• 車・廃車買取

ベンツの買取相場は安い?中古車でも人気なモデルやクラスなどを解説



ベンツの買取相場は安い?中古車でも人気なモデルやクラスなどを解説

高級車のイメージが強いメルセデス・ベンツは、比較的安価なエントリーモデルから数千万円もする高級モデルまで、豊富なラインナップがあります。ネームバリューの高さもあり、中古車でもベンツはさぞかし高く売れるだろうと思われがちです。

しかし実は、意外にも高値で売れるとは限りません。そこで当記事では、ベンツの買取事情や車種ごとの相場などについて解説します。ベンツを買取に出そうと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

あなたの愛車の最高買取価格は?

車高く売れるドットコムドットコムの一括査定

カンタン45秒入力!
最大8社の買取専門店が一括査定

車高く売れるドットコムで無料査定する

ベンツの買取事情

ベンツの買取事情

メルセデス・ベンツの中古車買取は、通常の中古車とは事情が異なります。まずは、ベンツの買取事情における予備知識から解説していきます。

ベンツの買取価格は安い場合がある

高級車として知られるベンツは、購入費や維持費に莫大なお金がかかり、所有すること自体が1つのステータスです。にもかかわらず、買取に出したときに、さほど高値で売れないことがあるのです。それは一体なぜなのでしょうか。

買取価格が下がる理由として考えられる点は、燃費が悪い・維持費が高いことです。特に近年では、家計に優しいエコカーの人気が高いため、輸入車でお金が多くかかるイメージの強いベンツは、中古車でも手を出しにくいという背景があります。

さらに、ベンツの買取価格が安いと感じるもう1つの理由に、残価率があります。車は年数を経るごとに価値が下がっていき、買取価格にも影響してきます。ベンツも例外ではありません。

たとえば、800万円のベンツと300万円の普通車を比較してみましょう。3年後に残価率が50%になるとしたら、値下がり幅はベンツが400万円、普通車は150万円です。同じ3年でも、ベンツはもともとの購入費が高いために、値下がりの割合が普通車より大きくなります。そのため、値下がりしたあとの買取価格が余計に安く感じてしまうのです。

ベンツでも人気の車種は高値で売れやすい

需要は低めでも、輸入車の中で比べればベンツは人気があります。ブランドネームはもちろん、性能そのものも優れているからです。車種によっては高値で売れるケースも十分にあり得ます。

高価買取を期待できるベンツには特徴があります。たとえば、市場で人気が高い・新車価格が高い・希少性があるという条件を満たしているモデルは、高値で買取されやすい傾向です。この条件を満たすモデルとしては、上位のSクラスやSUV仕様のGクラス、高級セダンで安定した人気があるCクラスなどが当てはまります。

ベンツのクラス別人気モデルと相場感

ベンツのクラス別人気モデルと相場感

ベンツには数多くのクラスがあり、相場がそれぞれ異なります。ここでは需要と人気が高いモデルや、クラスごとの相場について解説します。

Aクラス

ベンツのクラスの中でも、コンパクトかつエコロジカルな特徴を持つAクラスは、市場で高い人気があります。小回りが利く点や燃費のよさにも定評があり、普段乗りしやすい車種です。

コンパクトカーの特徴が強いAクラスは、走行距離の長さが査定に影響する場合があります。走行距離が短いほうが、査定にプラスの影響を与えやすいため、もし売却を検討するなら3万kmや5万kmを超えないように気を付けましょう。特に人気があるモデルは「A180」「A200d」「A250スポーツ4マチック」などで、Aクラスの中でも相場は高めです。

Bクラス

Bクラスのベンツは、コンパクトカーとミニバンを両立させているのが特徴です。ハッチバック仕様となっており、後部座席を倒すことで荷物を多く積載できます。そのため、旅行やアウトドア用途などにも好相性です。

ボディサイズはAクラスと変わりませんが、車内の空間がより広く取られています。市場での人気はほどほどですが、需要はあります。Bクラスの中でも「B250 4マチックスポーツ」「B180」といった車種が特に人気で、高値で取引されることが多いでしょう。

Cクラス

Cクラスは、日本での販売台数が最も多いといわれています。コンパクトでほどよい大きさのボディサイズと、小回りの利きやすい操作性能が特徴です。狭い路地が多い日本国内での運転に相性がよいとされています。

一般的に高級車として認知されるのがこのCクラスからで、AクラスやBクラスよりも外装・内装の高級感が増しています。市場での人気・需要は非常に高く、どのモデルも高めの価格で取引されています。特に人気があるのは「C180」「C200アバンギャルド」や、Cクラスの「ローレウスエディション」などです。

Eクラス

Eクラスは、ベンツの中では中間の位置付けです。Cクラスほどではないものの、高い人気を誇ります。

ほかのクラスと比べて、標準装備が充実しているのが魅力です。ボディタイプが豊富で、セダン以外にステーションワゴン・クーペ・カブリオレの全4種類があります。

モデルにもよりますが、高価買取が期待できる車種と考えてよいでしょう。特に「E200アバンギャルド」「E300アバンギャルドスポーツ」などのモデルは人気が高い傾向です。

Gクラス

Gクラスは軍用車由来の車種で、悪路における走破性の高さが魅力です。もちろん舗装されたオンロードでも、ベンツならではの快適な走行を体感できます。

Cクラスと並ぶほど人気が高く、買取相場はほかのクラスよりも一際高めです。「G550」や「G350 d」などは特に人気があります。

Sクラス

Sクラスはベンツの中でも高級モデルに位置し、歴史のある車種です。「フラッグシップモデル」と称されるだけあり、見た目の上質感・安全性・快適性・走行性能など、あらゆる面で高品質に仕上がっているのが特徴です。

