• 古銭買取おすすめ

天保通宝の買取おすすめ業者3選!天保通宝の価値は?売る時の注意点も

「天保通宝」という文字が刻まれている貨幣。現在は価値が上がり、プレミアがついている天保通宝も比較的多く存在します。今回は天保通宝の種類と現在価値を解説していきます。

sirasaka

天保通宝の買取おすすめ業者3選!天保通宝の価値は?売る時の注意点も

※当記事はアフィリエイト広告を含みます。
※「高く売れるドットコム」「おいくら」は弊社マーケットエンタープライズが運営するサービスです。

天保通宝は、江戸時代から明治時代にかけて日本で使われた貨幣です。
同じ江戸時代の古銭である寛永通宝とともに、古銭コレクターから根強い人気を誇ります。

偽物も多く出回っていますが、現在は偽物の方が高く売れることもあります。
そのため、もしも天保通宝をお持ちであれば、一度買取査定に出してみましょう。

この記事では、天保通宝の価値と種類、高く売るコツについてご紹介します。

▼寛永通宝についての詳しい記事はこちら

※相場情報は実際の買取価格と異なる可能性がございます。

天保通宝の買取おすすめ業者3選

天保通宝を高額買取してくれるおすすめ買取業者をご紹介します。

福ちゃん

出典:福ちゃん公式サイト

福ちゃんは日本・海外に独自の販売ネットやグローバル流通ネットを持っている買取業者で、古銭の高価買取にも注力しています。

古銭に精通した査定士が在籍しているため、記念硬貨・穴銭・小判・古紙幣などはもちろん、外国古銭でも経験豊富な査定士がしっかりと査定し、価値に見合った買取価格が伝えられます。

錆びや汚れなどがある古銭でも、買取可能な場合があります。

※状態によっては買取不可の場合もあるので、ご留意ください。

買取方法も出張・宅配・店頭買取が選択可能。

査定金額に納得できない場合、キャンセル料、査定料なども発生しないので、お気軽に無料査定してみることがおすすめです。

サービス名 福ちゃん
WEB査定 WEB査定はこちらから
運営会社 株式会社REGATE/REGATE Inc.
 

福ちゃんで
天保通宝を無料査定する

高く売れるドットコム

着物 食器 古銭 切手 貴金属 骨董品 金券 ブランド 買取
着物 食器 古銭 切手 貴金属 骨董品 金券 ブランド 買取

出典:高く売れるドットコム公式サイト

東証プライム上場企業の弊社マーケットエンタープライズが運営する高く売れるドットコムは、10万件越えの買取実績の総合買取サービスです。

累計利用者数は530万人以上と幅広い年代の多くの方に安心してご利用いただいています。

買取方法は出張買取、宅配買取、店頭買取があり、専門のオペレーターがお客様に適した買取方法をご提案いたします。

査定料やキャンセル料、送料などのお客様手数料は全て0円でご利用いただけます。

また、買取サービスは日本全国に対応しています。

WEBや電話 0120-503-864(※年末年始除く9:15~21:00)から買取依頼をお出しいただけます。専門のオペレーターが丁寧に対応いたします。

また、出張買取ではスタッフが無料でご自宅までお伺い、その場で査定して現金買取いたします。

買取サービスを初めて使う方や、「傷があるから売れるか分からない」などのお悩みをお持ちの方などはぜひ無料の電話相談だけでもお試しください。

サービス名 高く売れるドットコム
電話査定 0120-503-864 ※年末年始を除く 9:15~21:00
WEB査定 WEB査定はこちらから
運営会社 株式会社マーケットエンタープライズ
 

