ブラウン管テレビ・モニターの処分方法|正しい捨て方・関連法律

以前はどこのご家庭でも使っていた古くて大きなブラウン管。処分するときにはさまざまな処分方法があります。ブラウン管テレビとブラウン管パソコンモニターで処分方法が大きく異なり、家電販売店や自治体、製造メーカーなど、回収を依頼することができる場所や費用もさまざまです。この記事でブラウン管の捨て方と関連する法律についてまとめています。処分の際にぜひお役立てください。


ブラウン管テレビ・モニターの処分方法|正しい捨て方・関連法律

昔、使っていたブラウン管のテレビがまだ家に残っているということはありませんか。ブラウン管のテレビやモニターは奥行きがあって場所をとり、処分するのにも重くて持ち運びが大変です。

また、同じブラウン管でも、テレビとパソコンのモニターでは処分方法が異なります。それぞれの処分方法について、どこに申し込みをしたらいいか、申し込み窓口から手続き方法、必要になる料金などを詳しく解説します。

液晶テレビの処分方法はこちらの記事を参考にしてください。

ブラウン管を処分するには?

ブラウン管は粗大ごみとして出すことができません。約20年前から2種類の法律によってリサイクル回収することが定められています。

そもそもブラウン管は、「ブラウン管テレビ」と「ブラウン管パソコンモニター」の2つに分類され、それぞれの回収方法が異なります。それらを確認して正しい方法でブラウン管を処分しましょう。

ブラウン管テレビの処分方法

ブラウン管テレビの処分方法

ブラウン管テレビは、基本的にはチューナーがついていてテレビを見ることができるものになります。ブラウン管モニターとは違って、家電リサイクル法での回収方法に沿って処分することになります。

家電リサイクル法では処分時には家電販売店などへ回収を依頼すること、指定の引取所へ自分で持ち込むことなどが定められています。

処分方法の基本的な流れ

処分方法の基本的な流れ

家電リサイクル法の対象となるブラウン管テレビを処分するときには、大きく分けると、購入先の家電販売店に引き取りを依頼する方法と、自分で指定の引取所に持ち込む方法の2つの方法があります。

基本的な処分方法は、テレビの処分時に家電リサイクル券に必要事項を書き込んでからリサイクル料を支払い、不要なテレビを処分してもらうという流れになります。(持ち込みのときの処分方法の流れはリサイクル料の支払いが先になります。)

家電リサイクル券とは?

家電リサイクル券には家電販売店で使用する「料金販売店回収方式」と、郵便局で発券される「料金郵便局振込方式」の2種類のものがあります。家電リサイクル券は、リサイクル料を支払ったあとや家電の処分後にリサイクル状況の管理をするため家電の一つひとつに貼り付けておく券です。

リサイクル料支払い後に受け取る「排出者控え」は、リサイクル料を支払ったことの証明になり、家電のリサイクル状況を確認することもできるので大切に保管しておきましょう。

参考:家電リサイクル券センター

家電販売店に回収を依頼する

家電販売店に回収を依頼する

まずひとつめの処分方法として、不要になった古いブラウン管テレビは、以前にそのテレビを購入した家電販売店や新しくテレビを購入する家電販売店に引き取ってもらうことができます。

遠くへ引っ越した・購入先がわからないという場合には、他の回収可能な販売店に回収を依頼することもできます。ただし、すべての販売店が必ず回収しているというわけではありません。

一般財団法人家電製品協会によって推奨された「家電リサイクル券取扱優良店」でしたら、販売したテレビなどの家電でなくてもリサイクル家電の回収に対応しているので、回収を依頼する前に電話等で推奨店かどうかを確認したほうがいいでしょう。

自治体に確認する方法もある

自治体に確認して回収方法を案内してもらうことも1つの方法です。お住まいの自治体によって案内される内容は異なりますが、どこにリサイクルを依頼すればいいのかがわからないときにブラウン管テレビを回収している指定先を教えてもらえるなど、知りたい処分方法を確認することができます。

家電販売店に回収を依頼すると引取料や運搬料などがかかります。引取料は販売店に依頼するときには通常必要になる料金ですが、さらに販売店によっては指定する運搬料を支払うことで自宅から運んでもらうことも可能になります。

