どんな車でも買取できるの?古い車や事故車を売る方法まとめ

車を手放したくても、古い車種であったり傷やヘコみが多かったりすると、買い取ってもらえるか不安に思うでしょう。車を売る場合、どんな車でも買取ってもらえるのでしょうか。今回は売却できる車の条件や、逆に売却できない車について解説します。
車高く売れるドットコム

どんな車でも買取できるの?古い車や事故車を売る方法まとめ

車を買い替えるときや、マイカーを持たないと決めたときには、今ある愛車を手放すことになります。

比較的新しい車種や使用年数が少ない車であればすぐに売却できますが、もはや需要のないような古い車やボロボロの車の場合、買い取ってもらえるかどうか不安に思うかもしれません。

また事故で大破してしまった車や故障している車など、車として機能しないようなものは廃車にするしかないと思う人も多いでしょう。

しかし、どんな車でも売却は可能です。自分の車には一銭の価値もないと諦めていた人も、もしかすると希望が見えるかもしれません。

どんな車でも買取ってくれる業者についてまとめました。

どんな車でも買取できる業者とは

10年以上前に製造された古い車や損傷の激しい車など、中古車としての価値がない車でも買取ってくれる業者があります。このような車を買取っている業者は次の2つです。

解体業者

車を解体して、スクラップ処分しているのが解体業者です。

車を処分するためには解体費用を支払う必要がありますが、買取に対応している解体業者ならお金をもらって車を処分できます。

車のボディには鉄やアルミといった金属が使われています。こうした金属はとても貴重であるため、解体業者は「資源」として車を買取ります。

したがって、車そのものの状態は査定に関係しません。

その車から取れる金属の量によって買取価格が決まりますが、平均的には2万〜4万円程です。

廃車買取業者

廃車の買取を専門としている業者もあります。ディーラーや一般的な買取業者では断られてしまった車でも、廃車買取業者なら買取が可能です。

廃車買取業者は、損傷の激しい事故車や故障車も買取っています。豊富な販路を持っているため、解体業者よりも良い条件で売れる可能性があります。

状態の悪い車を売却したい人は、一度廃車買取業者に相談してみてもよいでしょう。

車高く売れるドットコム

なぜ価値の低い車を買取できるのか

廃車買取業者は、なぜほとんど価値の無くなった車を買取っているのでしょうか。ここでは、廃車買取業者がどんな車でも買取れる理由を見てみましょう。

海外に輸出する

一見すると使い古されたような車でも、まだまだ使える場合があります。

故障車でも、少し修理をすれば走行できるようなものは少なくありません。廃車買取業者はこのような車を買取り、近隣のアジア諸国などに輸出しているのです。

古い車でも、走行さえできれば海外では需要があります。信頼性の高い日本メーカーの車は特に人気です。日本国内では需要がなくても、海外で売れるといったケー スは決して珍しくありません。

部品・パーツを販売する

ボロボロになった車でも、タイヤやホイール、バッテリー、バンパーなど、まだまだ使える部品やパーツが残っています。廃車買取業者は、買取った車から部品やパーツを取り出して再販売しています。中古部品は一定の需要があるため、廃車買取業者は損傷の激しい事故車や水没車でも積極的に買取っているのです。

こんな状態の車は買取できる?

車を手放すなら、少しでも戻ってくるお金があれば嬉しいものです。しかし、古い車や損傷の激しい車にも値段が付くのでしょうか。ここでは「こんな車は買取ってもらえるのか」という疑問にお答えします。

古い車

一般的な車は、初回登録から年数が経てば経つほど価値が下がっていきます。

3年・5年など比較的新しい車であれば高額査定も期待できますが、7年を超えると価格が大幅にダウンします。

さらに10年前の車は「10年落ち」と呼ばれ、中古車としての価値がほとんど無くなってしまいます。

しかし、10年落ちの古い車にも値段が付く場合があります。例えば走行距離が短いものや、状態が非常に良好なものなどがそれにあたります。

また人気の車種であれば、たとえ古くても価格が下がりづらい傾向です。

昭和に製造されたような数十年前の車でも、廃車買取業者なら買取できます。

数十年前のレトロカーを売りたいのであれば、廃車買取業者に相談してみましょう。

走行距離が長い車(過走行車)

