自動車税は13年を経過するといくら負担が増える?重量税は?

自動車を購入してから13年が経過すると自動車税がアップし家計の負担が増えてしまいます。今回は、なぜ増税されるのか、実際にいくら増えるのか、自動車税と13年の関係をご紹介します。このタイミングで自動車を買い替えるべきかどうかも考えてみましょう。
車高く売れるドットコム

自動車税は13年を経過するといくら負担が増える?重量税は?

自動車を長く保有していると、13年を経過したタイミングで税金が上がります。

知らずにいると、ある年から急に税負担が増えてしまい、焦ってしまうかもしれません。

また、自動車税が上がる13年というタイミングを機会に車の買い替えを検討することにも、大きな意味があります。

実際にいくら上がるのかは、自動車のランニングコストを抑えるという観点からも知っておくべき情報でしょう。

この記事では、自動車税と13年をテーマに、増税される理由や増税される額などについてご紹介します。

あなたの愛車の最高買取価格は?

車高く売れるドットコムドットコムの一括査定

カンタン45秒入力!
最大8社の買取専門店が一括査定

車高く売れるドットコムで無料査定する

自動車税と13年の関係

まずは、自動車税とは何か、なぜ13年が経過すると増税されるのかといった基本的な点を知っておきましょう。

自動車税とは

自動車税とは、毎年4月1日時点を基準とし、車検証に記載された自動車の所有者に課される地方税です。

5月の初旬に納付書が送られ、同月の末日までに支払う必要があります。軽自動車の場合は軽自動車税といいます。

自動車を所有する限りは継続的に支払う必要のある税金ですので、負担に感じている方も多いのではないでしょうか。

さらに車を新規登録してから13年が経過したガソリン車、LPガス車は税額が増える仕組みになっています(ディーゼル車は11年)。

長く同じ自動車に乗る方は、どのタイミングでいくら増えるのかを知っておくといいでしょう。

13年で税額が増える理由

同じ自動車に長く乗り続けることは、物を大切にし、節約につながっているイメージをお持ちの方もいるでしょう。

しかし実際には節約どころか経済的な負担が増えてしまうことに疑問を感じるかもしれません。

これは「グリーン化税制」と呼ばれる制度によるものです。

環境負荷の小さい自動車については税率を軽減し(軽課)、環境負荷の大きい自動車については税率を重く(重課)するという、税率の特例措置を指します。

つまりは、地球環境への配慮です。

13年という期間は排ガス性能が大きく変化する一定の目安とされており、このタイミングで増税し、買い替えを促すことで、環境性の高い自動車を普及させたい狙いがあるのです。

もっとも、環境への配慮という表向きの理由は別にして、若者の車離れが進んでいる現代においては、市場の活性化という意味もあるのかもしれません。

13年を経過しても増税されない車がある

増税の理由は環境への配慮ですので、もともと排出ガスが少ない、燃費がよいなど環境性の高い自動車に関しては適用されません。

電気自動車やハイブリット車、天然ガス車などのほか、一般乗り合いバスなども対象外です。

13年を超えると自動車税はいくら増える?

次に、自動車税は実際にいくら増えるのか、乗用車と軽自動車に分けて確認しましょう。

自動車税はいくら増える?

区分が乗用車の場合は、排気量によって課税額が異なり、おおむね15%の重課となります。

以下、自家用乗用車の税額を抜粋して紹介します。

13年未満は次のとおりです。

排気量 税額
1,000cc以下 29,500円
1,000cc超~1,500cc以下 34,500円
1,500cc超~2,000cc以下 39,500円
2,000cc超~2,500cc以下 45,000円
2,500cc超~3,000cc以下 51,000円
3,000cc超~3,500cc以下 58,000円

13年経過すると次の税額になります。かっこ内は増える額を指しています。

排気量 税額
1,000cc以下 33,900円(4,400円)
1,000cc超~1,500cc以下 39,600円(5,100円)
1,500cc超~2,000cc以下 45,400円(5,900円)
2,000cc超~2,500cc以下 51,700円(6,700円)
2,500cc超~3,000cc以下 58,600円(7,600円)
3,000cc超~3,500cc以下 66,700円(8,700円)

参照元:東京都主税局

なお、排気量は車種によって異なるため一概にいえませんが、たとえば、いわゆるコンパクトカーと呼ばれるタイプの車種(例:トヨタのヴィッツ、日産のマーチなど)であれば1,000cc~1,500ccが目安です。

ファミリーカーの場合は1,500cc~2,500cc(例:ホンダのオデッセイ、トヨタのヴォクシーなど)あたりです。高級車や趣味用の車などは2,500ccを超えることが多いでしょう。

軽自動車税はいくら増える?

