プレミア切手ってどんな切手?プレミア切手の特徴と代表例

家に古い切手が眠っている場合、もしかするとプレミア切手が交ざっているかもしれません。切手は豊富な種類があり、中には意外な切手にプレミアがつくこともあります。そこで、プレミア切手の定義やプレミアになる理由、主なプレミア切手などをご紹介します。
切手買取のバイセル

プレミア切手ってどんな切手?プレミア切手の特徴と代表例

日本をはじめ、世界中でさまざまな種類の切手が発行されています。

中でも、特に値打ちがあるといわれているのが、いわゆるプレミア切手です。

家の中を大掃除していたら、切手ブームの時代に集めたたくさんの切手が出てきた人もいるのではないでしょうか。

売却する際、ほとんどの切手は額面以下と判断されてしまいますが、一部大変な値段のつくものもあります。

もし、自宅に眠っている品があるのであれば、一度見返してみましょう。

よく調べてから保管したり、買取先を探したりするのがおすすめです。

この記事では、プレミア切手の定義や特別な価値がつく理由、代表的なプレミア切手などについてまとめました。

プレミア切手とは

プレミア切手とは

プレミア切手というと、いかにも高そうなイメージがある人も多いでしょう。

額面10円なのに1枚で数千円の値段がつくなど、額面の何倍もの金額がつくものを想像している人もいるかもしれません。

しかし、実際のプレミア切手の定義は少し異なります。

実は、額面よりも1円でも高い値打ちのあるものであれば、それは全てプレミア切手になるのです。

額面10円で3000円の値打ちがあるものも、額面10円で11円の値打ちがあるものも同様にプレミア切手です。

額面の何倍もするような品はなかなか見つかりませんが、少しだけ高い程度の品なら、探せば出てくる可能性が高いでしょう。

古い切手が手元にある場合は、使う前によく確認するのがおすすめです。

主に昭和30年代以前の切手

プレミア切手を探すとき、1つのポイントになるのが発行時期です。

例えば何十年も前の古い記念切手でも、時期によっては額面どおりの値打ちにしかならないことがあります。

目安としては、昭和30年代前半以前のものであれば、プレミア切手の可能性が出てくるでしょう。

昭和30年代後半からは、日本全国で切手ブームが到来します。

コレクターたちが爆発的に増え、その頃から発行された品はほとんどコレクターの手に渡っているはずです。

そのため、切手ブーム以降のものは、たとえ売ったとしても買い手がつかず、特別な値打ちもないことが多いのです。

一方、ブーム以前に限定発行されたものや記念切手などは、当時でも入手したければ他の人に譲ってもらうなどしなければなりませんでした。

そのため、いまだに高い値打ちがあります。

プレミア切手の価値は変動する

取引される切手の値打ちは一定でなく、時代や需要によって変動します。

特別な値打ちがあるのは古いからではなく、高いお金を払ってでも欲しい人がいるからです。

そのため、ブームの時代は需要が高く、さまざまな切手の価格が高騰していました。

一方で人々の熱気が落ち着くにつれ、当時高騰していた価格も緩やかに下降してきているのが現状です。

また、ブームから長い年月がたち、コレクターの数も減ってきているといわれています。

インターネットやメールが使われるようになってから、郵便自体も使う機会が減ってきました。

買い手が少なくなれば当然、値打ちが下がります。

もし、手持ちの品を処分しようと考えている場合は、早めに検討するのがおすすめです。

一般的な切手の相場

一方で、特にプレミア判定のない普通の切手は、基本的に額面どおりの値打ちとして扱われます。

古くても郵便物に使えるため、額面未満の値打ちになることはありません。

しかしながら、買取業者に売却した場合は、業者も自分の利益を乗せる必要があります。

10円の切手を額面どおりの価格で買取り、そこへ利益を乗せて販売してしまっては、わざわざ買う人はいないでしょう。

業者に引き取ってもらう場合は、どうしても価格が額面未満に落ちてしまいます。

郵便物に自分で使うか、業者に引き取ってもらいお金に変えるかは、慎重に選択する必要があります。

プレミア切手になる理由

プレミア切手になる理由

そもそも、プレミア切手はなぜ、お金を払ってでも欲しいと思う人がいるのでしょうか。

特別な値打ちにはさまざまな理由があります。

発行枚数が少ない

1つは、単純に珍しいことが挙げられます。

切手の発行枚数はそれぞれ異なるため、発行枚数が少なければその分市場に出回らず、なかなか入手できません。

例えば有名な「桜切手」は1銭、2銭、4銭などいくつかの額面があり、種類によって発行枚数が異なることから希少性も変わります。

20銭のものになると枚数が少なく、数千万円以上の値段がつくといわれているほどです。

現存枚数が少ない

発行枚数に関わらず、現存枚数が少なければ値打ちが高まります。

例えば、戦争や災害などでやむを得ず大半が焼失してしまったのが理由で希少性が高くなったのが「菊切手」です。

他にも明治~大正時代の品は特に現存枚数が少ないといわれており、高値で取引されるものが多くあります。

絵柄が美しい

デザインが秀逸で、欲しがる人が多いことから値打ちが高まったものもあります。

例えば、有名なプレミア品の「月に雁」は、歌川広重の描いた画をモチーフにした作品です。

その美しさから切手ブームの火付け役となったとまでいわれています。

中国切手

実は高い値打ちがあるのが中国切手です。