高く売れるドットコムで
天保通宝を無料査定する

バイセル

buysell_kosen

出典:バイセル公式サイト

バイセルは古銭買取の最大手といわれる業者です。

古銭に汚れ、折れ、傷などがあっても基本的には問題ないので、迷ったらまずはこちらでの査定を考えてみてもいいかもしれません。

バイセルの査定は、基本的に日本全国で対応しています。また女性査定員もいるので、女性のかたでも安心です。

※季節事情または一部地域は出張査定が難しい場合があるため、住んでいる場所が出張買取に対応しているか24時間受付のコールセンターまで問い合わせてみてください。

また、売却後に万が一、「やっぱりまだ手元に残しておきたい」と思った場合、売却から8日以内であれば、電話一本でキャンセル(クーリング・オフ)することもできます。

サービス名 バイセル
WEB査定 WEB査定はこちらから
運営会社 株式会社バイセルテクノロジーズ
 

バイセルで
天保通宝を無料査定する

▼古銭を売ろうとお考えの方は、古銭のおすすめ買取業者や買取相場を紹介している記事もあわせてご覧ください。

天保通宝とは

天保通宝とは、江戸時代末期の1835年(天保6年)から明治時代にかけて日本で流通した貨幣です。

中央に穴が開いている穴銭であり、表面には「天保通宝」の文字が刻まれています。

裏面には「當百(とうびゃく)」という文字と花押が刻まれており、これは当時、天保通宝が1枚100文の貨幣価値を持ったことを表しています。

しかし発行するときに得られる利益が大きかったため、偽物が多く出回り、当時の経済を混乱させたという記録もあります。

高く売れるドットコムで
天保通宝を無料査定する

天保通宝の種類と買取価格相場

天保通宝の種類と価値 ここでは、天保通宝の種類と価値を具体的に説明していきます。

※価値については品質や査定時期等により異なります。相場はオークションサイトの出品物や各買取店にお問い合わせください。

水戸藩鋳銭 短足寳

水戸藩鋳銭 短足寳(みとはんちゅうせん たんそくほう)とは、1868年に水戸藩が発行した天保通宝です。

本来、貨幣は江戸幕府のみ製造することが出来るのですが、水戸藩は江戸幕府に許可を得て、独自に貨幣を発行していました。

水戸藩鋳銭 短足寳には、「刻まれている文字が太い」や「寶という漢字の点が丸く短い」という特徴があります。

貨幣の状態によっても異なりますが、水戸藩鋳銭 短足寳の買取相場は以下の通りです。

商品状態 買取相場
未使用品 1万円前後
比較的状態が良い 2000円~5000円
普通 ~2000円
 

バイセルで
天保通宝を無料査定する

薩摩藩 横郭 仰冠當

薩摩藩 横郭 仰冠當(さつまはん おうか ぎょうかんとう)とは、1862年に発行された天保通宝です。

中心の四角い穴が横長になっているという特徴があります。

薩摩藩が江戸幕府の許可を得ずに発行した偽造通貨だったため、当時は価値がつきませんでしたが、現在は「珍しい古銭」として比較的高い価値がついています。

貨幣の状態によっても異なりますが、薩摩藩 横郭 仰冠當の買取相場は以下の通りです。

商品状態 買取相場
未使用品 1万円前後
比較的状態が良い 3000円~8000円
普通 ~3000円
 

バイセルで
天保通宝を無料査定する

高知藩鋳銭

高知藩鋳銭(こうちはんちゅうせん)とは、詳しい発行年数は不明ですが、江戸時代に発行されていた天保通宝です。

「貨幣に刻まれている文字よりも輪の高さの方が高い」や「通という漢字のしんにょうの尾が短い」などの特徴があります。

高知藩が江戸幕府の許可を得ずに発行した偽造通貨であったため、当時は価値がついていませんでしたが、現在は薩摩藩 横郭 仰冠當よりも高い価値がついています。

貨幣の状態によっても異なりますが、高知藩鋳銭の買取相場は以下の通りです。

商品状態 買取相場
未使用品 5万円前後
比較的状態が良い 1万円前後
普通 ~1万円
 

バイセルで
天保通宝を無料査定する

秋田藩 広郭

秋田藩 広郭(あきたはん こうか)とは、江戸時代に発行されていた天保通宝です。

中央の穴の縁が幅広く、刻まれている文字が縦に長いという特徴があります。

こちらも秋田藩が江戸幕府の許可を得ず発行した偽造通貨です。当時の偽造通貨の多さが分かりますね。

