単身パックはお得?引越し費用を安く抑える方法をご紹介!

荷物が少ない一人暮らしの引越しでよく利用されるのが、各引越し業者が提供している「単身プラン」や「単身パック」です。大手各社のプランの特徴や違い、料金、上手に活用する方法なども紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。
SUUMO引越し

単身パックはお得?引越し費用を安く抑える方法をご紹介!

一人暮らしで引越しをするのであれば、普通の引越しプランである「単身プラン」を利用するよりも、「単身パック」がおすすめです。

似たような名前ですが、それぞれの違いや単身向けのおすすめの引越し業者を探す方法をご紹介します。

単身者向けの引っ越しの相場は?

単身者向けの引っ越しの相場は?

引越し料金は「時期」と「移動距離」、「荷物の量」で決まります。

単身者は家族の引越しに比べて荷物が少なく、利用するトラックのサイズも台数も大きくありません。

SUUMOが調べた単身者の引越し費用の相場は以下の通りです。

【通常期(5月~翌1月)】
荷物が少ない 荷物が多い
全国平均

平均43,764円

平均56,946円

~15㎞未満

平均34,376円

平均45,460円

~50㎞未満

平均36,049円

平均45,379円

~200㎞未満

平均42,068円

平均60,758円

~500㎞未満

平均52,887円

平均77,052円

500㎞~

平均61,483円

平均96,128円


【繁忙期(2月~4月)】
荷物が少ない 荷物が多い
全国平均

平均48,849円

平均68,272円

~15㎞未満

平均39,259円

平均52,975円

~50㎞未満

平均47,620円

平均58,189円

~200㎞未満

平均45,822円

平均71,510円

~500㎞未満

平均53,211円

平均91,084円

500㎞~

平均67,202円

平均111,650円


一番安くても4万円、遠方への引越しをすると最大11万円近くします。

初期費用としてはとても高く、できることであれば、安くしたいところです。

そこでおすすめなのが「単身パック」です。

単身プランと単身パックの違いは?

単身者向けのコースには「単身プラン」と「単身パック」の二つがあります。

それぞれの特徴を説明します。

単身プラン 単身パック
値段

高い

安い

事前訪問

あり

(基本的に)なし

運べる量

多い

少ない

段ボールの提供

あり

なし

大物家具を運送

あし

(基本的に)なし


【大物家具があり、荷物が多い人向け】単身プラン

【大物家具があり、荷物が多い人向け】単身プラン

単身プランは単身者のうち荷物が多い人向けの通常の引越しコースです。

事前に業者が自宅に訪問し、荷物の量を確認します。

当日までに段ボールを受け取り、自分または業者が荷物を梱包します。

料金は距離や日程、荷物の量を鑑みて算出されます。

運べる量は多いですが、単身パックよりも費用が高くなります。

単身プランのメリット

梱包に必要な段ボールをもらえる

単身パックは通常の引越しと仕組みが同じなので、段ボールを無料で支給してくれます。

ほかにも業者が梱包や、荷ほどきをしてくれることもあります。

持っていきたい荷物をすべて運んでくれる

事前に訪問して見積もりを行ってくれるので、荷物の送りそこないがありません。

荷物を運ぶために適したトラックで当日は来てくれるので、すべての荷物を送ってくれます。

大きな家具も運んでもらえる

後述の単身パックは決められたサイズのコンテナに荷物を入れるので、分解できない家具などでサイズオーバーのものは運ぶことができませんが、単身プランはそんな大物家具も運んでくれます。

単身パックのデメリット

荷物の量が多いと料金が高くなってしまう。

すべての荷物を運んでくれるということは、荷物が多ければ大きいほど、トラックのサイズや人件費がかかります。

そのため事前の見積もりを確認して自分で運べる荷物がある場合は、自分で運ぶようにして見積もりを減らしてみましょう。

SUUMO引っ越し

【大物家具がなく、荷物が少ない人向け】単身パック

【大物家具がなく、荷物が少ない人向け】単身パック

引越し業者によって名前が変わりますが、単身パックはトラックではなく、引越し業者が決めたコンテナに荷物を入るだけ入れて、ほかの荷物を同じトラックで運ぶ宅配のような仕組みです。

