車のローンは何年で組むのが最適?3年~5年というのは本当?

車のローンを組む場合、何年で組むべきなのか悩みますよね。3年~5年が良いと言われていますが本当なのでしょうか?また、なぜそのように言われているのでしょうか?今回は、車のローンは何年で組むのが最適なのかということを解説していきます。

齊藤数馬

車高く売れるドットコム

車のローンは何年で組むのが最適?3年~5年というのは本当?

最短半年から組むことが出来る車のローン。

自分で契約年数を決めることが出来るため、無理のない年数で車のローンを組みましょう。

しかし、無理のない年数で車のローンを組もうと言われても、「そもそも車のローンは何年まで組むことが出来るの?」という疑問や「何年で組むと良いの?」という疑問を抱えている方も多いかと思います。

そのような方のために、この記事では車のローンは何年まで組むことが出来るのかということをはじめ、車のローンを長期間で組むメリット・デメリットや最適な契約年数は何年なのか、そして長期で車のローンを組むのは不安という場合の対処方法などを具体的にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

あなたの愛車の最高買取価格は?

車高く売れるドットコムドットコムの一括査定

カンタン45秒入力!
最大8社の買取専門店が一括査定

車高く売れるドットコムで無料査定する

車のローンは最長何年まで組むことが出来るのか?

車のローンは最長何年まで組むことが出来るのか?

ここでは、車のローンは最長何年まで組むことが出来るのかということについて具体的に説明していきます。

最長10年まで組むことができる

ローンを組む金融機関やディーラーなどによっても異なりますが、車のローンは最長10年まで組むことが出来ます。

しかし、住宅ローンのように15年ローンや35年ローンなど、10年以上のローンは組むことが出来ないので注意しましょう。

相場は7年

車のローンは最長10年まで組むことが出来るのですが、基本的には7年を上限に設定しているところが多い傾向にあります。

なぜなら、車の寿命は7年程度と言われているからです。

つまり、7年以上でローンを組むと、車は壊れてしまったがローンだけを支払い続けているという状況になりかねません。

しかし、最近の車は性能が良くなってきているため、製造されてから10年経過した車も比較的問題なく走ります。

そのため、最近は車のローンの上限を10年に引き上げたところが多い傾向にあります。

車のローンを長期間で組むメリット

車のローンを長期間で組むメリット

車のローンを長期間で組むと、毎月の支払額を少なくすることが出来るというメリットがあります。

当たり前ではありますが、車のローンを組んだ場合、毎月ローンを返済していかなければいけません。

スムーズに完済することが出来れば良いですが、返済中に病気を患わってしまったり車の修理が必要になったりと思わぬ出費が発生してしまうこともあります。

この場合、ローンの返済金額を収入のギリギリにしておくと、思わぬ出費に対応することが出来ません。

しかし、ローン返済金額に余裕を持たせておくと、思わぬ出費にも対応することが出来ます。

そのため、不測の事態に備えたいという場合は、車のローンを長期間で組むことをおすすめします。

車高く売れるドットコム

車のローンを長期間で組むデメリット

ここでは、車のローンを長期間で組むデメリットを具体的に説明していきます。

支払総額が多くなる

車のローンを長期間で組むと、支払い総額が多くなるというデメリットがあります。

当たり前ではありますが、ローンを返済していく場合は、元本だけではなく利息分も返済していかなければいけません。

その利息は、ローンの年数が長くなればなるほど大きくなります。

車体価格が高い車だと、利息だけで数百万円支払わなければいけないこともあります。

そのため、「なるべくお得にローンを組みたい」という場合は、車のローンを長期間で組むのではなく、短期間で組むようにしましょう。

ローン完済前に車が使えなくなる場合がある

車のローンを長期間で組むと、ローン完済前に車が使えなくなる場合があります。

車の寿命は7年~10年と言われていますが、比較的問題なく走行することが出来る寿命は5年程度と言われています。

そのため、車は壊れてしまったがローンだけを支払っているという状況になることもあるでしょう。

また、車は必須アイテムと言われている地方圏では、2重ローンになってしまう場合があります。

そのため、資金に余裕がある場合は、なるべくローンの契約年数を短くしておきましょう。

車のローンは何年で組むことが最適なのか?

一概に「〇年で組むことが最適」と言うことは出来ませんが、一般的には3年~5年と言われています。

なぜなら、先ほども説明したように、車が比較的問題なく走行することが出来る寿命は5年程度と言われているからです。

3年~5年でローンを組むことで、車が先に使えなくなってしまい、ローンだけを支払い続けているという状況を避けることが出来ます。

しかし、冒頭でも説明したとおり、必ずしも3年~5年のローンが最適というわけではありません。

ローンを組む方の年収や資産状況などによっても大きく変動するので、「3年~5年が良い」というのはあくまでも参考程度に留めておきましょう。

車のローンは何年で組むことが最適なのか実際にシミュレーションしてみよう

車のローンは何年で組むことが最適なのか実際にシミュレーションしてみよう

「自分は何年で組むべきなのだろうか?」という疑問を抱えている方が多いかと思います。

そのため、ここでは返済期間別に毎月の支払額をシミュレーションしてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

細かい条件は以下の通りです。

  • 金利:5%
  • ボーナス払い:なし

  • 3年で返済する場合のシミュレーション結果

    車のローンを3年で組んだ場合のシミュレーション結果は以下の通りです。

    ローンを組む価格 月々の返済額 総支払額
    100万円 2万9970円 107万8950円
    200万円 5万9941円 215万7903円
    300万円 8万9912円 323万6856円
    400万円 11万9883円 431万5809円
    500万円 14万9854円 539万4759円
    600万円 17万9825円 647万3712円
    700万円 20万9796円 755万2665円
    800万円 23万9767円 863万1618円
    900万円 26万9738円 971万568円
    1000万円 29万9708円 1078万9521円

