車から異音がしたらどうする?原因や対策と廃車買取のメリット

車が異音を発した場合、各部の故障や異常が発生している可能性が高いでしょう。当記事では、車が異音を発する主な原因と対処法を解説します。愛車を点検し、安全に走行できるよう心がけましょう。異音が収まらない場合は、廃車買取業者に引き取ってもらうのも手です。
廃車なら廃車買取.com

車から異音がしたらどうする?原因や対策と廃車買取のメリット

車を運転しているとき、「異音」が気になることはないでしょうか。

今までは特にしていなかった音が急に鳴り始めたら、誰でも不安になって当然です。

ゴミを巻き込んだり、ダッシュボードがゆるんでいたりする程度の音ならば、すぐに消えることも珍しくありません。

運転すればするほど異音が大きくなるようなら、重大なトラブルの前兆ともいえます。

できるだけ早く原因を調べて、修理や部品交換を業者に依頼しましょう。

また、修理や交換費用が高くつくのであれば、いっそのこと廃車にするのもひとつの方法です。

いずれにせよ、車を点検しないと今後の対処法は見えてきません。

些細な異音も放置せず、細かく追及する意識が肝心です。

車から異音がしたときに考えられるトラブル

車から異音がしたときに考えられるトラブル

おかしな音が車から聞こえてきたら、何らかの問題が発生しているサインです。

放置していると深刻な事態を招くこともあります。異音の原因を把握し、正しく対処しましょう。

以下、異音の原因となる代表的なトラブルをご紹介します。

ベルト系の異常

車のエンジン周りには「ベルト」と呼ばれるパーツが使用されています。

ベルトが回転することにより、車は動力を得ています。

ベルトの滑りが悪くなっていたり、たるんでいたりすると異音が生まれてしまうのです。

たとえばタイミングベルトやファンベルトなどのパーツは、車が安全に走行するために欠かせません。

ベルトを引っ掛ける「プーリー」という部品に異常が出ている可能性もあります。

「キュルキュル」と聞こえるのが、ベルト系の異音の特徴です。

エンジンルームの異常

車の核ともいうべき部品がエンジンです。

仮にエンジンルームに異常が発生しているとすれば、車を危険な状態で走らせることになります。

異音の状態を聞き分けて、すぐに点検しましょう。

たとえば冷却水やオイルが不足していると、オーバーヒートという現象が起こります。

その直前、エンジンルームから乾いた音がすることがあります。

オーバーヒートが実際に起こり、進行するにつれて激しい金属音のようなものが鳴り響くことも珍しくありません。

そのほか、アクセルを踏み込むと音が大きくなるようなケースでは、動力系に異常をきたしていると考えられます。

ギアがすり減っているなどの場合、かなり危険な状態なのですぐに修理すべきでしょう。

ブレーキの異常

車を停めるたびに甲高い音がするようになると、不安を覚えるのも当然でしょう。

そうしたケースでは、ブレーキパッドがすり減っているおそれがあります。

ブレーキは車のパーツの中でも特に消耗が激しい部類です。

ブレーキパッドがすり減っていくと、パッドウェアインジケーターというパーツがほかの部品に直接触れ、きしむような音を立て始めます。

ただ、この現象は車のトラブルというよりかは、重大な事故を未然に防ぐための警告という見方が強いです。

早急に対処すれば、一大事になる前に問題を解決できます。

タイヤ周辺の異常

車には「スタビライザー」という、安定した走りをするための装置が備わっています。

タイヤ周辺から音が聞こえるとき、スタビライザーにトラブルが起きていることも珍しくありません。

ゆるみや破損、劣化などであれば、すぐに交換しないと大事故に発展する可能性もあります。

また、車に異物が入り込んだときも変わった音がするはずです。

タイヤを締めているナットが外れると、「カラカラ」という音が鳴り続けます。

ここで挙げた異音はあくまでも例に過ぎません。

車は細かいパーツの組み合わせでできているため、どれが音を出しているのかをしっかり見極めていく必要があります。

廃車買取.com

異音がしたらすぐに取るべき対策

異音がしたらすぐに取るべき対策

もしも車から変わった音がしてくる場合は、高確率でトラブルが発生しています。

あるいは、故障の前兆ともいえるでしょう。

早急に対策を取り、安全な状態に戻すことが求められます。

ここからは、異音が発生した際の対応について詳しく解説します。

まずは荷物を空にする

車の異音が聞こえてきたら、まず、音源が内部からなのかそれ以外からなのかを確かめましょう。

内側から音がしている場合、部品に何らかの異変が起きている可能性があります。

すぐに点検をして然るべき修理をしなくてはなりません。

ただし、ダッシュボードや座席から音がするのは、単に荷物が振動で揺れているだけとも考えられます。

万が一、座席が老朽化してきしんでいたり、ダッシュボードが外れかけたりしていたとしても、それほど深刻な事態とはいえません。

とりあえず荷物を空にして走らせてみると、原因を特定しやすくなります。

CDや地図帳など、車内に積載していたものも全て外に出してから運転を続けてみてください。

これにより音が鳴り止んだ場合は、故障ではありません。

引き続き音がするようであれば、スピードを落とすなどして原因を特定していきます。

走行中にさまざまなテストをする

運転している間、さまざまなテストをして音の鳴り方を聞き分けましょう。

アクセルを踏んだときに音が大きくなるようであれば、エンジンの不調である確率が高くなります。

停車時の音が甲高いときは、ブレーキに異変が起きているのかもしれません。

ハンドルを切ったときに振動音がすることもあります。

これは、ピロボールのジョイント部が稼働していないことによる摩擦音です。

そのほか、リアショックの問題も可能性として考えられます。

