ヴィッツを廃車するなら手間も費用も不要な専門買取業者へ

トヨタのヴィッツを廃車する際の手続き方法や必要な書類、費用について解説します。廃車専門買取業者なら費用をかけずに廃車することができます。人気車種のヴィッツは高値での買取を目指せますが、車の情報を正確に伝え、廃車の時期を選ぶなど、注意点がいくつかあります。
廃車なら廃車買取.com

ヴィッツを廃車するなら手間も費用も不要な専門買取業者へ

トヨタのヴィッツは1999年に登場して以来、高い人気を得ているコンパクトカーです。

軽量ボディと高い燃費性、走行性を備えたヴィッツは、国内だけでなく、欧州をはじめ海外でも人気があります。

ヴィッツなら十数年前と年式が古くても、走行距離が20万kmを超えるようなモデルでも、まだまだ値段が付く可能性が高いでしょう。

年式が古いヴィッツを廃車しようと思っているなら、廃車買取を検討するとよいでしょう。

ヴィッツを廃車する際の手続き方法や必要な書類、費用を知れば、廃車買取が手軽で負担がないことが分かります。

ヴィッツの廃車買取を高値にする方法についてもご紹介します。

ヴィッツを廃車する手続きと方法

ヴィッツを廃車する手続きと方法

ヴィッツは車体はコンパクトですが、普通自動車に分類されます。

ヴィッツに限らず、普通自動車を廃車する一般的な手続きの方法をご紹介します。

1:車の引き取りを依頼

廃車しようとしている車が事故や故障で動かない、または車検が切れている場合は、自分で運転することはできません。

レッカー会社やロードサービスに車の移動を依頼し、廃車解体業者まで運搬してもらいます。

2:業者に廃車の解体を依頼

事故や故障で中古車として再販できない場合や、査定が付かない中古車は解体し、車両の永久抹消登録を行います。

リサイクル法で規定され、都道府県知事から廃車の解体処理を行うことを認可された廃車解体業者に持ち込み、解体を依頼する流れです。

その際に廃車手続きに使用するナンバープレートを取り外してもらい、後で受け取ります。

解体工程がすべて完了し、業者から解体証明書を受け取ってから、永久抹消登録を行います。

年度末など解体依頼の申し込みが多い時期は、解体完了まで日数かかることも珍しくありません。

事前に解体完了の目安を問い合わせておくと安心です。

3:管轄の運輸支局で廃車手続き

住所地の管轄の運輸支局で永久抹消登録の廃車手続きを行います。

手続きには、解体証明書に記載されている移動報告番号と解体報告日が必要です。

4:永久抹消登録で税金還付手続き

永久抹消登録の際に車検の有効期間が1ヶ月以上残っていた場合、自動車税、重量税や自賠責保険料など、過払い分の料金が還付されます。

自動車税は自動的に還付されますが、重量税は永久抹消登録後に、引き続き運輸支局で還付の手続きをします。

この際に受取口座の情報が必要です。

自賠責保険は保険会社に解約手続きを依頼しましょう。

ヴィッツの廃車手続きで準備する書類

ヴィッツの廃車手続きで準備する書類

廃車手続きではさまざまな書類を用意する必要があります。

あらかじめどのような書類か知っていれば、手続きもスムーズです。

手数料納付書

廃車手続きに必要な費用を納付したことを証明する用紙で、手続き当日に記載します。(永久抹消登録の場合は手数料無料です。)

住所変更の手続きや車検証の再発行のときにも使用されます。

抹消登録申請書

車検証の内容や所有者情報などを記載する用紙で、運輸支局の販売所で当日購入し、記載します。(運輸支局のサイトからダウンロードも可能です。)

