町田市の粗大ごみ出し方|申し込み方法や料金の超簡単ガイド

買い替えや引っ越しなどで、大きなごみが多量に出たときはどうしたらよいでしょうか。町田市で粗大ごみを処理する場合、収集に来てもらうか自分で持ち込むかを選ぶことができます。この記事では、それぞれの予約などの手続きや処分料金の支払いについてご紹介します。その他にも粗大ごみとして出すことのできないモノについてや、粗大ごみをお得に処分する方法についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。
町田市の粗大ごみ出し方|申し込み方法や料金の超簡単ガイド

「家具や電化製品を新しいものに買い替えるので不用になった」「使わなくなったので粗大ごみとして処分したい」ということはよくあると思います。

粗大ごみの処分の仕方は地域によって異なりますし、決まりが変わることもあるので、そのたびに確認が必要です。

町田市の場合も同様に、申し込みはどこにどのようにすればいいのか、費用はどれくらいかかるのか、市で処理できないものがあるのかなど、粗大ごみを処分するために知っておかなければならないことは、たくさんあります。

この記事では町田市の粗大ごみの処理に関して、上記のような情報をまとめているほか、ごみとして排出する以外に検討できる処理方法についてもご紹介します。

町田市で粗大ごみを出す方法や持ち込む方法

町田市にお住まいの方が粗大ごみを処理したい場合、収集に来てもらうか、自分で持ち込むかを選ぶことができます。

収集に来てもらう場合

市の委託業者である一般財団法人まちだエコライフ推進公社が受付と収集を行います。

電話とインターネットでの予約が可能ですが、初めて収集予約する場合は、なるべく専用ダイヤルへの電話予約をしましょう。受付オペレーターと手順を確認しながら手続きすることができるため、簡単に依頼することができます。

電話申し込みから収集までの流れ

電話申し込みから収集までの流れは下記の通りです。

  1. 電話する前に、収集してもらいたい粗大ごみの品目、数量、大きさを確認しておきます。
  2. これらを確かめた後、専用ダイヤルに電話し、出したい粗大ごみの品目全てを伝えます。予約受付が受諾された際に、受付番号、料金、収集日、ごみを出す場所を案内してもらえるので、メモの準備をしておきましょう。
  3. 伝えられた料金分の粗大ごみ処理券(シール)を取扱店で買います。
  4. 粗大ごみごとに料金分のシールを貼って、収集日の朝8:30までに収集場所に出します。シールには、名前か受付番号を記入しておきましょう。

インターネット申し込み方法について

2017年9月以降に電話予約で粗大ごみの収集依頼をしたことのある方のみ利用できます。名前、住所、電話番号に変更があった場合は、再度電話での予約が必要です。

自分で粗大ごみを持ち込む場合

自分で粗大ごみを持ち込む場合

自分で持ち込む場合も、電話かインターネットによる予約が必要です。収集と同じく一般財団法人まちだエコライフ推進公社が受付しています。

持ち込みの際に、市外からのごみの持ち込みを防ぐため、運転免許証などによる住所確認があります。

ごみ排出者以外の方が持ち込む場合は、公共料金請求書などで排出者の住所を確認するので、最近発行されたものを忘れずに持って行ってください。

粗大ごみを車にたくさん積み込んだ状態で走るときは、視界が悪くなったり、車内の粗大ごみに気を取られたりしがちです。いつも以上に安全運転を心がけましょう。

持ち込み先の情報

粗大ごみの持ち込み先は以下の通りです。予約の申し込み先ではありませんので、ご注意ください。

  • 持ち込み先:町田リサイクル文化センター内清掃工場 (町田市下小山田町3160)
  • 地図:町田市の公式サイトをご覧ください。
  • 電話:042-797-2732
  • 持ち込み受付日時:月~土曜日(祝日・年末年始を除く)
    午前8:30~午前11:30、午後1:00~午後4:00

かかる料金や手数料はどのくらい?

収集に来てもらう場合と、清掃工場に持ち込む場合とでは、手数料の計算の仕方や払い方が、大きく異なるので注意しましょう。

粗大ごみの収集に来てもらう場合

粗大ごみ処理券(手数料シール)が必要です。金額は400円のもののみで、「町田市指定収集袋・粗大ごみ処理券取扱店」というステッカーの貼ってある、コンビニやドラッグストアなどの店舗で売っています。

町田市のサイトに粗大ごみ処理券の取扱店の一覧があります。

粗大ごみ処理券の購入後の払い戻しはできないので、必ず収集受付後に必要枚数だけを購入します。

収集にかかる料金の目安

粗大ごみの品目によってかかる料金が異なります。例えば、電子レンジ、ストーブ、扇風機、スーツケースは400円、パイプ式ベッドや2人掛け以上のソファーは1,200円、両そでの机は2,000円、電子オルガンは3,200円などです。

おおむね大きいものほど高額になりますが、小さめのものでも引っ越しなどで、多数処理する場合は相当の負担になります。処分費用の詳細は、粗大ごみの収集にかかる費用一覧表を参考にしてください。

清掃工場へ持ち込みをする場合

持ち込みの場合は、粗大ごみ処理券は使用しません。清掃工場で粗大ごみの重さを測り、10kgごとに250円を支払います。現金での支払いしか受け付けていないため、粗大ごみ処理券は買わないようにしましょう。

