カーリースの審査項目は?審査落ちを防ぐために事前チェック!

頭金不要で新車に乗れる方法として話題のカーリースですが、利用にあたっては審査を受ける必要があります。カーリースの利用を検討しているが審査が気になっている方に向けて、カーリースの審査項目や審査の申し込み前に確認したいポイントを詳しく解説します。


カーリースの審査項目は?審査落ちを防ぐために事前チェック!

「新車に乗りたいが自動車ローンの頭金を用意できない」「車にかかる費用をもっと楽に管理したい」というユーザーの間で、新しい車の利用方法として注目を浴びているのがカーリースです。

しかし、カーリースの利用に当たって「審査」があるのをご存知でしょうか。この記事では、審査でチェックされる点や審査を申し込む前にやっておくべきことなど、カーリースの審査について詳しく解説します。

カーリースの利用を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

こちらから査定を依頼できます!

イエウール不動産一括査定 【あなたの不動産いくらで売れる?】
イエウールで最大6社の売却価格をまとめてお取り寄せ! 質問に答えて無料診断する

カーリースの仕組み

まずは、カーリースの仕組みをもう一度整理してみましょう。カーリースは「契約者が選んだ新車をカーリース会社が購入し、契約者は月々カーリース会社に料金を支払ってその車を使う」という形のサービスです。

カーリースは税制面で有利になったり経理処理がシンプルになったりするなどの利点があるため、もともとは法人向けに普及したシステムです。しかし最近では、個人向けのカーリースプランも続々と登場しています。

車を購入すると、購入時の頭金や月々のローン以外にも、保険料や税金、車検やタイヤ交換などメンテナンスにかかる費用が随時発生します。こうした費用は月によってばらつきがあるため「今月は車検があるのに予算が足りない」などと慌ててしまうケースもあるでしょう。

カーリースでは、車体の費用にこれらの諸費用を加えたものを毎月一定額の支払いで済ませることができるため、支出の計画が立てやすいのが魅力です。また、ローンと異なり頭金不要で新車に乗ることができる点も注目される理由です。

カーリースに審査がある理由

「ローンを組むわけではないのになぜ審査があるのか」と思う方がいるかもしれません。カーリースは長期にわたる継続的な支払いが発生する契約なので「信用力」が重視されます。そのため、ほとんどのリース会社ではカーローンと同じように、ある程度厳しく審査を行なっています。

たとえばレンタカーなら使う時間分の料金を払えば利用できます。車を共同で借りるカーシェアの場合は、1000円程度の基本料金に加えて利用した時間に応じて料金を払う仕組みです。レンタカーやカーシェアの場合は継続して支払いが発生するわけではありませんから、基本的に利用の際に審査はありません。

一方、カーリースの場合は3年から5年程度の契約期間を設けているものが多く、長い場合は10年程度の長期契約になる場合もあります。契約期間中は毎月数万円程度の支払いが発生しますが、途中解約は原則としてできません。ですから、長期間にわたって支払い能力がある場合のみ契約が可能になります。

イエウール

カーリースの審査が行われるタイミング

カーリースの審査はディーラーに対して車の購入資金を立て替える信販会社が行うケースが多いですが、リース会社の独自基準で行われる場合もあります。一部ですが、審査が不要な商品も存在します。

一般的に審査が行われるタイミングは、見積もりを受け取り、契約の申し込みをする時です。希望の車種やプランを選択して見積額を受けて実際に申し込みをする場合に、併せてカーリースの審査申し込みをするという流れです。

審査に通った場合には、カーリース会社の担当者と各種の手続きを行ったのちに本契約を締結し、納車となります。審査の申し込みもインターネットでできる会社が多くなっています。

カーリースの審査項目

審査ではどのような項目をチェックされるのでしょうか。リース会社によって異なるため、ここでは一般的な傾向について紹介します。

年収や資産状況

年収はほとんどのカーリース会社が重点的にチェックする項目です。毎月支払うリース代はカーリース会社の収入となりますので、支払い能力の有無を判断するにあたって契約者の年収は最も重要な情報となります。

カーリースの審査はおおむね年収200万円前後がひとつの目安とされています。年収が200万円に満たなくても審査に通るケースはありますが、その場合は保証人をつけるなど別の条件が付される可能性があります。仕事による収入のほかに、土地や持ち家などの資産状況を確認される場合もあります。

個人信用情報

信用情報とは、信用取引に関する客観的な情報を指します。本人を識別する情報のほかに、各種ローンやクレジットカードなどの申し込み状況、支払い状況なども含まれます。日本では「CIC」「JICC(日本信用情報機構)」「全国銀行個人信用情報センター」という3つの信用情報機関があります。

カーリースの審査では審査する側が個人信用情報を確認し、支払い能力の有無を判断します。

たとえ年収が高くても、複数の高額ローンを抱えていて、将来的に支払いが難しくなる可能性があると判断されれば、審査に落ちる可能性も考えられます。反対に、年収がさほど高くなくても、ローンの残額がない方であれば審査に通る場合もあります。

また、過去数年以内に借入金返済の遅延があるかもチェックされています。遅延があれば事故情報として認識され「支払いの遅延が起こりうる」と判断される可能性が高くなるでしょう。

職業の状況

どの会社でどのような仕事に就いているか、雇用形態はどうなのかなど、職業の状況もチェックされやすい項目です。たとえば、大企業の正社員や公務員の場合は今後にわたって安定した収入があると判断されやすいと言えます。弁護士や医師などの職種も一般に職業としての安定性が高いため、審査に通りやすいとされています。

