• 引越し

引越しの初期費用の相場はいくら?計算例と安く抑える方法まとめ

引越しの初期費用がどれくらいかかるのか把握しておかないと、せっかく気に入った物件が見つかっても「予算オーバーで払えない...」という悲しい展開になりかねません。そうならないためにも、家探しを始める前に初期費用の内訳や相場を確認しておきましょう。

高マガ編集部

引越し侍

引越しの初期費用の相場はいくら?計算例と安く抑える方法まとめ

引越しをするとなると、賃貸契約時に不動産会社に支払う敷金・礼金などの初期費用に加え、荷物を輸送してもらうための引越し代金や、家具や家電をそろえるための費用がかかります。
この記事では、初期費用の相場や内訳、計算例、初期費用を安く抑える方法を紹介します。

引越しにかかる費用について詳しく知りたい方は、引越し費用の相場と総額の目安を時期別でまとめた記事をチェックして、少しでもお得に引越しをしましょう。

賃貸契約時における初期費用の相場は家賃の4~6ヶ月分

初期費用とは、賃貸物件を契約するために必要な費用全般のことです。
敷金や礼金をはじめ、任意のものも含めると内訳は10項目ほどあります。
費用総額は不動産会社や家主の方針、また地域によっても多少の違いがありますが、家賃の4~6ヶ月分が相場とされています。

この記事では賃貸物件の引越し費用の目安がわかります。詳しい内訳を知りたい方はご覧ください。

新生活では家具や家電など揃えるものも多いので、初期費用はできるだけ安く抑えたいですよね。
賃貸契約における初期費用の相場と安く抑える方法についてこちらの記事で詳しく解説しています。

賃貸契約に必要な初期費用の主な内訳

賃貸契約時の初期費用はまとめて不動産会社に支払いますが、それらのすべてが不動産会社の収益になるわけではありません。
内訳と相場、支払い先は以下の通りです。

敷金

退去時の原状回復に当てられるほか、家賃の支払いが滞ったときの補填にも使われる費用です。
これは家主に支払うもので、相場は家賃の1~2ヶ月分です。

礼金

家主に対して、部屋を貸してくれることに対するお礼として支払います。
敷金と異なり返却はされません。家賃の1~2ヶ月分が相場です。

前家賃

賃貸物件では翌月の家賃を先払いするのが基本です。家賃1ヶ月分が相場で、家主に支払います。

日割家賃

月の途中から入居する場合、1ヶ月分の家賃を入居月の日数で割り、入居日から入居月の残り日数で計算した額を支払います。
こちらも支払う相手は家主です。

日割家賃は月の半ばに入居するよりも月末近くに入居した方が安く済みますが、月初に入居する場合、初期費用としては入居月の家賃1ヶ月分のみで済むケースもあります。

仲介手数料

物件を仲介してもらったことに対する手数料として不動産会社に支払います。
相場は家賃の0.5~1ヶ月分+消費税です。
仲介手数料は法律で上限が定められており、不動産会社が受け取れる仲介手数料は、家賃の1ヶ月分以内とされています。

火災保険料

火災発生時の損害補償を受けるための費用で、保険会社に支払います。
火災保険への加入は大半の物件で入居条件に含まれており、相場は2年契約で2万~3万円程度です。
通常は不動産会社が紹介してくれた保険に加入しますが、自分で安い保険を選んで加入することもできます。

火災保険の契約種類によっては火災だけでなく。
風や雪害などによる建物の崩壊、排水管の原因による水漏れ、車などの衝突事故、金品の盗難なども補償されます。

保証会社契約料

家賃滞納時の備えとして保証会社を利用する際の費用です。
一般的には連帯保証人を用意できる場合、保証会社を利用する必要はありません。

ただ、近年は連帯保証人がいても保険会社の利用を必須とする物件も多いようです。
相場は家賃の0.5~1ヶ月分です。

鍵交換費用

防犯上の理由から鍵を新たにつけ替える際の費用で、家主に対して支払います。
1万5,000~2万5,000円が相場です。通常の交換費用は鍵本体価格に加えて作業料金、出張料金が含まれます。
鍵の防犯性が高くなるほど鍵本体の価格は上がります。

