• 車・廃車買取

安い車検業者を選びたい!業者ごとの違いや車検を安くするコツとは

2年に1回とはいえ大きな支出となる車検の費用面が気になる方も多いでしょう。車検代を少しでも安くしたい方に向けて、業者ごとの特徴や安くするためのポイントを解説します。ディーラー車検とは何が違うのかもあわせて確認していきます。
車高く売れるドットコム

安い車検業者を選びたい!業者ごとの違いや車検を安くするコツとは

新車を購入した場合を除き、2年に1回は必ずやってくる車検。

安全性のために必要だとはわかっていても「また車検の時期がきてしまった」と憂鬱になる方は多いのではないでしょうか。車はただでさえ維持費がかかるため、少しでも安くすませたいのが本音かもしれません。

車検代は、どこで受けるのか、どの項目を受けるのかによって金額が大きく変わります。少しの知識があれば数万円単位で安くすることも可能なため、ぜひ安くなるためのポイントを知っておきましょう。

なぜ業者ごとに車検代が変わるのか

そもそもなぜ車検に高い・安いがあるのでしょうか。車検費用の内訳は大きく分けて「法定費用」「基本費用」「部品交換費用」の3つです。このうち法定費用は自動車重量税・自賠責保険料・印紙代を指し、どの業者に頼んでも一切変わりません。

差がでるのは基本費用と部品交換費用の2つです。基本費用というのは、点検や整備料金にあたるもので、業者によって設定価格に違いがあります。部品交換費用は、純正部品を使うかどうか、まだ使える部品を短期間で交換するかなどの点で金額が変わってきます。

車高く売れるドットコム

ディーラーとそれ以外の業者との違いとは?

ディーラーとそれ以外の業者との違いとは?

「安くすませるならディーラーを避けたほうがいい」という話を聞いたことがあるかもしれませんが、一概にはいえないため、ほかの業者との違いを押さえておきましょう。

安心を望むならディーラー車検

ディーラーは当然自社の車の特徴をよく把握しています。おのずと車検の精度は高くなるでしょう。また専用の工具が充実しており、コンピューターを使った診断なども可能です。

特に外車の場合は国産車と比べるとどうしても故障などが多くなるので、きちんと点検してもらい、純正パーツに取りかえてもらうメリットは大きいと 考えられます。コンピューターで制御している最新車種は、一般の業者では対応できないケースがあります。

一方、車検を安く抑えたい方は不満が残る可能性があります。ディーラーが高いのは、工賃(技術料)がほかの業者よりも高く設定されているのと、「念のため」の項目が多いからです。

万が一事故などが起きたときの責任問題が大きいため、予防整備に関する項目がどうしても増えてしまうのは避けられないでしょう。予防整備は車検をとおす目的以外の整備なので、これも費用を上げる要因です。丁寧なサービスが受けられる分、割高になるともいえます。

安さを重視するなら一般の業者

ディーラー以外の業者に共通していえるのは、安くしたいという希望を汲んでくれている点です。一般の業者を選ぶ場合、基本的にあまりコストをかけたがらない人が多いので、業者側もそれを理解しています。できるだけ少ない項目で車検がとおるように考えてくれるので、結果として安くなりやすいのです。

融通が利きやすいのも利点です。もともと営業時間が長いケースが多いので利用しやすい点に加え、店長や担当者の裁量である程度のわがままを聞いてくれることもあります。もっとも、業者ごとに違いは大きいので、すべての業者において必ずしも当てはまるわけではありません。

どこが安い?車検業者ごとの特徴を解説

どこが安い?車検業者ごとの特徴を解説

ディーラー以外の業者に頼んだ場合、結局どこが安いのでしょうか。業者ごとの特徴を確認しておきましょう。

自動車整備工場

ベテラン整備士も多い自動車整備工場では、さまざまな車種に対応しています。技術力があるので、費用が高くなるのは嫌だけれどしっかり点検してもらいたい場合に向いているでしょう。実際に整備する場所を確認できるので安心感もあります。

ただ、整備工場によって技術力には差があります。ある程度長い年月経営している整備工場であれば地域住民からの口コミなども得られやすいため、手堅くいくのであれば評判を確認してから頼みましょう。

ガソリンスタンド

あまりなじみがないかもしれませんが、ガソリンスタンドでも車検をしてくれます。最近は車検に力を入れているスタンドも多く、価格も全体的に低い傾向があります。

営業時間や営業日の幅が広いため予約の受付に融通が利きやすい、ガソリン代の割引や洗車サービスなどの特典が受けられるのも嬉しい点です。いつも使っているスタンドなら、スタッフと仲良くなり値引きしてもらえることもあるでしょう。身近な場所にあるので、予約や相談、車の引き取りが楽な点もメリットです。

一方で、敷地内に整備工場を併設しているスタンドは少なく、実際の車検は外部に委託するケースが多くなります。費用はかなり安いですが多少時間がかかる可能性はあるので、それほど急がない場合以外は事前に引き取り時期を確認しておきましょう。

中古車販売店、カー用品店

中古車の販売店でも整備工場を併設している場合が多く、車検を依頼できます。地元に密着していて、交渉すると値引きをしてくれたり、急な予約にも対応してくれたりといったケースもあります。もちろん車検以外に中古車の売却などについて相談することも可能です。

