小口ファクタリングはベストファクターがおすすめな5つの理由

ベストファクターのファクタリングについて詳しく知りたい方におすすめのベストファクターを利用するメリットや手続き方法についてまとめました。
アクセルファクター

小口ファクタリングはベストファクターがおすすめな5つの理由

中小企業の経営者や個人事業主の中には、急ぎで資金調達をしたい方や、どのように資金調達をすればよいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。そのようなときに資金調達をしやすいのがファクタリングという方法です。

「ファクタリングがどのようなサービスなのか分からない」「申込の手続きはどのように行えばいいのか」といった疑問に対して、小口のファクタリングができるおすすめのファクタリングサービスである「ベストファクター」を例に解説していきます。

ベストファクターならではの特徴やメリットも、あわせて確認しておきましょう。

請求書を今すぐ現金化!

資金調達の新しい選択肢|OLTAクラウドファクタリング

ネットで完結。取引先通知不要!
短期少額の資金調達ならOLTAクラウドファクタリングへ

OLTA公式サイトはこちら

※個人事業主or法人専用のサービスです

ファクタリングの手続き方法

実際にファクタリングを利用するには、どのように手続きを行えばいいのでしょうか。「資金調達」と聞くと、銀行などの金融機関による申し込みを想像し、ハードルが高いというイメージがあるかもしれません。

しかし、多くのファクタリングサービスでは、オンライン上にて比較的簡単に手続きを進められます。ここでは、中小企業や個人事業主に多数の実績を持つ「ベストファクター」での利用方法をもとに、手続きの流れを分かりやすく解説します。

アクセルファクター

ベストファクターとは?

ベストファクター|ファタリングの資金調達

「ベストファクター」は株式会社アレシアが運営するファクタリングサービスです。東京の本社の他に大阪にもオフィスを展開しています。

窓口に直接出向くことなく電話やオンライン上にてスピード審査が受けられ、少額の買取に対応しているなど、中小企業や個人事業主にとってメリットの多いサービスです。

ベストファクターの詳細を見る

ベストファクターの審査と契約の際に必要な書類

審査時には「本人確認書類」「入出金の通帳」「請求書・見積書・基本契約書(取引先との契約関連書類)」を提示する必要があります。書類を提示する方法としては、FAXやメール、Web上から選べます。

また、審査が通った後、契約する際に必要となるのは「納税証明書」「印鑑証明書」「登記簿謄本」です。なお、契約前には必ず面談を受ける必要があります。

メールまたはWeb上による審査を行う場合は、各種書類をあらかじめPDFにしておきましょう。事前に準備をしておくことによって、最短で当日の契約が可能になります。

申し込み・問い合わせ・ヒアリング

ベストファクターの申し込みは、公式サイトからメールフォームで入力して送信するだけで行えます。1~2分で完了できる作業です。申し込みだけではなく、問い合わせもできるため、手数料や資金調達における悩みを無料で相談できます。この際、簡単な見積もりを出してもらうことも可能です。

その後、ベストファクターの担当スタッフから電話にてファクタリングの説明が受けられます。また、買取りの希望価格、希望の入金日などのヒアリングなどが行われます。

審査・契約

ヒアリングが終わったら、審査に必要な書類をFAXかメール、もしくはWeb上にて送付します。審査は取引先の経営状況が重視されます。そのため、赤字決算など、資金が不足している事業者でも問題がないというメリットがあります。

審査が終わると、手数料などの買取条件が提示されるので、提示された買取条件に同意すれば、ファクタリング契約に移行します。契約の際には前述の書類と、面談が必要です。契約した後、請求書の発行と送付が完了すれば、売掛債権の買取金額が口座に入金され、ファクタリングによる資金調達が完了します。

支払い

取引先から売掛金が振り込まれたら、ベストファクターに支払いを行います。ベストファクターは償還請求権なしのファクタリング契約のため、仮に取引先が支払いできないということになっても弁済する必要はありません。ですが、入金日には支払いが行われたかしっかり確認しましょう。

アクセルファクター

ベストファクターによるファクタリングのメリット

ファクタリング会社は全国に数多くあり、それぞれ得意分野や特色が異なります。ここでは、中小企業や個人事業主にとってなぜベストファクターがおすすめなのか、解説していきましょう。

