水没車にならないために!修理より売却がおすすめな理由も紹介



水没車にならないために!修理より売却がおすすめな理由も紹介

台風に伴う大雨などの災害により、車が水没してしまうことは珍しくありません。道路が大雨で冠水してしまい、車が水没している様子をテレビのニュースで目にしたことのある方も少なくないでしょう。

このような被害は誰もが遭遇する可能性があり、決して他人事ではありません。そこで、ここでは水没しないための走り方や水没がおよぼすダメージなどについて説明します。また、水没車の修理が現実的ではない理由、売却できる可能性などについても記述しています。

水没車の問題

水没車の問題

車にはさまざまな精密部品も使われています。そのため、水没してしまうと重要なパーツが故障してしまい、不具合が生じる可能性があります。排気を担うマフラーが水没するとエンジンからの排気ができなくなり、エアクリーナーから水が侵入するとエンジンも停まります。

車にとってエンジンは心臓となる大切な部分です。そのエンジンがダメージを受け壊れるということは、今後車として機能させることは難しくなるでしょう。また、目で確認できるところ以外にも、さまざまなダメージを受けている可能性があります。

水没しないためには

水没しないためには

大雨で道路が冠水してしまうことは珍しくありません。このようなときはなるべく車で走らないのが一番ですが、どうしても車で移動しなくてはならないこともあるでしょう。その場合に、水没車にならないために知っておくべきポイントを紹介します。

ゆっくり走ること

道路が冠水し始めると焦ってしまい、ついスピードを上げてしまいがちです。しかし、これは逆効果となるのでやめましょう。スピードを出してしまうと水を跳ね上げてしまい、車内に水が侵入する可能性が高くなります。

冠水しているときには、できるだけスピードを出さずに走るのが鉄則です。25~30キロに満たないくらいのスピードを意識してください。

浸水状況を確認

冠水した道路を走っているときには、常に状況を確認してください。すぐに水が車内に入ってくるとは限らないため、浸水に気づかないまま走り続けてしまう、ということも起こりえるのです。

高低差がある道に注意

道路によっては高低差の大きなところもあります。すり鉢状になった道や、上を電車が通っているような道だと高低差が大きく、水が溜まりやすくなります。大雨が降ったときにはすぐに冠水することもあるので、十分注意してください。

高低差があることが分かっているのなら、そこを避けて通るのが一番ですが、どうしても通る必要がある場合は、どれくらいの水位かを確認したほうがよいでしょう。むやみに突っ込んでしまうと、あっさり水没してしまう恐れがあります。

エンジンをとめる

車の中にまで水が入ってきたのなら、エンジンが停まるのも時間の問題です。これ以上は危険なので、安全な場所に移動してエンジンもとめてください。ロードサービスを利用しているのなら、連絡して指示をあおぐのも有効な選択肢です。

水がはけたからといって、すぐにエンジンをかけるのはNGです。目に見えるところの水がはけたとしても、すでに水によるダメージを受けている可能性があります。エンジンの故障や感電といったリスクも高まるので注意が必要です。

水没が及ぼすダメージ

水没が及ぼすダメージ

車が水に漬かってしまうと、さまざまな部位がダメージを受けてしまいます。エンジンやコンピューターのほかにも、ボディやシャーシなどにも大きなダメージが加わっている可能性があります。

エンジンやコンピュータへのダメージ

エンジンは車の心臓部なので、ダメージを受ければ車が動かなくなることがあります。エンジンには電気で制御を行う部品なども使われているため、それが故障してしまい、エンジンとして機能できなくなる可能性もあります。

車にはコンピューターが搭載されています。電子的に車を制御するためのもので、助手席の足元の近くや床の下などに搭載しているケースが少なくありません。コンピューターもエンジンと同じくらい重要なパーツなので、水によって壊れてしまうと車として機能させられなくなります。

車体へのダメージ

水没することで車体そのものにダメージが加わることもあります。水圧によって外装パーツが変形してしまったり、何らかのパーツが外れてなくなってしまったり、といったことも考えられるでしょう。

海水だった場合だと、金属の腐食を招きます。しかも、目に見える部分だけでなく、目に見えない狭いところや細かいところが海水で浸食され、劣化する可能性もあるのです。

修理が現実的でない理由

修理が現実的でない理由

大切に乗っている愛車なら、水没したとしても修理してまた乗りたい、と考える方も少なくないでしょう。しかし、水没した車を修理して乗るというのはあまり現実的なことではありません。ここでは、水没車の修理が現実的ではない理由をご説明します。

高額な修理費用が必要になることが多い

水没してしまうと、さまざまな部分に故障が見られ、修理費用も莫大になることがあります。軽度の被害なら数万円で修理できるかもしれませんが、場合によっては数十万円、数百万円規模の修理費用が必要になることもあります。

