切手を換金する方法とは?お得に現金化するポイントも解説

切手は郵便局では現金化できませんが、金券ショップや切手買取専門業者、ネットオークションなどで換金できます。ここではプレミアのつく切手、業者にできるだけ高く買い取ってもらう方法などをご紹介します。
切手買取のバイセル

切手を換金する方法とは?お得に現金化するポイントも解説

切手買取といっても、換金する業者によって取り扱いのある切手の種類が変わります。

手数料を払えば郵便局ではがきや他の切手に交換できますが、あまり使用する機会がないのであれば、現金化したほうがメリットが大きいといえるでしょう。

限定切手などは思いもよらぬ高値がつくこともめずらしくはありません。

切手収集がブームになった時代もあり、家に切手が大量に余っている、昔のコレクションが残っているという方も多いはずです。

そこで、ここでは切手を効率的に換金したい方に向けて、買取価格をアップさせる方法や、優良な切手買取業者の見極め方について紹介します。

切手を換金する方法は?

切手を換金する方法は?

手紙やはがきがメールやSNSで代用されるようになり、日本郵政の郵便取扱件数は年々減少しています。

これにともない切手の買取価格も低くなってきているのが現状です。

しかし、流通・通販業界などで商品の発送に使用されたり、稀少性の高い切手はコレクターの間で高額取引されていたりと、切手にはまだまだ需要があります。

一般的な切手の場合、有効期限は設けられておらず、切手として使う分には印字されている金額の価値が担保されています。

数年~数十年後でも同じ価値で使える一方、購入金額よりも高値がつくこともありません。

切手を換金する場合、買取業者によって買取価格が異なるため、優良な業者や換金方法を駆使して効率的な換金を目指すことになります。

そこで、まずは切手を換金する方法を紹介します。

郵便局で現金に近い形にする

郵便局では切手の払い戻しは行われておらず、換金はできません。しかし、手数料を支払えば、はがきに交換できます。

切手と交換する際の手数料は、往復はがき・郵便書簡は1枚につき10円、レターパックなどの特定封筒は1枚につき42円です。

交換する切手の額面に手数料を含められるので、必ずしも現金が必要となるわけではありません。

端数が発生した場合のおつりは戻ってこないので注意が必要です。

また、切手を交換ではなく支払いに使用することで、現金に近い形で使用できます。

例えば、日本郵政を介した着払いの運賃・料金・手数料の支払いです。

ネット通販などで郵便局の着払いでの郵送を依頼すれば、着払いを切手で支払うこともできます。

ネット通販をよく利用する方におすすめの使い方です。

そのほかにも、ゆうパックや書留、特定記録郵便、内容証明の内容証明料以外の料金など、就職活動や重要書類の送付の際に利用するサービスも切手で支払えます。

さらに、個人で輸出ビジネスをしている方や、海外に友人がいる方が利用することが多いEMS(国際スピード郵便)も切手支払いが可能です。

もちろん現金と併用することもできるので、手元にある切手の総額が足りない場合でも問題なく使用できます。

ネット売買では価値を見誤るケースも

個人の売買が活発になった現代では、インターネットのオークションやフリマアプリでも切手の換金が可能です。

特に自分で金額を設定するタイプのアプリやサイトを利用する場合、市場価値以上の価格で売れるケースもあります。

より高値での換金も期待できるでしょう。

しかし、身内から譲り受けた古い切手など、実際の価値がよくわからない切手をネットで売ってしまうのは危険です。

プレミアがついていることを知らず、実際の価値よりも低い金額を設定してしまったり、なかなか売れないからと金額を低く設定してしまったりと知らず知らずのうちに損をしてしまう可能性があるのです。

また、多くのフリマアプリ・オークションでは、未使用の切手の出品を禁止しています。出品できるのは使用済みの切手のみです。

未使用品の切手がたくさんあるという方は利用できないため、そのほかの売却方法を検討する必要があります。

街で見かける金券ショップ

デパートの商品券や、有名テーマパークチケットなど、購入価格よりも割安で手に入れられる金券ショップでは、切手の買取も行っています。

基本的に切手買取の取り扱いがあり、店頭でスタッフに対面で査定してもらい、金額提示後に双方同意したうえで書類にサインするという流れです。

身分証明書が必要となるので持参しましょう。

換金額は、切手の額面価格に一定倍率を掛けて算出されます。

さらに、未使用シート、シートから切り離されているバラ、シート状態であっても破れや折れがあるなど、保存状態により換金額が上下します。

一般的には、切手の額面の40〜90%で買取をしてくれるショップが多いでしょう。

プレミアのついている切手の場合、購入時の金額を大幅に上回る高額買取が期待できます。しかしコレクター向けの販売ルートを持っていない場合、査定額が下がってしまうリスクがある点は要注意です。

