• サイト売買・M&A

【起業したい人必見】M&Aのメリットと個人向けM&A案件の探し方

近年、起業の一手段として「個人向けM&A」が注目を集めています。マッチングサイトや仲介サービスなど、個人向けM&A案件を探せるサービスも登場しています。当記事では、M&Aで起業するメリットや、個人向けM&A案件の探し方、M&Aの注意点などをご紹介します。

sirasaka

【起業したい人必見】M&Aのメリットと個人向けM&A案件の探し方

※当記事はアフィリエイト広告を含みます。
※「高く売れるドットコム」「おいくら」は弊社マーケットエンタープライズが運営するサービスです。

人生100年時代を見据え、起業を目指すサラリーマンが増える中、1,000万円以下の小規模な個人向けM&A案件が注目を集めています。

近年ではM&Aマッチングサイトや仲介サービスなどのサポートも普及し、魅力的な個人向けM&A案件に出会える機会も増えてきました。

そこで当記事では、M&Aで起業するメリットや、個人向けM&A案件の探し方についてご紹介します。

思わぬ損失を被ることがないよう、注意点もあわせてご確認ください。

サイト・事業売却をお考えの方へ

ウィルゲート_サイトM&A

取引実績250社以上!
IT・Web事業領域の売却ならウィルゲートM&A

まずは無料で相談する

※相場情報は実際の買取価格と異なる可能性がございます。

個人向けM&Aの概要

個人向けM&Aとは

個人向けM&Aとは個人の買い手により行われる小規模M&Aです。

個人向けM&Aではエージェントが提供しているマッチングプラットフォームなどを利用し売り手を検索します。

個人向けM&Aは企業が行うような億を超えるM&Aでないため、「スモールM&A」「マイクロM&A」とも呼ばれています。

会社の中には数十万円~数千万円ほどの金額を設定している会社もあるため、個人でも買収可能なM&A案件も多くあります。

例えば、売上高が低く、従業員数もあまり多くない企業であれば、大きなコストを掛けずに買収できる可能性があります。

複数の店舗を保有する事業や、大企業が保有している事業でなく、一つの店舗で経営を行っている会社の買収金額は少額になりやすいです。

個人M&A件数が増加している理由

後継者不足

個人M&Aが増加している理由として企業の後継者不足があります。従来は経営権を経営者の子孫に託すケースが多かったです。

しかし、人口減少や少子高齢化の影響で、個人事業主が保有している事業の後継者を見つけるのがより困難になってきています。

そのため、後継者を見つけやすい個人M&Aが増加傾向にあります。

個人事業M&Aの買い手増加

起業を考えているサラリーマンや事業拡大を考えている法人の数が増えたのも個人M&Aが増えた要因の一つです。

特に個人向けサラリーマンの中には、ゼロから起業するのではなく、すでに市場に参入している企業を買収し時間・コスト・労力などを節約し、リスクヘッジを行う企業も増えています。

