引越しの住所変更は何から始める?やること・優先順位まとめ

SUUMO引越し

引越しの住所変更は何から始める?やること・優先順位まとめ

引越しを行う際、住所変更すべき手続きの多さに頭を悩ませてしまう人も多いでしょう。一つ一つの変更手続きは複雑でないにしても数が多いため、処理を忘れる可能性も普段より高くなります。そんな中、新しい住居や引越し業者を探し、限られた時間で荷物をまとめるとなると、慣れていなければ気力も体力も消耗してしまうものです。

本記事では、住所変更が必要なサービスと、住所変更を滞りなく行うためのコツについてご紹介しています。引越し前後で必要以上に焦らないためにも、必要な手続きを事前に把握し、スケジュールを立てておきましょう。

住所変更が必要なサービスはどれ?

引越しに伴う住所に関する変更の手続きを怠ると、今までできていたサービスを新居住地で利用できなくなったり、旧居住地との二重契約で二倍の料金を支払う羽目に陥ったりと、様々なトラブルの原因となります。無用のトラブルを避けるためにも、引越しの際には住所変更の手続きが必須です。

人によって手続きする内容は多様ですが、できるかぎり重要なものから片付けていきましょう。

電気・ガス・水道の住所変更

電気・ガス・水道の住所変更

新居で快適に過ごすためにも、電気・ガス・水道といったインフラ関係の手続きは確実に済ませておきたいところです。退去日が決定したら、1週間前を目安に使用停止の申請を済ませましょう。窓口や電話以外にも、webで申し込みが行える場合もあります。

建物の形にもよりますが、退去時におけるサービス停止は基本的に立ち会いを要するので、係員の訪問予定を把握してスケジュールを立てます。電気・ガス・水道のそれぞれの係員がメーターを確認し精算を行いますが、日頃から口座振替を利用していれば、後日自動的に引き落とされます。

使用停止の連絡と同時に、新住所での生活に困らないためにサービス開始を申請します。ちなみに、電気・水道に関しては引越し当日から立ち合い不要で使用できるケースもあります。その場合、後日利用開始のハガキをポストに投函するなど必要な手続きがあるので、忘れないよう注意しましょう。

ガスに関しては、係員に開栓を依頼し、安全に利用可能か確認してもらわなければなりません。ガスコンロなど屋内に立ち入っての作業もあるため、作業日には立ち合いを要します。繁忙期の場合は、係員を確保できない場合もあるので、引越し当日に呼び出すのではなく、早めの予約がおすすめです。

郵便局での住所変更

郵便局での住所変更

引越し前に必ず済ませておきたいのが、郵便物の転居届です。郵便局窓口での申請、もしくはwebでも可能です。転居届を提出したとしても、すぐに登録が反映されるわけではありません。

転送開始希望日を選択できますが、郵便物への反映は早くとも3~7営業日程度かかります。引越し予定日が判明したら、なるべく早めに手続きを済ませましょう。

市区町村役場での住所変更

市区町村役場での住所変更

引越しの日が近づいたら、旧住所を管轄する市町村役場で転出届を提出します。転出証明書を手渡された場合は、新住所を管轄する役場で必要となります。この届出を行わなければ、転入届を提出できません。

ちなみに、同じ市区町村での住民票異動の場合、転出届は不要です。転居・転入を問わず、新しい住所に住み始めてから14日以内に所定の手続きを行いましょう。

違う市区町村に転出した場合は、それまで使用していた印鑑登録も抹消されます。今後も必要となるなら、新住所を管轄する役場で新たに登録し直しましょう。他にも、国民健康保険や国民年金の手続きなど、各課に案内されることもあります。

公立の学校に通う子供がいる場合は転校手続きもあわせて行います。また、犬を飼っている場合は登録住所の変更が必要です。転出届・転居届・転入届を提出する際に、職員に他の課を案内される場合もありますが、自分でも必要な手続きが何かを把握し、漏れがないよう気をつけましょう。

車関連の住所変更

車関連の住所変更

市区町村での住所変更が済んだら、警察署・運転免許更新センター・運転免許試験場へ出向き、運転免許証の住所を変更します。変更には新住所が記載された書類が別途必要です。住民票で対応してもらえますので、転入届もしくは転居届を提出する際に、あらかじめ発行しておきましょう。

自動車やバイク、原動機付自転車などを所有している場合は、それぞれにあわせた手続きが必要です。普通自動車・バイクの場合は、引越し先の住所を管轄している運輸支局、もしくは自動車検査登録事務所で行います。軽自動車の場合は軽自動車検査協会です。新しいナンバープレート代が必要となるので、用意しておきましょう。

ちなみに原動機付バイクの場合は、市区町村役場での廃車手続きが必要です。ナンバープレートは新しい住所地で再発行されます。ただし、同じ市区町村での転居であれば、ナンバープレートを引き続き利用可能です。

引越し前には、旧住所で利用していた駐車場の解約を行ったうえで、新住所では新たな駐車場を確保しておかなくてはなりません。また、駐車場を変更するのであれば、警察署に出向き、車庫証明の住所の変更届も出しましょう。

