不動産買取保証のメリット・デメリット|どんな人におすすめ?

不動産売却の買取保証について、利用する際のメリットやデメリット、どんな人に向いているのかを宅地建物取引士が解説しています。転勤や子供の進学などで引越し時期が明確に決まっている方の不動産売却は買取保証が選択肢に挙がるため要チェックです。
リビンマッチの不動産売却

不動産買取保証のメリット・デメリット|どんな人におすすめ?

転勤や子どもの進学などで引越し時期が明確に決まっている場合などは、売却活動の期間が長引くのを避けたいと考える人もいるでしょう。そのような場合に検討すべき選択肢が「買取保証」です。

不動産売却の買取保証についての基本的な知識や、メリット・デメリットなどを詳しくご紹介します。

この記事の監修者

黄 威翔/宅地建物取引士

黄 威翔/宅地建物取引士

この記事の監修者プロフィール
台湾出身。日本で不動産業と出会い、一年目で宅地建物取引士を取得。 地方の不動産会社に長年勤務し、日本全国の中古不動産の売買仲介を担当。  日本の方はもちろん、外国の方の対応経験も豊富で様々な視点から日本の不動産市場をご紹介しています。

こちらから査定を依頼できます!

イエウール不動産一括査定 【あなたの不動産いくらで売れる?】
イエウールで最大6社の売却価格をまとめてお取り寄せ! 質問に答えて無料診断する

買取保証とは

買取保証とは

不動産売却には大きくわけて「仲介」と「買取」という2つの方法があります。 

仲介は、不動産会社に間に入ってもらい、広告活動や売却活動を行って買主を探す方法です。不動産売却における一般的な方法で、多くの人が仲介を選択して売却活動をしています。

一方で、買取は、不動産会社に直接購入してもらう方法です。不動産会社と条件を交渉し、折り合いがつけばすぐに売却することができるため手間がかかりません。不動産会社にすぐに買取をしてもらう場合は「即時買取」と呼びます。

これに対して「買取保証」とは、仲介で一定期間内に買主が見つからなかった場合に、不動産会社があらかじめ取り決めておいた価格で買取をしてくれるサービスのことを指します。近年、この買取保証つき仲介のサービスを提供している不動産会社が増えています。

買取保証を利用するメリット

買取保証利用のメリツト

買取保証は、仲介の期限を定めた上で必ず不動産を売却することができる仕組みです。このような買取保証の仕組みを利用することには、売主に具体的にどのようなメリットがあるでしょうか。

期限内の不動産売却が確実になり不安を解消できる

いざ仲介で不動産の売却活動を始めると、売れないかもしれないという不安を感じたり、買主が見つかるまで長い間売却活動をしなければならない場合もあります。

買取保証は、一定期間内に売却できなかった場合、不動産会社があらかじめ決めた価格で買い取ってくれることが約束されています。そのため必ず売ることができますし、自分のスケジュールに合わせて家を計画的に売却することが可能です。

特に住んでいた家を売却して新しい家に住みかえる場合は、住環境を大きく変えることになります。このような時期に抱える不安は少しでも減らしておきたいですよね。このような不動産売却時の不安を解消できるという点は、買取保証の大きなメリットであると言えるでしょう。

通常の仲介での売却にチャレンジできる

即時買取の場合はすぐに不動産会社に売却をすることになりますが、買取保証では一定期間は仲介で買主を探すことになります。

仲介は、市場価格で売却をすることができるため、即時買取よりも不動産を高く売ることができる可能性が高いです。いきなり買取りをしてもらうのではなく、買取保証を利用することによって、期限内の買取が不動産会社から保証されている状態で、仲介での高値での売却にもチャレンジすることができるという魅力があります。

次の計画が立てやすい

今後の計画が立てやすいという点も、買取保証のメリットです。

仲介で売却活動をする期間や買取を行う時期などがあらかじめ決まっているため、新しい住居の準備や引越しなどのスケジュールが確定できるという点は大きな魅力です。

また、スケジュール面での計画が立てやすいことに加え、金銭面での計画が立てやすいという特徴もあります。買取額をあらかじめ不動産会社と決めておくため、その金額を元に早い段階から資金計画を立てることも可能となるのです。

イエウール

買取保証を利用するデメリット

買取保証を利用するデメリット

買取保証の最大のデメリットは、売却額が仲介と比べて低くなることです。

仲介の場合、一般市場で買主を見つけるため、市場価格で売却できる可能性が高いです。不動産会社が最初に出してくれた査定額に近い価格で売却することができるケースが多いでしょう。

一方、買取では、査定額の70~80%前後の価格での売却となる傾向があります。これは、不動産会社が買い取った不動産を一般市場で売却するため、各種費用やリフォーム代、不動産会社の取り分などを差し引いた額で買取を行うからです。

