ピアノの処分方法5選|費用はいくら?料金無料の廃棄方法も

ピアノの処分方法を5つに分けて分かりやすく解説しています。費用をかけずに無料で廃棄する方法もあります。ピアノはサイズも大きく部屋から運び出すのも一苦労です。多くの自治体ではグランドピアノやアップライトピアノは粗大ごみとして捨てることができません。そこで、売却・譲渡・回収など様々な方法がある中でおすすめの処分方法を紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてください。


ピアノの処分方法5選|費用はいくら?料金無料の廃棄方法も

グランドピアノを処分したいという場合、大きくて持ち運びも大変なモノになりますので、どう処分していいか分からないという方も多いのではないでしょうか?

そんな疑問を解決するためにピアノの正しい処分方法をまとめてみました。処分費用が高くて処分に困りもののピアノですができるだけ安く処分したいものです。

処分費用がどれくらいかかるのか、状況に合わせた最適な処分方法は何かをご紹介していくので参考にしてみてください。

処分するピアノの種類は何か

処分するピアノの種類によってできる処分の方法が変わりますので、まず、自分が持っているピアノの種類は何か把握してみます。

グランドピアノ

グランドピアノ

本来のピアノはグランドピアノのことを指します。大型の楽器になり、重量が250~400kg程度にもなります。アップライトピアノなど他のピアノと比べるとその重量は重く、運搬する作業人数も増えるため、処分するにも金額が高くなる場合が多いです。

アップライトピアノ

アップライトピアノ

アップライトピアノはフレームや弦、響版が上下に伸びるように作られているのが特徴です。グランドピアノと比べると場所も取りません。重量は200~250kg程度となり、持ち運びは大変なもののグランドピアノと比べると処分費用も低くなる傾向があります。

電子ピアノ

電子ピアノ

電子ピアノは音源部に電子回路を用いた楽器であり、グランドピアノやアップライトピアノと比べ重量も40~80kg程度とピアノの中では軽量です。運搬に必要な人数も少なく、処分費用も低くなる傾向があります。

ピアノを粗大ごみとして処分

粗大ごみ回収の方法は回収までに日程がかかる場合があるものの、処分費用を安く抑えて家具などを処分できます。では、ピアノは粗大ごみとして処分することができるのでしょうか?

結論から述べると粗大ごみとして処分できる自治体と処分できない自治体に分かれます。多くの自治体でピアノは回収してない場合が多いです。

ピアノと同じ鍵盤楽器であるエレクトーンも回収は受け付けていません。この記事で詳しくご紹介しています。

また、電子ピアノは粗大ごみとして回収できるがグランドピアノやアップライトピアノは回収できないという自治体もあります。住んでいる自治体に一度確認してみるか、各市町村で配布しているごみ収集に関するパンフレットを確認してみてください。

例として東京都の練馬区の粗大ごみについて見てみると、足つきの電子ピアノは2,000円で回収しています。練馬区のように電子オルガンなど重量があるものは、回収できないなど条件がある場合もあります。

粗大ごみの出し方について

ピアノを粗大ごみとして処分する際の流れについては以下のようになります。

  1. 粗大ごみ受付センターに申し込み
  2. 粗大ごみ処理券の購入
  3. 粗大ごみ処理券をピアノに貼り付け
  4. 収集日当日

収集または粗大ごみ受付センターに持ち込みする方法がありますがピアノの持ち運びは難しいので収集での方法を解説します。

電話やインターネットから粗大ごみ受付センターに申し込みをし、有料の粗大ごみ券を区内のコンビニエンスストアや区役所などで購入します。このときに住んでいる自治体以外の処理券は利用できないので注意してください。

購入したら次に処理券に「収集日」と「受付番号」または「氏名」を記入してピアノの見えやすい位置に貼り付けます。

収集日当日の指定時間にピアノを指定の場所に搬出すれば回収してくれます。

ピアノの処分にはどのような方法があるの?

ピアノの処分にはどのような方法があるの?