重いブラウン管テレビを持っていくのが大変だという場合には運搬まで頼むことができて、時間や労力がかからないというメリットがあります。

指定引取所へ持ち込む

指定引取所へ持ち込む

次の方法は自分でブラウン管テレビを持ち込んで処分する方法です。ブラウン管テレビは直接指定の引き取り所へ持ち込むことができます。

指定引取所へ持ち込む場合には、事前に郵便局で「料金郵便局振込方式」の家電リサイクル券に必要事項を記入してからリサイクル料を振り込みます。

支払い後窓口から受け取った振替払込受付証明書をリサイクル券の現品貼付用の場所に貼り付けて、指定の引取所へ不要なブラウン管テレビを持ち込むときに不要なテレビと一緒に持参します。支払い済みのことを伝えてテレビをリサイクルに出したあとには、リサイクル券の排出者控えを受け取って処分が完了となります。

重いものなので重労働となりますが、指定引取所へ自分で持ち込むことで、運搬料がかからないなど費用面でのメリットがあります。

処分時にかかる費用

処分時にかかる費用

ブラウン管テレビを処分するときに必要なリサイクル料金は、品目とメーカーによって金額が異なり、以下、例として出してみます。

テレビの大きさ処分費用
15型以下1,700円
16型以上2,700円

例えば、国内の主要メーカーのテレビでは、リサイクル料金は15型以下が1,700円、16型以上が2,700円となっていますが、国内外の他メーカーの場合にはまた料金が変わってきます。

家電販売店で処分を頼む場合には販売店ごとに費用は異なりますが、リサイクル料金のほかに収集・運搬料金が大体1,000円~、自宅まで引き取りを頼む場合にはさらに出張料金がかかる場合もあります。

指定引取所へ自分で持ち込むときには、リサイクル料金と郵便局の振込手数料だけが必要となるので、販売店に回収を依頼するよりも費用を抑えることができます。

おいくら

ブラウン管モニターの処分方法

ブラウン管モニターの処分方法

ブラウン管パソコンモニターやブラウン管モニター一体型パソコンは、資源有効利用促進法による回収方法に沿った処分方法となります。製造元のメーカーに回収を依頼する方法やパソコン3R推進協会に依頼する方法、リサイクルショップを利用するなど、さまざまな処分方法があります。ひとつずつ見ていきましょう。

メーカーに依頼する

メーカーに依頼する

ブラウン管パソコンモニターやブラウン管モニター一体型パソコンの処分は、メーカーに依頼するのが通常の処分方法です。古いパソコンやモニターに貼られている型番などが記載されているシールやPCリサイクルマークの有無をチェックして、事前にメモに番号を控えてから申し込みを行うといいでしょう。

申し込みは、各メーカーの窓口に電話をするか、インターネットから申し込みます。PCリサイクルマークがあるかないかで回収にかかる費用と回収の流れが異なるので、それぞれの回収方法について確認しましょう。

PCリサイクルマークがあるとき

電話やインターネットで、処分したいモニターのメーカーの問い合わせ窓口に申し込みをします。申し込み時には「製品の型番」や「PCリサイクルマークの有無」などを確認して伝えます。

申し込み後にはエコ・ゆうパック伝票や排出手順書などが届くので、1台ずつ梱包をしてから伝票を貼り付け、郵便局に持ち込むか集荷を頼んでメーカーに発送します。

PCリサイクルマークがないとき

マークがあるときと同じように、まずは電話やインターネットで処分したいモニターを製造したメーカーの問い合わせ窓口に申し込みをします。

申し込み後、PCリサイクル料の払込票が届くので、指定されたコンビニエンスストアや郵便局(ネット申し込みのときにはクレジットカード支払いも可)でリサイクル料金の支払いを行います。

料金支払い後に今度はエコ・ゆうパック伝票や排出手順書などが届くので、不要なモニターを1台ずつ梱包して伝票を貼り付け、郵便局に持ち込むか集荷にきてもらい、メーカーに発送します。

パソコン3R推進協会に依頼する

パソコン3R推進協会に依頼する

処分したいブラウン管モニターを製造したメーカーがなくなった場合など、メーカーに頼むことができないときにはパソコン3R推進協会に処分を申し込むことができます。申し込み方法はインターネットか、専用の回収申込書を使用してのFAXまたは郵送のみになっていて、電話では申し込みができません。

申し込み後の流れはPCリサイクルマークがないときの流れとほぼ同じになります。パソコン3R推進協会に回収を頼むときには、PCリサイクルマークがついているディスプレイでもリサイクル料が必要になるので注意しましょう。

リサイクルにかかる料金

PCリサイクル法が定められた2003年10月からは、販売されている家庭用パソコンやモニターには、PCリサイクルマークが購入時にすでについています。2003年10月以前に購入した場合にはマークがついておらず、このマークがついているかどうかで処分時にかかる費用が変わります。

