愛着のある愛車との別れをどうするか?後悔しない処分方法は?

車の修理が増えてきたら買い替えの時期が近い証拠です。しかし、これまで愛着を持って大切に乗ってきた愛車を廃車にしてしまうのは忍びないものです。そこで、愛車を手放す際の心のケアと後悔しない処分の仕方を紹介します。
車高く売れるドットコム

愛着のある愛車との別れをどうするか?後悔しない処分方法は?

愛車に名前を付けて呼んでいる人は意外と多くいます。車は自分だけ空間ですし、過ごす時間も長いので、それもうなずけます。

通勤で毎日乗ったり休みの日にお気に入りの場所までドライブしたりする愛車は、もはや家族と言っても過言ではないでしょう。

しかし、車は機械ですから寿命がやってきます。長く乗れば故障が増えますし、新車登録から13年目以降は自動車税や重量税が上がってしまうという現実的な問題もあります。

愛車への愛着が強ければ、手放し方にこだわって、納得した上で別れるようにしたいものです。そこで、大切で愛着のある車を手放そうと考えはじめている方に、車を手放す際の心のケアと後悔しない処分の仕方を紹介します。

あなたの愛車はまだ活躍できます

愛車は、長く乗り続けるほど愛着が増してくる大切な存在です。

購入した当初は、シートの座り心地にも慣れず、ちょっと落ち着かないような気がしていたものが、いつの間にか自分の体にぴったりフィットするようになったと感じる方も多いでしょう。

車種特有の機能やスイッチですら目を閉じていても操作できたり、車幅や車の長さの感覚もしっかりと頭の中に入っているので、どんな狭い道でも難なく通り抜けられたりと、手足のように操作できるはずです。それほど馴染んだ車を手放すのは、やはり寂しいものです。

それでも古くなると車検のたびに交換する部品が増えて維持費用も高くなってきますし、初年度登録から13年経つと自動車税も上がるなど、車の乗り換えを考えなくてはならない時がきます。

大切に乗ってきたからこそ、廃車以外の方法を検討してみてはいかがでしょうか。

海外で活躍する日本の車

自分にとっては愛着がある車ですが、故障も多く、年式も古い車は客観的に見ると価値がなく、買取は難しいと考えている方は多いでしょう。

実際に下取りに出しても0円査定をされることもあります。しかし、古い愛車であっても、海外では現役で活躍できる人気車かもしれません。

実は日本の中古車は性能がよく故障も少ないことから、海外では高い需要があります。

そのため、海外への販路がない買取店で0円査定を受けてしまったとしても、海外への販路を持っている買取店では値段がつくケースがあるのです。自分が手放した車が海外で誰かの役に立つとなると、前向きに手放す決断ができるかもしれません。

部品として他の車を支える車

事故を起こして乗れなくなった車は、以前は廃車手数料を支払って廃車処分してもらうのが一般的でした。

しかし、最近は廃車手数料0円で引き取ってくれる業者も多くなってきています。

これは買取業車が車を分解して得た部品を、部品が製造中止になっている車種や、海外で活躍している日本製の中古車の修理に再利用しているためです。

自分が乗り続けてきた愛車を誰かが引き継いでくれるというわけではありませんが、最後の部品まで余すことなく役に立たせてあげられるかどうかは愛車の持ち主の選択次第です。

単に廃車にしてしまうよりも、最後の最後まで愛車に活躍してもらう道を模索できます。

車高く売れるドットコム

買取に出す前に愛車との思い出を作る

愛車を手放すことに抵抗がある方も多いでしょう。そんなときは、思い出を作り心の整理をしてから手放すことをおすすめします。

例えば、手放す前に最後のドライブに出かけたり、愛車と一緒に写真を撮ったりして記録を残しましょう。そして、愛車専用のアルバムを作成すれば、その過程で心の整理をしやすくなります。

人によってはミニカーやプラモを作成して、形として残す人もいますし、部品の一部をお守りのように大切にしている方もいます。

買取に出す前に洗車や車内の掃除をして、感謝の気持ちを伝えるのもよいでしょう。大切なのは自分が納得して愛車と別れることです。納得ができる方法で思い出を作るようにしましょう。

愛車の価値を高める方法

愛着のある愛車だからこそ、その価値を高く評価してもらいたいものです。そこで、ここからは愛車の価値を最大化する方法について紹介します。

適切に価値を評価してもらうなら下取りよりも買取

愛車を買取に依頼する際、一番大切なのは、意思をしっかりと持つということです。

いくら以上の査定なら売ろうとか、下取り額より高い査定額が出たら売ろうなど、心づもりを決めておくと、交渉がスムーズに進みます。

まず、下取りは、古い車を渡して新しい車を買う方法ですが、新しく買う車の値引き額と下取り金額とを勘違いすることが多く、買取金額も低くなりがちです。買取 金額を現金で受け取ることができず、そのまま新車の代金から差し引かれてしまいます。

買取のメリットとは?