カー用品店の場合も比較的融通が利きやすく、カー用品が充実しているので部品交換がスムーズです。部品を取り寄せて対応する時間を短縮できる点が、早く車検を仕上げてほしい方にとって大きなメリットでしょう。いずれの場合も店舗の規模による違いは大きく、必ずしも工場があるわけではないので確認が必須です。

車検専門チェーン

車検を専門とした業者で、全国にチェーン展開しているケースも多く見られます。専門店なので車検に関する疑問にすぐに答えてくれますし、サービスの質も安定しています。指定工場をもちスピーディーな車検も可能なので、早く仕上げてもらいたい方に向いています。

とにかく安さを売りにしているケースも多いため、納得できる費用で素早く車検をとおしてもらえる可能性が高いでしょう。ただし安い分、最低限の項目しかチェックしないので、その点は理解しておきましょう。

安くするためにディーラー以外を利用しても大丈夫?

「ディーラーでないと不安だから」という理由で一般の業者を避ける方がいます。確かにディーラーは高い技術でしっかりと整備をおこなうため安心感がありますが、だからといってそのほかの業者が適当に点検しているわけではありません。

車検を引き受ける工場には指定工場と認証工場の2つがあり、指定工場には2級以上の整備士資格を保有した自動車検査員がいます。

また認証工場であっても、工場で点検整備をおこなった後、最終的には車検場に持ち込み検査を受けます。

要するに専門の知識と技術のある人が点検、整備をしている点に変わりはないのです。

さらにいうと、すべてではありませんがディーラー車検でも、実際の作業は下請けの整備工場などが担当している場合があります。作業をする人は変わらないのに費用が高くなるのなら、自分で業者を探して依頼したほうがよいと考えることもできるでしょう。

車検を安く抑えるためのポイントは?

車検を安く抑えるためのポイントは?

車検を安くするには、ひとつは割安な業者を選ぶことですが、それ以外にもポイントがあります。ここでは、その他の安くできるポイントをチェックしていきましょう。

見積もりをチェックして不要な項目を伝える

見積もりをだしてもらい、項目をしっかりチェックしてから依頼しましょう。

不要な項目があれば見積もりの時点で伝えて削除してもらいます。ディーラー以外の業者であれば、車検をとおすのに最低限必要な項目に絞って見積もりをだしてくれるケースが多くなります。

追加で必要そうな項目があれば事前に連絡がきて、なぜ必要なのかの理由を説明してくれる丁寧な業者もあります。

一方、ディーラー車検の場合、予防整備も含めて整備箇所が広範囲にわたっているケースが多いので、いっそうの確認が必要です。よくよく見ると素人目でも不要に感じる項目が含まれている場合があります。

たとえば洗車や車内清掃などは自分でやれば費用を抑えられるでしょう。また、まだ使える部品も念のため交換されるケースは少なくありません。交換するにして も、ワイパーゴムやキーレスの電池などカー用品店で買ったほうが安い部品もあるでしょう。

いずれにせよ、すべてをお任せするべきかを自分で考える必要はあります。車の知識がなくてよくわからない場合は、車に詳しい人に聞いてみてもよいでしょう。

早めの依頼で早期予約割引

車高く売れるドットコム

車検の時期を早めること自体に制限はないので、早めに依頼をして割引特典を使うのも手です。業者によっては早く予約した場合に〇%引きなどのサービスをおこなっているからです。

ただし、早ければ早いほどよい、というわけではありません。前倒しした期間が長いと次回の車検の有効期限が短くなってしまうので、費用面で損をしてしまいます。

車検満了日前1ヵ月以内の車検であれば、本来の車検満了日から次回の有効期限がカウントされるため損しません。つまり、車検満了日前1ヵ月以内で、かつ早めの時期に設定するとよいといえます。

このあたりは、業者が説明をしてくれるケースが多いはずですが、中には説明をしない業者もいる可能性があるので、ご自身でも知っておいたほうがよいでしょう。

また割引の適用が受けられるのが予約をした時期なのか、車検をする時期なのかは業者によって変わるので確認しておいてください。

安さの徹底比較なら楽天車検

安さの比較なら楽天車検

車検予約サイト「楽天車検」なら、多数の掲載店の中から希望の条件にあった業者を検索、予約できます。

郵便番号を入力すると、近隣で車検できる業者と参考価格が表示されるので、ぱっと見て費用の比較ができて非常にスムーズです。予約フォームからも事前見積もりをだせるので、わざわざ店舗に足を運ばなくても大体の費用がわかり安心できます。

楽天車検の詳細を見る

まとめ

車の維持費にはお金がかかるため、安い車検を選びたいと感じるのはごく自然なことです。車検を安く抑えるには、基本的な費用が安い業者を選ぶこと、必要な項目に絞って依頼することがポイントです。

見積もりをだしてもらい、その内容をよく確認することも大切でしょう。ただし安全性が重視される車の点検なので、安ければよいというものでもありません。

技術力や信用性を確認することも必須なので、予約サイトなどを利用して比較検討する、口コミをチェックするなどの方法でじっくり選ぶようにしましょう。

車高く売れるドットコム
齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。

関連キーワード