急な転勤でも安心!優先する手続きや引越し業者の選び方まとめ

転勤が決まったら、すぐに引越しの準備を始める必要があります。しかし、どのように準備を進めていけばよいのかわからない方も少なくないでしょう。そこで、ここでは引越しに伴って必要となる手続きや、引越し業者選びのポイントなどをお伝えします。
SUUMO引越し

急な転勤でも安心!優先する手続きや引越し業者の選び方まとめ

勤めている会社によっては転勤がある場合もあります。余裕を持って伝えてくれるのならまだしも、中には直前になって転勤を伝えられるケースも珍しくありません。

転勤となれば当然引越しをしなければならず、すぐに準備を始める必要があります。そこで、ここでは急な転勤が決まったとき、優先的にやるべきことをまとめました。

また、荷造りのポイントや、引越し業者の選び方についてもご紹介します。引越しには多額の費用がかかるため、できるだけお得に引越しできる業者を選びましょう。

転勤時に優先的にやるべきこと

転勤時に優先的にやるべきこと

転勤には引越しまでに時間的な猶予がある場合もあれば、予期せぬタイミングで急に決まることもあります。やるべきことはたくさんありますが、何から手をつければスムーズに引越しを終えられるのでしょうか。優先的に取り組むべき準備についてご説明します。

住んでいる物件の解約

転勤の辞令が下った時点で、現在住んでいる物件を引き渡す手続きを始めましょう。働きながら荷解きをする余裕があるのなら、ぎりぎりまで引越日を先延ばしにしてもよいですが、ある程度余裕をほしいなら働きはじめる1週間前までには引越しを終わらせたいとことです。その期日に合わせて、今暮らしている家を解約します。

一般的な賃貸物件では、1ヶ月前の退去通知を借主に求めるケースがほとんどです。それを過ぎると、退去日までの日割り計算分か、翌月1ヶ月分の家賃を契約に従って請求されます。

解約しない限り家賃の支払い義務が発生するので、契約した不動産会社に足を運び、きちんと解約の手続きを済ませましょう。

住宅だけでなく、駐車場も借りているのなら併せて解約手続きをします。住居とセットで契約している場合は、家の解約をした時点で駐車場の契約にも反映されますが、別で手続きしている場合はそれぞれで手続きが必要です。

新居を探す

会社が用意してくれることもありますが、そうでないなら自分で新居を探します。新たな住まいが決まらないことには、住所変更や引越し業者への依頼、その他さま ざまな手続きもできません。

現在住んでいるところから離れた土地へ転勤する場合、インターネットで物件を見つけ、それから契約という流れになるのが一般的です。現在では賃貸物件を紹介しているサイトがたくさんあるため、現地に行かないでも物件をリサーチできます。

大手の不動産会社が運営しているサイトもあるので、複数のサイトを活用して候補の物件を見つけましょう。大手の不動産会社の場合、現在住んでいる地域に支店があるケースも考えられるので、そこで契約までを済ませられることもあります。

ただ、転勤する場所へ行く時間があるなら、直接足を運んで不動産会社に相談したり物件の内覧をしたりするのがおすすめです。新しく住む物件を内覧もせずに決めてしまうと、インターネット上ではわからなかった不便な点が見つかるなど、後悔の種になりかねません。

また、現地の不動産会社では、インターネット上には出ていない、いわゆる掘り出し物件が見つかることもあります。失敗のない新生活のために、新居探しにはできるだけ手間を惜しまないのが得策です。

引越し方法を検討する

家具・家電が多い、荷物がたくさんある、他県にまたがって引越しをするという方は、引越し業者への依頼がおすすめです。引越し業者はたくさんあるので、その中からひとつを選んで依頼します。業者の選び方については、後ほど詳しくお話しします。

反対に、極端に荷物が少ない方の場合は、業者へ依頼する必要はないかもしれません。家具家電付きの物件に住んでいる方だと、荷物はスーツケースに納まるくらい、ということもあるでしょう。このような方だとわざわざ業者を探して依頼する必要はなく、マイカーに載せて運んだり、宅配便で荷物を新居に送ったりする方法も考えられます。

ただし、自分で引越しをすると、運搬中に荷物を破損させてしまったり、新居への運び込みの際に柱や壁などを傷つけてしまったりすることもあります。

業者を利用していれば、何かあったときに補償をしてもらえますし、しっかり養生をしたうえで荷物を運び入れてくれます。もしものことを考えれば、引越し業者へ依頼するほうが安心です。

そのほかやるべきこと

忘れてはならないのが役所への届出関係や、さまざまな機関への各種住所変更手続き、電気・ガス・水道などの解約・契約手続きです。

役所への届出は、なるべく1回で終わらせたいところです。混雑具合や利用しているサービスの数によっては、一日仕事になることも考えられます。忘れてしまうと、転居先から戻って手続きする必要も出てくるので、必ず引越し前に終わらせましょう。

電気やガス、水道の解約と新居での契約、固定電話の引越し手続きは、基本的には電話やネットで行えますが、立ち合いが必要な作業もあります。また、自宅でインターネットサービスを利用している方なら、プロバイダへの連絡も必要です。ルーターの回収など時間がかかることが多いので、併せて早めに済ませておくことをおすすめします。

