フィットを廃車にしたいときのお得な方法、廃車買取についてご紹介

長年乗り続けたフィットの廃車に悩んではいませんか。ディーラーでは値段がつかない状態でも、廃車買取専門業者なら面倒な手続きを代行してもらえるだけでなく、0円以上で買取もしてもらえるかもしれません。車をお得に手放す方法について基本的な部分から紹介します。
廃車なら廃車買取.com

フィットを廃車にしたいときのお得な方法、廃車買取についてご紹介

小型の乗用車として幅広い世代に人気のホンダ・フィット。

2020年2月に発売された4代目となる新型モデルの出足も好調で、中古車市場でも常に需要の高い車種です。

タウンユースにも休日の遠出にも活躍するサイズ感と性能のよさで、幅広い年齢層に愛されています。

長年乗り続ける人も多いフィットですが、それだけに、乗り換えを考えるときの車の状態もさまざまでしょう。

今、自分が乗っているフィットは中古車として買取可能なのか、それとも廃車に出すべきなのか。

そんな疑問に答えながら、愛車を少しでもお得に手放す方法をご紹介します。

あなたの愛車の最高買取価格は?

車高く売れるドットコムドットコムの一括査定

カンタン45秒入力!
最大8社の買取専門店が一括査定

車高く売れるドットコムで無料査定する

フィットを売却するには

フィットを売却するには

フィットを中古車として売却したいと思ったときに、知っておくべきポイントを紹介します。

まず、中古車を売却するには、自動車ディーラーや、車の買取専門業者などに相談する方法が一般的です。

ディーラーでの買取

ディーラーで買取ができるのは、同じ店で新車を購入する場合に限られるのが一般的です。

しかも、下取りの査定額は買取専門業者よりも低い傾向があります。

したがって、ディーラーならではのサービスに大きなメリットが感じられる場合を除いては、ディーラーで中古車を売却することはあまりおすすめできません。

買取専門業者での買取

一方で買取専門業者の場合は、中古車販売業を行っていたり独自の販売ルートを持っていたりするため、ディーラーよりも高い相場での買取が可能です。

利用者に選ばれる上でも「高額査定」が重要なポイントになるため、詳細な査定項目を設けるなど、少しでも高く買い取る努力がされています。

ただし、中古車の価格は、売る時期や業者のビジネス形態などによる変動が大きいのが常です。

よりお得に愛車を引き取ってもらうには、いくつかの業者に査定を依頼し、比較する必要があります。

買取業者の査定価格を比較したい場合、それが適正な価格かどうかを判断するためにも、事前におおよその買取相場を知っておくことが大切です。

中古車の買取相場は、自動車メーカーの認定中古車検索サイトや、ネット上の一括査定を利用することで調べることができます。

買取ができない場合もある

現在は、故障などで動かない車でも、たいていの場合買い取ってもらうことができます。

しかし、車自体の状態が良くても、一定の条件に満たない場合には買取ができないこともあります。

買取ができない原因のひとつが、書類の不備です。中古車を売りに出す場合には、車検証・自賠責保険証明書・自動車税納税証明書、そして自動車リサイクル券と印鑑登録証明書などが最低限必要です。

もし手元になかったり取得をしていなかったりする場合には、できるだけ早く再発行や取得の手続きを済ませましょう。

自動車のキーがない場合も、買取はしてもらえません。

車を買った販売店などで新たに鍵を作ってもらうことはできますが、費用は約2万円から、車種によっては10万円を超える場合もあります。

その他、購入時のローンの返済が終わってない場合も、原則売却できません。

どうしても売却したい場合には、事前にローン会社に相談するかローンを完済する必要があります。

フィットを廃車にするには

フィットを廃車にするには

何らかの事情で売却ができないけれど愛車を手放したい、という場合には、車を廃棄する手続きが必要になります。

廃車とは何か

廃車とは、車の情報を抹消し、使用を停止する手続きのことです。

不要になったり乗れなくなったりして放置されているだけの車や、既に解体されている車でも、情報を抹消する手続きをしない限り、所有者には自動車税や保険料を払う義務が発生し続けます。

車の使用を停止する手続きには「一時抹消登録」と「永久抹消登録」があり、一般的に「永久抹消登録」のことを「廃車手続き」といいます。

廃車はどこでできるのか

廃車の手続きは、その車が登録されている地域の運輸局(陸運支局)で行います。

該当地域については、ナンバープレートに記されている地名で知ることが可能です。

手続きには、車を売却するときに必要な書類に加え、解体報告日や移動報告番号がわかる書類が求められます。

つまり、廃車手続きを行うには、既に解体が終わっていることが前提となるのです。

廃車のための費用はどのくらいか

廃車の手続き自体にかかる費用は数百円ですが、その他に、解体費用が最大1万円程度、動かない車の場合は、レッカー代としてさらに1万円程度が必要になります。

また、陸運支局はどの地域にも必ずあるわけではないため、住んでいる場所によっては、手続きにかかる労力や時間の負担が想像以上に大きくなるでしょう。

それらの負担を避けるには、行政書士やディーラーなどに手続きの代行を依頼することも可能ですが、その場合には代行手数料などの費用がかかってきます。

車高く売れるドットコム

廃車同然の車をお得に手放すには

廃車同然の車をお得に手放すには

一見、廃車にするしかないと思われる状態の車でも、すぐに諦める必要はありません。

廃車手続きには煩雑な手間と費用が必要ですが、最近では廃車買取に力を入れている業者が増えています。

廃車買取業者を利用することで、廃車にかかる手間と費用を抑えられる可能性があるのです。

廃車でも売れる理由

廃車手続きをする際、車を解体業者に引き渡す必要があります。

業者によっては鉄くず代として、幾らかの金額をキャッシュバックしてもらえるケースも珍しくありません。

廃車買取専門業者の場合は、再利用できるパーツを商品として販売することで利益を得ているため、廃車でも買取価格がつく可能性が高いでしょう。

愛車がすべて廃棄処理されてしまうのではなく、部分的にでもリサイクル品として役に立つことにもなるのです。

また、日本の中古車市場では、走行距離が10万キロを超えていたり、一度事故を起こしてしまったりした車には値が付きにくいですが、海外市場ではまだ十分需要を見込める場合があります。