また、築年数や立地、エリアなどの条件によっては、買取保証を利用できない場合がある点に注意が必要です。

黄 威翔/宅地建物取引士
黄 威翔/宅地建物取引士

中古物件として売却できないほどの古い建物や、市街化調整区域にある土地などは買取保証が利用できません。

買取保証はこんな人におすすめ

買取保証がおすすめな人の一例

買取保証のメリットとデメリットをご紹介しました。ここからは、メリットとデメリットを踏まえて、買取保証がおすすめな人や条件をご紹介します。

期日までに確実に売却したい人

買取保証の検討をおすすめする1つ目のケースは、明確な売却期日がある場合です。

転勤で引越しが決まり、それまでに売却したい、子どもの就学に合わせて住み替えを検討している、すでに住み替え先が決まっていて早く売却したい、など新しい生活の始まる時期が決まっている場合などが該当します。

特に遠方への引越しであれば、家の売却のために転居先から何度も行き来することになると大変です。引越し日までに、確実に売却しておきたい場合には買取保証を検討することをおすすめします。

住み替えの資金計画を立てたい

買取保証は、住み替えのための資金計画をきっちり立てたい人にもおすすめです。

これから買い替えを検討する場合には、どれくらいの価格の物件が買えるかの目処をつけることが必要になります。また、買取代金は現金で支払われるため、すでに買い替え先が決まっていて支払い期限がある場合でも、資金の目処がついているため安心です。

仲介で売却する場合は、市場の需要によって最終的な売却価格が変動します。あらかじめ想定していた売却額よりも大幅に下回る可能性もあり、買取よりも資金計画を立てにくいと言えます。

精度の高い資金計画を立てたい人は、買取保証をつけてはいかがでしょうか。

売れるかどうか心配したくない人

不動産の売却を始めると、売主は本当に売却先が見つかるかどうか不安を感じることがあります。

不動産の売却活動は、時間と手間がかかります。購入希望者がいれば、家の内覧対応をしなければなりませんし、内覧があったからといって必ず売れるとも限りません。いつまでも売れるかどうかわからない状態が続くと、精神的にもよくありません。そのような不安を避けたい合には、買取保証がおすすめです。

また、築古物件や立地条件などが悪い物件は、一般市場では売却に時間がかかる傾向があります。このような物件であっても買取保証が可能なのであれば、ぜひ積極的に検討してみてはいかがでしょうか。

リビンマッチ不動産売却

買取保証の流れ

買取保証の一般的な流れ一覧

買取保証を利用して不動産を売却する場合も、一般的な仲介の売却でも、はじめの査定や、売却活動、引き渡しなどのステップは同じです。大きく違うポイントは、不動産会社への相談の段階と媒介契約時です。

一定の期間仲介での活動をすることを前提に買取保証を利用する場合の流れを、ステップごとに確認していきましょう。

売却物件を査定する

不動産の売却活動の最初のステップは、売却物件の査定です。不動産売却時の査定とは、不動産会社に「これくらいで売却できるだろう」とされる価格を算出してもらうことです。

査定は、1社だけではなく複数の不動産会社に依頼することをおすすめします。複数の査定結果を見比べることで売却物件の相場を知ることができますし、対応の良い不動産会社を見つけることもできるからです。

複数の不動産会社に査定を依頼する際には、一括査定サイトの利用が便利です。一括査定サイトでは、インターネット上で売却したい物件の情報を入力するだけで、複数の不動産会社に無料で簡易査定を依頼することができます。買取保証を検討している場合には、買取保証サービスを行っている不動産会社を選んで査定を依頼しましょう。

不動産会社に売却の相談をする

査定を行ってくれた不動産会社の中から、幾つかの不動産会社に絞って売却相談をします。この際に、仲介での売却活動の方向性だけではなく、買取保証額を希望していることを伝えて相談します。

仲介の売却相談と並行して買取保証額を提示してもらいましょう。併せて買取保証期間も確認します。買取保証額は不動産会社によって異なるため、この段階でも引き続き複数の不動産会社を見比べるようにしてください。

不動産会社を決めて媒介契約を結ぶ

依頼する不動産会社を決めたら、媒介契約を締結します。

媒介契約とは、不動産の売買に際し、不動産会社が仲介に入って取引を成立させる活動を依頼するための契約です。

買取保証の場合は、一定期間仲介での売却活動をしますので媒介契約を結ぶ必要があります。

なお、媒介契約には、同時に契約できる不動産会社の数や売却先の探し方、売却活動報告の頻度などが異なる3種類(専属専任媒介契約・専任媒介契約・一般媒介契約)があります。自分の状況や売却する物件の特徴にあった媒介契約を選ぶようにしてください。