町田市で粗大ごみの処分を申し込む方法

町田市で粗大ごみの処分を申し込む方法

持ち込みの場合も収集に来てもらう場合も、予約申し込み先は同じくまちだエコライフ推進公社です。

電話申し込みの方法

申し込み後から収集までに約1週間かかります。12月の大掃除や3月などの引っ越しシーズンは予約が多くなるので、希望日がある場合は早めに予約します。

週の初めや祝日の翌日は電話が込み合って繋がりにくくなることがありますので、スケジュールに余裕を持っておくことが大切です。

  • 申し込み専用電話番号:042-797-1651
  • 受付時間:月~土曜日(祝日・年末年始は除く) 午前8:30~午後5:00

インターネット申し込み

パソコン、タブレット、スマートフォンなど、申し込みに使用する端末は問いませんが、メールアドレスが必要です。メール受信制限をしている場合は、「@s-kantan.com」のドメインを受信できるように設定変更しましょう。

申し込み当日に清掃工場に持ち込みたい方は、電話での予約でしか対応してもらえません。インターネット予約の場合は、翌営業日以降の予約のみ可能です。(午後5:00以降の申し込みだと、翌々営業日以降の予約になります)

町田市では粗大ごみとして出せないもの

町田市では粗大ごみとして出せないもの

町田市では、市の指定ごみ収集袋に入らないものと10kgを超す重さのものを粗大ごみとしています。

ただし、大きなごみでも粗大ごみとして市で収集してもらえないものもあります。捨てようとしているもので、粗大ごみに該当しないものがないか、以下の内容を確認します。

処理や運搬が難しい品目とは

車やオートバイ、タイヤ・ホイール・バッテリーなどの車関連用品、オイル・灯油、消火器、プロパンガスボンベ、ピアノ、耐火性金庫、石膏ボードなどの建材などは収集できません。小さくても、農薬・劇薬などの危険物も市では収集できません。

家電リサイクル法対象製品

家電リサイクル法の対象製品である、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、エアコン、テレビも市では処理できません。その製品を買ったお店や、新しく買い替える場合は、新しい製品を買ったお店に相談しましょう。

買ったお店が分からない・遠い・閉店したなどの場合は、購入したお店ではない別の小売店に取りに来てもらうか、持ち込むことができます。

また、家電リサイクル料金を郵便局で支払ったのち、収集運搬業者に取りに来てもらうか、自分で指定取引場所に持ち込むという方法もあります。これらの問い合わせ先などは町田市のサイトの家電4品目の出し方を参照してください。

いずれの方法でも、家電リサイクル料金や処理手数料がかかります。

パソコンの処分について

パソコンの処分について

パソコンも、資源有効利用促進法の対象品目のため、市では収集できません。各メーカーなどに回収してもらう必要があります。

各メーカーの連絡先は、一般社団法人パソコン3R 推進協会のリストをご参照ください。

ただし、パソコン周辺機器である、プリンター・スキャナーや、ワープロ専用機、手帳サイズの携帯用パソコンPDAは、同法の対象外なので市で収集できます。

パソコンの詳しい処分方法に関しては関連記事でも紹介していますので、参考にしてください。

産業廃棄物などは処分できる?

事業系のごみのうち、事業系一般廃棄物のみ市の清掃工場でも受け入れることができます。産業廃棄物や再利用して資源化可能なものは法律や市の条例に基づき受け入れ不可となっています。

対象になるものや持ち込み先などの詳細は町田市公式ホームページの事業系のごみを清掃工場へ持ち込む方へのページをご覧ください。

普段のごみ収集日に出せるもの

町田市で以前、粗大ごみ扱いだったものの中には、燃やせないごみなどとして収集するようになったものもあります。

例えば、傘、ほうき、突っ張り棒、掃除機の柄やホース、シャベル・スコップ、ラケット、バット、ゴルフクラブ、釣り竿は、「燃やせないごみ」として出せるようになりました。

その他、重さ10kg以下で、長さ140cm以下、直径15cm以下のものも出せます。また、多量の剪定枝は、月2回の剪定枝の収集日に、長さ60cmで束ねて出します。

その粗大ごみにも買取サービスで値段が付く可能性があります

高く売れるドットコムのサイト画像

買い替えや引っ越しのために出た粗大ごみの中でも、状態のよい家電などは、買取専門店で値段がつくかもしれません。高く売れるドットコムでは、出張買取や宅配買取に、お客様の負担ゼロで対応しています。

粗大ごみとして処分することのできない、冷蔵庫・テレビなどの家電や楽器、オーディオなどは、出張買取が便利です。大きいものは粗大ごみとして処理すると料金も高い上、家から運び出すのも一苦労です。出張買取ならスタッフに運搬を任せられるので、金銭的にも体力的にも負担が大幅に減ります。

小さい不用品は宅配買取や店頭買取が使える

カメラやオーディオなど、それほど大きくないもので数量も少ないなら、宅配買取が手軽で便利でしょう。

掃除機や電子レンジなど、自家用車に自分で積みこんで運べるようなものなら、店頭買取が早く処理できるのでおすすめです。

高く売れるドットコム

まとめ

町田市では粗大ごみの収集も持ち込みも両方可能ですが、どちらも予約が必要で、事前の準備が不可欠です。

また、大量の家電や大型品を処分する際は、市に回収してもらう場合だと料金が高くなってしまうので、買取サービスを利用してまとめて売却してみるのも1つの手段です。

乾太一 / 専属ライター
乾太一 / 専属ライター

あらゆるモノの買取・処分方法を熟知している高く売れるドットコムマガジン編集部のエースメンバー。疑問が多いリユースについて誰もが読んでわかりやすい記事作りを心がけています。