マイカーローンの審査通過率を上げる6つの方法を徹底解説!

返済能力や信用情報で審査されるマイカーローン。どのようにしたら審査通過率が上がるのでしょうか?実は、ある方法を試すことで審査通過率が上がることも。今回は、マイカーローンの審査通過率を上げる方法について解説していきます。

齊藤数馬

車高く売れるドットコム

マイカーローンの審査通過率を上げる6つの方法を徹底解説!

マイカーローンを組む場合、必ず行われる審査。審査を通過しなければ、マイカーローンを組むことが出来ません。

審査を通過することが出来なければマイカーローンを組むことが出来ないため、何とかして審査を通過したいものです。

しかし、「審査の通過率を上げる方法はあるのか?」という疑問や「審査に落ちてしまう理由は何なのか?」という疑問を抱えている方も多いかと思います。

そのような方のために、この記事ではマイカーローンの審査が通らない理由をはじめ、審査通過率を上げる方法や仮審査の概要、そして仮審査をおすすめしたい方の特徴などを具体的にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

あなたの愛車の最高買取価格は?

車高く売れるドットコムドットコムの一括査定

カンタン45秒入力!
最大8社の買取専門店が一括査定

車高く売れるドットコムで無料査定する

マイカーローンの審査が通らない理由

マイカーローンの審査が通らない理由

「マイカーローンの審査が通らない」という方もいますが、なぜ通らないのでしょうか。

ここでは、マイカーローンの審査が通らない理由を具体的に説明していきます。

年収に対してローンの金額が大きすぎる

銀行は、なるべく貸し倒れリスクを避けようとします。

貸し倒れリスクとは、貸したお金が返ってこなくなるリスクのことです。

例えば、700万円のマイカーローンを組みたいというAさんとBさんがいたとします。

Aさんの年収は200万円、Bさんの年収は2000万円です。

この場合、Bさんは貸し倒れリスクが低いので高確率で審査を通過することが出来ますが、Aさんは貸し倒れリスクが高いため、高確率で審査を通過することが出来ないと考えられます。

このように、年収に対してローンの金額が大きすぎると、審査を通過することが出来ないので注意しましょう。

信用情報に問題がある

信用情報というのは、マイカーローンを組む方の年収や資産状況、勤続年数や過去の借入状況などから総合的に判断されます。

信用情報に問題があると判断された場合は、審査に通りにくくなるため注意しましょう。

例えば、以下のような経験をしたことがある場合は、「信用情報に問題がある」とみなされてしまいます。

  • 自己破産した経験がある
  • 税金や社会保険料などを滞納したことがある
  • 他にも返済中の借入がある
  • 頻繁にキャッシングを利用している

    属性に不安がある

    属性というのは、マイカーローンを組む方の職業のことです。

    正社員であれば、基本的に審査は通るかと思いますが、勤続年数が浅い場合は通らない場合もあるので注意しましょう。

    また、フリーターや自営業者などは不安定な職業とみなされてしまうので、審査が通りにくくなります。

    審査申し込み時に偽りの内容を記載した

    マイカーローンを組む場合は、審査申し込み時に必要事項を記入する必要があります。

    この申込書に偽りの内容を記載した場合、基本的に審査は通らないので注意しましょう。

    もしも、記入した内容に間違いがある場合は、速やかに連絡することをおすすめします。

    マイカーローンの審査通過率を上げる方法

    マイカーローンの審査通過率を上げる方法

    ここでは、マイカーローンの審査通過率を上げる方法を具体的に説明していきます。

    頭金を用意しておく

    頭金とは、マイカーローンを組む前にあらかじめ用意しておく資金のことです。

    頭金として用意している金額が多ければ多いほど、借入する金額は少なくなります。

    借入する金額が少なくなるということは、貸し倒れが起こるリスクも低くなるので、比較的審査に通りやすくなります。

    頭金があるかないかで審査の通過率は変わってくるため、可能な限り頭金を用意しておきましょう。

    他のローンを完済する

    すでに借入しているローンがある場合は、信用情報に問題があるとみなされてしまうことがあります。

    つまり、「すでにお金がない状態なのに、さらにマイカーローンまで組んで、本当に返済していけるのか?」と疑われてしまうのです。

    そのため、すでに他のローンを組んでいる場合は、そちらを完済してからマイカーローンに申し込むことをおすすめします。

    7年程度待ってからマイカーローンに申し込む

    自己破産経験や税金滞納経験など、すでに信用情報に問題があったとしても諦める必要はありません。

    なぜなら、信用情報は7年程度で白紙になると言われているからです。

    白紙になると、信用情報に問題があった時と比べて審査の通過率が上がります。

    しかし、細かい情報は消されていたとしても、「白紙になった」という事実は残るようです。

    そのため、「過去、信用情報に何かしらの問題があった人なのか」ということは、分かられてしまいます。

    保証人を立てる

    最近は、マイカーローンを組む場合に保証人が必要となるケースは少なくなってきましたが、ディーラーや販売店でマイカーローンを組む場合は、高確率で保証人を求められます。

    保証人とは、保証債務を負う人のことです。

    保証人がいるかいないかで審査の通過率が大きく変わってきます。

    保証人ではなく保証会社を利用するという方法もありますが、「どうして保証人ではなく保証会社を利用しているのだろう」と審査に悪影響を及ぼしてしまう場合があるので、可能であれば保証人を立てるようにしましょう。

