車は何年乗る?いつ買い替えるのがお得なの?

車は何年乗るものでしょうか?短いスパンで乗り換える人もいれば、10年は同じ車に乗りたいという人もいます。車を新しくするタイミングは、多くの人にとって悩みどころでしょう。そこで今回は、気になる車の寿命や買い替えに適したタイミングについてご紹介します。
車高く売れるドットコム

車は何年乗る?いつ買い替えるのがお得なの?

近年、若者の車離れが話題となっていますが、まだまだマイカーを持ちたいと思っている人も少なくないでしょう。

車は一度購入すれば数年は乗り続けるのが一般的ですが、マイカーにこだわる以上いつかは買い替えなければなりません。

しかし、いつ車を乗りかえるか迷っている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、車を買い替える時期やポイントについてまとめました。

お得に乗りかえられるポイントもご紹介するので、近々車を新しくしようとしている人はぜひ参考にしてください。

車は何年で乗りかえるのか

車は何年で乗りかえるのか

いつ車を買い替えるのかは人によって異なります。

数年で買い替える人も、10年以上同じ車に乗り続ける人もいるでしょう。

どのくらいの期間で車を乗りかえる人が多いのか、目安や平均年数について紹介します。

走行距離

車の寿命は明確に決まっているわけではありませんが、1つの目安となるのが「走行距離」です。

車は長く走れば走るほど部品が劣化します。同じ車種・年数で比較しても、たくさん走っている車の方が寿命は短くなるのです。

走行距離が10万キロを超えると、車に何らかのトラブルが起きやすくなるといわれています。

これは、エンジンやその周りに使われている部品の寿命が10万キロとされているためです。

もちろん定期的に交換や修理を行っていればこの限りではありませんが、走行距離が10万キロを超えている場合は、一度買い替えを検討してみましょう。

年数

車の使用年数も乗りかえの目安となります。技術の向上により車の耐用期間は大幅に上がり、現在は12〜13年といわれています。

しかし、実際には「10年程度が乗りかえの目安」と考えておいた方がよいでしょう。

10年を超えると部品を交換・修理する機会が増え、費用がかさんでしまいます。

こうなると、むしろ車を新しくした方が経済的というケースもあるのです。

もちろん、あまり使っていない車や、丁寧にメンテナンスしている車であれば10年以上経っている車でも走り続けることは可能です。

ただし、エンジンの交換などに数十万円もの費用がかかることを考えれば、新車登録から10年を目安に買い替えを検討することをおすすめします。

新車を買い替える平均年数

日本自動車工業会の2017年度乗用車市場動向調査によると、新車を買い替えるまでの平均年数は7.7年です。

先述の通り乗りかえの目安は「新車登録から10年」ではあるものの、実際にはそれより前に買い替える人が多いようです。

参考:2017年度乗用車市場動向調査について|一般社団法人 日本自動車工業会

これには中古車の下取り価格が深く関係しています。

新車登録時から10年経過した車は「10年落ち」と呼ばれ、リセールバリュー(再販価値)が下がり中古車としての価値がほとんど無くなります(人気車種や希少な車は除く)。

したがって多くの人は、乗っている車の価値が下がりきってしまう前に車を下取りに出すのです。

中古車を買い替える平均年数

中古車の場合、購入した時点での使用年数や走行距離によって耐用期間は変わります。

日本自動車工業会の2017年度乗用車市場動向調査によると、乗りかえまでの平均年数はおよそ5.7年です。

1年間の走行距離は平均して1万キロ前後といわれているため、5年間使用されていた中古車は概ね5万km走っていることになります。

したがって5年落ちの中古車を購入した場合、5年程度は乗り続けることができるでしょう。

参考:2017年度乗用車市場動向調査について|一般社団法人 日本自動車工業会

車高く売れるドットコム

乗りかえた方がよい時期

乗りかえた方がよい時期

車の使用年数や走行距離は、車を買い替える1つの目安となることがわかりました。

しかしこれ以外にも、乗りかえを考えるべき時期はあります。ここでは4つの例をご紹介します。

次の車検が迫っているとき

車検を機に乗りかえを検討する人は少なくありません。

2回目以降の車検では修理箇所が増え、車検費用は数万円〜十数万円と高額になっていきます。

車検に高額な費用を払うのであれば、いっそのこと車を買い替えてしまうおうと考える人が多いのです。

車を購入する時期としては、車検費用を払った車検直後よりも車検直前の方が適しています。

したがって、乗りかえの時期は3年目や5年目、7年目が目安となります。

ただし7年目は中古車の査定額が大幅に下がってしまう可能性があるため注意が必要です。

ライフスタイルが変わるとき

ライフスタイルが変われば、適する車も変わってきます。

例えば仕事で自分の車を使うようになったときや、結婚や出産により家族が増えたときなどは新しい車の購入が必要となるでしょう。

子どもがいるファミリー世帯では、子どもの成長に合わせた乗りかえも検討されます。

子どもが小さいうちは広々として乗り降りしやすいミニバンなどが人気ですが、子どもが大きくなった後は世帯の人数に合わせた車種や、初心者でも扱いやすい車種への乗りかえが増加します。

