車が高価買取されるタイミングは?売る時期はいつがベストか解説

車を売却するなら、売るタイミングはとても重要です。当記事では、1年の中で高価買取が期待できる時期や、高く売れる車の特徴、税金で損をしない時期などについて解説します。また、少しでも高く売るためのコツや買取業者の選び方も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

sirasaka

カーネクスト

車が高価買取されるタイミングは?売る時期はいつがベストか解説

愛車を買取に出す場合、できるだけ高値で買い取ってもらいたいと考えるのは自然な感情です。実は車の買取において、売る時期が査定額に大きく影響することをご存知でしょうか。

当記事では、車を売るのにベストなタイミングや、なるべく高値で車を売るポイント、買取業者の選び方などについて紹介します。売りに出すタイミングを間違えて損しないためにも、ぜひ最後までご一読ください。

※相場情報は実際の買取価格と異なる可能性がございます。

車が高く売れる時期とは?

一般的にモノが高く売れるのは、需要があるからにほかなりません。それは中古車でも同様です。車の購入希望者が増える時期を見計らい、その少し前に売りに出すことで高値での買取が期待できます。

では、その時期とは具体的にいつごろのことなのでしょうか。

一番の狙い目は1月~3月初旬

車を売却する絶好のタイミングといえば、1月~3月初旬ごろでしょう。というのも、この時期には以下のように、車が高く売れる理由が揃っています。

  • 12月のボーナス直後
  • 4月の新生活に向けた需要
  • 買取業者の決算は3月が多い

まず、12月には年末ボーナスでまとまった収入が得られるため、大きな買い物をするのに適しています。就職や転勤、入学など4月からの新生活に向けて、車の購入を考える人が増加する点も追い風です。

さらに、3月は多くの買取業者における決算月です。決算時期には、どこの業者でも成績(販売台数)をあげるために、在庫を多く抱えようとします。そのため、1月~3月初旬の期間中は高価買取が期待できる、車を売却するにはベストなタイミングといえます。

7月~9月初旬もおすすめ

次点でおすすめの時期は、7月~9月初旬ごろです。この時期も、1月~3月ほどではありませんが、車の需要が高まる傾向があります。

・6月のボーナス直後 ・夏休みや転勤などによる需要 ・9月の半期決算

先ほどと同じく、ボーナスや半期決算が近いことが理由のひとつです。また、夏休みのお出かけによるニーズや、9月頃に転勤になる企業も多いことから、車の購入を考える人が増えます。1月~3月の期間には及びませんが、この時期も車の売却には適しています。

車を売る時期によって、同じ車でも査定額が大きく変わることはよくあります。なるべく高値で車を売りたいなら、上記2つの期間はぜひ押さえておきましょう。

4DWやオープンカーに最適な時期は

なお、車種によっては特定のニーズからか、通常より高く売れる時期があります。たとえば雪の多い地方なら、冬道でも比較的安全な「4DW」の需要が秋ごろ辺りから高くなります。一方、オープンカーを売りたいなら、狙い目はやはり夏前でしょう。

いずれにせよ、車が欲しいという需要が増えると、買取価格は高くなります。いつ売るべきか迷っている場合は、ぜひ参考にしてみてください。

車の状態によるタイミング

基本的には上記のタイミングで売るのがベターですが、車の状態によっては、その限りでない場合もあります。過走行車や年式の古い車、事故を起こした車などは、査定額が低くなりがちです。車は、できるだけよい状態のときに売り出しましょう。

走行距離は10万km以下で売る

走行距離は、車の査定額に大きく影響します。一般的に想定されているのは、1年に1万kmです。この距離以下なら査定額は高くなり、逆にこのペースを大幅に超えている場合は、査定額が低くなる傾向があります。

また、総走行距離が10万km以上の場合は、大幅に買取価格が落ち込みます。長年乗った車の売却を考えているなら、できれば10万kmを超える前に査定に出すことをおすすめします。

年式は10年を超えないように

走行距離と同じく、年式も査定額を左右する要素のひとつです。年式が古いと査定額も下がりやすく、特に10年以上経過した車は、大きく価値が下がるといわれています。年式は1月1日を境に切り替わるので、10年を超える場合は、高価買取を期待できる1月より前に売ったほうが、高く売れる可能性が高まります。

できればモデルチェンジ前に売却を

一般的に、新しいモデルが発表されると、旧モデルの車の買取価格は低くなります。人気のモデルであればこの限りではありませんが、通常はモデルチェンジがある前に売却したほうが、高価買取を期待できます。

マイナーなチェンジならあまり影響はありませんが、フルモデルチェンジの場合は、特に注意してください。とりわけ影響が出やすいのは、燃費に違いが出るエコカーや、買い替えのスパンが短い軽自動車などです。

当然ですが、車の査定額は車の状態によって大きく異なります。高く売れる時期に合わせるより、売却したい車のタイミングを重視したほうが高く売れるケースもあるため、覚えておきましょう。

税金や車検のタイミングを考える

自動車税の支払いや車検のタイミングも考慮すべきポイントです。売る時期を間違えると、余分な税金や車検代がかかることもあるため注意しましょう。

余計な自動車税を払わないタイミング

自動車税とは、4月1日時点で車を所有しているすべての人に課せられる税金です。仮に3月中に車の売却を進めても、最終的な手続きが4月1日を超えた場合、自動車税を支払わなければなりません。

自動車税は1年分を4月にまとめて払うため、余分に払った場合は還付されます。ただし還付されるのは、正確にいうと廃車にする場合です。買取業者によっては、売却であっても自動車税の還付分を買取価格にプラスして見積もってくれるところもあります。

