バイクにかかる税金|排気量別まとめ・支払いや延滞金について

バイクは、乗っていなくても所持しているだけで税金を納める必要があります。「バイクを持っているけどしばらく乗っていない」「売ろうか悩んでいる」という方は、納税義務が発生する4月1日より前に思い切って売却するのがおすすめです。


バイクにかかる税金|排気量別まとめ・支払いや延滞金について

みなさんのご家庭に、しばらく乗っていないバイクはありませんか?

バイクは所有しているだけで税金を支払う義務が発生します。そのため、家で使われずに眠っているバイクにも、しっかりと税金がかかっているのです。バイクに支払う税金は年額ではそれほど高額ではありません。

しかし、何年も払い続けていると、いつの間にか合計金額がふくれあがります。

今回は、バイクの税金や支払額について詳しく解説していきます。毎年どのくらいの税金を支払っているのか改めて見直し、これを機に売却を検討してはいかがでしょうか。

バイクにかかる税金にはどんなものがある?

バイクにかかる税金は大きく分けて2つあります。原付を含む全ての二輪車にかかる「軽自動車税」と、排気量別の税金である「自動車重量税」です。そして、それぞれ納付する時期や分類が異なります。お持ちのバイクの種類と照らし合わせて見ていきましょう。

軽自動車税

軽自動車税は車種など関係なく、とてもシンプルに課税額が決まり、車検の有無で分類されます。下記の表にまとめてみました。

バイク排気量自動車税額車検
50cc以下(原付)2,000円なし
51cc〜90cc(小型二輪)2,000円なし
91cc〜125cc(小型二輪)2,400円なし
126cc〜250cc(普通二輪)3,600円なし
251cc以上(普通二輪、大型二輪)6,000円あり

軽自動車税は毎年4月1日に所有している人に課税されます。たとえ一切使っていなくても、壊れて動かなくなってしまっても、バイクを所有しているだけで課税対象となります。

支払方法にはどんなものがある?

毎年かかる軽自動車税は4月1日を基準として、所有者に支払いの義務が生じます。5月上旬ごろに住んでいる地域の市町村から納付書が送られてくるので、銀行などの金融機関やコンビニエンスストアで支払えば納税完了です。

近年では現金以外にも、一定の手続きを行うことでクレジットカードでの支払いも選択できます。クレジットカードの場合オンラインで支払いが完了する手軽さの一方で、手数料がかかってしまうこともあるので注意しましょう。

支払いを忘れるとどうなる?

軽自動車税の支払期限は5月31日に設定されていますが、もし支払いを忘れてしまったらどうなるのでしょうか。

まず、コンビニ支払いができなくなってしまい、各自治体が指定する金融機関やJA、市町村の税務課に出向いて支払うことになります。地域によっては、納付書の期限が切れていても一定期間は支払える場合があるので、確認しておくことをおすすめします。

納付期限を過ぎてしまった時点で延滞料が発生します。延滞料の率としては、東京都で2019年12月までの場合、納付期限の翌日から1か月を経過するまでの間は2.6%、1か月経過後は8.9%かかります。

督促状が届いてしまったら必ず納付を

さらにそのまま支払いを忘れてしまった場合、7月ごろに督促状が届きます。気をつけておかないといけないのは、この督促状の支払期限がとても短く設定されていることです。

最初に送られてくる納付書では支払期限まで1か月ほどありました。しかし、督促状の支払期限は10日ほどと随分短くなっています。金欠などでうっかり後回しにしてしまいがちですが、速やかに市町村の税務課などに支払いに行かなければなりません。

督促状が送られてきているのに支払いを無視していると、最終的には預金口座や車両本体を差し押さえられてしまいます。バイクを持っていても、長期間乗っていないと納税の意識が薄れてしまいがちです。

余分な延滞料を払わないためにも、支払い方法や期限をしっかり確認して早めに支払いましょう。

自動車重量税

先ほどの軽自動車税は原付を含む全ての二輪車にかかりますが、それに加えて排気量126cc〜250ccの軽二輪車と、中型・大型バイクを含む排気量251cc以上の二輪の小型自動車には、自動車重量税が課せられます。

軽自動車税と異なり毎年払うものではなく、バイク購入時や車検時にバイクの排気量に応じて支払います。対象となるのは、「車検証(自動車検査証)の交付などを受ける者」または「車両番号の指定を受ける者」です。

軽二輪車の場合は、新車購入時に4900円を支払えば完了です。251cc以上の二輪小型自動車の場合は、車検の度に指定された金額を支払います。基本の年額は1900円で、新車登録より13年以上が経過すると年額2200円、18年以上になると年額2500円と増税していきます。

車検は2年に1度なので、これらは2年分をまとめて支払うことになります。

バイク高く売れるドットコム

「税止め」とは?

バイクを売ったからといって、自動的に納税義務がなくなるわけではありません。軽自動車の税止めの手続きをしなければ、バイクを売った後も税金が発生します。ここからは税止めの方法について見ていきましょう。

税止めはどうしてしなくてはならない?