先ほどは粗大ごみとして処分する方法を紹介しましたが、残念ながらピアノを回収対象にしてない自治体もあると思います。ですので、粗大ごみとして処分する方法以外にどのような方法があるかご紹介したいと思います。

不用品回収業者に依頼する

不用品業者を利用してピアノを処分する際は以下の相場を参考に依頼してみましょう。業者によって処分費用が違うということも念頭においておきましょう。

グランドピアノの処分費用相場
40,000~50,000円程度
アップライトピアノの処分費用相場
20,000~30,000円程度
電子ピアノの処分費用相場
10,000円程度

不用品回収業者を利用することのメリット

不用品回収業者に依頼する場合のメリットとしては、ピアノ以外にも不用品をまとめて回収に出すことができる事です。粗大ごみとして自治体に回収してもらう場合には、事前に何を回収してもらうか伝えなければならないなどの手間がかかります。

また、ピアノを回収しに自宅まで来てくれるので、どこかへピアノを搬出する必要もありません。

不用品回収業者を利用することのデメリット

デメリットとしては料金が高めになってしまうことや中には不当に利益を得ようとする悪徳回収業者が存在することです。

料金に関しては電子ピアノを粗大ごみとして出した場合は2,000円程度であるのに対して、不用品回収業者を利用すると10,000円程度かかると考えると割高です。

もし、悪徳回収業者ではないか心配な方は電話などで自治体に問い合わせると適当な不用品回収業者を紹介してくれる場合があるので、そちらを利用するのもおすすめです。

おすすめ無料引き取り業者「ピアノ処分.com」

ピアノ処分.com

不用品回収業者に依頼する場合、比較的高価な値段になりますが、「ピアノ処分.com」を利用すれば、グランドピアノやアップライトピアノを無料で回収してもらうことができます。

引き取ったピアノは修復し、インドネシアやフィリピン、中国など高価で購入が難しい30カ国へリサイクルピアノとして届けられるので、思い出の詰まったピアノも安心して処分することができます。

無料引き取り地域も北海道・沖縄・離島を除く全国に対応しているので、住んでる地域に対応していないのではという心配もありません。追加料金がかからないのももちろん、お手伝いも不要なので便利なサービスです。

参考:ピアノ処分.com

親戚や友人にピアノを無料で譲る

親戚や友人にピアノを譲る

ピアノを処分する方法としては親戚や友人に譲るという方法があります。タイミングがあるので、ちょうどよく必要としている人を見つける必要がありますが、もし、欲しいという人を見つけることができれば喜んで引き取ってもらえます。

近所でピアノを譲れる人を探している場合には、無料で利用できる「地元の掲示板ジモティー」というサイトを利用してみるのもおすすめです。

ピアノの運搬費用相場表

他人に譲る場合でも運搬料がかかってくるので無料というわけにはいきません。ピアノの運搬には引越し業者や運搬業者に依頼します。運搬費用の相場は以下を参考にしてください。

引越し侍によるグランドピアノやアップライトピアノ、エレクトーンなどの運搬にかかる費用相場になります。

運搬距離グランドピアノアップライトピアノエレクトーン
~10km31,417円18,200円13,000円
~20km33,800円20,150円14,300円
~30km39,260円22,100円17,333円
~40km39,867円23,400円17,550円
50~79km49,400円27,950円22,100円
80~99km61,100円34,450円27,300円
100~120km67,340円37,700円31,525円

ピアノ搬入時の特殊作業料金相場表

ピアノは大型のものも多いので部屋へ搬入時に特殊な作業が必要になる場合があり、そこに追加料金がかかることもあります。

作業内容アップライトピアノグランドピアノエレクトーン
階段利用(1階毎)5,000~8,000円5,000~9,000円2,500~8,000円
クレーン車の利用10,000円~10,000~25,000円10,000円~
手吊り10,000~30,000円10,000~25,000円10,000~30,000円
解体・組み立て30,000円~30,000円~