区分が軽自動車の場合、新規登録から13年が経過するとおおむね20%、税額が上がります。

軽自動車は平成28年度から税率が変わっていますので、最初の新規検査を受けた日によって、旧税率、新税率と区別されます。

最初の新規検査日が平成27年3月31日以前(旧税率)であれば、13年未満は7,200円、13年以上は12,900円(5,700円の増額)です。

最初の新規検査日が平成27年4月1日以降(新税率)であれば、13年未満は10,800円、13年以上は12,900円(2,100円の増額)です。

参照元:総務省

車高く売れるドットコム

自動車重量税の税額はどうなのか?

13年を超えると、自動車重量税も増税の対象です。

こちらは自動車税とは別の税金ですが、ランニングコストとして確実にかかる費用ですので、ぜひ押さえておきましょう。

自動車重量税とは

自動車重量税は、検査自動車と届出軽自動車に対して課される国税です。

ただし、自動車税と同様に、エコカー減税対象車であれば増税されません。

毎年納付書が送られてくる自動車税と異なり、重量税はいつ払っているのか実感がない方もいらっしゃるでしょう。

重量税は新しく車を購入したときと、車検の際に、有効期間分をまとめて納める仕組みとなっています。

13年を超えると自動車重量税はいくら増える?

自動車重量税は、その名のとおり車の重量に応じて課税額が変わります。13年未満の税額は次のとおりです。

重量 重量税
0.5トン以下 8,200円
~1トン 16,400円
~1.5トン 24,600円
~2トン 32,800円
~2.5トン 41,000円
~3トン 49,200円

13年経過後の税額は次のように変わります。かっこ内は増える額を指しています。

重量 重量税
0.5トン以下 11,400円(3,200円)
~1トン 22,800円(6,400円)
~1.5トン 34,200円(9,600円)
~2トン 45,600円(12,800円)
~2.5トン 57,000円(16,000円)
~3トン 68,400円(19,200円)

軽自動車の場合は重量にかかわらず、13年未満は6,600円、13年経過車は8,200円となり1,600円アップします。

参照元:国土交通省

重量は、一般的なコンパクトカーなら1トン前後、ファミリーカーであれば1.5トン前後がひとつの目安です。

なお、重量税は18年を超えるとさらに増税されますので、長く同じ自動車を保有し続ける場合は18年のタイミングにも留意しましょう。

13年を超えた車は買い替えるべき?

自動車税や重量税が上がる13年というタイミングで、自動車の買い替えを検討する方も多いでしょう。

最後に、13年で買い替えるメリット、デメリットを確認します。

コスト削減と安心感がメリット

13年を超えると、ここまでご紹介したとおり、自動車税や自動車重量税が上がります。

またこれ以外のデメリットも生じます。

たとえば、老朽化にともない修理や整備の機会が増えるため、どうしてもコストがかかります。

13年も経過した自動車となると、メーカーではすでに交換パーツがなくなってくる、あったとしても取り寄せなどで費用や時間がかかります。

不具合のリスクが上がるため安全性に不安が残る、不具合が生じる度に修理にだすなどして精神的な負担が増えるといったこともあるでしょう。

古くなった自動車を売って次の自動車購入費用に充てようと思っても、13年経過すれば高値での売却にも期待できません。

したがって、13年のタイミングで買い替えると、コスト面の負担を抑え、安心して自動車に乗れるというメリットがあるというわけです。

なお、2019年10月以降、自動車にかかる税制の一部改正がおこなわれ、新車新規登録車(自家用乗用車に限る)の自動車税が引き下げられます(排気量に応じて1,000~4,500円の引き下げ)。

消費税増税にともなう購入時の負担は増えるものの、いずれ買い替える予定があったのなら、13年を目安に買い替えるメリットは増えたといえるかもしれません。

参照元:経済産業省

まとまったお金が必要なのが主なデメリット

一方、13年を超えたから一概に買い替えるべきとは言い切れません。

ひと昔前までは「車は10~13年が限界」とも言われていましたが、近年は技術の進展により13年経過しても車の性能に即座に問題が生じることは考えにくくなっています。

13年で買い替えるデメリットとして、新しく車を購入する費用を用意しなくてはなりません。

新車であれば数百万円単位で、中古車であっても数十万円単位というお金が必要です。

まとまったお金を用意できない、ローンを組むと生活が苦しくなってしまうなどの状況であれば、買い替えは大きなデメリットです。

車自体に大きな問題がないのなら、自動車税や自動車重量税の増税分を加味しても、今の車に乗り続けるほうが当面の出費は抑えられるでしょう。

ただし、まとまったお金がなくても、カーリースであれば負担額を抑えながら車を所有することができます。

カーリースの自動車税については、月々のリース料金に含まれることがほとんどで、ローン購入のように4月の自動車税や車検時の多額の出費などは心配ないのも大きなメリットです。