車高く売れるドットコム

しかし、買取の場合はオークションの相場から計算されるため、多くの場合で査定金額が下取りよりも高くなります。

インターネットで探せば、車の買取を行うサイトを多く見つけられますが、おすすめは「車高く売れるドットコム」など、数社の買取価格の見積りを一括で依頼できるサイトです。そうしたサイトでは買取業者も他社と比較されていることを知っているため、より価値を高く評価してもらうことができます。

手間を考えれば、下取りに出す方法が一番簡単です。古い車の引取りも新しい車の納車も、一社で行われるので、打ち合わせや交渉の手間が省けます。

古い車を買取店に依頼する場合は、下取りよりは打ち合わせする先が増える分だけ手間がかかるので、高く買取ってもらうための手間と考えておくとよいでしょう。

また、愛車の今後を考えるのであれば、次の持ち主を捜したり、海外への輸出をしてくれたりする買取業者がおすすめです。

下取りの場合は、まだまだ活躍の機会がある愛車であっても廃車になる可能性があります。

車高く売れるドットコムで買取価格を調べる

時期によって愛車の買取価格は変動する

愛車の売却時期はいつでも同じというわけではありません。季節やちょっとしたタイミングによって、価格が大きく変動することもあるのです。

一般的には、年度が変わる時期は車の需要が高くなるため、買取を強化する業者が増えます。

そのため、1〜3月は買取価格が高くなる傾向があります。逆に、新生活で車を購入する人が一段落した4月・5月以降は、買取価格が抑えられる傾向です。

また、愛車の新モデルが発表されると、現行モデルの買取価格が下がりやすくなります。

その他、車の走行距離が3万km・5万km・10万kmの大台を超えてしまうと、車に不具合がなくても買取金額は下がるでしょう。

直接買取価格とは関係ありませんが、自動車税の発生するタイミングを知ることも重要です。

自動車税は毎年4月1日時点の持ち主に課税され、1年分の税金を前払いで支払います。

3月31日の時点で手放していれば自動車税を支払う必要はありませんが、4月1日以降の売却となると、1年分の自動車税を支払わなくてはならないのです。このような点からも、売却は1月~3月に済ませるのがベストでしょう。

愛車を買取に出す際の流れ

続いて、愛車を買取に出す際の流れについて見ていきましょう。効率よく進めるためには事前の準備が重要です。

見積りを複数社からとる

買取の見積りサイトは、たいていの場合、車種・年式・走行距離・自身の名前・電話番号・メールアドレスなどを入力すれば、概算価格が提示されます。

もちろん、見積りが提示されたら必ず売らなければならないということはありません。

例えば「車高く売れるドットコム」では、全国200社以上の提携業者の中から、最大8社の一括見積りを無料でとることができます。

納得できる価格が提示されたのであれば、さっそく交渉を進めればよいですし、場合によっては見積価格と下取り額を比べてみるのもひとつの方法です。

急いでいる場合は、電話で対応している業者やサイトのスタッフに直接交渉をもちかけるという手もあります。

その際、スムーズに見積り作業を進めるため、車検証を準備してから電話すると効率的です。より高く売りたいのであれば、無料の出張査定を利用するのもよいでしょう。

参考:車高く売れるドットコム|車の一括査定

売却が決まったら引き渡しの準備を始める

買取店への売却が決まったら、次は引取りの日時などを決めることになります。引き取り時までに、必要書類を準備しておきましょう。

車高く売れるドットコム

車検証や自動車税の領収証などをそろえておきます。それ以外に印鑑も必要ですし、買取ってもらった代金を振り込んでもらう口座をどこにするか、あらかじめ決めておくこともポイントです。

たいていの場合、引取り手数料はかかりません。引取りの日程を決める際は、新しく購入した車の納車日に合わせるのがおすすめです。使える車がない状態を避けられます。

自動車保険の切り替え手続きも忘れずに

新しい車の納車日と古い車の引取り日が決まったら、自動車保険の切り替えの手続きをします。

自動車保険は運転者にかけるものではなく自動車にかけるものですので、車が変わるときは忘れずに切り替え手続きをしなければなりません。

保険の切り替えには、新しく購入する車の車検証が必要ですから、車検証ができたら納車前にコピーをもらうように依頼しておきます。

ネットで契約した自動車保険でも、車の入れ替えの場合は電話で連絡する必要があることが多いため、ホームページなどで確認しておきましょう。

車の入れ替えの場合は、新しい車を動かした時点で保険対象の車が、古い車から新しい車に切り替わるケースが大半です。契約内容をよく確認しておきましょう。

場合によっては自動車保険の保険料に差額が発生し、追加支払いが必要になることもあります。特に車両保険を付けている場合は、いくらかの差額を支払うケースが多くあります。

車好きにおすすめしたいアプリ「カーポン」

車の維持費節約アプリカーポンで賢く節約

最後に、車好きの方に便利で役立つアプリ「カーポン」をご紹介します。カーポンは、現在地のガソリンの最安値や、任意保険の比較、周辺地域の車検の最安値がわかるなど、便利でお得な機能が満載のアプリです。

登録は簡単で、スマホでナンバープレートの写真を撮るだけで完了します。こうした車の維持費を節約できるアプリを活用して、愛車に長く乗れるように工夫してもよいでしょう。

カーポンをダウンロードする

まとめ

いくら愛着を持って乗ってきた愛車であっても、物である以上いつか手放さなければならない日がやってきます。

しかし、本当に愛車のことを考えるのであれば、他の人に乗ってもらったり、部品として他の車を支えたりと、活躍の場を考えてあげることが大切ではないでしょうか。

また、手放す際には最後のドライブに行ったり写真を撮ったりと、心の整理をしてから別れることをおすすめします。そして、買取に出す際は愛車をもっとも評価してくれる業者を探してみましょう。

最近では、カーポンのように車の維持費を節約するアプリも出てきています。そうしたアプリを活用して愛車と長く付き合えるように工夫していきましょう。

車高く売れるドットコム
齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。

関連キーワード