廃車にするしかないハイエースを高く売る方法とは?

廃車にするような、動かなくなったり破損したりした条件の悪い車でも買い取ってもらえることをご存知でしょうか。中でもハイエースは廃車でも人気が高く、高値で売却することができます。ハイエースの廃車が売れる理由とより高く売却する方法を紹介します。
廃車なら廃車買取.com

廃車にするしかないハイエースを高く売る方法とは?

廃車にするような車でも売却が可能ということを、知らない人も多いのではないでしょうか。

一般的に、事故で大きく破損したり古くなったりした場合に廃車の手続きを取ります。

なぜ、そんな状態の車を売ることができるのでしょうか。

特に人気車種であるハイエースは、廃車でも比較的高値が付きやすいといわれます。

その理由は売却後の車の活用方法にあります。

どう活用されるのかを知ることで、自分の車の価値をある程度把握することができるでしょう。

また、廃車したハイエースをより高く売るためのポイントも紹介します。

さらに廃車する際に発生する税金に関する手続きなど、売主が損をしないための情報もお伝えします。

廃車する車をどこに売却するのか

廃車する車をどこに売却するのか

廃車する車は、どこに売却すればよいのでしょうか。

まずは、さまざまな売却先とその注意点について理解しましょう。

個人売買で売る

廃車する車の売却先の1つとして、知り合いに直接売る個人売買があります。

知人との取引であれば話もスムーズに進めやすく、お互いに納得した値段で売買することが可能です。

ただし、ローンを組んでいて完済していない場合、所有権が売主にはありません。

まずローンを完済し、所有権を得る必要があることに注意しましょう。

また、インターネットでの個人売買の場合は、支払いや納品が滞るなどのトラブルが起こるリスクがあります。

ディーラーに売る

ディーラーは、買取だけでなく廃車の代行なども請け負ってくれます。

しかし、車の状態が悪いと、ほとんど価値をつけてもらえません。

ディーラーの主な業務は車の販売です。基本的に査定は厳しく、価格が低くなりやすい傾向があります。

処分を解体業者や廃車買取業者に委託するため、そのための手数料も引かれます。

ただし、新車を購入する場合は、下取りとして買い取ってもらえる可能性もあります。

解体業者に売る

買取を行っている解体業者やスクラップ業者は、車の状態に関わらず買い取ってくれます。

ディーラーや他の業者で価値がつかない車や買取を拒否された車でも、ある程度の価格で買い取ってもらえる可能性があります。

ただし、新車であっても正常に動作しない車と買取価格は同程度です。

本当に価値がつかなくなった車の場合に利用するとよいでしょう。

廃車買取業者に売る

廃車専門の廃車買取業者は、正常に動作しないようなボロボロの車でも、比較的高値で買い取ってくれる可能性があります。

買い取った車は解体して部品を販売するほか、まだ乗れる車は解体せずに海外へ輸出する業者もあり、幅広い車に対応しています。

しかし、廃車買取業車は多数あり、業者によって買取金額やサービスの内容もさまざまです。

なるべく高値で売るためにも、ネットだけで調べたり1つの業者だけで決めたりせず、複数の業者と直接相談してみましょう。

廃車を買い取ってくれる理由とは

廃車を買い取ってくれる理由とは

なぜ、廃車買取業者は廃車を比較的高値で買い取ってくれるのでしょうか。主な理由を説明します。

海外で人気が高い

日本車は「壊れにくい」「安全性が高い」という理由から海外で人気があります。

日本では走行距離が20万~30万キロ以上の車は廃車にする人が多いでしょう。

しかし、日本車は非常に丈夫で、海外では走行距離が30万キロ以上の車が普通に走っています。

日本では中古買取ができないような車も、海外への輸出用としての価値が十分にあるのです。

部品や付属品、鉄の価値

エンジンやカーナビなどの車の部品、付属品でまだ使えるものは、同車種の修理などに使われるため、業者間で取引が行われています。

部品を差し引いて残った車体にも鉄としての価値があるため、動かない車でも買取が可能なのです。

廃車買取.com

ハイエースは高く買い取ってもらえる

ハイエースは高く買い取ってもらえる

ハイエースは廃車する場合でも、比較的高く買い取ってもらえる車種です。理由と高値で売れる条件を説明します。

海外では商業車として利用

海外で人気のある日本車ですが、ハイエースはその中でもとりわけ高い人気を誇っています。

ハイエースは走行距離が100万キロを超えても走り続けることができるほどタフで、主に商業車として利用されているのです。

日本では廃車同然のハイエースも、輸出用ならかなり高く買い取ってもらえるでしょう。

後進国への輸出

ハイエースはアフリカなどの後進国に多く輸出されます。

例えば、タンザニアやウガンダなどが主な輸出先です。

アフリカの国々は、紛争や貧困などで不安定なイメージがありますが、現在は経済的に大きく発展をしています。

日本では廃車であっても、十分に長く乗れるハイエースの需要は高く、実際に多くのハイエースがアフリカの国々に輸出されています。

また、使用していれば壊れたり古くなったりして、修理をする必要も生じます。

その部品も全て日本から輸出しているのです。

そのため、ハイエースの部品も海外向けに高値で取引されています。

ハイエースが高く売れる条件

輸出用のハイエースをより高く買い取ってもらうための条件が3つあります。

ハイエースバンであること、マニュアル車であること、ディーゼル車であることの3つです。

同じハイエースでも、ハイエースバンやハイエースワゴンといった種類があります。

中でもハイエースバンは日本でも商業用として使われることが多く、海外でも特に高い需要があります。

また、海外では長距離の走行になることが多く、日本での使用よりも丈夫さが求められます。