金融系サービスの住所変更

金融系サービスの住所変更

銀行・クレジットカード・保険など、金融系サービスに関する処理も済ませておかなくてはなりません。手続きの方法は様々で、電話や会社のwebで行える場合もあれば、変更届を記入し送付しなければならない場合もあります。特にクレジットカードに関しては、新規のカードを送付する際、「転送不要」扱いになっていることがほとんどです。その場合は前もって住所を変更しておかなければ、新しいカードを受け取ることができません。

また、カードの不正利用に関する連絡など、即座に対応すべき内容の書類が届けられることもあり、対応が遅れるとトラブルの原因となってしまいます。手続き漏れのないよう確実に行いましょう。

通信系サービスの住所変更

通信系サービスの住所変更

通信系サービスでは、固定電話・携帯電話・インターネット回線・NHKなどが挙げられます。携帯電話については、ショップか自分の携帯電話で手続きが可能です。その他の場合は電話やwebを経由して住所変更をします。

特に気をつけたいのが、固定電話とインターネット回線の住所変更です。これらについては、業者に連絡してから実際に対応してもらえるまでに時間がかかる場合も多いため、十分に注意しましょう。

インターネット回線に関しては時間の問題もありますが、考える項目が多いのも問題です。新規プロバイダと契約するか、今までと同じプロバイダを利用するか、光回線にすべきか、Wi-Fiを利用すべきかなど、住所変更を機に見直すべき項目が多くあります。料金が大きく変わってくることもあるため、引越しをする前に詳しく調査をしておきましょう。

SUUMO引っ越し

住所変更を滞りなく終えるには

住所変更を滞りなく終えるには

住所変更を首尾よく済ませるには、何を心がければ良いのでしょうか。必要な手続きの中には、予定通りに変更を済ませなければ、他の手続きにまで影響する可能性も考えられます。ここでは、住所変更を滞りなく終わらせるために、知っておきたいポイントについて解説します。

住所変更手続きをリストアップしておく

頭の中で複数の課題を一度にこなすのが苦手な方は、一度住所変更が必要なサービスを書き出し、リスト化してみましょう。引越しの際は、住所変更だけでなく他の手続きも煩雑です。手続きの数が膨大になると、それぞれを把握しきれず、パニックに陥ってしまう人もいます。リストに手続きを書き出すだけで、やるべきことが明確になり、一つ一つの作業をこなしやすくなるでしょう。

優先度の高いものから処理する

住所変更が必要だと分かっていても、何から始めれば良いのか把握しきれなくなる場合もあります。すべてを一度にやろうとすると大変ですので、重要度の観点から優先すべき手続きを見極めることから始めましょう。

特に優先度の高いものとしては、市区町村役場での手続き、免許証の記載事項書き換え、電気・ガス・水道のインフラ関係、郵便物の転送届などが挙げられます。その他についても、もちろん変更は必要ですが、すべてを1日2日で終わらせるのは難しいものです。特に市区町村役場の場合は平日しか開庁しておらず、会社が始まってからでは多忙からなかなか手続きを行えないケースも考えられます。

仕事で忙しく休みを取りづらい人の場合は、日中に窓口へ直接足を運ぶ必要があることを最優先しましょう。24時間いつでもスマートフォンやパソコンで変更できるものは、夜間や隙間時間を利用して行うなどスケジュールを上手に組むことが大切です。

新しい住民票を用意しておく

市区町村役場で住民票の異動手続きを終えたら、すぐに新しい住所地の住民票を発行できます。そのため、役場を訪れる前に、各種サービスの住所変更で必要になりそうな住民票の数を事前にチェックしておくと良いでしょう。市区町村役場に何度も足を運ぶのが手間であれば、数を多めに取得しておくのも良い方法です。本籍・住民票コード・個人番号(マイナンバー)については記載の有無を選べるので、窓口で迷わないよう確認しておきましょう。

本人確認書類の住所変更は先に行う

住所変更の中でも、早急に片付けておきたい手続きとしては、本人確認書類の住所変更が挙げられます。特に免許証の住所変更は、住民票を手に入れたらすぐに行うのが望ましいでしょう。というのも、免許証など顔写真入りの身分証は、本人確認書類としての効力が高いからです。

健康保険証の場合は顔写真が入っていないため、保険証1点だけでは本人確認書類が不十分と見なされるケースもあります。他の手続きをスムーズに終えるためにも、早めに手続きしておきたいところです。

SUUMO引っ越し

まとめ

引越しの際は時間に追われ、余裕がなくなりがちです。手続きを忘れることがないよう、引越し期間中は必要な手続きをすべて書き出し、リストアップしておきましょう。膨大な住所変更の量に恐れることなく、頭の中を整理し一つ一つ片付けていけば、そのうち終わりは見えてきます。

住所変更をすべて滞りなく終えるためには、前々からの準備も大切です。まずは事前にしておくべき手続きを確実に済ませましょう。そして、優先すべき手続きから手をつけるのが重要なポイントです。早急に対応すべきものを先に終わらせれば、心の負担も徐々に軽くなり、すべての手続きを首尾よく終わらせることができるでしょう。

齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。

関連キーワード