中国切手は文字どおり中国で発行された切手で、特に文化大革命の頃に発行されたものを指します。

この頃、中国では資産となる切手を持つことを禁じられていました。

そのため、中国内に残っている数がとても少なく、海外に残っている切手が中国人たちに高値で購入されているのです。

消印が押された切手にも価値がある

消印が押された切手にも価値がある

切手を取引するとき、基本は新品未使用の方が高値がつきやすくなります。

しかし、中には使用済みで消印が押してあっても評価されることがあるため、覚えておくとよいでしょう。

例えば、そもそも現存枚数が少ない場合など、未使用品を探すのが難しい場合は、消印が押してあっても高値で取引されます。

また、消印があることでかえって未使用のままよりも値打ちがつくケースもあります。例えば次のような場合です。

特別な日の消印

消印がただの日付ではなく、デザインに基づいた特別な日になっている場合、値打ちがつきやすくなります。

例えば、有名なのがオリンピックの記念切手です。

昭和39年に行われた東京オリンピックは、切手ブームの最中に行われたこともあり、記念切手の発行枚数が多くなっています。

発行枚数が多い以上、残念ながら買取に出しても特別な値打ちはありません。

しかし、この大量に発行された切手は、購入者の手元で記念として丁寧に保存されていることが多く、実際に使われた切手が非常に少なかったのです。

このため、オリンピック当日の消印が押されたオリンピックの記念切手が出てくると、とても高く評価されます。

このような稀なケースがあるため、消印があるからと使用済み切手を処分する際はよく確認した方がよいでしょう。

切手が発行された初日の消印

記念切手は、発売当日の消印が押されているとより値打ちが高まることがあります。

いわゆる「初日印」と呼ばれるものです。初日印が押された封筒と切手を「初日カバー」と呼びます。

初日カバーは特別な値打ちがあり、コレクターの間でも人気がある品です。

初日カバーは記念切手の発売当日に自分で郵便を出すことでも作れますが、あくまで自分で意図的に作ろうとすることがほとんどです。

古い切手でまだ初日カバーの人気がなかった頃、偶然初日の印が押された切手は、特に高い値段がつくことがあります。

代表的なプレミア切手

代表的なプレミア切手

では、具体的にいくつか、値打ちものの代表的な切手をご紹介します。

有名なものなので、自宅にたまたまあることは少ないかもしれません。

万が一見つけたら丁寧に保存しましょう。

見返り美人

日本で有名なプレミア切手といえば「見返り美人」です。

菱川師宣の浮世絵作品をモチーフとしています。

当時としては珍しい縦長かつ、縦6.7cm、横3cmという大きめのサイズが特徴です。

発行枚数は150万枚ですが、購入希望者がはるかに多かったため、現在では希少価値が高く、取引価格の高い品の1つとなっています。

なお、見返り美人は平成3年に復刻版が登場しており、こちらはほとんど値打ちがありません。

あくまで昭和23年に発行されたものが対象です。

こちらの記事でも詳しく解説していますので、合わせて読んでみてください。


ビードロを吹く娘

喜多川歌麿の浮世絵を使ったデザインで、町娘がビードロをくわえている姿が描かれています。

こちらも代表的なプレミア切手の1つです。

昭和30年に、切手趣味週間に発行される中の1つとして登場しました。

ブーム中は大変な人気で、価格もとても高かったといわれます。

現在ではやや値段が下がっているものの、プレミアがつくのは変わらない人気の品です。

赤猿

正確には「T46 年賀切手(申)」といい、そのデザインから「赤猿」の名前で親しまれています。

高値がつく中国切手の代表的存在で、文字どおり中国特有の赤い背景に、1匹の猿が描かれたものです。

たった1枚で10万円以上の値段がつくこともあるといわれています。

仮にシートで保存されていれば、途方もない金額がつくでしょう。

実際の発行枚数が予定よりも少なくなったことも、希少性に拍車をかけている一因です。

レプリカや偽物が多いのも特徴で、売買の際は注意が必要となります。

価値のある切手はバイセルが買取ってくれる

バイセル|切手買取

切手を売る場合、買取店のスタッフにどれくらい知識があるかによって、価格が左右されやすくなります。

そんなときにも安心して依頼できるのが「バイセル」です。

バイセルは切手を専門的に査定してくれるため、珍しい品なども正しい価格で買取ってくれます。

バラのものや保存状態の悪いものでも対応してくれるため、処分に困っているなら一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

バイセルで切手の買取価格を調べる

まとめ

額面を超えた価値のあるプレミア切手は、コレクターにとってとても貴重な品です。

枚数が少ない、見た目がよい、特別な特徴があるなど、さまざまな理由で付加価値がついてきます。

もし手持ちの中に見つけたら、丁寧に取り扱い、価値を損ねないよう状態を保ちましょう。

希少価値のある品にはさまざまな種類があり、国内だけでなく海外のものも含まれます。

自分で1つ1つ確認していくのは大変なため、本当に価値があるのか知りたい場合は、専門家に依頼して確認してみるのもおすすめです。

齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。

関連キーワード