• 車・廃車買取

未使用車とは?購入する3つのメリットとデメリットも徹底解説

この記事では、未使用車の概要や未使用車を購入する3つのメリットとデメリットについて具体的に説明しています。未使用車の購入を検討している方、必見です。

sirasaka

カーネクスト

未使用車とは?購入する3つのメリットとデメリットも徹底解説

近年、注目されつつある未使用車。車を購入する選択肢として、未使用車の購入を考えている方も多いかと思います。

しかし、「未使用車を購入するメリット・デメリットって何なのだろうか?」「そもそも、未使用車って何?」という疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか?

実は、未使用車には3つのメリットとデメリットがあります。

そのため、この記事では、未使用車の概要を初め、未使用車を購入する3つのメリットとデメリットについて具体的にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

※相場情報は実際の買取価格と異なる可能性がございます。

未使用車とは

未使用車とは

「未使用車とは何なのか?」「新車、中古車とは何が違うのか?」という疑問を抱えている方も多いかと思います。

そのため、ここでは未使用車の概要や新車、中古車との違いについて具体的に説明していきます。

未使用車新古車は新車と中古車の間に位置づけされる

未使用車とは、新車と中古車の間に位置づけされる車のことです。

具体的には、ディーラーや展示車として新車登録をされているが、ほとんど利用されていない車のことです。

ほとんど利用されていないため、走行距離も短く、新車同等のスペックを保っている車も少なくありません。

また、新古車という言葉もありますが、新古車と未使用車は同じ意味を持っています。

新古車と表記すると、消費者に誤解を招く可能性があるので、車の販売店が新古車と表記するのは禁止されています。

そのため、現在は、新古車よりも未使用車として売りに出されている車が多い傾向にあります。

新車との違いとは

未使用車と新車の違いは、以下の通りです。

  • ナンバーの登録をされているかどうか
  • 走行距離があるかどうか

新車は、消費者が車を注文した後に作られ、ナンバーの登録が済んだ後に消費者の元に渡ります。

しかし、未使用車はすでに注文し、ナンバーの登録を済ませています。

つまり、販売店側がすでに車を購入しているのです。

また、未使用車は展示車や試乗車として利用されることが多く、すでに走行距離があります。

もちろん新車は、試乗車や展示車として使われていないので走行距離がありません。

しかし、走行距離が100km以下の未使用車が多いので、走行距離に関してはそれほど気にする必要はありません。

中古車との違いとは

未使用車と中古車の違いは、以下の通りです。

  • 他のお客さんに販売されたかどうか
  • キレイな車かどうか

未使用車は、すでに販売店が購入している車ですが、他のお客さんにはまだ販売されていません。

その反面、中古車は、少なくても1回は他のお客さんに販売されています。

つまり、車のワンオーナーになれるかどうかが大きな違いだと言えるでしょう。

また、車の状態も未使用車と中古車では異なります。

中古車が全て汚いという訳ではありませんが、利用されている回数が多いと各種パーツに不具合が起きていたり、外装に細かいキズがあったりします。

その反面、未使用車は利用された回数が少ないのでキレイな状態で保たれていることがほとんどです。

未使用車を購入するメリット

未使用車を購入するメリット

「未使用車を購入するメリットはあるのか?」という疑問を抱えている方も多いかと思います。

そのため、ここでは、未使用車を購入する3つのメリットについて具体的に説明していきます。

新車並みのキレイさながら価格が安い

未使用車を購入する1つ目のメリットは「新車並みのキレイさながら価格が安い」ことです。

未使用車の概要でも説明したとおり、未使用車は展示車として利用されていることがほとんどです。

展示車として利用される機会が多いため、基本的には新車と変わりありませんが、未使用車というだけで価格は新車よりも安くなります。

また、メーカーオプションが付いている未使用車も存在します。「新車を購入したいが予算が足りない。

しかし新車のような車が欲しい」という方には、ぴったりな車だと言えるでしょう。

納車までのスピードが早い

未使用車を購入する2つ目のメリットは、「納車までのスピードが早い」ことです。

新車を購入した場合、契約後に車の製造が始まるため、契約後から納車までは1ヶ月程度かかることも珍しくありません。

人気車種であれば、納車まで数ヶ月かかる場合もあります。

しかし、未使用車の場合はすでに製造されて販売店に置いてあるため、早ければ契約後すぐの引き渡しも可能です。

「新車に近い車を早く乗りたい」という方には、ぴったりな車だと言えます。

一部税金が免除される

未使用車を購入する3つ目のメリットは「一部税金が免除される」ことです。

新車を購入した場合、ナンバープレートを付けるためには、重量税と自動車税を支払う必要があります。

しかし、未使用車の場合はすでに販売店が重量税と自動車税を支払っています。

つまり、購入者は、重量税と自動車税を支払う必要がありません。

もちろん、翌年からは重量税と自動車税を支払う必要があるのですが、車を購入する初期費用を軽減できる点は大きなメリットと言えます。