また新車に乗ることもでき、様々なメーカーから車種を選択できるので、とてもおすすめです。

おトクにマイカー 定額カルモくんでカーリースを申し込む

カーリースについてさらに詳しいメリットやデメリットはこちらに記載しているので、併せて読んでみてください。

そのほか、今の自動車に思い入れがある方、旧車を楽しみたいといった方は、コスト面以上に乗り続けるメリットのほうが大きいかもしれません。

このように、13年は買い替えをするひとつの目安にはなるものの、誰にとっても買い替えがベストな選択とはいえません。

ご自身の価値観をもとに買い替えるメリット、デメリットを整理されるといいでしょう。

税負担が増えるタイミングで売却をご検討なら一括査定やオークションが便利

今回のような税金等の負担が増えてしまうタイミングで売却をお考えなら一括査定サービスを利用することをおすすめします。

13年経過している車は価値が低いと思われがちですが、複数社で査定を競わせることで思わぬ査定額が付く可能性があります。

車高く売れるドットコム

売却をご検討なら一括査定が便利

「車高く売れるドットコムの車買取・一括査定」では、全国200社を超える車買取専門店から一括査定を受けられます。

最大8社が一括査定をするため、その中から高額査定や気に入った買取店を選べます。

また、45秒ほどで無料一括査定ができるため、忙しい方でも簡単です。

出張買取査定では、日時や場所を指定して、その場に車買取業者の査定士を呼んで車を買取に来てくれます。

車高く売れるドットコム

査定は無料なので、ぜひ金額だけでも確認してみてはいかがでしょうか?

車高く売れるドットコムで一括査定する

ナビクル

ナビクル車買取

ナビクルは最大10社から愛車の買取価格をまとめてもらうことができ、最新の車種ごとの買取価格参考データもチェックできる一括査定サービスです。

相場を把握して高値売却にこだわりたい方におすすめです。もちろん全国対応です。

ナビクルで一括査定する

AI査定のガリバーオート

ガリバーオート

ガリバーオートはiPhone、Androidスマホ対応のAIを活用した車査定アプリです。

スマホで愛車の写真を撮って必要項目を入力するだけで、独自のAiと車買取・販売を手掛けるガリバーの実績に裏付けされた査定価格をその場で簡単にチェックすることができます。

査定のあとはアプリ上から好きなタイミングで売却手続きができるため便利です。

また、以下のような便利な機能も搭載されています。

  • 最適な売却時期がわかる査定予想
  • 類似車の 査定額比較
  • 再査定機能

インストールしてすぐに利用できるので、他の車一括査定サービスとあわせてぜひ活用してみてください。

ガリバーオートアプリをインストールする

MOTA車買取

MOTA車買取

「MOTA車買取」はしつこい営業電話を受けることがなく、愛車の価値がわかる一括査定を受けることが出来るサービスです。

愛車の情報を入力した翌日18時に最大10社以上の車買取店から査定額が提示されます。

そのうち、高額査定の買取店3社のみから電話で連絡がきます。

やみくもに電話がかかってくる煩わしさがないため、使いやすい車の一括査定サービスではないでしょうか。

MOTA車買取で一括査定する

SellCa

SellCa

「SellCa」は中古車オークションサービスとして、6,000社以上の車買取業者が参加しています。

中間業者が入らないオークション制のため、大手より高く売れる可能性がある点が大きなポイントです。

ホームページでは人気国産車種はもちろんこと、輸入車の買取実績も公開されているため、売却をご検討中の方はまずは無料査定で愛車の価値をチェックしてみましょう。

SellCaで無料査定してみる

まとめ

今回は自動車を13年以上所有した場合の、自動車税や重量税についてお伝えしました。

自動車税や重量税は13年が経過すると税金の負担が増えることになります。

ただでさえ維持費がかかる自動車ですから、税金が増額し、修理費用などもかかりやすくなってくるこのタイミングで買い替えを検討することは、ひとつのよい選択肢といえるでしょう。

ご自身が何を重視するのかによって、必ずしも買い替えが最良とは限りません。

今回ご紹介した税金の話も踏まえ、慎重に検討してください。

愛車のお金にまつわる話はここから探そう

維持費や自動車ローン、買取から廃車、自動車用語まで、車のお金に関するトピックをまとめました。

>>【愛車のお金にまつわる話】維持費・ローン・買取関トピックを探す<<
齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。