ゆっくり走っていると車の異常を感じ取りやすくなります。

耳だけでなく、全身で車の奇妙なポイントを察知することが大切です。

たとえば、足元が過剰に震えていたり、アクセルの近くから揺れを感じたりするなど、繊細な変化を見逃さないようにしましょう。

自分で対処しようとしない

車のトラブルが確定的になったとして、自分で応急措置をする人もいます。

確かに、座席のナットを締め直す程度の作業であれば一般人でも行えます。

ただ、それだけで終わらせず、必ず専門店で診断してもらうことが肝心です。

車は精密機械です。わずかな異常がほかの部品にも影響を与え、本来の機能を大きく損なわせることは珍しくありません。

そうなれば思いがけないタイミングで故障し、事故を招くリスクが高まります。

一般人は車の仕組みを詳しく知っているわけでもなければ、修理のスキルも道具も持ち合わせていません。

可能なのはあくまで応急措置程度です。専門店で隅々をメンテナンスしてもらい、必要ならば部品交換を検討しましょう。

よほど状態が悪化している場合は廃車にするのもひとつの手です。

異音がしているのに乗り続けているとどうなる?

異音がしているのに乗り続けているとどうなる?

実際のところ、異音を発しているからといって、すぐに故障につながるわけではありません。

ただ、車に異変が生じているのも事実です。

そのまま気にせず乗っていると、やがて大きな事故を招くでしょう。

乗り心地が低下する

まず、乗り心地はどんどん悪くなっていきます。

特に、ハンドル周りやブレーキ周辺のトラブルは安全運転に影響します。

正常だったときと比べ、車が思うように動かないのでわずかな感覚のズレが生じるでしょう。

この状態のままドライブしていると、「避けられる」と思った対向車や障害物をかわしきれないなどして、事故に発展しやすくなります。

騒音問題に発展することも

騒音問題も見逃せません。エンジン周辺の異常は、悪化するほど音が大きくなります。

やがて騒音レベルにまで音量が上がったとき、近隣住民からのクレームに発展することもあるでしょう。

また、家族や恋人や友人を乗せていた場合、恥ずかしい思いをすることもあります。

音が鳴り始めたとき、多くのケースでは即座に修理・部品交換をすることで車は改善されます。

しかし、問題を放置しているとどんどん別の部品にも影響が及び、取り返しのつかない状態になりかねません。

少し雑に車を扱っただけで、寿命を極端に縮めてしまうおそれも出てきます。

ドライバーとしては、車の悲鳴にしっかりと耳を澄ませたいところです。

廃車買取.com

廃車買取に出すのもひとつの方法

廃車買取に出すのもひとつの方法

損傷個所の大きい車は、大掛かりな修理をしないと元通りになりません。

そうなれば当然、修理費用も高額になります。

あまりに状態がひどい場合は、廃車買取に出すのもひとつの方法です。

愛車を廃車にすることには抵抗のある人も多いでしょうが、想像以上のメリットが返ってくるケースも多いのです。

お金が入ってくる

通常の方法で廃車をしようとすれば、手数料を支払わなくてはなりません。

車を失うだけでなく、費用までかかるのはかなりの痛手です。

しかし、廃車買取であれば、廃車費用をかけることなく自分にお金が入ってきます。

査定によって金額は変わるものの、少しでも利益になるのは大きなメリットです。

新車を買う際の資金に充てることもでき、経済的に助かります。

車の状態を問わない

業者によっては車の状態を問わず、最低買取価格を保証してくれます。

たとえば、損傷や故障がひどい車はこれ以上運転できないため、中古車ディーラーから敬遠される傾向が顕著です。

しかし廃車買取業者であれば、かなり傷んでいたとしても取引が成立します。

手続きを代行してくれる

普通に廃車にしようとすれば、厄介な手続きが発生します。

車は本人名義になっているうえ、保険などのサービスも付随しています。

廃車した後で第三者に悪用されないよう、これらの情報を更新しなくてはなりません。

廃車買取サービスの多くは、こうした手続きを代わりに行ってくれます。

法律の知識が少ないドライバーであっても、業者を頼ればスムーズに車を処分できるでしょう。

廃車買取なら「ハイシャル」がおすすめ

ハイシャル

廃車買取について明るくない人には、廃車買取サイト「ハイシャル」がおすすめです。

買取の専門業者であり、動かない車であっても必ず1円以上の査定を出してくれるのが魅力です。

車体が老朽化していたり損傷が激しかったりしても、最低限の査定額が保証されます。

また、車検切れやローン未完済でも問題ありません。必要な手続きはハイシャルが請け負ってくれます。

自動車税の還付金が戻ってくるようサポートも行ってくれるため、廃車にまつわるさまざまな不安を解消可能です。

ハイシャルで査定価格を調べる

廃車買取業者を選ぶときの注意点などについてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。合わせて読んでみてください。

まとめ

車から異音が発生した際は、焦らずに原因の分析に努めることが先決です。

まずは音源をきちんと確かめ、部品の異常や故障による異音なのか、積載物の揺れなどによる危険性のない異音なのかを見極めましょう。

異音の原因が部品の異常や故障などによるものと分かったら、安易にそのまま乗り続けることは避けるべきです。

すぐ大事故に発展するとはいえませんが、車の異変を野放しにしていては、いつまで経っても問題は解決しません。

早急に点検を行い、修理業者の診断を仰ぐべきでしょう。

あまりに状態がひどい場合は、いっそのこと廃車買取に出すのも手です。

廃車買取業者は数多いので、しっかりとリサーチし自分の最も得になる場所で買い取ってもらいましょう。

齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。

関連キーワード