貨幣の状態によっても異なりますが、秋田藩 広郭の買取相場は以下の通りです。

商品状態 買取相場
未使用品 5万円前後
比較的状態が良い 1万円~4万円
普通 ~1万円
 

バイセルで
天保通宝を無料査定する

本座長郭

本座長郭(ほんざちょうかく)とは、1835年に江戸幕府が発行した天保通宝です。

「本座」とは、江戸幕府が公式に発行したという意味です。

他の天保通宝よりも中央の穴の縁が縦長になっているという特徴があります。

貨幣の状態によっても異なりますが、本座長郭の買取相場は以下の通りです。
商品状態 買取相場
未使用品 1000円前後
比較的状態が良い 500円前後
普通 ~300円
 

バイセルで
天保通宝を無料査定する

流通用として使われていた本座長郭には、それほど高い価値は付きません。

しかし、母銭(貨幣を製造する際の型を取るために作られる原型)である場合は、10万円前後の価値がつくこともあります。

本座細郭

本座細郭(ほんざさいかく)は、1835年に江戸幕府が発行した天保通宝です。

縁取りの幅が細くなっているという特徴があります。

貨幣の状態によっても異なりますが、本座細郭の買取相場は以下の通りです。

商品状態 買取相場
未使用品 1000円前後
比較的状態が良い 500円前後
普通 ~300円
 

こちらも母銭であれば、10万円以上の価値がつくこともあります。

バイセルで
天保通宝を無料査定する

本座広郭

本座広郭(ほんざこうかく)とは、1845年に江戸幕府が発行した天保通宝です。

縁取りの幅が広くて太いという特徴があります。

貨幣の状態によっても異なりますが、本座広郭の買取相場は以下の通りです。

商品状態 買取相場
未使用品 1000円前後
比較的状態が良い 500円前後
普通 ~100円
 

母銭であれば、5万円以上の価値がつくこともあります。

実際、過去には母銭で美品の本座広郭が20万円で取引されたことがあります。

バイセルで
天保通宝を無料査定する

本座中郭

本座中郭(ほんざちゅうかく)とは、1866年に江戸幕府が発行した天保通宝です。

とてもシンプルに作られていることから「目立った特徴がない天保通宝」と言われています。

しかし、江戸幕府が発行した天保通宝の中では比較的高い価値がつくため、多くのコレクターの注目の的となっています。

貨幣の状態によっても異なりますが、本座中郭の買取相場は以下の通りです。

商品状態 買取相場
未使用品 1万円前後
比較的状態が良い 5000円前後
普通 ~3000円
 

本座中郭の母銭は、現在も発見されていません。

そのため、もし本座中郭の母銭が発見された場合は、数百万円の価値がつくと言われています。

バイセルで
天保通宝を無料査定する

天保通宝の密造品の価値

天保通宝の密造品はプレミア価格になっている

ここまで、比較的有名な天保通宝を紹介してきましたが、実は、その他にも様々な天保通宝があります。

その中でも特に密造品の天保通宝には、プレミアがつきやすい傾向があります。

状態によっても異なりますが、プレミアがついている天保通宝の買取相場はそれぞれ以下の通りです。

天保通宝の名前 現在価値 特徴
盛岡銅山 5万円~10万円 表面に「盛岡銅山」という文字が刻まれている
南部銅山手 3万円~5万円 中央に開いている穴に傾斜がある
南部小字 10万円~30万円 刻まれている文字が小さい
南部大字 3万円~5万円 文字の幅が太くて大きい
秋田広郭 1万5000円~2万5000円 中央の穴の縁幅が広い
秋田長郭 1万円前後 中央の穴の縁幅が縦長になっている
会津広郭長足寶 13万円~25万円 「寶」という漢字の「ハ」の部分が長い
会津長貝寶 6万円~13万円 「寶」という漢字の「貝」の部分が縦長
会津短貝寶 1万円~1万8000円 「寶」という漢字の「貝」の部分が短い
山口大字平通 4万円~8万円 刻まれている文字のサイズが大きく、「通」という漢字の隙間が狭い
山口方字 1万5000円前後 中央の穴が真四角になっている
山口曳尾 1万4000円~2万5000円 「通」という漢字の「辶」という部分が横長
福岡離郭 1万8000円~3万6000円 中央に開いている穴と上下の文字が離れている
 