同じ車種がモデルチェンジするとき

モデルチェンジが発表されると、旧モデルのリセールバリューが大きく下がる傾向があります。

ディーラーによっては、新モデルへ乗りかえることを条件として、今乗っている旧モデルの下取り価格を上げる場合があります。

新しいモデルに興味があるのなら、こうしたサービスを利用してお得に乗りかえるという選択もあるでしょう。

マイカーローンを完済したとき

車の購入時にローンを組んでいれば、ローンの支払いが終わったときに車を買い替えるのもよいでしょう。

ローンが残っていても売却することは可能ですが、複雑で面倒な手続きが発生します。

ローンを完済し、正式に「自分のもの」になってから手放すのが最も安心な方法です。

年数別・車を買い替える時期

年数別・車を買い替える時期

3年目・5年目・7年目など、車の乗りかえを考えるタイミングはいくつかあります。

ここでは5つの時期別に、乗りかえの判断基準をご紹介します。

〜3年

新車を購入し、最初の車検を迎えるのが3年目です。

たった3年で乗りかえるのは早すぎると思うかもしれませんが、まだ使用期間が短いため中古車としての価値が高い段階です。

家族が増えてライフスタイルが変わった、他に欲しい車ができた、など、車に問題が無くても乗りかえが必要となるケースはあるでしょう。

今の車に納得できる買取価格が付くのであれば、最初の車検がくる前に買い替えるという選択もあります。

〜5年

国産車には「特別保証」が付きますが、この保証期間は基本的に5年で終了します。

特別保証とは車の基本性能に関する部分を保証するもので、この保証が切れるとメンテナンスにかかる費用はすべて自己負担となるのです。

維持費がかさむことを考えれば、5年目は乗りかえを検討するタイミングとなり得ます。

その後の維持費と新しい車の購入費用とを比べて、どちらが得をする選択肢なのかを考えましょう。

〜7年

最も多くの人が乗りかえを検討するのが7年目であるといえるでしょう。

先ほども触れた通り、新車登録から7年経つと中古車としての価値がかなり下がってしまうのです。

7年目は3回目の車検を控えた時期でもあり、買い替えるのであれば車検前に決断する必要があります。

まだ乗り続けるのであれば、車検でしっかりと点検してもらいましょう。

〜10年

10年目を迎えると、走行距離が10万キロを超える車も増えてきます。

先述の通り、10万キロを超えるとエンジンやその他部品の劣化が激しくなってきます。

その車の使用頻度にもよりますが、乗りかえを検討した方がよいでしょう。

もちろんそのまま乗り続けることもできますが、その場合はメンテナンスを手厚く行う必要があります。

10年以上

車の耐用年数は12〜13年といわれています。

10年を超えるとトラブルも起きやすくなりますが、維持費をかけられるのであれば乗り続けても問題ありません。

部品の修理・交換を続けて、可能な限り乗り続けるという選択肢もあるでしょう。

もし10年を超えて乗りかえを検討するのであれば、13年目を区切りとしましょう。

ディーゼル車は新車登録から11年、ガソリン車は新車登録から13年以上経過すると、自動車税が15%上がってしまうためです。

その後の税額や修理費などを考慮すると、13年目までに乗りかえるのがお得です。

自動車保険の車両入替を忘れずに

自動車保険

車を乗りかえたときに忘れてはいけないのが、契約している自動車保険の「車両入替手続き」です。

車高く売れるドットコム

契約車両は自動で変更されるわけではないため、保険会社もしくは代理店などに連絡して自身で手続きを済ませる必要があります。

車両入替手続きを行わないと、事故の際に保険金が支払われないなどのトラブルが起きかねません。

手続きは新しい車の納車前に済ませ、納車日を契約変更日に設定しましょう。

こうすることで、納車してすぐに保険を適用することができるのです。

車を新しくしたら、必ず自動車保険の車両入替手続きを行いましょう。

車両入替の手続きを行えば、保険の等級も引き継がれます。

ただし、契約車両が変わると保険料が変わる可能性はあります。

普通自動車には「型式別料率クラス制度」があり、車の型式によって異なる保険料が設定されています。

車両入替により保険料が上がったり、逆に下がったりすることもあるのです。

保険料が上がる場合は、差額を支払うまで車両入替の手続きが完了しないため注意しましょう。

車を買い替えた時の保険の手続きについてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。合わせて読んでみてください。

車を高く売るなら無料一括査定の「車高く売れるドットコム」

車の査定が一括でおこなえる「車高く売れるドットコム」

愛車をできるだけ高く売却したいなら、一度に複数の買取業者を比較できる「車高く売れるドットコム」の利用がおすすめです。

簡単な入力だけで、全国にある買取専門店の査定を受けられます。

わざわざ自分の足でお店を回らなくても、最も高い買取価格がすぐにわかるのが人気の理由です。

車を乗りかえる前に、ぜひ無料査定を受けてみましょう。

車高く売れるドットコムで一括査定する

まとめ

車には明確な寿命というものがなく、手厚くメンテナンスを行えば10年、20年と乗り続けることも可能です。

しかし長く乗れば乗るほど維持費は高くなり、場合によっては車を新しくした方が経済的になることもあるのです。

車を買い換えるタイミングは人それぞれですが、いつか必ず愛車を手放す日が来ます。

車は購入費も維持費も高額であるため、得をする選択をするには数年先の費用まで考慮する必要があります。

使用年数や走行距離による違いなども考えて、自分の車や生活スタイルに最も適したタイミングを選びましょう。

車高く売れるドットコム
齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。

関連キーワード