オプションサービス費用

初期費用の中には、オプションサービスを受けるために任意でかかる費用があります。
必須条件として契約書に明記されていない限り、以下の項目は外してもらうことも可能です。

オプションサービス費用の半額は不動産会社の取り分になるため、契約時にはそれらを上乗せした金額で請求されることが少なくありません。
不要であれば外してもらえないか交渉してみましょう。

除菌・抗菌・消臭費用

入居前に室内の除菌や抗菌、消毒を行うための費用です。
「室内消毒費用」「抗菌サービス費用」「消臭抗菌代」などと呼ぶ場合もあります
相場は1万5,000~2万円程度です。

管理会社や施工業者が専用の機械などで消毒液などを噴霧するケースもあれば、不動産会社が消臭除菌スプレーを噴射して済ませるケースもあります。

害虫駆除費

ゴキブリやダニ、ノミなどの害虫を駆除するための費用です。
相場は1万~3万円程度とされています。専門業者が噴射器を用いて薬液を噴霧するケースもあれば、不動産会社や管理会社が害虫駆除剤を撒いて簡易的に済ませる場合もあるようです。

24時間サポート費用

24時間サポートとは、マンションやアパートで起きたさまざまなトラブルに24時間365日対応してもらえるサービスで、電話1本で担当者が現場まで駆けつけてくれます。

サービス内容は運営会社によりますが、一般的には水漏れやトイレの詰まり、鍵の紛失、ガラスの破損、電気・ガス設備の不具合、騒音、不審者トラブルなどが対象です。
費用相場は2年間で1 万5,000~2万円程度です。

その他の費用

賃貸契約の初期費用に加え、大きな割合を占めるのが引越し代金です。
また、初めて一人暮らしをする場合は家財道具を一からそろえなければなりません。

引越し代金

荷物を搬出・輸送・搬入してもらうための費用として引越し業者に支払います。
引越し代金は、移動距離や荷物量、時期によって大きく変わってくるため、一概にはいえません。

たとえば単身の場合、相場は3~4月の繁忙期が5万~8万円ほど、5~2月の通常期が3~6万円ほどです。
荷物が多く、遠距離地方への引越しとなると10万円近くかかることもあります。

家具・家電・日用品代

家財道具の購入費も必要です。
目安としては家具(ベッド、テーブル、ソファ・椅子、収納など)が5~10万円ほど、家電(冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、電子レンジ、テレビ、掃除機など)が10万~15万円ほど、日用品(トイレ用品、キッチン用品、バス用品、洗濯用品など)が1万~2万円ほどです。

初めての一人暮らしであれば、家財道具と日用品一式をそろえるのに少なくとも15万円前後は見積もっておきましょう。

初期費用の計算例

一人暮らしの賃貸契約にかかる初期費用に、引越し代金を加えた金額を試算してみましょう。
たとえば家賃8万円、敷金・礼金1ヶ月分、仲介手数料1ヶ月分、月半ばの入居とする場合、費用イメージは以下の通りです。
引越し代金は単身者の平均として6万円で計算しています。

敷金 8万円
礼金 8万円
前家賃 8万円
日割家賃 4万円
仲介手数料 8万円
火災保険料 2万円
鍵交換費用 2万円
引越し代金 6万円
合計 46万円

賃貸契約に関する初期費用は40万円で家賃のちょうど5ヶ月分です。
上記はかなり相場に近い計算例といえるでしょう。
実際にはこのほかに保証料がかかることもあります。
また、引越し代金も時期や時間帯、荷物量によっても変動すると考えておきましょう。

家賃や引越し条件によってかかる初期費用は大きく変わってきます。
引越しの初期費用内訳と計算方法をまとめた記事で費用を抑えるポイントもについても詳しく説明しているのでチェックしておきましょう。

賃貸契約の初期費用の支払い方法

賃貸契約の初期費用は、基本的に契約締結後、入居日までに支払います。
支払い期限は入居審査を通過してから7~10日後に設定されていることが多く、支払い方法は現金もしくは銀行振込が一般的です。
不動産会社によっては分割払いに対応しているケースもあるため、一括での支払いが厳しい場合はそのような不動産会社を探すか、分割払いにできないか交渉してみるとよいでしょう。