今回は1万円以上の価値つく密造品を紹介しましたが、1000円~9999円の価値がつく密造品はまだまだ数多く存在します。

もしお持ちであれば、一度買取査定に出してみることをおすすめします。

バイセルで
天保通宝を無料査定する

天保通宝を高く売るコツ

天保通宝を高価買取してもらうコツ

ここでは、天保通宝を高価買取してもらうコツを具体的に説明していきます。

古銭買取専門業者に買取してもらう

天保通宝を買取に出す場合は、古銭買取専門業者に買い取ってもらいましょう。

もちろん、古銭を専門に取り扱っていない業者でも天保通宝は買い取ってもらえるかと思いますが、適切な価値で買い取ってもらえるかどうかには不安が残ります。

なぜなら、古銭を専門的に取り扱っていないということは、古銭の価値を見極めることが出来る査定士が在籍していない可能性が高いからです。

そのため、天保通宝を売却する場合は、普通の買取業者よりも古銭買取業者に買取してもらうことをおすすめします。

鑑定書とセットで買取してもらう

天保通宝の鑑定書がある場合は、天保通宝と鑑定書をセットで買取査定に出しましょう。

天保通宝を含む古銭は、プロの査定士でも情報なしで価値を見極めるというのは難しいと言われています。

そのため、鑑定書がない場合は買取を断られてしまう場合もあります。

状態が良いうちに買取してもらう

天保通宝は、経年劣化により錆びてしまうことがあります。

錆びてしまうと見た目が悪くなり、価値が下がってしまいます。

そのため、高価買取してもらいたい場合は、なるべく状態が良いうちに買取してもらいましょう。

高く売れるドッコムで
天保通宝を無料査定する

天保通宝を買取してもらう場合の注意点

ここでは、天保通宝を買取してもらう場合の注意点について具体的に説明していきます。

研磨剤やブラシなどで磨かない

天保通宝に限らず、基本的には状態が良いものほど高い価値がつきます。

状態が良いものほど高い価値がつくので、研磨剤やブラシを使って綺麗にしようと考えている方も多いでしょう。

しかし、天保通宝は、非常にデリケートな貨幣であるため、下手に磨いてしまうとキズがついてしまう場合があります。

キズがついてしまうと価値が大きく下がってしまうので、なるべく研磨剤やブラシなどでは磨かないようにしましょう。

複数社に査定を依頼する

天保通宝の実際の買取金額は店舗によって異なります。

A社は買取相場の1.2倍の金額を提示してくることもありますし、
B社は買取相場の1.5倍の金額を提示してくることもあります。

そのため、1社からの査定で売却を決めるのではなく、なるべく複数社で査定してもらい、最も高く買取してもらえる業者に天保通宝を売却しましょう。

高く売れるドッコムで
天保通宝を無料査定する

天保通宝の買取は専門業者がおすすめ

この記事では、天保通宝の概要、種類と価値、高く売るコツなどについて紹介してきました。

偽造通貨が多く、経済の混乱を招いた天保通宝。

しかし、現在は数万円~数十万円の価値がつくほど貴重な古銭になりました。

実際、過去には700万円の価値がついた天保通宝も存在します。

そのため、もし天保通宝をお持ちであれば、一度買取査定に出してみてはいかがでしょうか。

高く売れるドッコムで
天保通宝を無料査定する

sirasaka / 編集長
sirasaka / 編集長

弊社マーケットエンタープライズが運営する総合買取サービス「高く売れるドットコム」にて査定業務や出張買取などに携わり、現場で培ったリアルな知見を活かし「満足できる買取体験」を提供すべく買取メディアの運用も行っています。 利用者様の買取にまつわる疑問を解決できる有益な発信のため、日々精進してまいります! リユース営業士資格保有(日本リユース業協会より授与)

sirasakaの執筆記事一覧 ≫

関連キーワード