自動車税分のプラス査定があるかどうかは、買取の内訳を見ないと分かりません。年度の途中に車を売却する場合は、なるべく自動車税の還付分を査定にプラスしてくれる業者を選びましょう。また、還付されるのは普通自動車だけで、軽自動車の場合は自動車税の還付がない点にも要注意です。

このように、余分に払った自動車税は返還されますが、4月1日時点ですでに新しい車を所有していた場合は、4月に2台分の自動車税を払うことになります。余計な税金を払わないためにも、3月中に古い車を手放しておきましょう。

車検の直後に売るのは損

車検の期限が迫っている場合は、車検の前に売ることをおすすめします。車検の有無で買取価格が左右されることはありますが、それよりも車検代のほうが高くつく可能性が高いからです。また、車検の際にかかる重量税は還付されません。

ただし、あまりに車検の期日が迫っている場合は、手続き中に車検が切れることも考えられます。そうなるとマイナス査定になるため、車検の期日から2ヶ月ほど余裕を持って、売却するようにしてください。

車をより高く売るコツ

車を売る時期によって買取価格は変わります。しかし、価格に影響を及ぼす要因は、何も売る時期だけではありません。ここでは、車を高値で売るためのコツをご紹介します。

車内の清掃はきちんとする

車を査定に出すときは、洗車して車内をきれいにしておきましょう。見た目のきれいさよりも、走行距離などのほうが重視されることは間違いありませんが、汚いよりかはきれいなほうが、査定時の印象がよくなります。

備品はなるべく揃えておく

車に付属していた取り扱い説明書などは、きちんと揃えておきましょう。付属品は純正のものが好まれます。ナビに使うリモコンなども重要な備品です。紛失しないように気をつけましょう。

人気の車種を購入しておく

いずれ売却するのが前提であるなら、最初からなるべく高く売れそうな車種を購入しておきましょう。特に高値が期待できるのは、軽自動車やコンパクトカー、ハイブリッドカーなどです。また車のボディーカラーは、白や黒の定番色のほうが高く売れやすい傾向があります。

買取業者で価格は大きく変わる

買取業者によっても、査定額は大きく変わります。中古車買取でよく利用されるディーラーと中古車買取店の特徴をそれぞれ見ていきましょう。

ディーラーの特徴

ディーラーとは、自動車メーカーと提携して、新車の販売を手がける業者のことです。つまり、新車をそのディーラーで購入する際に、今の車を下取りに出して、査定価格分の値引きをしてもらいます。

ディーラーによる下取りは、手続きが簡単ですぐに乗り換えられます。メーカーによる車種の縛りもありません。通常では買取価格がつかない場合でも、気持ちばかりの下取り額をつけて値引きしてくれることもあります。

ディーラーによって下取り価格はさまざまですが、一般的にディーラーでの下取り価格は、中古車買取店の査定額よりも低いことが多いでしょう。ディーラーは、あくまで新車の販売がメインのため、査定額では伸び悩む傾向があります。

中古車買取店の特徴

中古車買取店とは、買い取った車を国内外の新しい持ち主に転売する業者のことです。店舗による直接取引や、インターネットを使った取引方法などがあります。

査定のノウハウがあり、販路も確保しているため、ディーラーの下取りよりも高価買取を期待できます。ただし、業者によっては手続きに時間を取られたり、余分な手数料がかかったりすることもあります。

業者ごとに得意な車種なども異なるため、査定額が違うのはよくあることです。なるべく高値で車を売るには、1社だけでなく複数社に査定を依頼し、比較することが大切です。インターネットを利用すれば、短時間で一括査定できるため便利です。

「ナビクル」の一括査定なら高価買取業者がすぐ分かる

ナビクル車買取

参考:ナビクル

なるべく高値で愛車を手放したいという方には、車買取サービス「ナビクル」の利用がおすすめです。ナビクルではオンラインでの無料一括査定が可能で、車種や年式、走行距離など最低限の情報を入力するだけで、最大10社の査定額を比較できます。

また、査定額だけでなく買取相場も提示されるため、安値で買い叩かれる心配もありません。初めて車を売却される方でも安心して利用できますので、この機会にぜひ試してみてはいかがでしょうか。

ナビクルで一括査定する

まとめ

まとめ

車を高値で売りたいなら、車の需要が高まる時期や、モデルチェンジのタイミングを見計らうことが大切です。車の走行距離や年式、車検の時期なども考慮し検討すると、さらにお得に取引できるでしょう。

業者選びの際は、複数の買取業者に査定を依頼し、なるべく高値で買ってくれる業者を検討するのがおすすめです。今回ご紹介した一括査定サイトなども有効活用し、首尾よく車を売却しましょう。

愛車のお金にまつわる話はここから探そう

維持費や自動車ローン、買取から廃車、自動車用語まで、車のお金に関するトピックをまとめました。

>>【愛車のお金にまつわる話】維持費・ローン・買取関トピックを探す<<
sirasaka / 編集長
sirasaka / 編集長

弊社マーケットエンタープライズが運営する総合買取サービス「高く売れるドットコム」にて査定業務や出張買取などに携わり、現場で培ったリアルな知見を活かし「満足できる買取体験」を提供すべく買取メディアの運用も行っています。 利用者様の買取にまつわる疑問を解決できる有益な発信のため、日々精進してまいります! リユース営業士資格保有(日本リユース業協会より授与)

sirasakaの執筆記事一覧 ≫