アクセルファクターが注目される理由とは?審査や手数料まとめ

資金調達の方法として近年注目されているのがファクタリングです。このファクタリングを専門とする業者が「アクセルファクター」です。ここでは、アクセルファクターの魅力や特徴や選ばれる理由、審査についてまとめました。
アクセルファクター

アクセルファクターが注目される理由とは?審査や手数料まとめ

企業において資金調達は事業を継続するうえで必要不可欠なものです。

一般的には銀行や信用金庫などの金融機関から融資を受ける形で資金を調達しますが、現在ではファクタリングと呼ばれる資金調達手法も認知されつつあります。

そんなファクタリングを事業として行っている企業の1つが「アクセルファクター」です。これまでに多くの企業へサービスを提供してきた実績もあります。ここでは、ファクタリングの基礎知識やメリット、アクセルファクターの魅力や選ばれる理由などをご紹介しましょう。

請求書を今すぐ現金化!

資金調達の新しい選択肢|OLTAクラウドファクタリング

ネットで完結。取引先通知不要!
短期少額の資金調達ならOLTAクラウドファクタリングへ

OLTA公式サイトはこちら

※個人事業主or法人専用のサービスです

アクセルファクターとは?

アクセルファクター

東京都新宿区に拠点を構える企業で、ファクタリング業務が専門です。日本企業の多くを占めている中小企業をファクタリングを通じてサポートしています。

運営会社株式会社アクセルファクター
代表取締役郡司 陽介
資本金1億3,456万円(ネクステージグループ全体)
東京本社東京都新宿区高田馬場2-14-9 アティレビル6F
仙台営業所宮城県仙台市青葉区本町一丁目12-12 GMビルディング3F
名古屋営業所愛知県名古屋市中区丸の内2-17-13 NK丸の内ビル2F
主要取引銀行みずほ銀行 三井住友銀行

年間相談数2,000件以上を誇り、これまで全国のあらゆる業種の企業へサービスを提供してきた実績があります。来店不要で申し込みから債券の売却まででき、複雑な手続きもありません。手数料が低いのもアクセルファクターを利用するメリットでしょう。

アクセルファクター公式サイト
アクセルファクター

ファクタリングのメリット

ファクタリングを行うことで得られるメリットとは、どのようなことでしょうか。

スピーディな資金調達

銀行などの金融機関で融資を受けるときには、厳格な審査が行われることがほとんどです。審査基準は金融機関によって異なりますが、厳しいところでは、中小企業や個人事業主などは融資が受けられないケースも少なくありません。

また、大口の融資になればなるほど審査にかかる時間が長引き、融資が実行されるまでに1ヵ月以上かかることもあるでしょう。

ファクタリングは、自社が有している売掛債権を売却するため、スピーディに資金を調達できます。もちろん、審査はあるものの金融機関ほど厳格でないケースが多く、短時間で終わることがほとんどです。

体力のない企業は、融資が実行されるまでに業績が著しく悪化してしまい、最悪倒産してしまうこともあるでしょう。この手法なら、そうした最悪の事態を回避できるかもしれません。

信用情報への影響がない

金融機関へ融資を申し込むと、信用情報機関に情報が登録されます。いつどれくらいの融資を申し込んだのか、どれくらいの頻度で融資を受けているのかなど、さまざまな情報が登録されるのです。

こうした信用情報は、のちのち融資の審査に影響します。銀行や信用金庫は、審査のときに顧客の信用情報をチェックするからです。「こんなに頻繁に融資を申し込んでいるのは業績が悪いからではないのか」「危ないのではないか」と思われるかもしれません。

ファクタリングは、自社所有する売掛債権を売却して資金を得るため、信用情報には影響がありません。信用が傷つくことなく、過去に金融事故を起こしていた場合でも利用できるケースがほとんどでしょう。

連鎖倒産のリスクを回避

多額の売掛債権を有していても、支払ってもらえなければ意味がありません。もし、今手元に1億円の売掛債権があるとしましょう。支払日にきちんと支払ってもらえれば問題ありませんが、取引先が倒産してしまえばその売掛債権はただの紙切れ同然です。

売掛の回収日が数ヶ月先になることも珍しくなく、そのあいだに取引先の経営状況が悪化する、倒産するといったリスクは十分ありえる話です。

事前に専門業者へ債券を売却してしまえば、こうしたリスクを回避できます。

ファクタリングのデメリット

いくつものメリットがあるため、現在ではこの手法を用いて資金を調達している企業は少なくありません。ただし、デメリットがあるのも事実です。メリットとデメリット、どちらも理解したうえで利用を検討してください。

取引先に知られる可能性がある

自社とファクタリング業者、取引先の3社で行うファクタリングの場合、取引先に知られてしまいます。この方法では、自社の債権をファクタリング業者に譲渡後、取引先にその事実を通知しなくてはいけません。

債権の譲渡の通知がいくことで、取引先に自社が資金繰りに苦労していることを知られてしまいます。信用が下がってしまい、これまで通りの取引ができなくなる可能性もあるでしょう。

ただし、通知が必要なのは3社間で行う場合です。自社とファクタリング業者の2社間で行う「2社間ファクタリング」は、債権の譲渡自体は行われず、通常通り自社 に入金があるため、ファクタリングの事実を知られることはありません。

