留袖を高く買取してもらうには?留袖の特徴と買取業者の選び方

留袖を少しでも高く買い取ってもらうためには、留袖の特徴や人気ブランドなど確認しておきたいポイントがあります。この記事では、留袖を買取に出す際に注意すべき点や、高額買取してもらえる留袖の種類、買取業者の選び方について解説します。
着物買取のバイセル

留袖を高く買取してもらうには?留袖の特徴と買取業者の選び方

留袖は、結婚式のような場面で着られる格式の高い着物です。

留袖を買取してもらうにはさまざまな方法がありますが、注意すべきポイントや、高額査定が期待できる留袖の特徴などを押さえておくのがおすすめです。

留袖を手放すなら、きちんと査定してもらって納得してから売りたいと考える人も多いでしょう。

ここでは、留袖を安心して売りに出すために役立つポイントについてまとめました。

留袖の特徴と種類

留袖の特徴と種類

「留袖」はもっとも格式の高い第一礼装とされ、冠婚葬祭などのフォーマルな場面で着る着物です。

種類は大きく「黒留袖」と「色留袖」の2種類に分けられます。それぞれの特徴を見ていきましょう。

黒留袖

黒留袖は、既婚の女性が着る着物です。

ベースの色は黒で、縫い目で途切れることのない「絵羽模様」が裾にのみに描かれています。

女性の家系に受け継がれてきた家紋を、背中の上部、両袖、両胸の計5ヶ所に入れるのが一般的です。

色留袖

色留袖は、黒留袖の次に格式が高い準礼装で、既婚・未婚問わず着られる着物です。

ベースの色には黒以外が使われ、裾に絵羽模様が描かれています。

家紋の数は3つが一般的ですが、場合によっては黒留袖のように5つ入れることもあり、紋の数が多いほど格式が高いとされています。

高額買取になる留袖とは

高額買取になる留袖とは

大切な留袖を手放す場合、せっかくなら高く売りたいものです。

では、どのような留袖が高額で買い取ってもらえるのでしょうか。

ここでは査定額がアップする留袖の特徴をご紹介します。

正絹(しょうけん)の留袖

正絹とは、絹100%でできた生地です。

絹は高級品であることはもちろん、良質な手ざわりや光沢、温度調節機能に優れているのが特徴です。

当然ながら人気も高く、正絹の留袖であれば高額査定になる可能性が高いでしょう。

留袖の生地の中には、ポリエステルや木綿、麻、ウールでできたものも多くあります。

これらは生地自体が安価なため、売りに出す際も買取価格は上がりません。

ただし、高級ポリエステルの場合は、正絹と同じような手ざわりの製品もあるため、高額査定に繋がる可能性があります。

保管状態がよい留袖

留袖は、保管する環境が整っていないと劣化が進みます。

特に、正絹などの天然由来の生地は取り扱いが難しく、適切な保管がされていないと、すぐに染みができたりカビが生えたりします。

あまりに状態が悪い場合は買い取ってもらえないため、普段のメンテナンスにも注意が必要です。

留袖を和紙で包んだうえで、桐箪笥や桐の衣装ケースで保管していた留袖であれば、状態よく保てているはずです。

桐は虫を寄せ付けにくく、湿度を一定にする性質があるため、着物にとってよい環境を保ってくれます。

洋服ダンスにしまってある場合でも、和紙の交換や換気を定期的に行い、防虫対策を十分にしていれば良好な保存状態を維持できます。

サイズが大きい留袖

日本人の平均身長が伸びたことで、近年は大きめサイズの留袖の需要が高まっています。

サイズが大きければ仕立て直して小さくすることが可能ですが、小さいサイズ留袖を大きくすることは困難です。

そのため、再販しても売れにくく、買取価格が下がりやすい傾向があります。

目安として、およそ150cm以上あれば高額査定が期待できます。

それより小さいと、サイズの調整が難しくなるため査定額は低めです。

伝統工芸品の留袖

友禅のような伝統工芸品であれば、高額買取になる可能性があります。

代表的なものには、石川県の「加賀友禅」、京都府の「京友禅」、東京都の「江戸友禅」、新潟県の「十日町友禅」があります。

友禅は着物の染色技法のことで、江戸時代の「宮崎友禅斎」の名前が由来です。

友禅染の着物は最高級品とされ、特に加賀友禅、京友禅、江戸友禅が三大友禅と呼ばれており、高額で取引されています。

有名作家の作品やブランドの留袖

有名な作家や人間国宝の職人が作ったものは、希少性と質が非常に高く、元値も高めなので高額で買取してもらえます。

有名作家の例としては、「久保田一竹」「木村雨山」「羽田登喜男」「北村武資」「森口華弘」「中村勇二郎」「六谷梅軒」「柿本市郎」「由水十久」「松井青々」「北出与三郎」「初代龍村平藏」「和田光正」などが挙げられます。

また、有名ブランドの留袖も高額査定が期待できます。

低額での査定になりやすいポリエステル・木綿・麻の生地であっても、ブランドによっては高額になることも珍しくありません。

有名ブランドの例としては、「尾峨佐染繍」「大彦」「銀座きしや」「久保耕」「窪田織物」「誉田屋源兵衛」「翠山工房」「しょうざん」「白山工房」「染めの北川」「龍村美術織物」「千總」「都喜ヱ門」「に志田」「むら田」「紋屋井関」「山口美術織物」「吉沢織物」「ゑり善」などが挙げられます。