短時間で引越しを行えて、隙間がなく荷物を詰めることができるので、移動中に荷物がずれにくく、壊れる心配もありません。

単身パックのメリット

引越しを短時間で行うことができる

事前に業者が見積もり訪問をする必要がないので、その分の時間が短縮でき、スピーディに引越し作業を行うことができます。

コストが安い

包材費や人件費を削減できるため、コストがとても安くなります。

宅配便のような形で運ぶので、決められた価格のコンテナのサイズに入るだけ荷物を入れるので、入れ方を工夫すれば、すべての荷物が入ります。

デメリット

大物家具は運びにくい

決められたサイズのコンテナに入れるので、段ボールに入らない家具やサイズオーバーの家電は入りません。

その際には株式会社プロスタッフなど、家電や家具も運べる単身パックを選びましょう。

単身パックを導入している業者はいくつかあります。

ヤマトホームコンビニエンス

クロネコヤマトが行っている単身パックです。

業者から訪問確認や電話確認がなく、Webだけですべて完了します。

最短で申込日から2日後の集荷が可能です。

※土日祝日の場合は+2,000~4,000円

  • フルサイズ(コンテナサイズ:高さ170cm×幅104cm×奥行104cm)
    ・値段:17,000円~
    ・見積訪問:なし
  • ミニサイズ(コンテナサイズ:高さ130cm×幅104cm×奥行104cm)
    ・値段:16,000円~
    ・見積訪問:なし

日本通運

日本通運は2種類のサイズの専用ボックスを用意しており、自分では梱包しにくい家具や家電はスタッフが梱包してくれます。

また、インターネット割引や、専用ボックスの数によって割引を行っています。

こちらの単身パックのほかに、大阪、東海、北陸エリア限定で、荷物も自分で持ち込むことによってさらにお得になる持込割引もあります。

※区間しばりあり

  • Lサイズ(コンテナサイズ:高さ175cm×幅108cm×奥行104cm)
    ・値段:20,000円~
    ・見積訪問:なし
  • Sサイズ(コンテナサイズ:高さ155cm×幅108cm×奥行74cm)
    ・値段:18,000円~
    ・見積訪問:なし

サカイ引越センター

サカイ引越センターが行っている単身パックは「小口便引越サービス」です。

関東から関西、関西から九州など、長距離の引越しに適しています。

通常の引越しと同じくオプション付与も可能です。

※都内間や大阪~京都間など同一エリア内の引越しは不可

  • コンテナサイズ:高さ144cm×幅105cm×奥行75cm
    ・値段:18,000円~
    ・見積訪問:なし

佐川急便

宅急便のイメージが強い佐川急便ですが、単身パックは宅急便に似ていることからグループ会社であるSGムービン株式会社が引越しも行っています。

  • カーゴプラン(コンテナサイズ:高さ145cm×幅100cm×奥行75cm)
    ・値段:18,000円~
    ・見積訪問:あり

プロスタッフ株式会社

聞いたことがない引越し業者かもしれませんが、単身の引越しに向いている引越し業者です。

コンテナで運ぶわけではありませんが、単身パックの中でも安くたくさん運ぶことができます。

また土日祝日の割増料金もありません。

  • 単身引越しパック(サイズ:大物家具4点+小物20点ほど)
    ・値段:15,000円~
    ・見積訪問:なし
  • WARIKIRI単身パック(サイズ:中物6点+小物15点ほど)
    ・値段:11,800円~
    ・見積訪問:なし