出典:引越し侍|ピアノ引越し・運送にかかる料金相場と目安費用

ピアノの運搬後に調律サービスを行っている業者も

ピアノを運搬することでほとんどの場合、音程がずれてしまいますのでそれに合わせてピアノの調律を行う必要があります。

業者の中には技術を持った調律師が運搬した後に調律してくれるサービスを提供しているところもあるので合わせて利用すると便利です。調律のサービスを利用する際は追加料金が必要になる場合があります。

ネットオークションやフリマアプリを利用する

ネットオークションやフリーマーケットアプリとして有名なのは以下のようなものがあります。

ネットオークションやフリマアプリを利用してピアノを売却する方法は出品と配送の手間がかかりますが売れた場合、高値が付きやすいです。

また、配送料を落札者に負担してもらうこともできるのでリスクも比較的少ないのがメリットです。ピアノの配送方法にはヤマトホームコンビニエンスの「らくらく家財便」を利用する方法などがあります。

デメリットとしては落札されないとなかなか処分できないことが挙げられます。また、急いでいる人にとっては不用品回収業者の方が早く回収してくれて便利な場合があります。

アップライトピアノなど本格的なピアノはヤフオクがおすすめ

メルカリではミニピアノや電子キーボードのようなファミリー層に人気な商品が売れるようなので、本格的なピアノを売却する場合にはメルカリよりもヤフオクが向いているかもしれません。

もし、ファミリー層向けのミニピアノなどを売却したい場合にはメルカリを使うとスグに購入してもらうこともできる可能性があります。

買取業者に依頼してピアノを買取ってもらう

買取業者に依頼してピアノを買取ってもらう

買取専門業者に依頼するメリットとしては処分費用をかけずに売却してお金をもらえることが最大の特徴です。グランドピアノ・アップライトピアノ・電子ピアノを取り扱っている店舗も多く、一度査定に出してみると思いもよらない高値が付く場合もありますので、こちらの記事も参考に利用を検討してみてはいかがでしょうか。

買取専門店というと店頭までピアノを持っていかないと査定ができないと思われる方もいるかもしれませんが、現在多くの買取専門店は出張してピアノを自宅で査定・買取してくれるところが多くあります。

買取についてはこの記事でも詳しく解説しています。

事前の査定の際に必要になる情報

本査定の前に電話やメールでの情報をもとに大体の査定金額を提示する買取専門店が多く、その際に以下の情報を揃えておくことでスムーズに見積もりしてもらうことができます。

  • ピアノのメーカー
  • 型番
  • 製造番号
  • ペダルの本数

型番や製造番号はアップライトピアノの場合は天板上のフタを開けて正面右側付近に、グランドピアノの場合は大屋根をあけて、本体内部にあるフレーム右上面にあることが多いです。

買取専門店の場合、あまりにも古いモデルであったり、状態の悪いものは買取してもらえない場合があります。中には無料で引き取ってくれる場合もあるので買取業者に確認してみてください。

高く売れるドットコムの買取実績

高く売れるドットコムの買取

実際に買取専門店に売却した場合にどれくらいの買取価格になるのか見てみます。

中古 YAMAHA NU1 アップライトピアノ
買取価格:80,000円
中古 YAMAHA CLP-340 クラビノーバ 電子ピアノ 2010年製
買取価格:15,000円
中古 Roland HP605 電子ピアノ 2016年製
買取価格:40,000円

※上記の買取実績はあくまで参考価格としてご覧下さい。その商品の買取価格を保証するものではありません。

商品によっては上記のような金額で買取することができるので一度、査定をしてみてどれくらいの金額が付くか調べてみることをおすすめします。

高く売れるドットコムでは、ピアノ、電子ピアノ、エレクトーンの買取を行っています。事前査定でピアノの買取価格を調べることができるのでおすすめです。

高く売れるドットコムで査定する

ピアノを売るのにおすすめな買取業者

大切に使用してきたピアノはしっかりと次の購入者にも使用して欲しいものです。紹介する買取業者は買取後に修理を行い、きれいな状態で販売を行うので、愛着のあるピアノの売却におすすめです。