ただし、有名作家やブランドの留袖でも、保存状態が悪ければ高額での買取は望めません。

手放す際には状態を確認して、必要があればメンテナンスをしておきましょう。

証紙がある留袖

証紙とは、織元が所属する組合等が発行しているもので、着物の価値を示す証明書です。

証紙がなくても、着物の知識と経験のある鑑定士であれば本物かどうか見分けることは可能です。

しかし、中古で購入する側は証紙があった方が安心して購入できるため、証紙の有無で買取価格が大幅に変わります。

有名な作家の留袖や、有名ブランドで買ったものであれば、大抵の場合、証紙がついているはずです。

証紙には製造者の名前のほか、生産地や生地の素材、染色方法など、査定額に大きな影響を与える細かな内容が書かれているため、無くさないように保管しておきましょう。

留袖を買取に出すならどこがよいか

留袖を買取に出すなら

留袖を少しでもお得に手放したい場合、どこで買い取ってもらうのがよいのでしょうか。

ここではリサイクルショップ・ネットオークション・フリマアプリ・着物買取業者のそれぞれの特徴をご紹介します。

リサイクルショップ

リサイクルショップは、近所にあればもっとも手軽に利用できる方法です。

早ければその場で査定が行われ、査定額がつけば即現金化が可能な点が最大のメリットといえます。

デメリットとしては、着物の知識があるスタッフが在籍していない可能性がある点です。

専門的な知識がなければ留袖の真の価値を見極めてもらえず、本来より大幅に低い査定額になることもあります。

きちんとした価格で買い取ってほしい場合は、公式サイトなどでスタッフのプロフィールや成約実績などをチェックして判断しましょう。

ネットオークション

留袖を売る際、ネットオークションを利用する方法も最近ではメジャーになってきました。

「ヤフオク!」「モバオク」などのネットオークションが有名です。

メリットとしては、最初の設定金額を自分で決められるため、比較的高い金額で売却できる点です。

落札希望者が複数現れれば、思っていた以上の高値がつくこともあります。

デメリットとしては、写真をうまく撮らなければ商品を見てもらえなかったり、落札者と直接やりとりするため、トラブルに発展したりする可能性があることです。

なかなか入札者が現れず、売れるまでに時間がかかることもあります。

フリマアプリ

フリマアプリは、誰でも簡単に出品できて、売れるのも早いという手軽さが人気です。

意外なものも売れることから、最近では急激に利用者が増えています。

「メルカリ」や「ラクマ」が代表的です。

メリットとしては、スマートフォンで写真を撮って、商品説明を書いたらすぐに出品できる点です。

値段も好きに設定できるため、自分の納得する金額で出品できます。

購入されたあとのやりとりも、氏名や住所が取引相手に公開されないサービスもあるため、プライバシーが気になる人でも安心です。

デメリットとしては、ネットオークションと同様、写真の撮り方に気を付けなければならないことや、購入者とトラブルになる可能性があることです。

また、フリマアプリでは安く買いたいと考えている利用者が多く、あまりに高額なものは売れにくい傾向があります。

着物買取業者

大事な留袖を手放すなら、きちんと査定してもらいたいと考える人が多いでしょう。

その場合は、着物買取業者がおすすめです。

着物買取業者のメリットは、着物の専門知識を持つスタッフが対応してくれる点です。