ミッションが強く故障しにくいマニュアル車の方が、オートマ車より人気があるのです。

燃料の面でいうと、燃費の良いディーゼル車が主流です。

ガソリン車よりも二酸化炭素の排出が少ない点も人気の理由でしょう。

ハイエースバンとハイエースワゴンで差はあるものの、ハイエースは基本的にどの種類でも他の自動車より高く買い取ってもらえる傾向があります。

各部品の価値も高いので、車として使えないような場合でも高値が付きやすいのです。

高価買取してもらうためのポイント

高価買取してもらうためのポイント

ハイエースに限らず、廃車を高値で売却するために売主が気をつけるべきことがいくつかあります。

ポイントをまとめてみましょう。

正確な車の情報

買取業者に車種情報を正確に伝えることは、より高く買い取ってもらうことにつながります。

買取業車にとっても、曖昧な車種情報では判断材料が少なく、査定も慎重にならざるを得ません。

買取査定のときによく聞かれる情報は、車種・年式・型式・車体番号・車検の満了日などの項目です。

他にも、走行は可能かどうか、車の傷や内装、走行距離など、車の状態に関することも聞かれます。

車の年式や型式は車検証に書いてあるので、査定に出す前に確認しましょう。

車検証にある「初年度登録年月」という項目が、その車の年式になります。

車検証を紛失した場合は、車検証を入れておく整備手帳の中の新車保証書にも年式が書いてあるので確認しましょう。

廃車の時期

車をより高値で売却するには時期も重要です。

高い値が付きやすい時期は5月から7月といわれます。

この時期は廃車買取業者の閑散期に当たります。

取扱件数の減るこの時期に、廃車買取業者は少しでも多く仕事を確保したいため、多少高く買い取ってくれる可能性が高いのです。

一方、買取業車の繁忙期は12月から3月です。

この時期は、4月1日に課せられる自動車税を避けるために廃車を行う人が増えます。

多くの車が売られると必然的に買取価格は下がる傾向です。

この時期には売却を避けた方がよいかもしれません。

車の持ち込み

車が動かない場合は、業者にレッカー車での引き取りを頼む必要があります。

そうなればレッカーのためのガソリン代や人件費が発生します。

運転可能な場合は、自分で持ち込むと経費を節約できるでしょう。

廃車買取.com

税金の確認

税金の確認

廃車する際に、税金や保険金などのお金に関する手続きが発生します。

手続きをすることで税金が戻ってくる場合もあり、また、手続きを忘れてしまうと後から余計にお金を請求されてしまいます。

損をしないように車の税金について事前に確認しましょう。

還付金

自動車を保有しているだけでさまざまな税金や保険料がかかります。

これらの一部は廃車を行うと還付金として戻ってきます。

還付されるお金は、廃車することで自動的に戻ってくる自動車税と、別途手続きが必要な自動車重量税です。

また、自賠責保険という必ず加入しなければならない保険にも還付金があります。

自動車税

自動車税は車の所有者に強制的に課せられる税金です。

毎年4月1日時点で車を保有している人に請求されます。

廃車手続き完了後、2ヶ月ほどで還付金についての通知が届きますが、還付金の受け取り方法は市区町村によって違うので確認しましょう。

自動車重量税

自動車重量税は、車の重さにかかる税金で、車検のときに次の車検までの期間分まとめて支払います。

自動車重量税の還付は、抹消登録後、自動車を解体した場合のみ還付されます。

解体せずに売却した場合は還付金を受け取れないので注意しましょう。

還付金は申請から3ヶ月ほどで指定の銀行口座に振り込まれます。

自賠責保険

自賠責保険は、廃車後に保険の期間が1ヶ月以上残っている場合に保険会社に連絡をし、手続きしたうえで返金されます。

 

普通自動車は、永久抹消の場合は「登録事項証明書のコピー」を、一時抹消の場合は「一時抹消登録証明書」を、その他に「自賠責保険証の原本」と「所有者の認印」、以上の3つに加えて振込口座を所定の用紙に書いて保険会社に提出します。

買取業者に還付金の取り扱いを確認する

返還される税金ついては、事前に自分で確認をして、廃車買取業者に相談をしましょう。

業者によってはこれらの還付金を返さずに自分たちの懐に入れている可能性もゼロではありません。

ハイエースバンの廃車買取ならハイシャル

ハイシャル

ハイエースの廃車買取は、「ハイシャル」に頼むのがおすすめです。

ハイシャルは、どんな車でも0円以上で買取を保証しています。

また、バッテリー切れや事故などで動かなくなった車のレッカー車による引き取りや、廃車に必要な手続きも無料で代行してくれるので、売主は手間がかかりません。自動車税の還付金なども全て売主に渡されるのも安心です。

年中無休で電話での対応もしているので、まずは相談をしてみましょう。

ハイシャルで査定価格を調べる

まとめ

日本では廃車にするような車も海外では需要があります。

その中でもハイエースは商業用の車として、海外で高い人気を誇っています。

これが、ハイエースが廃車買取において、他の車よりも高値で取引される理由です。

そして、よりハイエースを高く買い取ってもらうために、ハイエースバンなのかハイエースワゴンなのかといった車種情報に加えて、マニュアル車かどうかなどの性能について理解しておく必要があります。

廃車にする時期は、夏頃が廃車買取業者の閑散期であるため、高値で買い取ってもらいやすいということも忘れてはならないポイントです。

また、還付金で損をしないためにも、税金などの手続きの確認をしっかりしておきましょう。

廃車や買取業者の選び方については、こちらの記事でも詳しく紹介しています。合わせて読んでみてください。

齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。

関連キーワード