部品輸出などで海外への販売ルートに強い廃車買取専門業者であれば、日本国内では価格のつきにくい車でも、価値を見出すことが可能なのです。

廃車買取業者のメリット

廃車買取業者を利用した場合、本来自分が負担するはずの廃車費用(廃車手続きの申請手数料・解体費用・レッカー代など)のすべてが無料になることがあります。

これだけでもうれしいことですが、買取価格がつけばお金が戻ってくることも珍しくありません。

廃車費用だけでなく、廃車手続きに関わる手間を業者がサービスで行ってくれるのも、忙しい人にはメリットでしょう。

個人情報に関わる書類は自分自身で用意する必要がありますが、それ以外の作業はすべて廃車買取業者が代行してくれます。

廃車買取を依頼するときのポイント

最近では廃車買取専門業者が増えてきたため、一般的な中古車買取と同様、いくつかの業者に査定の見積もりを出してもらい、比較することをおすすめします。

Web上には、複数の廃車買取業者に一括して無料査定の依頼ができるサービスがあり、相場を把握するのにおすすめです。

適正な見積価格を出してもらうためには、車についてできるだけ詳細で正確な情報を業者に伝える必要があります。

まず車検証を手元に用意し、車の年式と型式、車検満了日などを確認しましょう。

その他、車の走行距離や外装・内装の状態(キズやへこみなど)も事前にチェックしておくことで、査定がスムーズに進みます。

フィットをお得に廃車買取してもらうには

フィットをお得に廃車買取してもらうには

2001年に初代モデルが発売されたホンダ・フィット。長く乗り続けた方であれば、乗り換え後も、再びフィットを選ばれるケースが多いかもしれません。

しかし、キズやへこみが目立つ車や、過走行車の場合、ディーラーでの下取りが難しいこともあります。

そうした場合には、ぜひ廃車買取専門業者の利用をおすすめします。

フィットの廃車買取価格を上げるには

廃車買取時の価格は、車各部のパーツの価値に左右されます。

フィットのような人気の車種においては、特に純正パーツの需要が大きいため、使える純正パーツが揃っているほど査定には有利に働きます。

社外パーツでカスタムしていた場合などは、純正パーツに付け替えておくか、査定時に純正パーツがあることを伝えておくとよいでしょう。

車高く売れるドットコム

ただし、純正といってもやはり年月が経つほどにパーツの劣化が進み、それによって当然価値も下がってしまいます。

中古車を売るときと同様、できるだけ良い状態の段階で売却することで、より高値が期待できます。

廃棄せざるを得ない状態になった段階でできるだけ早く売却することも、買取価格を上げるためには重要です。

フィットの廃車買取におすすめの時期

廃車の買取は、繁忙期を避けた5~7月が高額査定が付きやすいとされています。

逆に、自動車税の支払い義務が確定する4月の直前は「駆け込み廃車」が増えるため、査定額の相場も特に下がりやすい時期といわれています。

廃車買取専門業者に依頼すれば、廃車後に発生する自動車税や自賠責保険の還付金に対応してくれる場合があるので、駆け込み廃車の時期に、無理に車を手放す必要はなくなります。

ただし、廃棄予定の車を保管するために月々の駐車料金を支払っている場合は、高額査定の時期を待つことが必ずしもお得とは限りません。

少しでも良い状態で売却することも念頭に置きつつ、ベストなタイミングを検討してみてください。

フィットの廃車買取にはハイシャルがおすすめ

ハイシャル

廃車買取専門業者の「ハイシャル」は、フィットの廃車買取実績が豊富です。

国内外で人気の高いフィットは、年式が古かったり走行距離が15万キロを超えていたりしても、0円以上の廃車買取が保証されています。

きめ細やかなサービス

愛車を初めて手放す人や、急に廃車手続きが必要になった人など、不慣れな手続きに不安を感じる人でも、専門のオペレーターが丁寧に対応してくれます。

査定や廃車の引き取りにかかる費用は全国どこでも無料など、うれしいサービスが充実しているのも多くの人から選ばれている理由です。

ハイシャルで査定価格を調べる

まとめ

大切に乗り続けてきたフィットが、過走行や故障などで、ディーラーや中古車買取業者では買い取ってもらえない状態でも、スクラップに出すしかないと考える必要はありません。

廃車買取専門業者なら、買取価格がつくことがあるうえ、面倒な手続きも無料で代行してもらえます。

高額査定の時期を狙い、査定の見積もりを複数比較してみましょう。

そして、車の価値を部品単位で高く認めてくれる廃車買取専門業者を利用すればお得に車を手放すことができます。廃車に仕組みを理解して高価買取につなげましょう。

愛車のお金にまつわる話はここから探そう

維持費や自動車ローン、買取から廃車、自動車用語まで、車のお金に関するトピックをまとめました。

>>【愛車のお金にまつわる話】維持費・ローン・買取関トピックを探す<<
齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。

関連キーワード