プロの鑑定士が細かな部分をチェックして査定してくれるため、大事な留袖を安心して任せることができ、納得のいく価格で売却ができます。

店頭への持ち込みだけでなく、電話やインターネットから買取を申し込める業者もあります。

自宅にスタッフが来て目の前で査定してくれる出張買取や、郵送で買取を依頼できる宅配買取もあるため、売りたい留袖の数が多い場合や店舗が近くにない場合に便利です。

デメリットとしては、悪質な買取業者にあたる可能性がある点です。

例えば、着物の買取を依頼しているのに貴金属について執拗に質問してくるというケースや、不当に安い値段で買取をしようとするケースなどがあります。

応対するのが一人暮らしの高齢者や女性の場合は、電話口や出張買取の際にトラブルに巻き込まれやすい傾向があります。 実績の確かな大手の業者に依頼をしたり、事前に親族がサポートしたりするなど、対策を講じるようにしましょう。

留袖の買取業者ならバイセルがおすすめ

バイセル公式ページ

留袖を買取に出すと決めたら、実際に買取業者に依頼してみましょう。 買取サービスの「バイセル」は、月間2万件以上の利用実績がある大手買取業者で、安心して査定依頼ができます。

出張料や送料、査定料、振込手数料も無料なので、お得に買取の手続きができます。

買取代金は最短で即日振り込まれるので、急いでいる方にもおすすめです。

対応サービス 宅配買取・出張買取・持込買取
電話問い合わせ有無あり
サービスの特徴
  • 最短で即日の対応
  • 査定料、送料、出張料などの手数料が完全無料
  • 日本全国で買取受付
  • 経験豊富な査定員が価値を見極めて金額を提示

  • 「バイセル」で留袖を無料査定する

    まとめ

    まとめ

    留袖は黒留袖と色留袖に分けられ、格式や用途が異なります。

    生地の素材やサイズ、作家やブランドによって需要に違いがあるため、自分の留袖がどの種類でどんな特徴があるのか、一度チェックしてみましょう。

    留袖を手放したいときは、リサイクルショップやネットオークション、フリマアプリなどを利用して手軽に売りに出すことも可能です。

    しかし、せっかくなら納得のいく価格で査定してもらいたいものです。

    メリットとデメリットを考慮し、着物の知識が豊富な買取業者を選べば、安心して大事な留袖を任せられます。

    今回挙げたポイントをぜひ参考にしてみてください。

    高く売れるドットコムマガジンをご覧になった方へ

    業界最大級の高価買取サービス|高く売れるドットコム

    業界最大級の買取サービス「高く売れるドットコム」を利用しませんか? 買取対象品は家電、楽器、カメラ、オーディオ機器、フィギュアはもちろん、貴金属や骨董品まで幅広く対応しています。

    全国に買取店舗があり、持込による店頭買取査定を受けることも可能です。東京、大阪、福岡、北海道など主要都市で店舗を運営しています。

    ウェブで買取価格がすぐにわかる無料事前査定が好評。全国のリサイクルショップへ一括査定が可能な「おいくら」へも同時に申し込み可能です。

    上場企業が運営する買取サービスをぜひお試しください。

    簡単60秒の無料査定はこちら
    齊藤数馬 / 編集長
    齊藤数馬 / 編集長

    買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。

    関連キーワード