個人事業M&Aを起業プランに入れている起業家の存在

もう一つの理由として、起業する際に、個人向けM&Aを前提にプランを組み立てる起業家の存在があります。

特に多いのは情報系のWebサイト運営者です。個人向けM&Aとの相性も良いため、マッチングサイトでは売り手が多く、買い手も付きやすいです。

M&Aで起業するメリット

M&Aで起業するメリット

起業を検討する人が増える中、近年、話題となっているのが個人向けM&Aです。

「M&A」とは「Mergers and Acquisitions」の略で、企業の合併・買収を意味します。

M&Aといえば、ニュースで目にする企業間の大規模な合併・買収を想像するかもしれません。

しかし最近では、中小企業の後継者不足などを背景に、一般サラリーマンでも手の届く数百万円規模の個人向けM&A案件が増えつつあります。

起業の一手段として注目を集めているのです。

では、M&Aで起業するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

事業を始めるまでの手間とコストを削減できる

起業して事業を始めるまでには、さまざまな準備が必要です。

ゼロから店を開くとすると、まずは店舗を構える土地から探す必要があります。

それから店舗のデザインを決めたり、工事をお願いしたり、備品を買い揃えたりと、相当な手間とコストがかかります。

M&Aの場合は、備品まですべて揃った店舗を譲り受けることができるため、すぐに事業を始められます。

さらに、店舗だけでなく従業員も引き継げるので、人材教育の手間とコストも削減できます。

従業員が長年の経験で培ったノウハウも揃った状態で、スタートを切れるのです。

顧客も引き継げる

ゼロからの起業で最も重要かつ困難なステップが、集客です。

どのような商売をするにしても、顧客がいないことには売り上げにつながりません。

ゼロから顧客を集めて利益を出すまでには、相当な期間を要するのが一般的です。

M&Aには、店舗や人材だけでなく顧客も一緒に引き継げるという大きなメリットがあります。

最近では、顧客を多数抱えているにも関わらず、後継者が見つからないため売却を希望する企業も見られます。

そのような案件に出会えれば、起業していきなり黒字を出せる可能性もあるでしょう。

サラリーマン時代の経験を活かして、企業価値を向上できる

売却を希望する中小企業の中には、大手企業が当たり前に行っているような業務管理やシステム化ができていないために、経営不振に陥っているケースも多く見られます。

大手企業のマニュアルやノウハウを上手く活用できれば、業績の大幅にアップも見込めるでしょう。

業績アップに成功すれば、買収した企業の価値が高まり、売却して利益を得るという選択肢も出てきます。

少しの工夫で買収価格以上の価値を生み出すお得な案件があるのも、M&Aならではのメリットです。

個人向けM&A案件の探し方

個人向けM&A案件の探し方

このように、個人向けM&Aには多くのメリットがあり、起業を目指すなら必ず選択肢に入れておきたいところです。

では、実際に個人向けM&A案件を探すには、どのようにすればよいのでしょうか。

広い人脈を持っていれば、自力で案件を探すことも可能かもしれません。

しかしそれでは非効率的ですし、出会える案件数も限られるため、ベストなM&Aを実現できるとは言い切れません。

そこで公的支援やマッチングサイト、仲介サービスの利用をおすすめします。

事業引継ぎ支援センターを利用する

中小企業庁が各都道府県に設置する「事業引継ぎ支援センター」は、中小企業のM&Aを支援する公的機関です。

その事業の1つである「後継者人材バンク」は、後継者のいない小規模企業の経営者と、起業を希望する人をマッチングするサービスです。

個人でも事業承継の候補者として登録できます。

後継者人材バンクでは、売り手と買い手をマッチングするだけでなく、事業を引き継ぐうえでのアドバイスの提供や、M&A専門家の紹介なども行っています。

公的サービスなので手数料がかからず、契約を迫られたりもしないので、気軽に相談できるところが魅力です。

ただ、後継者人材バンクは2014年に始まった比較的新しいサービスです。まだ知名度が低く、案件数もそれほど多くはありません。

必ずしも優良なM&A案件に出会えるとは限らない点は覚えておきましょう。

また、無料で利用できるとはいえ、専門家を手配する際には費用がかかる点は、要注意です。

M&Aマッチングサイトを利用する

個人向けM&A案件の増加を受け、M&Aの買い手と売り手を結びつけるマッチングサイトが続々と登場しています。

多数の案件が登録されており、全国各地の案件をまとめて比較できるのが便利なポイントです。

マッチングサイトはマッチングに特化したサービスです。

サイトの運営企業は、交渉や手続きには介入しないケースがほとんどですが、売り手と買い手が直接交渉を進められるという特徴があります。

