

実際に査定を受けてみると、意外にも高値で売れることは少なくないのです。たとえ高値で売れずに雀の涙ほどの売却額だったとしても、一銭にもならないのと比べると利があると言えます。

バイクの買取についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

バイク高く売れるドットコム

バイク買取店で少しでも高く売る方法

バイク買取店へ売る際には、できるだけ高値で売りたいと思う方も多いでしょう。ここでは、査定額をアップさせるコツをご紹介します。

相見積もりをとる

相見積もりとは、複数の業者に査定を依頼する方法です。自分で複数の業者をピックアップし、それぞれの業者から査定してもらえば、どこがもっとも高値をつけているかが一目瞭然です。少しでも高値でバイクを手放したいのなら、一番高値を提示してくれた業者に売却しましょう。

できるだけたくさんの業者に査定を依頼したほうが、高額査定に結び付きやすくなります。ただし、そうなるとどうしても時間も手間もかかるというデメリットがあるので、現実的には3~5社くらいになるでしょう。

純正品や付属品も一緒に査定を受ける

バイクのカスタマイズが好きな方のなかには、さまざまな社外パーツを装着していることもあるかと思います。社外パーツのほうが性能や見た目がよいケースが多いものですが、だからといってそれが高額査定に結び付くとは限りません。世の中には、純正パーツのまま乗りたいという方もたくさんいるからです。

お店としては、純正パーツのほうが幅広い層をターゲットにできるメリットがあります。そのため、高額査定を目指すのなら純正パーツも一緒に査定へ出すのがおすすめです。

ほかに、付属品があるのならそれも一緒に査定を受けるとプラスになることがあります。例えば、整備手帳や説明書、保証書などです。整備手帳があると、これまでどれくらいのスパンでどんな整備をしてきたかが分かります。そのため、プラス査定に結び付きやすくなるのです。

キレイにしておく

見た目の印象はとても大事です。傷や汚れが目立つ車体だと、乱暴な扱いをされてきたバイクだと査定士に思われてしまう可能性があり、それが査定士に悪い印象を与えてしまい、結果として査定額が減額されてしまうことも考えられます。

これを回避するには、査定を受ける前に洗車をしておくことです。カウルやホイールなど、目に見える部分はしっかりキレイにしておきましょう。ネイキッドのようなエンジンが見えているバイクの場合、エンジンもキレイに磨いておくと見た目はもちろん、印象もよくなります。

ネットの一括査定がおすすめ

一括査定サイトなら、インターネット上で一度に複数の買取店へ査定の依頼ができます。わざわざお店へ出向く必要がなく、買取店ごとにバイクの情報や個人情報を何度も伝える必要がないため、忙しい方には特におすすめの方法です。

バイク高く売れるドットコムで一括査定

バイク高く売れるドットコムで一括査定

バイク高く売れるドットコムでも、一括査定が可能です。一度の入力で、60社以上のバイク買取店の中から最大6社の一括査定が受けられます。査定を行うのは大手の有名店ばかりなので安心です。対象地域は日本全国なので、近くにバイクの買取店がない方も気軽に査定が受けられます。一括査定で気に入った買取店が見つかったら、さらに詳しい査定を受けてみましょう。

壊れて動かなくなったバイクや、廃車にしようとしている車体でも値段がつくことがあります。売却に伴う名義変更の手続きや廃車手続きなども、すべて無料で行っています。バイクの廃車を簡単にお得に済ませたいなら、一括査定を受けてみるのも一つの方法です。

バイク高く売れるドットコムで一括査定する

まとめ

バイクの廃車手続きは、排気量によって必要なものや流れが変わります。原付は役所での手続きとなりますが、軽二輪以上は陸運局での手続きとなるのを併せて覚えておきましょう。

すべての手続きを自分で調べながら行うのもよいですが、どうしても手間や時間がかかるというデメリットがあります。また、一銭も手元に入りません。

おすすめなのは買取店への売却です。廃車の面倒な手続きを自分でやりたくない、売って少しでもお金に換えたいという方は、買取店への売却を検討してみましょう。

齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車などあらゆる物の処分方法や買取のコツを紹介し、世の中にリユースを広めるべく活動しています。

関連キーワード