なぜバイクが手元になくても、税金が発生するのでしょうか。理由の1つとして、役所側がバイクの所有者を把握できていないことがあげられます。

バイクを売った後も、バイクの登録内容の変更申請がないと、市町村は元の所有者が利用していると認識し続けているのです。そのため、実際は乗っていなくても税金が課せられてしまいます。

税止めの方法

税止めをするときは、軽自動車税申請書、自動車検査証返納証明書またはそのコピー、新ナンバーと旧ナンバーの自動車検査証のコピー、変更前と変更後の軽自動車届出済証のコピーのうちいずれか1点を用意してください。

そして、各市町村の窓口にこれらを持って行って手続きをするか、書類を送付して税止めを行います。

ただし、もともと登録していた都道府県内で登録内容の変更をした場合や、軽自動車検査協会や運輸局に申請代行を依頼していた場合はこれに限りません。自分で手続きする必要がなくなるので、売却した際に相談してみましょう。

もしバイクを売ったはずなのに、税金の納付書が自宅に届いてしまう場合は、税止めが完了していない可能性が高いでしょう。

このような場合は、バイクの登録申請をしている市町村の役所の窓口に、問い合わせるのがおすすめです。部署は市町村によってさまざまで、「税務課」や「課税課」という名前の部署が多いでしょう。

わからない場合は、各役所の総合窓口で「バイクを売却したはずなのにまだ税金支払いの通知が届く」といった旨を説明すれば、管轄している部署に連絡が繋がります。該当部署で対処法について教えてもらえるため、よく説明を聞いて早めに税止めを行いましょう。

課税されるタイミングを考えてバイクを売ろう!

課税されるタイミングを考えてバイクを売ろう!

税金がかかるタイミングに気をつけておかないと、気づかないうちに課税されてしまうこともあります。例えば、3月20日にバイクを売却したAさんと4月5日に売却したBさんがいたとします。果たして二人は税金を支払う必要があるでしょうか。

先ほどお伝えした通り、軽自動車税の納税義務が生じるのは4月1日時点でバイクを所有している人物です。

Aさんの場合、3月中にバイクを手放しているので課税されませんが、Bさんは課税されてしまいます。二人がバイクを売却したのは15日しか変わらないのに、手間やお金には大きな差ができてしまいます。しっかりと売却すべき時期を見極めることが大切です。

バイクを売るタイミング

バイクを買取に出そうとしても、すぐに手続きが終わるわけではありません。

バイクショップや買取会社などに買取を依頼しても、所有者変更などの手続きには少なくとも1〜2週間かかると見込んでおきましょう。逆算して1月〜2月ごろまでに売却依頼をしておけば、3月末になってもあわてることはありません。

一般に、バイク買取業界の繁忙期は3月末だといわれています。これは、先ほどお伝えした税金による理由だけではありません。

春は新しい暮らしを始める人が多く、「引っ越しをするからバイクを売ってしまいたい!」というケースや、「今のバイクを売って新しいバイクに乗り換えたい」というケースがよくあるためです。

バイク会社に相談すれば、なるべく納税義務が生じる前に手続きが終わるよう、処理を急いでもらえることもありますが、やはり3月末に売るのは危険です。

どうしても3月末までバイクを売ることができないという事情がある場合は、複数の買取会社を調べて、手続きの処理が間に合うところを選ぶのがよいでしょう。

ちなみに、バイクを売るときは、時期だけでなく車検の有無も考慮するのがおすすめです。

車検の残りがあればあるほど、査定額は高くなる傾向があります。バイクの車検の調べ方はいくつかありますですが、一般的には細かい日付を確認できる「自動車検査証」を見るのが手っ取り早いでしょう。

検査標章の表面にも年と月までは記載がありますが、日にちまでは書かれていないので注意してください。車検の期限をきちんと調べて、なるべく早めに売却するようにしましょう。

バイク高く売れるドットコムの一括査定がおすすめ!

バイク高く売れるドットコムで一括査定

「せっかくバイクを売るならできるだけ高く売りたいけれど、いろいろな会社に査定を依頼するのは大変」と感じている方も多いはずです。

バイク高く売れるドットコムでは、無料で最大6社の査定額を一度に比較できます。来店不要で簡単にバイクを売却できるので、何から始めてよいのかわからない方はぜひ一度利用してみてください。

バイク高く売れるドットコムで一括査定する

まとめ

バイクにかかる税金は、種類によって課税時期や支払方法が異なります。特に、毎年支払う「軽自動車税」は、4月1日時点でバイクを所持しているかどうかが納税義務に大きく関係しています。

しばらく乗っていないバイクをお持ちの方で売却を検討している方は、このタイミングがやってくる前に思い切って行動するのがおすすめです。バイク買取需要の高まる3月よりも前に売却できれば、買取額アップも狙えます。

焦らず着実に準備を進めることで、愛車との納得のいくお別れができるでしょう。

齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車などあらゆる物の処分方法や買取のコツを紹介し、世の中にリユースを広めるべく活動しています。

関連キーワード