買収先の選定から契約までをスピーディーに進められ、手数料も安価という点はメリットといえそうです。

とはいえ、交渉や手続きを自ら進めるには、M&Aに関する知識はもちろん、法律や税金などさまざまな専門知識を身につけておかなければなりません。

M&Aアドバイザーなど専門家を別途手配する必要が出てくる可能性も、考慮しておきましょう。

M&A仲介サービスを利用する

M&A仲介サービスは、仲介会社が売り手と買い手の間に入り、マッチングや交渉をサポートすることで、M&Aを成立に導くサービスです。

高度な専門知識を持ったアドバイザーがついてくれるため、知識がなくて不安な人や、交渉に自信がない人も安心してプロに任せられます。

仲介サービスの料金体系は、仲介会社によってさまざまです。

サービス内容や得意分野にも違いがあるため、各社の特徴を調べたうえで、自分のケースに適した仲介会社を選ぶことが重要となります。

マッチングからM&A成立までのすべてを任せることになるので、信頼できる会社を慎重に選びましょう。

この記事ではおすすめのM&A仲介エージェントも複数紹介しています。ぜひ、読んでみてください。

個人向けM&Aで起業する際の注意点

個人向けM&Aで起業する際の注意点

マッチングサイトや仲介サービスが普及したことにより、個人でも今すぐM&Aを始められるようになりました。

しかしM&Aによる起業には、注意すべき点もいくつかあります。

知らずにM&Aを進めてしまうと、痛手を被る恐れもあるため、事前にしっかり確認しておきましょう。

簿外債務により大きな損失を被るリスクがある

「簿外債務」とは、貸借対照表には記載されない債務のことです。

主な簿外債務の例としては、賞与引当金や退職給付引当金、リース債務などが挙げられます。

企業を買収すると、このような簿外債務も一緒に引き継ぐことになるため、多額の損失を抱える恐れがあり、注意が必要です。

厄介なのは、売り手企業の経営者でさえ簿外債務の有無を把握できていないケースが多く見られることです。

買収先を選定する際には、専門家にサポートをお願いし、売り手企業の調査を入念に行うことをおすすめします。

従業員や顧客が離れていく可能性がある

買収した企業の従業員や顧客を引き継げるのは、M&Aの大きなメリットですが、その反面、買収を機に離職者が続出したり、顧客が離れたりする可能性も低くはありません。

特に中小企業では、経営者が従業員や顧客と密な関係を築いていることも多いため、新しい経営者に対する反発が起こることも考えられます。

従業員の離職については、M&Aにともなう労働環境や、労働条件の変化が引き金となるケースもあります。

コミュニケーションをしっかり取り、不安や不満を汲み取るなど、十分な配慮が必要です。

売却を希望しているのは赤字企業がほとんど

そもそも売却を希望している企業は、業績が悪化していることがほとんどです。

慢性的な赤字を抱えている可能性も高く、マイナスから事業を始めることも覚悟しておかなければなりません。

とはいえ、赤字を黒字に好転させるチャンスはあります。

M&Aのメリットとしても紹介しましたが、これまでの経験を活かして業績を伸ばし、企業価値を高めれば、最終的には買収価格よりもはるかに高い価格で売却することも可能です。

経営手腕によっては、赤字企業もお得な案件になり得るでしょう。

必要資金が当初の予算を上回る可能性がある

M&Aを実現するまでには、買収価格のほかにもさまざまな費用がかかります。

まず案件を探すには、取扱件数の豊富なマッチングサイトや仲介サービスに依頼するのが現実的です。

また、M&Aには法律や税金など幅広い知識が求められます。

専門家を手配する必要が出てきますし、売り手企業の調査も自力で行うには限界があるでしょう。

これらの費用をしっかり計算しておかなければ、当初の予算を大幅に超過してしまう恐れがあります。

特に仲介サービスの手数料や専門家への相談料は、依頼先によっては思いのほか高くつくことも少なくありません。

先述のウィルゲートのように、相談料や手数料がかからず、専門家による手厚いサポートが受けられる仲介サービスの利用をおすすめします。

個人向けM&Aおすすめエージェント9選

Willgate M&A

Willgate M&A公式サイト

出典:Willgate M&A公式サイト

Willgate M&A」はIT・Web事業のM&Aに精通している業者です。

Willgate M&Aの大きな魅力は買い手企業の数です。開始から僅か3年で買い手企業の掲載数が1,700社を超え、売り手と買い手のマッチングが叶いやすいサービスとなっています。

成約実績も44件と豊富に持っており、評価額40億円越えの成約実績も持っています。

数多くの成約実績を持っている理由として、有名企業の経営者との繋がりがあります。Willgate M&Aは17年に渡り、Webマーケティングに注力している7,400以上の企業の支援を行ってきました。