PCリサイクルマークはすでにリサイクル料金が支払ってあるということを知らせる印になるので、マークがあるときには処分時にリサイクル料金がかかりません。

リサイクル料金は以下のような取り決めとなっています。。

タイプリサイクル料金
ブラウン管モニター4000円+税
ブラウン管モニター一体型パソコン4000円+税

モニターと一緒にデスクトップパソコンの本体部分も処分するときには、パソコン本体1台につき3000円+税がさらにかかることになります。パソコン3R推進協会に処分を申し込む場合には、PCリサイクルマークがないときと同じようにリサイクル料金がかかることになります。

また、不要なモニターをメーカーに発送するときは、着払いで送ることになるので送料は無料となっているため、PCリサイクルマークがついているモニターの場合には、処分時に費用がかかりません。

リサイクルショップに依頼する

おいくら

おいくらは、全国のリサイクルショップおよび質屋へ売りたいアイテムの一括見積りが行えるサイトです。テレビの型番や年式等を入力すると、買取したい複数のリサイクルショップからまとめて査定価格の見積もりが届くので、一度申し込みをするだけで簡単に買取価格が比較できます。

全国1400以上のショップが登録されているので、処分する前に買取可能なショップを探してみてはいかがでしょうか。

おいくらで一括査定する

処分時の注意点

処分時の注意点

ブラウン管モニターだけの処分を申し込むときには問題がないのですが、モニター一体型パソコンの処分の場合にはパソコンのデータが残っていないように気をつける必要があります。回収を行っているメーカーやお店などでは個人情報などのデータがパソコンに残っていた場合、情報漏えいについては保証していません。

万が一、住所や氏名、マイナンバー、銀行の口座情報、クレジットカード情報などが第三者に渡ってしまうと大変なことになります。

パソコンに残っているデータを消去するには、データ消去用のソフトを使用して消去するかデータが書き込まれているハードディスクを割ってデータを見ることができないようにする方法があります。

まだ正常に起動するディスプレイ一体型パソコンの場合にはデータ消去用ソフトが使用できますが、電源が入らないなどすでに故障しているものは、分解してハードディスクを取り出す必要があります。

回収窓口

ブラウン管モニターの回収窓口はメーカーやパソコン3R推進協会になります。メーカーの申込窓口はモニターの説明書やモニターに貼られている電話番号から確認することができますが、番号が記載されていないときなどには、パソコン3R推進協会のサイトから各メーカーの窓口を調べることも可能です。

ブラウン管の処分に関連する法律と関連記事の紹介

ブラウン管の処分に関連する法律と関連記事の紹介

ブラウン管テレビ・モニターの処分方法をいくつかご紹介してきました。最後に、関連する法律を2つ解説していきます。

家電リサイクル法

家電リサイクル法は2001年に施行された、いらなくなったエアコンやテレビ、冷蔵・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などの対象家電製品を捨てずに家電販売店などで回収を行ってリサイクルに回すことを定めた法律です。ブラウン管テレビもその対象となっているので、家電リサイクル法で決められた通りの回収方法をする必要があります。

関連記事

資源有効利用促進法(PCリサイクル法)

2003年より定められた資源有効利用促進法(PCリサイクル法)は、いらなくなったパソコン本体やモニター、キーボード、マウスなど標準の付属品をごみとして捨てずに、メーカーが回収を行ってリサイクルするということを定めた法律です。この法律による対象機器は、デスクトップパソコンやノートパソコン、CRTモニター(一体型パソコン)、液晶モニター(一体型パソコン)になります。

関連記事

ブラウン管の処分は不用品回収業者へ一括見積りもおすすめ

ブラウン管やモニターの処分に民間の不用品回収業者への一括見積をおすすめします。エコノバなら一度の査定申し込みで複数の業者から処分費用を見積もってもらえるため、料金の比較検討が簡単に行えます。明確な相場がわかりづらい物の処分費用がすぐにわかります。ブラウン管の他にも片付けたい家電が家具があるならぜひ利用してみてください。

エコノバで回収業者を一括見積りする

まとめ

ブラウン管の処分方法や必要になる費用がテレビとモニターで大きく異なっています。現在ブラウン管を処分するときには家電リサイクル法やPCリサイクル法に定められた処分が義務づけられています。

まずは申込窓口や方法、料金を正しく理解することから始めてください。重い荷物を運ぶ必要がない方法や費用を抑えられる方法から自分に合った処分方法を選び、場所をとるブラウン管を処分してすっきりさせましょう。

ブラウン管以外にも処分頻度の高い品目を捨てようと考えている方は、こちらの記事もおすすめです。

齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車などあらゆる物の処分方法や買取のコツを紹介し、世の中にリユースを広めるべく活動しています。