値引き交渉はできるのか

「初期費用を安くしてもらえるよう交渉できないのか?」と考える人もいるかもしれません。
しかし、家主としては提示した金額で契約してほしいと思うのが当然です。
無理に値引きを迫って家主や不動産会社からの印象が悪くなれば、契約自体が成立しない可能性もあります。

値引き交渉をするとすれば、不動産会社の閑散期にあたる5月~2月ごろがよいでしょう。
仲介手数料や礼金などは幾分値引きに応じてもらいやすいようです。
また、漠然と値引きを頼むのではなく、「○○万円であれば入居を決める」と具体的な金額のボーダーラインを明示した方が交渉を進めやすくなります。

引越しの初期費用を抑えるには?

引越しには何かとお金がかかりますが、工夫次第で初期費用を安く済ませることは可能です。

敷金・礼金・仲介手数料が少ない物件を選ぶ

敷金、礼金、仲介手数料は、それぞれ家賃の1ヶ月分程度が相場とされています。
しかし、最近では敷金・礼金がかからない「ゼロゼロ物件」が増えてきていますし、不動産会社によっては仲介手数料が0.5ヶ月分もしくは無料という場合もあります。
敷金・礼金が0円の物件に関しては、その代わりに保証料を徴収されたり、退去時に修繕費を請求されたりすることも少なくないため、契約前にきちんと確認しておくとよいでしょう。

フリーレント物件を選ぶ

フリーレントとは、一定期間の家賃を無料とする契約形態を指します。
無料期間は物件によりますが、1~3ヶ月分とするケースが一般的です。
「駅から遠い」といった理由であまり人気のない物件について、家主が入居者を募るためにフリーレントとする場合があります。

月初・月末に入居する

入居のタイミングも初期費用を節約する上での大きなポイントです。
日割家賃は月の半ばに入居するほど多くかかり、月末に入居した方が少なくなります。

月初に入居した場合、翌月分の家賃は普段通り月末に引き落しになり、初期費用としては当月1ヶ月分の家賃のみとするケースが多いようです。

引越し代を抑える

引越し費用は時期に大きく左右されます。
進学や就職で移動する人が増える3~4月や秋の人事異動が発表される8~9月ごろは、不動産会社にとっての繁忙期にあたり、閑散期の2倍近くの費用がかかることもざらです。

可能であれば、これらの時期を避けた引越し日に調整しましょう。

引越しの初期費用を抑えるポイントを4つ紹介しました。
引越しの初期費用を安く抑える方法とは?の記事ではこのほかにも物件や不動産会社の選び方や入居タイミングについて詳しく解説しています。

安い引越し業者を探すなら一括見積もりサービスが便利

SUUMO(スーモ)の引越し見積もり

出典:suumo

引越し代金はどこの業者に依頼するかによっても違ってきます。
できるだけ安い業者を探すなら、「SUUMO引越し見積もり」などの一括見積もりサイトを活用するのがおすすめです。

SUUMO引越し見積もりを使えば、複数の引越し業者に一括で見積もりを依頼できるため、一番安く、希望日時に引越せる業者が簡単に見つけられます。
メールだけで見積もり依頼を完結できるため、日中は仕事で電話に出られないという人でも安心です。

見積もり一括サイトで安い業者を探し、さらに引越しの閑散期を狙えば、数万円程度を節約できるかもしれません。
初期費用を浮かせられれば、その分を新生活の家具や家電に回せます。
納得のいく引越しができるよう、いろいろ工夫してみてください。

【SUUMO】で引越し料金を一括見積もりする

まとめ

賃貸契約時の初期費用は家賃の4~6ヶ月分が相場とされ、ほかに引越し代や家財道具の購入費がかかります。
合計すると数十万円と、かなりの費用ですが、「敷金や礼金が安い物件を選ぶ」「繁忙期を避ける」など、節約方法はいろいろあります。

また、引越しを依頼する業者によっても費用は変わります。
一括見積もりサイトでは安い業者を探せるだけでなく、費用が安くなる時期や曜日、時間帯なども紹介しているので、上手に利用すれば引越し費用がさらに節約できます。

高マガ編集部 / takamaga
高マガ編集部 / takamaga

関連キーワード