この書類に移動報告番号と解体報告日を記載します。

所有者自身が手続きを行う場合は特に手間がかかるものではありません。

印鑑証明書・印鑑

印鑑証明書は軽自動車の廃車手続きでは必要ありませんが、普通自動車では必要になります。

印鑑は手数料納付書・抹消登録申請書の記入で使用します。

ナンバープレート

業者に車両を解体してもらった後に受け取っておきます。

車両の前後のナンバープレート2枚が必要です。

車検証

車両が安全基準検査に合格していることを証明する書類で、車両の基本情報が記載されています。

抹消登録申請書を記載する際に、車検証の車両情報が必要です。

委任状

廃車手続きは車両の所有者でなく、第三者が行うことも可能です。その場合は委任状が必要になります。

廃車買取.com

ヴィッツを廃車する際の費用と内訳

ヴィッツを廃車する際の費用と内訳

普通自動車の平均的な廃車手続き費用は約5000円から2万円とされます。

ヴィッツを永久抹消登録で廃車する際の費用はどの程度かかるのでしょうか?内訳ごとに費用をご紹介します。

解体費用

まず、業者で解体する費用がかかります。約5,000円から8,000円が相場です。

リサイクル料金

車両を最終的に処分する人が支払います。車種により異なりますが、約1万円から2万円が相場で、ヴィッツの場合は約1万円が目安です。

通常は購入時や車検時に支払っているケースがほとんどでしょう。

レッカー費用

事故や故障などで車両が動かせない場合は、レッカー費用も別途必要になります。

依頼する業者や距離により約1万円から3万円かかることもあります。

書類・事務手数料

廃車手続き当日に必要な書類や事務手数料の費用です。

永久抹消登録の場合には0円~用紙代程度と大きな負担にはなりません。

ヴィッツの廃車手続きの費用相場は、レッカー移動が必要なければ、他の車種と同様に5,000円から2万円程度です。

ただし、手続き代行を業者に依頼した場合はさらに1万円程度かかります。

ヴィッツを費用をかけずに廃車するには

ヴィッツを費用をかけずに廃車するには

手続き代行を頼まず、自分で手続きをすれば、ヴィッツの廃車手続きの費用を抑えることができます。

しかし、先述の通り、手続きに必要な書類は多く、手続きを行う窓口も平日しか開いていません。

仕事が忙しいなど、なかなか手続きができない人も多いでしょう。

そのため、多くの人が早く手続きを終わらせるために代行業者に手続きを依頼しています。

ここからは費用や手間をかけずにヴィッツを廃車する方法をご紹介します。

廃車を売却する

ヴィッツの廃車費用を抑える最適な方法は、業者に売却することです。

解体費用やリサイクル料金、手続き代行費用を払う必要がないばかりか、売却代金も受け取れます。

廃車手続きも代行してもらえる

廃車手続きも代行してくれるため、多くの書類を準備する必要もなく、窓口の時間も気にしなくて済みます。

こちらの都合に合わせて査定してもらい、引き取りを依頼できます。

買取業者に売却する

売却先はヴィッツを購入したディーラーと買取業者の2つがあります。

ディーラーは一般的に管理費や手数料が高いため、買取額は期待できません。

車両の状態によっては買取拒否もあり得ます。

中古車買取業者は国内外に販路があり、ディーラーより高額買取が期待できます。

業者を選定するときは、査定額を事前に比較することでより高値での売却を狙えます。

ヴィッツの廃車が高く売れるワケ

ヴィッツの廃車が高く売れるワケ

ヴィッツは廃車するような状態になっても、高額での売却が期待できます。その理由をご紹介します。

ヴィッツは業者にも高評価のコンパクトカー

ヴィッツは低燃費のコンパクトカーで車内も狭すぎず、走行性も高いことから、中古車は街乗りのセカンドカーとして高いニーズを誇ります。

販売台数も多く、整備工場や修理工場でも人気です。部品用の車体を探す業者も多いことから、廃車でも高値で取引されやすい傾向があります。

ヴィッツは海外輸出に強い

ヴィッツは海外では「ヤリス」という車名で知られています。

走行性や安定性に加え、丸みを帯びたデザインでコンパクトなハッチバックは、特に欧州で人気です。

