引っ越しの前後で準備すべき必要なものリストまとめ

SUUMO引越し

引っ越しの前後で準備すべき必要なものリストまとめ

引越し作業のプロセスは、梱包や荷造りなどの手作業に始まり、荷物の搬出・搬入といった力仕事に至るまで、実に多岐にわたります。初めて引越しを経験される方は、こうした作業に必要なものが分からないことも多いでしょう。引越し当日になって「あれを買っておけばよかった」と後悔することはよくあります。わざわざ荷造りをしている最中に慌てて買いに走るのは非効率ですので、前もって周到に準備しておきたいところです。

そこで当記事では、引越し作業に必要なものやあると便利なもの、またその使い道などを詳しくご紹介していきます。しっかりと下準備を整えて、スムーズな引越しを実現させましょう。

引越しの荷造りで必要なものは?

引越しをするにあたって、まずは前日までに荷造りをしておく必要があります。ここからは、引越しの荷造りで必要なものをご紹介していきます。

段ボール

段ボールは、荷物を梱包するために必要なものです。引越しをするときに段ボールを用意しない人はいないと思いますが、実際に梱包してみると、これが足りなくなるケースはよくあります。段ボールは引越し業者からもらえますので、できるだけ多めにもらっておくことをおすすめします。ただし、業者からもらえるとはいえ、無制限にもらえるわけではありません。用意してもらえる分にも限りがありますので、足りない場合はホームセンターやネット通販などで購入するとよいでしょう。

またスーパーやコンビニ、100円均一ショップなどで無料提供していることもありますので、節約したい方にはそちらもおすすめです。大半が使用済み段ボールのため、必ずしも綺麗なものとはいえませんが、小物や割れ物などのように包装するものであれば大して気になりません。近所にそうしたお店がある場合は、足を運んでみるのも一つの手です。

ガムテープ

段ボールに荷物を梱包して閉じる際、ガムテープが必要になります。ガムテープには紙製と布製の2種類がありますが、粘着力は布製のほうが優れています。運搬中に段ボールの中から荷物が飛び出し破損してしまうこともありますので、特に割れ物の類には布製のガムテープを使うことをおすすめします。

布製のガムテープはホームセンターで購入できます。また、紙製のガムテープは100円均一ショップで購入できます。どちらも用意しておいて、必要に応じて使い分けるとよいでしょう。ガムテープは段ボールの梱包以外にも、家具や家電製品を固定するときに使うことがあります。粘着力の強いガムテープだと、剥がすと汚れることがあるので注意してください。

養生テープ(マスキンテープ)

引越しする際に、家具や家電製品を固定するためガムテープを使うことがありますが、剥がしたときに汚れが残ったり、塗装が剥がれたりするのが気になる方も多いでしょう。その場合は、養生テープ(マスキンテープ)を用意しておくことをおすすめします。

養生テープはホームセンターで購入できます。ガムテープとは違い、1回の引越しで使い切ってしまうことはほとんどありません。日常生活においても活躍する場面が多い便利グッズですので、引越しを終えたあとも何かと重宝します。

新聞紙

引越しの荷物の中には、割れ物や壊れやすいものがありますが、それらの破損を防止するために必要なものが新聞紙です。新聞紙を丸めて荷物といっしょに段ボールへ梱包すれば、緩衝材となり荷物の破損を防止できます。新聞紙はできるだけたくさん用意しておくことをおすすめします。

最近では、新聞をとっていないご家庭も多いと聞きます。もし新聞紙がご家庭になければ、知人やご近所の方などからもらいましょう。どうしても新聞紙を用意できない場合は、ホームセンターで気泡緩衝材を購入することをおすすめします。

ビニール袋

ビニール袋は、引越し作業においてさまざまな使い道があります。洗剤や一部の調味料をはじめとする液状の荷物を梱包する際、段ボールを使用すると、万が一中身が漏れ出したときに液体や臭いが充満してしまうおそれがあります。ビニール袋に入れておけば、液体が漏れて汚れるのを防止できます。液状のものは運搬中に荷崩れして漏れやすいため、それを防止するビニール袋は非常に重要といえます。

また、小物類をまとめるのにもビニール袋は便利です。段ボールにそのまま入れるとバラバラになりますが、ビニール袋に入れておけばその心配はありません。

セロテープ

ビニール袋の封をしたり、液体入りの容器のふたが開かないよう留めたりするときに便利です。そのほかにもさまざまな用途で使えますので、必ず用意しておきましょう。

ロープ・ビニールひも

引越しの荷物は、段ボールで梱包できるものばかりではありません。長くて棒状のものや板状のものは段ボールに入れられないので、ロープやビニールひもで縛ります。そのほかにも、本などの重いものを入れた段ボールを補強するために利用できます。引越し以外のシーンでもさまざまな用途がありますので、ホームセンターや100円均一ショップで購入しておきましょう。

はさみ・カッター

はさみやカッターは、引越し荷物を梱包する際に必要なものです。ガムテープやひもをカットするだけでなく、引越し先で段ボールを開封する際にも活躍します。ただし、カッターでダンボールを開封する場合は、中の荷物を傷つけないように注意しましょう。