ユニオン楽器|ピアノパワーセンター

ヤマハピアノサービス

ピアノ専門40年の老舗ピアノ査定・買取サービスです。お客様から買取したピアノは国内をはじめ海外へも輸出を行っており、大きな販路を持っていることがわかります。

そのため、おのずとピアノの買取も高額査定が期待できます。出張で引き取りを行いますが、運賃や作業料金等は原則かかりません。

ピアノの引き取り当日に現金払いのため急いでいる方にもおすすめです。

ユニオン楽器ピアノパワーセンターで査定する

おいくら

おいくら

全国のリサイクルショップを対象とした一括査定が申し込めるサービスです。

ピアノを最も高く買取してくれるリサイクルショップがすぐにわかり、出張買取も実施してくれます。

おいくらで一括査定する

ヤマハピアノサービス

ヤマハピアノサービス

ヤマハ公式のピアノ買取サービスです。お電話・WEBからお申し込みを行うことができます。

主にアップライトピアノやグランドピアノの買取を行っており、30年以上前の古いピアノでも対応してもらえます。電子ピアノやエレクトーンの買取は対応していません。

運搬費用は買取金額の中に含まれるので、安心して利用できます。また、修理して販売まで行ってくれるので、大切にしてきたピアノをヤマハに引き取ってもらうという方は多くいるようです。

参考:ヤマハピアノサービス

タケモトピアノ

タケモトピアノ

テレビCMで有名になったタケモトピアノのピアノ買取サービスです。買取したピアノは高い技術を持つスタッフにより修理され、世界50カ国の子供たちの下へ届き、リユースされます。

電話受付の対応や買取金額などサービスの質でも評価は高く、一度問い合わせて買取金額を調べてみるのもおすすめです。

参考:タケモトピアノ

買取ができなかったピアノの処分方法

グランドピアノやアップライトピアノは大きなものですので、持ち運びが業者側からしても持ち運びの大変な商材になります。場合によっては買取価格が付かない場合があるので、そのような場合どうするかを考えていきます。

まず、そもそも買取価格が付かないピアノにはどのような特徴があるのかを見てみます。

  • 相場価格の低いピアノ
  • 年式の古いピアノ
  • 壊れているピアノ

グランドピアノなど50年以上前に製造されたピアノなどは買取が難しい場合があります。また、損傷の目立つピアノはなかなか査定額をつけづらいというのが現状です。

では、このように買取を断られてしまったピアノはどのように処分するのがいいのでしょうか。もちろん紹介した方法で廃棄することもできますが、買取サービスの中には無償で引き取ってくれる業者もあります。

すべての買取業者が行っているわけではありませんが、こうした買取業者を見つけて無料で処分することができればうれしいですよね。何件か買取業者にお問合せして確認してみるのもひとつの方法です。

まとめ

ピアノはサイズも大きく処分の最も大変なものの1つです。粗大ごみとして扱えない上に処分しようとすると多額の費用がかかってしまうことがあります。

もし、買取に出すことができれば処分費用をかけずに買取価格をもらえるので手間をかけず便利な方法です。その他の買取方法も状況に合わせて利用すれば処分費用を抑えることができますので、ぜひ、参考にしてみてください。

高く売れるドットコムマガジンをご覧になった方へ

業界最大級の高価買取サービス|高く売れるドットコム

業界最大級の買取サービス「高く売れるドットコム」を利用しませんか? 買取対象品は家電、楽器、カメラ、オーディオ機器、フィギュアはもちろん、貴金属や骨董品まで幅広く対応しています。

ウェブで買取価格がすぐにわかる無料事前査定が好評。全国のリサイクルショップへ一括査定が可能な「おいくら」へも同時に申し込み可能です。

上場企業が運営する買取サービスをぜひお試しください。

簡単60秒の無料査定はこちら
乾太一 / 専属ライター
乾太一 / 専属ライター

あらゆるモノの買取・処分方法を熟知している高く売れるドットコムマガジン編集部のエースメンバー。疑問が多いリユースについて誰もが読んでわかりやすい記事作りを心がけています。