走行距離が10万kmに到達した車は「過走行車」とも呼ばれ、メンテナンスをしていないとエンジンなどがかなり劣化しています。

ディーラーで下取りを依頼した場合、大幅なマイナス査定となるでしょう。廃車買取業者であれば、走行に問題がなければディーラーよりも高額での買取が期待できます。

事故で損傷した車

事故などで自走できなくなっている車は、廃車しかないと考える人も多いでしょう。

しかし廃車買取業者なら、車として機能しないような車も買取っています。

自走できない車でも、ドアやハンドルをはじめ、大小様々なパーツを合わせると数万円の価値になります。

人気の車種や上位グレードの車は中古部品の業界での需要が高いため、予想外の高値で買取ってもらえることもあります。

改造車

愛車を自分好みにカスタマイズしている人もいるでしょう。改造車の買取は多くの業者が行っています。

しかし、カスタマイズした車はマイナス査定となってしまうのが一般的です。たとえお金をかけてカスタマイズした車でも、一般的な需要は減ってしまうためです。

しかし、改造車を高く売るコツはあります。それは、もともと付いていた純正パーツを保管しておくことです。

純正パーツが残っていることがわかればマイナス査定を防げます。

また、チューニングやドレスアップに関する専門知識を持っている業者を選ぶこともポイントです。

インターネットの一括査定サイトなどを利用してみましょう。

車検切れの車

車検切れの車も売却することができます。車検が切れていると買取価格が下がると思うかもしれませんが、実は査定にはほとんど影響しません。

中古車を輸送する際はレッカー車や船を使うため、車検が切れていても問題はありません。

もし公道を走ることになっても、業者が「仮ナンバー」を取得して走行します。業者側は、流通・販売どちらにおいてもそれほど影響を受けないのです。

廃車買取業者の選び方

たくさんの廃車買取業者がありますが、業者によってサービス内容は異なります。場合によっては売り主が損することになってしまうため、次の3点に注意しましょう。

還付金を払ってくれる

車を廃車にすると、払い過ぎた自動車税や重量税が持ち主に返還されます。

しかし、廃車に必要な手続きは廃車買取業者が代行するため、還付金を売り主に戻さないケースがあるのです。

売却前に税金の取り扱いをしっかりと確認し、還付金をきちんと支払ってくれるような業者を選びましょう。

廃車費用が無料である

廃車にする際、本来はレッカー代や廃車手続きの手数料といった費用が必要です。しかし、業者によってはこれらの費用が無料のところもあります。

廃車買取業者を選ぶ際は、廃車にかかる諸費用を無料にしているかどうか確認しましょう。

査定額に納得できなければ売らない

たとえ事故車や故障車でも、提示された査定額に不満があれば取引に合意すべきではありません。特に、査定額が安すぎると感じたら、いったん取引を中止しましょう。インターネットの一括査定サイトなどを利用して、いくつかの業者に査定依頼を出してみると、適正な査定額を簡単に把握できます。

詳しい廃車業者の情報などは「廃車買取業者の選び方|おすすめ業者4選紹介・注意点まとめ」をご覧ください。

買取りできない車とは

基本的にはどんな車でも買取ってもらうことはできます。ただし、次の条件に当てはまると売却できない場合があるため注意しましょう。

車の鍵がない

鍵がないと車のエンジンがかけられないため、鍵の紛失は致命的です。

一般的な買取業者の多くは、エンジンのかからない車を買取の対象外としているか、大幅な減額対象としています。

たとえ状態の良い車であっても、鍵のない車の評価はとても低くなってしまうのです。

鍵のない車を処分したい場合は、廃車買取業者へ依頼しましょう。

車のローンが残っている

ローンを組んで車を購入する人は多いでしょう。しかし、ローンの支払いが済んでいない車を売却できません。

車は、ローンを完済して初めて「自分の所有物」となります。

車高く売れるドットコム

支払いが残っている車はローン会社に所有権があり、自分のものではありません。ローン会社の持ち物である以上、勝手に売り払うことはできないのです。

ただし業者によっては、売却額からローンの残債を返済できるサービスを提供しているところもあります。

こうしたサービスを利用したい場合は、あらかじめ業者に確認を取りましょう。

自動車税を納めていない

車を所有している限り、年に一度「自動車税」の支払い義務が発生します。自動車税をきちんと納めていない車は、ほとんどの業者が買取を拒否しています。税金を滞納している場合は、必ず支払いを終えてから売却するようにしましょう。

必要書類が揃っていない

車を売るときはいくつか必要な書類があります。どんなに状態が良く価値の高い車でも、必要書類が揃っていないと売却できません。

普通自動車の場合、主に次のような書類が必要となります。

  • 車検証
  • 印鑑登録証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券
  • 実印

※このほか、戸籍の附票や住民票などが必要になる場合もあります。

これらの書類を紛失してしまった場合は、それぞれの機関に問い合わせて再発行してもらいましょう。

手間はかかりますが、再発行してもらって書類が揃えば売却できます。

車を高く売るなら無料一括査定の「車高く売れるドットコム」

車高く売れるドットコム

愛車をできるだけ高く売却したいなら、複数の買取業者へ査定を依頼して比較してみるのがおすすめです。

「車高く売れるドットコム」なら、車種や年式などの基本情報を入力するだけで、簡単に全国にある買取専門店の査定が受けられます。

古い車や状態の良くない車、廃車寸前の車でも買取可能な場合があります。自分の車は売れないだろうと諦める前に、まずは無料査定を依頼してみましょう。

車高く売れるドットコムで一括査定する

まとめ

基本的にはどのような車でも買取が可能です。古い・汚い・壊れているといった理由で売れないと諦めていた人も、ぜひ一度買取業者に相談してみましょう。

車としての価値を失っていても、部品や資源として買い取ってもらえる場合があります。

車は非常に高価なものです。たとえ処分するときでも、できるだけ自分が得をするような選択をすべきです。

いくつかの業者に査定を依頼して、自分の納得のいく価格で買い取ってもらいましょう。

車高く売れるドットコム
齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。

関連キーワード