来店することなく、即日対応ができ、出張対応もできる

資金調達は重要なことですが、あくまで経営の本分は資金繰りではなく本来の業務を遂行することです。特に中小企業の経営者や個人事業主の場合、人手が少ないために日々の業務や計画など複数のタスクに追われて、資金調達にまで手が回らないという方も多いのではないでしょうか。

ベストファクターでは、上記のとおり、電話やメール、Web上で申し込めます。契約時に必要となる面談も、担当スタッフの出張訪問が選べます。

必要な書類があらかじめ不備なく揃えられていれば、契約後即日で入金が完了することも大きなメリットです。事務所にいながらにして、通常業務の犠牲を最小限に抑えた状態で資金調達ができるのです。

電話・オンラインにて気軽に相談できる

電話での問い合わせやメールフォームでの簡単な質問に答えるだけでファクタリングができるという簡単さはもちろん、個人事業主の小口の案件にも柔軟に対応してもらえます。

また、最初の申し込みの段階で、無料での問い合わせができるため、気になることがあれば、その時点で確認しましょう。小さな疑問点でも、気軽に相談することができます。

2社間取引が利用できる

ファクタリングの取引方法には、主に「3社間取引」と「2社間取引」の2種類があります。中小企業や個人事業主では、たいていの場合「2社間取引」が選ばれます。

「3社間取引」とは、「利用者」「取引先」「ファクタリング会社」の3社にて行われる方法です。この場合、売掛債権を買取ったファクタリング会社が売掛金を回収することになります。

この方法では、ファクタリング会社にとって回収リスクが軽減されるため、手数料が低く抑えられます。確実に回収することを優先する大企業が主に採用しています。

一方で、立場の弱い中小企業などには向いていない方法です。なぜなら、利用者がファクタリングを利用したことが取引先に知られてしまい、今後の取引に影響が出てしまう恐れがあるからす。

一方、「2社間取引」は、「利用者」「ファクタリング会社」の2社のみにて行われる方法です。取引先の信用調査によって審査が行われますが、ファクタリング会社から取引先に連絡することはありません。売掛金は利用者の口座に入金され、利用者が入金額をファクタリング会社に振り込みます。

このように、取引先にファクタリングの利用を一切知られることがないのがメリットです。中小企業や個人事業主の場合、取引先との友好な関係の継続を重視して「2社間取引」を採用するケースが多くあります。

手数料が低く、少額買取にも対応

ベストファクターのファクタリングは基本的に2社間取引が採用されています。一般的に、ファクタリング会社に債権未回収のリスクがある2社間取引は、3社間取引と比べて手数料が高くなる傾向があります。

一般的な2社間取引の手数料は10%~30%程度のことが多いでしょう。一方ベストファクターの場合、2%~20%と比較的低く設定されています。

また、メガバンク系のファクタリング会社は、数百万円~数千万円単位の買取が一般的です。対してベストファクターでは、30万円からの少額買取に対応しており、小規模の事業主でも気軽に利用できるでしょう。

資金計画・財務コンサルティングが受けられる

ベストファクターの運営元であるアレシアは、ファクタリングだけでなく各種コンサルティングを行っている会社です。そのため、付帯サービスとして資金計画・財務コンサルティングを受けることができます。

中小企業や個人事業主がコンサルティングを利用するには、料金や時間などの面で、なかなかハードルが高いものです。ファクタリングに加えて資金計画・財務コンサルティングも受けることで、財務の問題点を洗い出すよい機会になることでしょう。

まとめ

ベストファクターでは取引先にファクタリングの利用を知られることなく、資金調達を行えます。手数料も比較的安価で、少額での利用も可能です。

今回ご紹介したベストファクターの他にも、数多くのファクタリング会社によってサービスが提供されています。それぞれの会社がさまざまな特色を打ち出しているので、比較検討してみることをおすすめします。

中小企業の経営者や個人事業主にとって、資金調達は文字どおりの命綱です。今回ご紹介したファクタリングを有効利用することで資金繰りを改善し、事業を長く継続させましょう。

ベストファクターに相談してみる
齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。