電装系の部品は、ほぼ交換する必要があり、コンピューターやエンジンにも手を加えなくてはならない場合もあります。部分的に部品の交換だけで済めばよいのですが、コンピューターやエンジンをまるまる交換しないといけないとなると、相当な出費を覚悟しなくてはなりません。

また、車両保険に入っていないと高額な修理費用をすべて自腹で払わなくてはなりません。車両保険に加入していたとしても、水没が補償されない契約内容だとやはり全額自己負担となります。

シミや臭いが完璧に取れない可能性も

冠水しているときの水は決してキレイなものではありません。汚泥や糞尿、生ごみ、工業廃水などが混ざりあった汚いものです。それが車の中に入ってくるわけなので、シートや内装部品に嫌な臭いもついてしまいます。

染みついた臭いを除去することは可能ですが、完璧に除き去ることはできないかもしれません。また、除去するには高度な技術も必要になるため、やはり高額な費用がかかります。

冠水歴がつき車の価値が下がる

水没した車を修理に出すと、冠水歴がつきます。水に漬かった車であることを公にすることになり、車としての価値が下がってしまいます。これも、修理して乗り続けるのが現実的ではない理由のひとつといえます。

一度でも冠水した車だと、普通の中古車よりもさらに故障のリスクが高いと思われます。買い手がなかなかつかないことも考えられるので、お店としてはなるべく扱いたくありません。仮に買取るとしても、安く買い叩かれてしまう可能性があります。

きちんと修理をしてまともに乗れるようになったとしても、今後その車を売るときには冠水歴があることを知られてしまいます。その結果、高値がつかない、そもそも買取してもらえない、といったことも考えられるでしょう。

水没車でも売却できる

水没車でも売却できる

水没した車はさまざまなリスクを抱えているため、お店によっては買取してもらえないこともあります。しかし、水没車でも関係なく買取をしている業者がいるのもまた事実です。そのため、水没車だからといって売るのを諦める必要はありません。水没した車を売却するときにどのようなお店を選べばよいのかをご説明します。

買取実績がある会社を選ぶ

売却を検討する場合は、冠水歴がある車や事故車を買取している実績があるかどうかをチェックしてください。中古車を買取している業者は数多くありますが、水の被害を受けた車の買取に消極的なところもまた、たくさんあります。普段から事故車や不動車、冠水歴ありの車を買取しているお店なら、門前払いされることは考えにくいでしょう。

買取はしていても、ほとんど値がつかないようなお店もあります。それどころか廃車費用が必要だといわれてしまうことも珍しくありません。事故車や水没車の買取実績が豊富なお店は、売る自信があるからこそ買取をしています。海外に独自の販売ルートを持っていることもあります。そのため、思った以上の高値で売れることも珍しくないのです。

手数料などがかからない

水没車だと、自走ができないケースもあります。こうしたケースだと、レッカー車やキャリアカーなどを使って車を移動させることになりますが、そこに費用が発生してしまうことがあります。ほかにも、書類代行や手続きなどに別途費用が発生することもあるので、事前に確認しておきましょう。

買取してもらうお店を選ぶ時には、レッカー代をはじめさまざまな諸費用が無料のところを選んでください。水没車にはあまり高値がつかないことが多いので、できるだけ余計な費用負担は少なくしたいものです。諸費用が無料のお店なら、手元に残るお金も多くなります。

複数社で査定を受ける

一社でしか査定を受けない場合だと、提示された価格が正当なものかどうかも分かりません。比較対象を作るためにも、複数のお店で査定を受けることをおすすめします。水没した車の買取に自信を持つお店を複数ピックアップし、それぞれ査定をしてもらい、もっとも高値をつけてくれたところに売却しましょう。

もし、水没した車や廃車の売却を検討しているのなら「ハイシャル」というサイトが役立ちそうです。廃車買取を得意としており、不動車や事故車、水没した車などの買取実績も豊富です。日本全国、年中無休で対応しているので、気になる方はぜひ利用してください。2018年における相談実績は54,000件を突破しており、確かな実績があります。

レッカー費用などもかからず、どんな状態の車であっても0円以上の買取保証があります。公式ホームページには査定専用のフォームも設けられており、売りたい車の査定額をすぐに知ることができます。

こちらの記事で廃車買取業者についてより詳しくご紹介しています。

まとめ

水没車になると車としての価値が下がり、今後故障を引き起こすリスクも高まります。水没しないのが一番ですが、やむを得ないときはここでお話しした内容をぜひ思い出してください。また、水没した車を修理して乗り続けるのはあまり現実的とはいえないので、できれば売却して新しい車を検討したほうがよいでしょう。

ここでご紹介したように、水没した車や廃車を買取してくれる専門店もあるので、こうした業者を利用することで、水没車でも高値で売れる可能性が高くなります。

齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車などあらゆる物の処分方法や買取のコツを紹介し、世の中にリユースを広めるべく活動しています。

関連キーワード