マジックペン

段ボールに荷物を梱包する際、マジックペンは内容物を記載するために必要となります。引越しで梱包する段ボールの量はかなり多いため、どれに何が入っているかなどいちいち把握しきれません。段ボールに何が入っているかを記載しておけば、開封作業の効率がアップします。

また、中に何が入っているかが分かっていれば、荷物を搬入する順番を引越し業者に指示することも可能です。見える位置に「割れ物」と記載しておけば、引越し業者が注意して運んでくれるメリットもあります。大事なものを引越しで破損させたくない方には、重要なものといえるでしょう。

工具セット

家具や家電はそのまま運ばずに、解体して運ぶ場合があります。工具セットは、解体する場合に備えて用意しておくとよいでしょう。また、引越し先で解体した家具や家電を組み立てたり、新しく購入したものを組み立てたりする場合にも、工具を使うことがあります。組み立てるものがある場合も、念のため工具セットを用意しておきましょう。

ゴミ袋

引越しの荷造りをしていると、不用品やゴミが大量に出てくるため、それらを処理するのに必要となります。引越しは不用品と必要なものとを選別するいいタイミングなので、不要なものは思い切って処分しましょう。

引越し先に荷物を搬入する前に必要なものは?

引越し先に荷物が到着したら、部屋の中へ荷物を運び入れます。入居する前に不動産業者が必ず室内の清掃をしていますが、多少の汚れやゴミが残っているケースもあります。新居に荷物を運び込む前に、完璧にきれいにしておきたいという方も多いでしょう。そこで、自分で掃除できるよう、掃除道具を用意しておくことをおすすめします。

また掃除道具は、引越し先だけでなく退去する部屋の掃除にも使うことがあります。引越しをする場合、借りていた部屋をきれいに掃除して、入居した当時の状態に戻してから大家さんに引き渡す必要があります。引越しの際に掃除は必ず行うことになりますので、事前に用意しておきましょう。

引越し荷物を搬出・搬入するときに必要なものは?

引越し先へ荷物を運び込む準備ができたら、いよいよ引越し作業の開始です。ここからは、荷物の搬出・搬入の際に必要となるものをご紹介していきます。

布団圧縮袋

布団はかさばる荷物ですので、運ぶのに大変苦労します。ベッドを使っている方は、敷布団がなく掛布団だけの場合もあるでしょう。布団圧縮袋には、掃除機で空気を吸い出すタイプと、体重をかけて圧縮するタイプの2種類があります。どちらを使っても布団をコンパクトにできますので、トラックで運搬する際に必要なスペースが小さく済みます。ホームセンターやネット通販で購入できますので、引越し前に準備しておくとよいでしょう。

チェアソックス

チェアソックスは椅子やテーブル、ソファなどが床を傷つけないようにするため、脚の部分に取りつけるものです。引越しの際、家具の脚が床を傷つけることはよくありますが、チェアソックスをつけておけばこうした事態も予防できます。引越し後も取りつけたままにしておくと、床を傷つけることがないため退去時の修繕費トラブルの予防になります。

軍手・作業用手袋

重いものや持ちにくいものを運んでいるとケガをしやすいため、軍手や作業用手袋は必要不可欠です。それらの荷物は運搬中に落としてしまう可能性が高いため、滑り止め防止機能がついた軍手や、ゴム製の作業手袋を用意しておくとよいでしょう。またホームセンターでは、スマホのフリック操作がしやすい作業用手袋も販売されていますので、そちらもおすすめです。

ドアストッパー

新居のドアが開けたまま固定できない場合、通るたびに何度も開け閉めするのは非効率ですので、ドアストッパーを用意しておくとよいでしょう。ドアには木製と鉄製がありますが、どちらのタイプにも対応したドアストッパーをホームセンターで購入できます。

養生パッド

家具を運搬していると、傷をつけてしまうことは珍しくありません。布製の養生パッドを用意しておけば、家具に巻きつけて安全に運べます。また、部屋の床に敷いておけば、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電で床を傷つけてしまうのを防止できます。

台車

段ボールを手で運ぶ場合、一人につき1つ持つのがやっとですが、台車があれば複数の段ボールをいっぺんに運ぶことができます。割れ物や壊れ物などを安全に運べるのもメリットといえます。特に折り畳み式の台車は持ち運びやすく、設置するにも場所を取らないためおすすめです。

まとめ

初めて引越しを経験される方は、とかく慌てがちです。作業に慣れていないのだから無理もありません。しかし、事前にしっかりと準備しておけば、いざ引越し当日となったときにあくせくする必要もなくなります。あらかじめ大まかなフローチャートを立てておき、どの場面で何が必要となるかを確認しておくと、作業もスムーズに進みます。

また、今回ご紹介したアイテムはいずれも、引越し作業の効率化に大きく貢献してくれるものばかりですので、ご家庭にないものは事前に手配しておくことをおすすめします。中には普段の生活でも役立つ機会の多いものもありますので、引越しが終わったあとも捨てずに持っておくとよいでしょう。

齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車などあらゆる物の処分方法や買取のコツを紹介し、世の中にリユースを広めるべく活動しています。

関連キーワード