SUUMO引っ越し

引越しのスケジュールを組む

引越しすることが決まったら、スケジュールを組みましょう。行き当たりばったりではバタバタしてしまい、いろいろなことを忘れてしまいがちです。計画をきちんと練っておけば、スムーズに引越しを完了できます。

まずは業者をいくつかピックアップし、見積もりを取ります。その中から業者を選び、荷物を運ぶ具体的な日時を決めましょう。

荷造りをする

荷造りをする

滅多に引越ししない方だと、荷造りで苦労することが少なくありません。当初の予定より荷造りに時間がかかってしまい、当日に運びきれなかったといったケースも意外に多く聞かれます。そうならないよう、荷造りはできるだけ余裕を持って進めることをおすすめします。

まずは、新居に持っていくものと捨てるものをざっくりと分けましょう。これを最初にやっておくだけで、荷造りがスムーズに進みます。部屋に余裕があるのなら、持っていくものと捨てていくものを部屋ごとに分けておくとわかりやすいです。

持っていくもので、箱に入るものは段ボール箱に詰めていきます。コツは、ひとつの箱の重量を考えながら詰めること。あまりたくさん詰めてしまうと重くなり、自分で動かすのも大変になります。

業者に運んでもらうにしても、箱の底が抜けてしまっては梱包した意味がありません。こうしたリスクを回避するためにも、あまり詰め込みすぎないのがポイントです。

また、どの箱に何が入っているのかを記しておくのもひとつの手です。どこに何が入っているのかわからないと、引越し先の荷解きに時間がかかりますし、引越し前に急に必要となったときに困ります。

すべての箱を開けて確認せねばならず、元に戻す必要も発生する二度手間です。本やキッチン周り、音楽関係、仕事関係などカテゴライズしておき、マジックペンなどで箱の外に何が入っているかわかりやすく書いておきましょう。

荷造りを業者に依頼するのもアリ

自分ではなかなか荷造りが進まない、という方はそれも含めて業者に依頼するのもアリです。引越しの専門業者なら、荷造りからすべて行ってくれるサービスを取り扱っていることがほとんどです。

荷物を運ぶプロなので、運搬するときに破損しないよう丁寧に梱包してくれるでしょう。テキパキと作業してくれるため、素人が荷造りするよりも圧倒的にスピーディです。

しかし、業者に荷造りまで依頼してしまうと、当然その分費用がかかります。会社が持ってくれるなら利用するのもよいですが、そうでないなら「どうしても自分で荷造りするのが難しい」「時間がない」というケースでの利用がおすすめです。

SUUMO引っ越し

引越し業者の選び方

越し業者の選び方

日本には数多くの引越し業者が存在します。なるべく安く、信頼のおける業者に依頼したいものですが、どのように選択すればいいでしょうか。ここではスムーズに引越しを進めるための業者選びのポイントをご紹介します。

相見積もりは絶対に取る

複数の業者に見積もりを提示してもらうことを、相見積もりと呼びます。1社のみしか見積もりを取っていないと、提示された金額が相場なのかどうかも判断できません。

もしかすると、高額な料金を提示されている可能性もあるのです。相見積もりならこうしたリスクを回避できます。しかも、複数の業者に見積もりをしてもらえば、その中でもっとも安い料金を提示した会社にお願いできます。依頼する作業内容が同じなら、少しでも料金の安いところを選びましょう。

相見積もりを取るときには、最低でも3社には依頼したほうがよいでしょう。2社では比較しにくく相場もわかりづらいですが、あまり多くなりすぎても時間がかかり ます。目安としては3~5社程度がおすすめです。

ネットの評価もチェック

インターネット上には、引越し業者に関する口コミや評価をまとめたサイトがいくつか存在します。こうした口コミは匿名で投稿されているため、すべてが事実とは限りませんが、少なからず選択の目安になります。

業者によっては公式ホームページ上に、お客様の声として手紙やアンケートなどを掲載しているケースもあります。業者にとって都合の悪い意見は排除されている可能性はありますが、一度目を通しておいても損にはなりません。

どこまでやってくれるかを確認

依頼の前には、業者がどこまで作業してくれるのか確認しておく必要があります。同じくらいの見積額だったとしても、A社は建物の中に運ぶだけ、B社は指定した部屋まで運んでくれて、しかも段ボール箱の開梱までしてくれるなど、業者によってサービスの領域に差があります。

また、搬入先が荷物を運びにくい場所だった場合には、別料金が発生することもあります。別料金発生の有無、発生する場合どのようなケースが考えられるのかといったことも事前に確認しておきましょう。業者によっては、不要になった段ボールを持ち帰り、処理してくれるところもあります。そのような業者だと、開梱したあとの段ボールを捨てる手間も省けるのでおすすめです。

まとめ

急な転勤で引越しが必要になったら、まずは現住居や駐車場などの解約、そして新居探しを始めます。各種手続きや引越し業者探しも並行して進めましょう。

引越し業者を選ぶときには相見積もりが基本です。相場がわかるうえ、少しでもお得に引越しするためには欠かせない作業です。現在ではインターネット上で同時に複数の業者へ見積もり依頼ができる一括見積サイトもあります。

また、引越し先で車が必要なら、転勤期間中だけカーリースを利用するのもおすすめです。これらのことを踏まえて、突然の引越しでも慌てないように対応しましょう。

齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。

関連キーワード