不動産会社と買取保証をつけた媒介契約を結ぶ際には、買取保証の覚書や買取保証書を併せて受け取り、媒介契約書と一緒に大切に保管しておきましょう。

売却活動を行う

最初に決めた売却期限までの一定期間、不動産会社と二人三脚で通常の売却活動を行います。

もし、仲介での売却活動で買主が見つかった場合には、買取よりも高い価格で売却できる傾向があります。買取保証があるからといって手を抜かず、内覧対応などの売却活動をしっかり行うようにしましょう。

仲介で売却が決まった場合は、不動産会社に仲介手数料の支払いが発生します。仲介手数料は売却価格によって変動がありますが数十万円から百万円以上もの金額になりますので、あらかじめ資金を準備しておくことをおすすめします。

売買契約を結ぶ

売却期限までに仲介で買手が見つからなかった場合には、当初の取り決め通り不動産会社と売買契約を結ぶことになります。

物件が不動産会社での買取となった場合は、仲介手数料を支払う必要はありません。

決済・物件引渡し

売買契約を結んだ相手に物件を引渡し、所有権者の変更手続き等を行います。

買取の場合は引き渡しまでが非常にスピーディーに進むことがありますので、引越しがある場合には早い段階から準備しておくことをおすすめします。

黄 威翔/宅地建物取引士
黄 威翔/宅地建物取引士

物件や業者にもよるかと思いますが、即時を謳っている業者は、手続きの1週間程度で買取りをします、という場合もあるようです。実際には書類を揃えたり様々な手続をしたりで、もう少しかかると思います。早くておおよそ1ヶ月程度と考えてください。

買取保証を検討しているなら

買取保証を検討しているなら

ここからは、買取保証での売却をスムーズに進めるためのポイントをご紹介します。

買取保証の場合も一般的な仲介での売却と同様に、信頼できる不動産会社を選ぶことや、複数の企業に査定を依頼することが納得のいく売却を行うためのポイントです。

それぞれのポイントについて詳しく確認していきましょう。

信頼できる不動産会社を選ぶことが大切

仲介での売却でも、買取保証を利用する場合でも、信頼できる良い不動産会社に依頼することが重要です。

巷には多くの不動産会社がありますが、当然ながら不動産会社ごとに経験や知識にばらつきがあります。依頼する不動産会社によって、売却価格が数百万円単位で変わってしまうこともあるのです。

一括査定サイトを利用して複数の不動産会社を比較する際には、査定額だけではなく、不動産会社の対応も見るようにしましょう。査定額の根拠を聞いたときに、納得のいく答えが返ってくるか、買取保証の経験は多いか、担当者に知識や営業力がありそうかなどをチェックしてみてください。

黄 威翔/宅地建物取引士
黄 威翔/宅地建物取引士

見極めポイントとしては、説明が丁寧で、どんな質問にもきちんと答えれくれる担当者が良いと思います。

不動産一括査定サイトの「イエイ」がおすすめ

イエイ|不動産一括査定

不動産会社を探す際に便利な一括査定サイトですが、優良なサイトを選ぶことで、より信頼できる不動産会社に出会いやすくなります。

一括査定サイトのイエイでは、提携している不動産会社はすべてイエイが運用10年の中で独自に厳選してきた優良企業のみとなっています。そのため、囲い込みやしつこい勧誘を行う悪徳な不動産会社に出会う可能性が低いことが特徴です。

さらにイエイでは、全国に支社がある大手不動産会社はもちろんのこと、地元密着型の企業とも多く提携していますので、自分の物件のエリアに強い優良企業を見つけることができます。

60秒ほどの簡単情報入力で、査定価格のスピード診断を依頼することが可能です。もちろん利用料は無料ですので、売却を悩んでいる段階でも、一度イエイから査定を受けてみてはいかがでしょうか。

おすすめポイント

  • 10年以上の運営実績
  • 1,000社以上厳選された不動産会社から最大6社の査定を比較できる
  • 地元に強く、売却実績のある不動産会社見つけることができる
イエイで不動産を一括査定する

買取保証を検討して不動産売却を慎重に進めよう

買取保証を検討して不動産売却を慎重に進めよう

買取保証の基礎知識やメリット・デメリット、売却手順などをご紹介しました。

売却の期限があるケースや売却額が多少下がっても必ず売却したいケースであれば、買取保証はとても便利なサービスです。ぜひ、メリット・デメリットを見比べて検討してみてください。

買取保証を賢く利用して、納得のいく売却活動をしましょう。

黄威翔 / 宅地建物取引士
黄威翔 / 宅地建物取引士

不動産会社に長年勤務し、不動産売却の国家資格「宅地建物取引士」を取得。中古不動産の売買仲介に関わり、日本全国の売主のお客様から貴重な財産を預かっています。専門家の視点から不動産売却の知識をわかりやすく解説します。