    5年で返済する場合のシミュレーション結果

    車のローンを5年で組んだ場合のシミュレーション結果は以下の通りです。

    ローンを組む価格 月々の返済額 総支払額
    100万円 1万8871円 113万2270円
    200万円 3万7742円 226万4545円
    300万円 5万6613円 339万6820円
    400万円 7万5484円 452万9095円
    500万円 9万4356円 566万1370円
    600万円 11万3227円 679万3640円
    700万円 13万2098円 792万5915円
    800万円 15万969円 905万8190円
    900万円 16万9841円 1019万465円
    1000万円 18万8712円 1132万2740円

    7年で返済する場合のシミュレーション結果

    車のローンを7年で組んだ場合のシミュレーション結果は以下の通りです。

    ローンを組む価格 月々の返済額 総支払額
    100万円 1万4133円 118万7242円
    200万円 2万8267円 237万4491円
    300万円 4万2401円 356万1740円
    400万円 5万6535円 474万8989円
    500万円 7万669円 593万6238円
    600万円 8万4803円 712万3487円
    700万円 9万8937円 831万736円
    800万円 11万3071円 949万7985円
    900万円 12万7205円 1068万5234円
    1000万円 14万1339円 1187万2483円

    10年で返済する場合のシミュレーション結果

    車のローンを10年で組んだ場合のシミュレーション結果は以下の通りです。

    ローンを組む価格 月々の返済額 総支払額
    100万円 1万606円 127万2780円
    200万円 2万1213円 254万5570円
    300万円 3万1819円 381万8350円
    400万円 4万2426円 509万1140円
    500万円 5万3032円 636万3930円
    600万円 6万3639円 763万6710円
    700万円 7万4245円 890万9500円
    800万円 8万4852円 1018万2280円
    900万円 9万5458円 1145万5070円
    1000万円 10万6065円 1272万7860円

    長期で車のローンを組むのは不安!その対処方法とは

    長期で車のローンを組むのは不安!その対処方法とは

    「毎月の支払金額が少なくなるのは魅力だが、車のローンを長期で組むのは不安」という方も多いかと思います。

    そのため、ここではその対処方法を具体的に説明していきます。

    ライフプランを見直す

    車のローンを長期で組むのは不安という場合は、一度ライフプランを見直してみましょう。

    ライフプランとは、人生設計のことです。ライフプランを見直すことで、自分は毎月いくらであればローンを返済していけるのかが明確になってきます。

    無理のない返済金額を知ることが出来た場合、おそらく「車のローンを返済していけるかな」という不安はなくなるでしょう。

    頭金を増やしてみる

    車のローンを長期で組むのは不安という場合は、頭金を増やしてみましょう。

    頭金とは、ローンを組む前にあらかじめ用意しておく資金のことです。

    頭金があるかないかで毎月の支払金額は大きく変わってきます。

    実際に500万円のローンを組むと仮定して、シミュレーションしてみました。

    • 頭金として300万円用意した場合 : 毎月の返済金は3万7742円
    • 頭金を用意しなかった場合 : 毎月の返済金は9万4356円

    ※金利5%、返済期間5年、ボーナス払いなしでシミュレーションしています。

    頭金が300万円あるかないかで、毎月の支払額は約5万6000円も異なりました。

    年間にすると、約68万円の差が生まれます。

    車高く売れるドットコム

    そのため、毎月の支払額を減らしたい場合は、無理のない範囲で頭金を用意してみましょう。

    ボーナス払いなしで車のローンを組む

    車のローンを長期で組むのは不安という場合は、ボーナス払いなしで車のローンを組むようにしましょう。

    確かに、ボーナス払いを併用すると毎月のローン返済額を少なくすることが出来ます。

    しかし、法律上、社員に必ずボーナスを支給しなければいけないと定められているわけではありません。

    社員に必ずボーナスを支給しなければいけないという法律はないため、来年からボーナスが支給されなくなることも考えられます。

    そのため、ボーナス払いには頼らず、ボーナスが支給されなかったとしても返済していけるように、車のローンはボーナス払いなしで組むことをおすすめします。

    国内初!銀行から提案が届くローン比較サービス・クラウドローンがおすすめ

    クラウドローン

    クラウドローンは、登録をすることで加盟している銀行からオンラインで直接マイカーローン等の提案が受けられる国内初のサービスです。

    一度に仮審査が可能なため、信用情報を保護することができ安心してローンを比較することができます。

    クラウドローン参加銀行は以下のとおりです。(2020年9月時点)

    • 伊予銀行
    • 中国銀行
    • 三重銀行
    • 但馬銀行
    • 北日本銀行
    • 富山第一銀行
    • 清水銀行
    • 西日本シティ銀行
    • 武蔵野銀行

    利用登録は質問形式で簡単に設定することができるので、お得なマイカーローンを探している方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

    クラウドローンの詳細はこちら

    まとめ

    この記事では、車のローンは何年まで組むことが出来るのかということをはじめ、車のローンを長期間で組むメリット・デメリットや最適な契約年数は何年なのか、そして長期で車のローンを組むのは不安という場合の対処方法などを具体的に説明してきました。

    一般的に車のローンは、3年~5年で組むことが望ましいと言われています。

    しかし、ローンを組む方の年収や資産状況などによっても最適な契約年数は異なるので、注意しましょう。

    愛車のお金にまつわる話はここから探そう

    維持費や自動車ローン、買取から廃車、自動車用語まで、車のお金に関するトピックをまとめました。

    >>【愛車のお金にまつわる話】維持費・ローン・買取関トピックを探す<<
    齊藤数馬 / 編集長
    齊藤数馬 / 編集長

    買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。