ヴィッツ旧モデルのガソリン車であっても、ハイブリッド車に対応していない国では需要があり、年式を問わず、海外輸出メインの業者で高額買取が期待できます。

モデルチェンジで安全性能をアップ

ヴィッツはモデルチェンジの度に安全性能を向上させ、現在のモデルはエアバッグを拡充し、ブレーキ事故を防ぐ機能も導入しています。

廃車予定だったり、一定の走行距離を超えたりしていても、世界中にヴィッツのユーザーがいるため、安全性能を高めた部品や整備用のパーツはニーズが高いのです。

廃車にするヴィッツの高額買取を狙うポイント

廃車にするヴィッツの高額買取を狙うポイント

廃車にするようなヴィッツでも高額買取が可能ですが、注意しないと十分な買取価格が期待できなくなります。

廃車買取の際は次のようなポイントをチェックしてください。

車検証で車の情報を正確に伝える

廃車買取を業者に相談する際は、車検証を持参するようにしましょう。

年式や形式、走行距離など車両の基本情報が明確でないと、査定価格に影響する可能性があります。

廃車の時期は5~7月がおすすめ

12~3月は廃車手続きをする人が多く、買取価格も下がる傾向があります。

自動車税が4月1日時点の所有者に課税されるため、支払い義務が発生する前に多くの人が駆け込みで廃車し、供給過多となるからです。

ヴィッツを廃車するなら5~7月がおすすめです。

高額買取を目指すなら、この時期に廃車買取を検討しましょう。

還付金の扱いを事前確認

ヴィッツなど普通自動車の場合は、先述の通り廃車の際に1ヶ月以上の車検期間が残っていると自動車税などの還付金が受け取れます。

ただし、なかには還付金を返さない業者も存在します。

廃車を依頼するときは還付金の扱いを事前に確認することが重要です。

廃車買取.com

ヴィッツを廃車するなら廃車買取専門業者へ

ヴィッツを廃車するなら、中古車買取業者より廃車買取専門業者がおすすめです。

国内で中古車としての再販が難しければ、中古車買取業者では買取不可だったり、値段が付かなかったりすることもあります。

廃車買取専門業者なら廃車費用を抑えるだけでなく、0円以上での買取も目指せます。廃車買取専門業者の特徴をご紹介しましょう。

廃車の運搬費用が不要

廃車買取専門業者は自社で引き取り専用のレッカー車やトラックを保有しています。

運搬作業を別途発注する必要がなく、費用を節約できます。

廃車手続きを無料で代行

廃車専門業者のため、抹消登録手続きを常時行っており、手続きの代行がスムーズです。

費用も無料で行えるので負担がありません。

国内外に販路があれば高価買取が可能

国内外の多くの販路を持つ業者であれば、中古車として海外輸出をしたり、修理用パーツとして国内向けに販売したりできます。

年式が古く走行距離が長い車、故障や事故車であっても、業者によっては高額買取が可能です。

廃車買取なら「ハイシャル」がおすすめ

ハイシャル

廃車買取の「ハイシャル」のコンセプトは「女性や年配の方にも安心してご利用頂ける」です。

2019年には6万5000件以上の相談実績があります。

年中無休で365日専門スタッフが対応しており、いつでも安心して相談することができます。

そのサービスの特長は、不動車や事故車など車の状態にかかわらず、0円以上での買取を保証していることです。

引き取りや、廃車手続きの費用ももちろん無料で、普通車の自動車税などの還付金も受け取れます。

ハイシャルで査定価格を調べる

まとめ

人気車種のヴィッツでも、廃車予定の状態になったり、故障や事故車になったりすると、買取は難しいと思われるかもしれません。

しかし、廃車買取の実績が豊富な専門業者に依頼すれば、買取査定が可能で、しかも高額買取が期待できます。

廃車手続き費用を浮かせるために、自分で手続きをしようとお考えなら、廃車買取専門業者への売却がおすすめです。

複雑で面倒な廃車手続きに手間と時間を取られることなく、無料で代行してくれます。

しかもヴィッツなら高額買取も期待できるので、メリットが大きいでしょう。

齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。

関連キーワード