これらの取引実績や独自のネットワークから、現在では上場企業を含む9,100社以上との繋がりを持っています。これらの企業と密な連携を図る事でスピーディかつ適切なマッチングを可能にしています。

また、Willgate M&A自身も2度の事業譲渡、4度の事業譲受の経験が有るからこそ、経営者の気持ちを理解し、丁寧なサービスの提供を実現しています。

「IPOではなくバイアウトを検討している」「一部事業を清算し、新規事業への投資拡大をしたい」「大企業と組んで事業を拡大していきたい」などの悩みをお抱えの企業・事業主におすすめのサービスです

Willgate M&Aで
個人向けM&Aの無料相談

M&A DX

M&A DX公式サイト

出典:M&A DX公式サイト

M&A DX」は10,000件を超えるデータマッチングの実績を誇るサービスです。

M&A DXの魅力は豊富な種類のサービスです。通常のM&A会社は5つ程度のサービスしか行っていません。しかし、M&A DXは20ものサービスを提供しており、事業継承・事業再生等のお悩みをまるっと解決します。

また、東京・大阪・名古屋・福岡に拠点を持ち、全国の経営者に寄り添ったサービスを実現しています。

さらに、公認会計士・弁護士・税理士などのM&A専門家率は5割を超え、これらのプロフェッショナルや、全国の金融機関・士業と連携することで M&Aおよび事業継承を最適化します。

M&A DX公式ページからのお問い合わせで着手金が無料でサービスをご利用いただけます。

また、M&A損害保険・相談などが全て無料で、M&Aの成功をワンストップサポートします。

相談だけでも大歓迎です。ぜひ、ご利用ください。

M&A DXで
個人向けM&Aの無料相談

M&Aクラウド

M&Aクラウド公式サイト

出典:M&Aクラウド公式サイト

M&Aクラウド」は買い手の責任者とすぐに会うことができるプラットフォームを提供している業者です。

IT上場企業の20%以上を買い手として掲載中です。大企業だけでなく、多くのベンチャー企業や中堅企業の掲載実績も豊富に持っているサービスです。

この他にも、DX(デジタル・トランスフォーメーション)に関心のある非上場企業も多く掲載しています。

「自社だけでは事業を次のステージに進めるのが難しい」
「会社や事業の売却方法が分からない」
などの悩みをお持ちの方におすすめのサービスです。

M&Aクラウドは買い手のM&Aニーズ・買収実績・独占インタビューなどを公開しており、M&A成立後のミスマッチが起こりにくいシステムになっています。

また、仲介業者が間に入ることが無いため、買い手と直接取引を行えます。マッチングから面談までの平均時間は1週間程度と、スピーディーに交渉を始められるのも大きな魅力です。

さらに、着手金や成約手数料を初め、プロのアドバイザーへの相談なども全て完全無料でご利用いただけます。

完全無料で利用できるプロのアドバイザーへの無料相談だけでもお試しください。

M&Aクラウドで
個人向けM&Aの無料相談

まとめ

M&Aによる起業には、事業を始めるまでの手間とコストをカットでき、人材や顧客も一緒に引き継げるなどのメリットがあります。最近ではマッチングサイトや仲介サービスも充実し、個人でも魅力的なM&A案件を探せるようになりました。

一方で、買収先を慎重に検討しなければ、多額の債務まで引き継いでしまうなど、大きな損失を抱える恐れもあります。そうしたリスクを避けるために、マッチングからM&A成立まで専門家がしっかりサポートしてくれる仲介サービスの利用をおすすめします。

sirasaka / 編集長
sirasaka / 編集長

弊社マーケットエンタープライズが運営する総合買取サービス「高く売れるドットコム」にて査定業務や出張買取などに携わり、現場で培ったリアルな知見を活かし「満足できる買取体験」を提供すべく買取メディアの運用も行っています。 利用者様の買取にまつわる疑問を解決できる有益な発信のため、日々精進してまいります! リユース営業士資格保有(日本リユース業協会より授与)

sirasakaの執筆記事一覧 ≫

関連キーワード