未使用車を購入するデメリット

未使用車を購入するデメリット

「未使用車はメリットがたくさんあるというのは分かったが、もちろんデメリットもあるんでしょ?」と思っている方も多いかと思います。

そのため、ここでは未使用車を購入するデメリットについて具体的に説明していきます。

車種の選択肢がほとんどない

未使用車を購入するデメリット1つ目は「車種の選択肢がほとんどない」ことです。

新品同様の車を安く購入できることから、未使用車は人気です。

多くの購入者が未使用車を狙っているため、販売されてから1日で売り切れてしまうということも珍しくありません。

また、未使用車は販売台数が少ない傾向にあるので、少ない車種の中から選ぶしかないという場合もあります。

オプションを付けることができない

未使用車を購入する2つ目のデメリットは「オプションを付けられない」ことです。

後付けで付けられるオプションであれば問題ありませんが、中には製造時にしか付けることができないオプションもあります。

未使用車はすでに製造して納車されている車なので、製造時にしか付けられないオプションを後付けすることは出来ません。

しかし、未使用車は、ある程度メーカーオプションがついていることがほとんどです。

人気なオプションがついていないということはあまりないので、極端に心配する必要はありません。

新車よりも初回車検が短い

未使用車を購入する3つ目のデメリットは「新車よりも初回車検が短い」ことです。

新車で購入した場合、初回車検は3年です。

しかし、未使用車はすでに納車されてから時間が経過しているので、新車に比べて初回車検が短くなります。

未使用車の選び方

未使用車を購入する場合は、「走行距離」に注意して選びましょう。

未使用車の多くは展示車として扱われるため、走行距離が100km以下の車も数多く存在しますが、中には試乗車として使われている車もあります。

試乗車として扱われていると、他の未使用車よりも走行距離が多くなっているので、必ず販売店に「この未使用車は、どのような使われ方をしたのか」ということを確認しましょう。

未使用車は4月と10月に狙おう

ここまで記事を読んでくれている方の中には、未使用車の購入を検討している方も多いかと思います。

もしも、未使用車の購入を検討している場合は、4月と10月に車を探してみましょう。

なぜなら、4月や10月は決済月の翌月なので、未使用車が多く出回りやすいからです。

多くの企業は、販売実績を上げるため、3月と9月に車を購入する傾向があります。

そして、翌月の4月と10月に未使用車として売りに出す場合がほとんどなので、未使用車を探す場合は4月と10月が狙い目です。

また、フルモデルチェンジやマイナーチェンジが行われる時期も未使用車が出回りやすい傾向にあります。

未使用車の探し方

未使用車の探し方

ここでは、未使用車の探し方について具体的に説明していきます。

ディーラー系列の中古車店で探す

未使用車を探す場合は、まず「ディーラー系列の中古車店」で探してみましょう。

ディーラーで展示した車は、多くの場合、ディーラー系列の中古車店に流れます。

ディーラー系列の中古車店に未使用車が流れますので、必然的に未使用車はディーラー系列の中古車店に多く集まります。

可能であれば、ディーラーに足を運び、いつ頃未使用車が販売されるか聞いておくと良いでしょう。

中古車情報サイトから探す

未使用車を探す場合、「中古車情報サイト」も見てみましょう。

ディーラー系列の中古車店に出向くことが難しい場合は、この方法がおすすめです。

中古車情報サイトで未使用車を探す場合は、まず、検索窓に欲しい車の車種を記載します。

次に、「新車・未使用車」という項目にチェックを入れて検索をかければ、未使用車情報が表示されます。

中古車販売専門店から探す

未使用車を探す場合「中古車販売専門店」も探してみましょう。

ディーラー系列の中古車店に比べると未使用車は少なくなりますが、未使用車を置いている販売店もあります。

中古車販売専門店をメインにして未使用車を探すというよりは、ディーラー系列の中古車店で未使用車を探すついでに見るという使い方をしましょう。

まとめ

この記事では、未使用車を購入するメリットやデメリットなどについて具体的に説明してきました。

未使用車は、新車同等の車が安く買える、納車までが早いなどというメリットがあります。

ただ、車種の選択肢がほとんどないという点に関しては注意しましょう。

そして、未使用車は4月と10月が狙い目であり、ディーラー系列の中古車店に流れる傾向があります。

そのため、未使用車を狙っているのであれば、4月又は10月にディーラー系列の中古車店に出向いてみることをおすすめします。

愛車のお金にまつわる話はここから探そう

維持費や自動車ローン、買取から廃車、自動車用語まで、車のお金に関するトピックをまとめました。

>>【愛車のお金にまつわる話】維持費・ローン・買取関トピックを探す<<
sirasaka / ライター
sirasaka / ライター

弊社マーケットエンタープライズが運営する総合買取サービス「高く売れるドットコム」にて査定業務や出張買取などに携わり、現場で培ったリアルな知見を活かし「満足できる買取体験」を提供すべく買取メディアの運用も行っています。 利用者様の買取にまつわる疑問を解決できる有益な発信のため、日々精進してまいります! リユース営業士資格保有(日本リユース業協会より授与)

sirasakaの執筆記事一覧 ≫

関連キーワード