金券ショップで使っていない切手を換金する場合、店舗によってはバラの扱いがないケースもあります。

また基本的に額面以上の金額で買取されることはありません。

切手買取専門業者に比べると、手間や換金レートが下回るケースがほとんどです。

「切手の買取専門業者」なら高値が狙える

身近にある金券ショップで換金する前に、検討したいのが切手の買取専門業者です。

専門業者には、切手の価値を判断できる専門の査定士が在籍しています。

そのため、手持ちの切手が値打ちのあるプレミア切手だった場合、適切な査定が受けられる点が最大のメリットです

切手には「記念切手」「普通切手」「特殊切手」「中国切手」などさまざまな種類があります。

なかでも、小型のシートになった切手に表紙をつけて小冊子化した「日本郵便切手帳」は高値がつくケースも珍しくありません。

昔、家族がコレクションしていた切手や、大量にストックされた処理に困る切手などは、買取実績豊富な切手買取専門業者に査定依頼を出すことをおすすめします。

買取の流れは金券ショップと同じです。

店頭買取以外にも、高価な取引でも安心できる「出張買取」、忙しくて時間が取れない方に便利な「宅配買取」など、ニーズに対応した買取サービスが充実しています。

こちらの記事で、おすすめの切手買取業者を紹介しています。どこがいいか悩んでいる方は必ずチェックしてください。

切手専門の買取会社でお得に換金する方法とは?

切手専門の買取会社でお得に換金する方法とは?

買取先や換金方法を比較すると、切手専門の買取会社に軍配があがることがわかりました。

そこで、切手専門の買取会社に査定を依頼した際に換金額のアップを狙うためのポイントを紹介していきます。

海外に販売ルートがある業者を選ぶ

専門的な知識があり、コレクターから信頼されている切手専門の買取業者なら、価値があるプレミア切手に安い値をつけることはありません。

さらに、日本だけではなく海外にも販売ルートを持っている業者であれば、海外の切手事情も踏まえて査定してくれるので、高値での買取が期待できます。

プレミア切手の情報を仕入れておく

額面価格以上になる切手を総称して「プレミア切手」と呼びます。

額面が1円でも、買取が10円となれば、プレミア切手として扱われます。

高額なプレミア切手を見分けるポイントはいくつかありますが、切手ブーム前の昭和30年(1955年)以前に発行された切手は、今現在でもコレクター需要が高く高価買取が期待できます。

昭和30年以降は軒並み切手買取価格が額面割れする中、「月に雁」「見返り美人」は、海外の切手収集家からも大人気です。

その他、日本で最初に発行された「竜文切手」、国際郵便用として初めて発行された「鳥切手」、天皇を象徴する「菊切手」などは、バラでも美品であれば高値がつく可能性があります。

一方で、外国で発行された「海外切手」は日本で見かけることは少なくなりました。

しかし、モーリシャス島で発行された「ブルー・モーリシャス」、世界で最初に発行された「ペニーブラック」など、切手コレクターからの人気が高い切手が数多くあります。

そのほか、1980年に発行された中国切手の「赤猿」や「毛沢東の最新指示」も希少価値があり、特に高値で取引されています。

切手の保存状態に気をつける

保存状態は、切手にかかわらず買取額に大きく影響します。

査定時に保存状態がよければ、業者側もメンテナンスの手間が省けるので、買取価格アップが期待できます。

逆に保存状態が悪ければ、買取価格が下がるだけではなく、換金そのものが難しくなる場合もあるでしょう。

切手は、使用済みでも稀少性が高ければ高値がつくケースがあります。

しかし、普通切手にはプレミアがつかないので、保存状態の良し悪しが重要です。

切手シートのフチにある余白を「耳紙」といいますが、シート状であっても耳紙が無かったり、破れていたりする場合は、シートではなくバラとして扱われるため注意しましょう。

バラの切手は査定前に仕分けておく

切手がすでにシートから切り離されてバラの状態になっていても査定は可能ですが、仕分けがされていない場合、買取額に影響が出る業者もあります。

手の油や水分が切手に移らないようにピンセットなどを使い、切手同士が重ならないように整理するには手間がかかるからです。

種類別・金額別に分けて頭紙に総額を記載しておくと、買取額が下がるリスクを軽減できるでしょう。

買取依頼をするなら実績豊富なバイセル切手買取

バイセル|切手買取

バイセル切手買取は切手専門の買取会社です。土日を含む24時間いつでも査定依頼をできます。

さらに、最短で即日対応をしてくれたり、その場で現金買取をしてもらえたりと買取依頼から換金までスムーズに進むのも特徴です。

切手が大量にある方は、出張費用・キャンセル料が無料の出張買取がおすすめですし、店頭や対面での査定が面倒という方は、宅配査定を利用しましょう。

2019年の問い合わせ実績が27万件を超えている人気買取業者です。安心して査定を依頼できるでしょう。

バイセルで切手の買取価格を調べる

まとめ

切手には普通切手とプレミアがついた切手があり、換金方法によっては損をする可能性があります。

特にプレミア切手は切手に精通しているプロでなければ判断できないケースも多く、損をするリスクが大きくなってしまいます。

適切な価格での換金を希望するなら、切手に精通している鑑定士が在籍している切手専門の買取業者への査定依頼をおすすめします。

現在、切手の換金を考えている方は、明確な買取実績が提示されているかどうかや、トラブル時のフォロー体制などに注目して買取業者を探すところからはじめてはいかがでしょうか?

齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。

関連キーワード