クオリティが高い分、購入費用は高く、誰でも手にできるものではありません。しかし、中古車市場におけるSクラスの相場は2桁~3桁、人気が高いものは4桁と、価格に大きな幅があります。人気の高いモデルの一部を挙げると、「S400」や「S450 Long」などは需要が高く、高価買取が期待できます。

その他のクラス

残りのクラスは、特定の層に需要がある車種です。必ずとはいえませんが、業者によっては高額で買取してもらえる場合があります。

たとえばMやVクラスは、ファミリー層に需要があることから、高価買取されるケースがあります。特にVクラスは、市場に出回っている数が少ないため、高値がつく可能性があります。

CLA・SL・GL・GLAは新車価格が高いため、買取相場も高値になりやすい傾向です。中でもCLAクラスはCクラスに次ぐ人気と需要を誇り、業者によってはかなりの高値で売れるでしょう。

GLクラスは中古車の数が少ないため、高値で買い取られる場合があります。GLAはまだ新しい車種なので、相場が下がっておらず高値で売れやすいでしょう。しかし、新車価格は低めなので、モデルチェンジをきっかけに相場が下がる可能性があります。

CLSは、装備が豪華・新車価格が高い・スポーティなデザインが好評などの理由から人気があり、高価買取が期待できます。GLK・SLKは、実用性や仕様の観点から、あまり需要が高くありません。需要がないものは業者も欲しがらないため、買取価格は低くなりやすいでしょう。

車高く売れるドットコム

ベンツは事故車でも部品に買取価値がある

ベンツは事故車でも部品に買取価値がある

事故車のベンツを買取に出したいというケースもあるでしょう。いくらベンツであっても、事故車となれば廃車にするか、安値で買い取られるしかないように思われがちですが、実は意外と高値で売れることがあるのです。

走れなくなったベンツでも、分解して部品単位にすることで、また新しい価値が生まれます。年式の古いベンツを今も乗り続けているファンにとって、事故車から取れる中古パーツはとても価値があるからです。

日本だけでなく海外にも需要があるので、事故車でも欲しいという業者は少なくありません。事故車のベンツの処分を考えている方は、買取に出すことも検討してみてはいかがでしょうか。

ベンツを高く買い取ってもらうコツ

ベンツを高く買い取ってもらうコツ

せっかく買取に出すなら、できるだけ高値で売れてほしいものです。ここでは、査定額をなるべく高くするためにやっておきたいことをご紹介します。

純正パーツで揃える

車をカスタマイズして非純正パーツに変えた場合は、純正のパーツに戻しておきましょう。完全な純正品のほうが市場での需要が高く、買取価格にも影響します。

業者によっては、自分で戻さずに純正のパーツを引き渡してくれればよいとする場合もあります。カスタマイズしている場合でも、純正品がある場合はきちんと業者に伝えるほうが高値が付きやすいでしょう。

清潔感を意識する

車高く売れるドットコム

買取に出す前に内装や外装、エンジンルームなどをきれいにしておきましょう。というのも、見た目の美しさは買取価格に影響するからです。

買取に出す車は、業者にとって売り物になる予定の車でもあります。汚れていたり臭いが気になったりするような状態のままだと、人間心理としてよい査定を出しにくいのです。

とはいえ、車内の清掃や消臭にこだわるあまり、最終的に赤字になっては元も子もありません。清潔感を見いだせる程度にとどめておくのが丁度よいでしょう。

上位クラスである点や装備品を業者に伝える

車に搭載されている装備品やクラス次第では、査定額が上がる場合があります。ベンツは車種が多いため、クラスや装備品を加味すると複雑な査定になりがちです。

ベンツのことをあまり知らない査定士もいるので、上位クラスの場合や装備をたくさん搭載したベンツでも、査定の評価に入らない場合も考えられます。もし、所有しているベンツの装備品が多かったり、ランクのよいクラスであったりする場合は、損をしないためにも積極的に査定士に伝えたほうがよいでしょう。

愛車を買取に出すなら一括査定サービス「ナビクル」がおすすめ

ナビクル車買取

愛車を高く買い取ってもらうコツは、複数の買取業者の査定額を比較してから売却先を決めることです。しかし、複数の業者から見積もりをとるのは、時間や手間がかかって大変です。

そこでおすすめしたいのが、車買取サービス「ナビクル」です。最低限の情報を入力・送信するだけで、一度に最大10社まで査定依頼し、買取価格を比較できます。査定料金は無料なので、試しに利用してみてはいかがでしょうか。

ナビクルで一括査定する

まとめ

ベンツは新車価格と比較すると、売値が安く感じます。実際のところ、買取相場はクラスや車種によって変わります。

人気のモデルや需要の高いクラスは、相場が高い傾向があります。たとえばCクラスやGクラスは人気があり、相場も高いでしょう。逆に、ベンツでも需要が少ないクラスは一部あり、それらは買取価格が低くなる傾向です。

ベンツには多種多様なクラス・モデルがあります。所有するベンツにどれくらいの需要や価値があるかを知るには、一度査定に出して、業者に見積もりを取ってもらうとよいでしょう

愛車のお金にまつわる話はここから探そう

維持費や自動車ローン、買取から廃車、自動車用語まで、車のお金に関するトピックをまとめました。

>>【愛車のお金にまつわる話】維持費・ローン・買取関トピックを探す<<
齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。

関連キーワード