単身パックのほうが高い可能性もある

基本的に単身パックは決められたサイズの中に荷物を入れるので、ある程度定額の料金設定になっています。

しかし、それは荷物の量の話で、荷物を運ぶための距離や時期によって料金が変わることがあります。

単身パックはお得で早く引越しを行える半面、業者によっては距離の制限や、土日祝日の発送、受取が割高になることがあります。

  • 日通の場合
    ・夜間配達(18~21時)・・・1ボックス当たり+2,000円
    ・土・日祝日配達・・・1ボックス当たり+2,000円
  • ヤマトの場合
    ・シーズン加算(3/1~4/10)・・・+5,000円

単身パックをうまく活用する方法

単身パックをうまく活用する方法

単身パックはお得に荷物を運んでくれるので、ぜひ利用したいですが、自分の荷物がどのくらいあるかどうかわからないことが多いです。

そのため、自分の荷物が単身パックに向いているかどうか確認していきましょう。

段ボールの寸法を理解しよう

単身パックは基本的にコンテナに入れば入るだけ運んでくれます。

そのためパズルのようにきれいに積み上げるのがポイントとなります。

段ボールは引越し業者指定のものを使う方が、サイズが整いやすいですが有料になるため、自分で用意する場合は、部屋でコンテナと同じ枠内にテープなどで印をつけて置き、その中に運びたいものすべてを移動させてみましょう。

最近ではスマホアプリなどで寸法を簡単に測るものがあるので、利用してみましょう。

車やレンタカーを利用する

引越し先が長距離ではなく、一日以内で移動できるのであれば、自分で運べない大型家具や重い荷物だけ単身パックで運んでもらい、軽い荷物や単身パックで運んでもらえない家電などを自分の車やレンタカーで運ぶこともおすすめです。

荷物の量的に単身パックがギリギリ利用できそうな場合には、考慮してみましょう。

車のほかにもオーバー分は郵便や一般的な宅急便を利用するのも一つの方法です。

単身パックを利用できない場合は?

単身パックでは荷物が入りきらない人は通常の引越しである単身プランがおすすめです。

しかし引越し業者は数が多く、どれが一番自分に合っているのかわかりません。

大手の引越し業者に頼むのが安心と思うかもしれませんが、実は自分の住んでいる地域で自分の知らないお得で安い引越し業者が見つかることもあります。

SUUMO引っ越し

引越し業者は公式から申し込むと高い?

引越し業者を依頼する場合は、公式サイトより一括査定のサイトから申し込むほうが安くなる可能性があります。

その理由は「競争性」です。

公式サイトから申し込む場合、業者は自分のところ一社に申し込んでいるため、費用について融通を利かせにくいです。

しかし、引越し業者の一括査定に申し込むと業者間では相見積もりを取られていることがわかるので、自社を使ってもらえるように安く見積もりを設定してくれます。

おすすめはSUUMO引っ越し見積もり

SUUMO(スーモ)の引越し見積もり

引越し業者の一括見積のサイトでおすすめなのが不動産ポータルサイトを運営しているSUUMOが提供している引越し見積もりです。

こちらの良い点は一括見積のサイトにありがちな鳴りやまない電話がないことです。

入力する6項目の中に電話番号がなく、数分で入力するだけで複数の一括業者に連絡がいき、やり取りは基本的にメールで行います。(疑問点があれば、当然電話での問い合わせも可能です)

【SUUMO】で引越し料金を一括見積する

まとめ

いかがでしょうか?今回は単身パックの詳しい説明と、荷物が多く単身パックを利用できない場合でも引越しを安く行うための引っ越し業者の探し方としてSUUMOの引越し見積もりをご紹介しました。

まずは単身パックで料金を確認した後に、見積もりサイトでさらに安くならないか試してみてはいかがでしょうか?

ささがわ / sasagawa
ささがわ / sasagawa

アフィリエイター兼フリーランスライター。前職の経験から法律系・不動産問題をメインにグルメ、婚活など多岐にわたるジャンルの執筆をしている。現在のマイブームはゲーム実況を撮ること