    勤続年数が増えてからローンを申し込む

    正社員という雇用形態で安定した収入がある場合でも、勤続年数が少ないと審査で落とされてしまう場合があります。

    また、1社目では10年働いていたという場合でも、転職先での勤続年数が1年~2年ですと、審査で落とされてしまうことがあります。

    重要なのは、「現在の職場の勤続年数」です。

    基本的に3年未満は勤続年数が浅いとみなされ、審査で落とされてしまう危険性があるので、可能であれば現在の職場で3年勤続してからマイカーローンに申し込みましょう。

    借入金額を減らす

    何度も説明しているように、銀行は貸し倒れリスクを警戒しています。

    貸し倒れリスクを警戒しているため、審査の通過率を上げたい場合は、借入金額を減らしましょう。

    一般的に、借入金額が年収の30%~40%以上であれば審査は通りにくい、30%~40%以下であれば審査は通りやすいと言われています。

    つまり、年収500万円の方ですと、150万円~200万円までの借入であれば、審査に通る可能性が高いということです。

    そのため、審査の通過率を上げるためにも借入金額は年収の30%~40%以下に抑えましょう。

    車高く売れるドットコム

    「審査が必ず通るマイカーローン」は実在するのか?

    よく、「審査が必ず通るマイカーローン」という広告が流れることもありますが、基本的に必ず通るマイカーローンというのは存在しません。

    なぜなら、「この人にお金を貸しても問題ないか?」という審査があるからです。

    そもそも、必ず通るのであれば、審査を行う必要はありません。

    そのため、審査があるということは落ちることもあるということなので、間違った情報には引っかからないように十分注意しましょう。

    マイカーローンの審査が不安な場合は仮審査を受けてみよう

    マイカーローンの審査が不安な場合は仮審査を受けてみよう

    マイカーローンの審査に落ちたからと言って罰金というようなペナルティが課されることはありませんが、「審査に受かるかどうか不安」という方も多いかと思います。

    その場合は、これから紹介する「仮審査」を受けてみましょう。

    仮審査とは

    仮審査とは、事前審査とも呼ばれており、ディーラーや金融機関などが提供している仮の審査です。

    氏名や年収、借入希望額や現在の借り入れ状況など、本審査に近い情報を入力すると、どのくらいの確率で審査に通るのかが分かります。

    審査結果が発表される期間も短く、早ければ当日に審査結果が分かることもあります。しかし、あくまでも仮の審査です。

    仮審査が通ったとしても、本審査では落ちてしまうこともあるので注意しましょう。

    仮審査と本審査の違いとは

    本審査では、仮審査で入力した情報の他に、CIC(指定信用情報機関)やJICC(日本信用情報機構)、そしてKSC(全国銀行個人信用情報センター)の情報も加味されます。

    つまり、過去にローンの返済が滞ったことはないか、税金や公共料金を滞納していたことはないかなどという情報も審査の対象となるのです。

    そのため、仮審査ではCIC、JICC、KSCの情報は加味されませんが、本審査では加味されるという違いがあります。

    仮審査をおすすめしたい方の特徴3選

    ここでは、仮審査をおすすめしたい方の特徴を具体的に説明していきます。

    信用情報に自分の記録を残したくない方

    本審査を受けると、審査の合否に関わらず、本審査を受けたという履歴が信用情報機関に残ります。

    車高く売れるドットコム

    一度や二度残っただけでは、今後の審査にさほど影響は及ばないと考えられますが、何度も信用情報機関に履歴が残ってしまうと、「よほどお金に困っている人なのか?」と捉えられてしまう場合があります。

    しかし、仮審査は何度受けても信用情報機関に記録が残ることはありません。

    そのため、信用情報機関に自分の記録を残したくないという方は、本審査を受ける前に仮審査を受けることをおすすめします。

    いくら借り入れることが出来るのか知りたい方

    マイカーローンを組む方の年収や属性などによって、借入することが出来る金額は異なります。

    そのため、「自分はいくらまでなら借り入れることが出来るのか知りたい」という場合は、仮審査を受けてみることをおすすめします。

    とりあえずローンの審査結果を知りたい方

    「マイカーローンの審査に通るなら車を購入したい」と言うように、「とりあえずマイカーローンの審査結果を知りたい」という方も多いかと思います。

    そのような方も、一度仮審査を受けてみましょう。

    本審査は結果が出るまで早くても1週間程度かかりますが、仮審査は早くて当日に審査結果が出来ます。

    国内初!銀行から提案が届くローン比較サービス・クラウドローンがおすすめ

    クラウドローン

    クラウドローンは、登録をすることで加盟している銀行からオンラインで直接マイカーローン等の提案が受けられる国内初のサービスです。

    一度に仮審査が可能なため、信用情報を保護することができ安心してローンを比較することができます。

    クラウドローン参加銀行は以下のとおりです。(2020年9月時点)

    • 伊予銀行
    • 中国銀行
    • 三重銀行
    • 但馬銀行
    • 北日本銀行
    • 富山第一銀行
    • 清水銀行
    • 西日本シティ銀行
    • 武蔵野銀行

    利用登録は質問形式で簡単に設定することができるので、お得なマイカーローンを探している方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

    クラウドローンの詳細はこちら

    まとめ

    この記事では、マイカーローンの審査が通らない理由を初め、審査通過率を上げる方法や仮審査の概要、そして仮審査をおすすめしたい方の特徴などを具体的に説明してきました。

    マイカーローンの審査では、ローン組む方の「信用情報」や「返済能力」などが見られます。

    信用情報や返済能力などで審査されるため、場合によっては審査に落ちてしまうこともあります。

    もしも、審査が通るかどうか不安という場合は仮審査を受けてみましょう。無料で何度でも受けることができます。

    愛車のお金にまつわる話はここから探そう

    維持費や自動車ローン、買取から廃車、自動車用語まで、車のお金に関するトピックをまとめました。

    >>【愛車のお金にまつわる話】維持費・ローン・買取関トピックを探す<<
  • 齊藤数馬 / 編集長
    齊藤数馬 / 編集長

    買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。