絶対に取引先に知られたくない場合には、2社間ファクタリングを選択できる業者を選びましょう。

手数料が発生する

ファクタリング業者もビジネスでサービスを提供しているため、利用すれば当然手数料が発生します。手数料は、サービスを提供している企業によってさまざまです。現在では、ファクタリングサービスを提供する会社は数多く、安価なところもあれば割高な手数料を設定しているところもあります。

利用の前には手数料がどれくらいかかるのか、確認するようにしましょう。一般的には債権回収リスクの高い、2社間ファクタリングの方が手数料は割高な傾向があります。

アクセルファクター

アクセルファクターの魅力

アクセルファクターは、資金調達までのスピードに重きを置いています。とにかくスピードにこだわったサービスを提供しているのが特徴であり魅力です。注目されているアクセルファクターの主な特徴を見ていきましょう。

スピード感のある対応(書類について)

「資金調達が遅れることで会社が倒産してしまう」これは決して珍しいことではありません。資金が十分にない企業の場合、たとえ黒字経営であったとしても、たった一度の調達の遅れが倒産に結び付いてしまう可能性があります。

アクセルファクターでは、独自のスピードスキームを導入し、短時間でのサービス提供を可能としています。遠方であっても、必要書類をメールやFAXで送付することで対応してもらえるため、入金までの時間を大幅に短縮できるでしょう。

独自のスピードスキームを導入した結果、同社では原則即日での対応を実現しました。同業他社では、「最短」即日融資をアピールしているところがありますが、同社ではあくまで「原則」即日対応です。これは資金の調達を急ぐ企業にとって大きなメリットでしょう。

審査が柔軟

銀行や信用金庫などの金融機関に融資をしてもらうには、事前に審査を受けなくてはなりません。ファクタリングでも審査が行われますが、そもそも融資ではないため金融機関が行う審査とは内容が大きく異なります。あくまで債権を売却し、売掛金を先払いしてもらうだけのことなのです。

同社でも審査は行っていますが、柔軟性を重視しているのが他社とは異なる点です。金融機関の審査では、決算報告書や通帳の原本など、さまざまな書類の提出を求められるケースが多いでしょう。ひとつでもそろっていないと、準備してから出直してくるよう言われてしまうのが一般的です。

アクセルファクターでは、資金難に陥っている会社に必要なのはスピード感のある対応だと考えています。柔軟な審査の結果、同社における審査通過率は9割以上で す。

手数料がリーズナブル

ファクタリングでは、売掛債権の何%かが手数料となるケースがほとんどです。額が小さければ手数料もそこまで大きくなりませんが、数千万円、または億を超えるような金額となるとほんの数%でも相当な金額になってしまいます。

同社では、クライアント企業の金銭的な負担を少しでも軽減するため、リーズナブルな手数料を設定しています。たとえば、売掛債権額501万~1000万円の手数料は2%~です。100万円以下の少額取引の手数料も10%~と比較的安価に抑えられています。

キャッシュフローを改善し、経営を立て直してほしいと考えているため、手数料を低く抑えているのです。

少額取引もできる

ファクタリングを専門とする業者の中には、常に数千万円単位の取引をしているところもあります。このような会社だと、少額取引は断られてしまうことも珍しくありません。

しかし、アクセルファクターなら100万円以下の少額取引にも対応してくれます。他の会社で利用を断られた経験のある中小企業経営者や個人事業主の方も、一度相談してみてはいかがでしょうか。

選ばれている理由

アクセルファクターが多くの企業から選ばれているのは、それだけ魅力があるからにほかなりません。幅広い業種の企業に対応でき、支払いサイクルの長い債券も買取できるなど、選ばれるだけの理由があるのです。

あらゆる業種に対応できる

初めてサービスの利用を考えている方は、自社の業種にも対応できるのかと不安を抱くかもしれません。同社では、これまで建設業や土木業、運送業、人材派遣業など多種にわたる業種の企業にサービスを提供してきました。

どのような債権にも柔軟に対応するのが同社で、事業の規模や債券の額に関わらずサービスを提供してくれるでしょう。

支払いサイクルの長い債券にも対応

専門業者によっては、支払いサイクルが長すぎる債券は買取ってもらえないことがあります。同社では、最長180日支払いの債権にまで対応しているため安心です。

業種によっては、支払いが数ヶ月先になるといったことも珍しくありません。こうした債権においても柔軟に対応し、スピーディな資金調達が実現できます。

実績が豊富で安心

年間2,000件に及ぶ相談を受けており、債権買取の実績も豊富です。同社の公式ホームページには、建設業や人材派遣会社をはじめ、これまでの成功事例も公開しています。また個人事業主や少額取引の場合でも相談に乗ってもらえるでしょう。

さらに、資金難だけでなく、経営に関するさまざまな悩みをサポートしてくれます。気になる方はぜひアクセルファクターをチェックしてみましょう。

まとめ

資金調達の遅れにより経営が悪化し、会社が倒産してしまうことは何としても避けなくてはなりません。

銀行や信用金庫などの金融機関では融資までに時間がかかります。しかし、ファクタリングならスムーズな資金の調達が可能になるため、ぜひ検討してはいかがでしょうか。

アクセルファクターなら、原則即日の対応でスピーディな資金調達が期待できます。審査も柔軟で、少額取引も可能です。中小企業や個人事業主の資金調達の最後の砦になってくれるはずです。資金調達にお困りの方はぜひ検討してみましょう。

アクセルファクターの相談してみる
齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。