勤続年数も大きなポイントです。勤続年数が長い場合は、今後も勤務を継続できる可能性が高く、安定収入を得られると判断されるので審査では有利に働きます。

反対に、フリーランスや自営業者、アルバイトなどの場合は不利になりやすいと考えられます。会社員より収入が高くても、将来的な収入が不安定である点がカーリースの審査では懸念材料となるからです。

年齢

カーリースを申し込みできる年齢は20歳以上75歳程度までとしている会社が標準的です。ただし、未成年者に関しては、親権者の同意や連帯保証人の用意などで申し込み可能としている会社もあります。高齢のドライバーは事故の危険が高まると判断されやすいため、年齢の上限は75歳が目安となります。

もちろん、これはあくまでも「審査申し込み」が可能な年齢であり、審査の通りやすさはまた別です。年齢が若いほど勤続年数が短くなることが多いと考えられますし、不安定な雇用形態の下にある場合もあります。反対に年齢が上がりすぎて高齢ドライバーと見なされる位置づけになると、不利になる可能性はあるでしょう。

イエウール

審査の申し込み前にチェックしたいポイント

見積もりを受け取って予算の範囲内ならすぐにでも申し込みをしたくなるところですが、申し込みの前にチェックしておきたいポイントを紹介します。

余裕のある支払い計画を立てる

月額料金は車種・グレード・契約年数などによって大きく変わってきます。月々1万円台から乗れる車もありますが、5万円台の支払いが必要な車もあります。

いずれにしても毎月定額の支払いが発生するため、余裕のある支払い計画を立てることが重要です。毎月の支払額の設定は審査にも大きく影響する部分なので事前によく考えておきましょう。

たとえば見積もりを出したところ、予算を超える額で支払いが厳しい場合は、希望する車のグレードを落とすなどカーリースの計画を見直すことも必要です。

カーリースの計画を立てる際は、単純に月のカーリース代の支払額だけではなく、住宅ローンや教育ローンなどそのほかの支払いも合わせて考えることが大切です。

特に近々転職の予定がある方や、自身や家族に出産・休業の予定がある方などは、今後の家計状況が変わる可能性が高いため注意が必要です。仮に審査に通っても、家計状況の変化で支払いが厳しくなるリスクがあります。

見落としやすい身近なケースとして、スマートフォンの契約にも注意が必要です。新機種を購入する場合に、本体の料金を月々の利用料金と合わせて分割払いにしている方は少なくありませんが、これは事実上ローンを組んでいるのと同じ状況です。

この場合は本体料金の残高を一括払いしておくのも対処法のひとつです。

信用情報と支払いの遅延状況をチェック

税金や保険料などの支払いや、クレジットカードの支払いなどに遅延がないか確認しておきましょう。自身の信用情報がどうなっているのか分からない方は、信用情報機関で信用情報の開示を請求して確認することできます。

数年前に遅延があったが現在は支払いが済んでいるという方も、事故情報が消えるまでに数年かかるので確認しておくと安心です。

事故情報が原因で審査に落ちた場合、他のリース会社に申し込みをしても再び落ちる可能性が高くなります。その場合、時間をおいて事故情報の履歴が消えてから再審査を申し込んだほうが無難です。

なお、ローン支払いなどの情報は信用情報審査で必ず確認される項目です。故意に隠して申し込みする虚偽申告が見つかった場合は、他の条件をクリアしていても審査に落ちることがほとんどです。申告は正直に行いましょう。

審査に通るか不安な方は…

どうしても利用したいが条件的に厳しそうだと感じる方は、頭金を用意するのもひとつの方法です。カーリースは基本的に頭金を払わなくても新車に乗ることができるのが魅力ですが、頭金を払えば必然的に月々の支払額が減るため、審査には通りやすくなると言えます。

リース会社によって頭金の要・不要は異なりますので、希望するカーリース会社に相談してみてもよいでしょう。

主夫や主婦、学生、フリーター、無職の方など年収が低く雇用形態が不安定な場合でも、安定収入のある保証人をつければ審査に通る可能性があります。審査の申し込み自体は保証人がなくても可能な場合が多いですが、審査に通るのはやや難しくなります。あらかじめ保証人になってもらえる方を探しておくことをおすすめしま す。

カーリースならマイカー賃貸カルモ

マイカー賃貸カルモは分かりやすい料金体系が特徴のカーリースサービスです。月額料金の中には、車体本体の価格のほかに税金や自賠責保険、ディーラー点検代なども含まれています。

ネット販売だからこそのお手頃な価格設定で、メーカー保証つきの新車で国産車の全車種に乗ることができるのも大きな魅力です。車の整備やコスト管理をシンプル にしたい方のために3種類のメンテナンスプランも用意されています。

マイカー賃貸カルモの詳細を見る

まとめ

カーリースは毎月決まった金額を支払って自分の選んだ新車に乗れるサービスで、現金一括払いでの購入が難しい方や、月々の支払いをシンプルにしたい方におすすめの方法です。

ただし、カーリースには審査があり、審査を通らず契約が結べない場合もあります。まずは、これまでのローンの支払いに遅延はないかなど借り入れ状況を整理して、信用情報を確認してみましょう。

その上で希望の車種の見積もりを取り、無理なく毎月支払い続けられる額かどうかよく検討して契約することが大切です。

齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。