食器買取で銀食器を高く売るコツ|おすすめ買取業者も紹介

中古食器買取において銀食器を売るコツをまとめました。銀食器の種類と見分け方、買取価格を左右する項目、なるべく高額で売却する方法、おすすめの買い取り業者などについて詳しく紹介します。これから銀食器の売却を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

高マガ編集部



食器買取で銀食器を高く売るコツ|おすすめ買取業者も紹介

上品で美しい見た目が人気の銀食器。
「もらったもののあまり使用しない」「シルバーカトラリーを処分したい」など、使わない銀食器が自宅に眠っている方は、買取業者に査定してもらってはいかがでしょうか。

この記事では、銀食器を売るコツや注意点を詳しく解説し、あわせておすすめの買取業者も紹介します。

銀食器の買取をお急ぎの方は…

使わなくなった銀食器は買取がおすすめ

ナイフやフォーク、スプーンなどのカトラリーをはじめ、ティーポットやシュガーボウル、シュガートング、ジャムポット、ナプキンリング、トレー…など、食卓を飾る銀食器は昨今も人気の高い商品です。
結婚式や出産祝いの贈り物、誕生日プレゼント、記念日のギフトなどで銀食器をもらった方や、一生ものの食器としてセットでもっている方も多いのではないでしょうか。

しかし、「こんなにたくさんの銀食器は必要ない」「使わないので処分したい」など、銀食器の処分に悩んでいるならば、専門業者の買取査定に出すのがおすすめです。
銀食器は骨董品やアンティーク目的としてコレクターからの需要が高いだけでなく、銀自体に価値があるため、買取価格相場は比較的安定して高いです。
有名ブランドや珍しいデザインの銀食器など、希少価値の高いものであれば、さらなる高価買取も期待できます。

銀食器以外にもいただきものの使わない食器を売りたい場合は、引き出物でもらった食器の買取をしてくれるおすすめ業者を紹介している記事をご覧ください。

食器買取福ちゃん

中古食器の買取相場はどれくらい?

そもそも中古食器はどれくらいの金額で売却できるのでしょうか。
使用済みのノーブランド食器など、買取ができないものもありますが、コレクターの需要が高いアンティーク品、骨董品などは定価よりも高い値段で売却されることがあります。
とくに中古食器は保存状態やブランドなどによって取引価格が大きく変わる商品です。

以下の記事では、中古食器の買取相場例が一覧で確認できます。
バカラのグラスやロイヤルコペンハーゲンのカップなど、有名ブランドの買取価格と、中古食器を高く売るコツなどを解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

銀食器の種類と見分け方

銀食器の種類は、買取査定の金額を左右する重要な項目です。
銀食器には銀メッキ(シルバープレート)のものと、純銀を使用しているもの(スターリングシルバー)とがあり、それぞれ査定額が異なります。
ここでは、それぞれの特徴と見分け方について解説します。

シルバープレート

シルバープレートとは、ニッケルや銅などの表面に、薄く伸ばした銀をコーティングしたものです。
「シルバーコーティング」「銀メッキ」などとも呼ばれ、純銀製品の代用品として使われています。
表面以外は合金を使用しているので、比較的安く購入できるメリットがあります。

また、1ミクロン以上の厚みのあるシルバープレートは耐久性が高く、長く愛用できるのも魅力です。
とくに通常の数倍もの厚みがあるとされる、フランスクリストフル社製「クリストフルシルバー」やマッピン&ウェッブ社製「マッピンプレート」は、高品質なシルバープレートとして大変人気があります。
しかし、銀としての価値は下がるため、純銀製の食器に比べると、中古市場での買取相場は低めです。

スターリングシルバー

スターリングシルバーとは、純度92.5%の銀でできた銀食器のことです。
純度100%の銀は強度が弱いため、ほとんどの場合ほかの金属を混ぜて作られます。
銀食器で「純銀製」と表記されているものは、このスターリングシルバーを指すことが多いです。

銀の純度が高いスターリングシルバーは、その価値から中古市場でも高価格で取引されることが多く、コレクターからも根強い人気があります。
また、特定の期間や国で作られた銀食器の場合、買取価格が高くなることもあります。

銀食器の見分け方

シルバープレートとスターリングシルバーは同様の光沢や美しさがあり、見た目だけでどちらかを判断するのは難しいもの。
しかし多くの場合、銀純正であるスターリングシルバーには刻印があります。
まずは、銀食器のもち手などを確認し、刻印を探しましょう。

刻印は時代や国、ブランドなどによってさまざまな種類があります。
たとえば、イギリスの古いスターリングシルバーでよく見られるのは、ライオンの刻印です。
この刻印は「スタンダードマーク」と呼ばれ、純度92.5%以上の銀を使用しているとイギリスが認めたものに入っています。

ほかにも銀製のものであれば、「STARLING」「SILVER」「SV925」「950」「970」などの刻印が入っており、この刻印で銀の純度などがわかります。

一方、「PLATED」「E.P」「NICKEL SILVER」「SILVER F」などの刻印がされているものは、シルバープレートです。
この場合、純銀製品ではない食器ですので、低価格での買い取り、もしくは買い取ってもらえないことがあります。

銀食器の買取価格は何で決まる?

買取価格を左右する項目は、銀食器の種類以外にもまだまだあります。
ここでは、高価買取につながりやすいブランドや銀の価格など、査定に影響する要素をまとめました。
なるべく高く銀食器を売りたい方、必見です。

ブランドやメーカー

銀食器のブランドやメーカーも、買取査定額に影響を及ぼす重要な項目です。
王室御用達のブランドや、職人の洗練された技術が高評価な老舗メーカーなど、銀食器には世界中で愛されている有名ブランドや人気のメーカーがたくさんあります。

とくに銀食器で有名かつ人気の高いブランドといえば以下のようなものがあります。

  • Christofle(クリストフル)
  • Mappin&Webb(マッピン&ウェッブ)
  • Georg Jensen(ジョージ ジェンセン)
  • ERCUIS(エルキューイ)
  • PUIFORCAT(ピュイフォルカ)
  • 早川器物
  • 上田銀器工芸

これらの銀食器をもっている方は、高価買取が期待できるかもしれません。

銀の価格相場

例え中古食器だとしても銀食器は立派な貴金属です。
ほかの食器類とは異なり、基本的に純銀製のものは銀買取価格にブランドやメーカーなどの価値を加算して査定されます。
そのため、純銀製や銀の含有量が多い食器を買い取ってもらうなら、こまめに銀相場をチェックして価格の高い日に売りましょう。

ただし、銀製ナイフの場合、刃の部分が銀でないことがあるので、ナイフ全体の重量を銀相場に当てはめて計算しないように注意しましょう。

保存状態や付属品など

銀食器のカトラリーなどは、フォークやナイフ、スプーンなどのセット商品も多いものです。
買取査定では、これらがすべてそろっているか、付属品はあるかなども評価の対象になります。
単品で査定に出すよりも、セットでまとめ売りした方が高い値段がつきやすいので、できるだけセット売りするといいでしょう。

また、保証書やレシート、タグや箱など、食器以外の付属品をそろえておくのもおすすめです。
ブランドによっては購入時に鑑定書が入っている場合があります。
商品について詳しい情報を提示することで、より相場に合った正確な価格で買い取ってもらえます。

食器買取福ちゃん

銀食器買取で注意すべき3つのこと

初めて食器を査定に出すときは、どのような点に注意すべきでしょうか。
銀食器を買取査定に出す前の注意点をまとめました。
また、査定前の最終チェック項目や、買取業者を選ぶコツなども紹介します。

1.目立つ汚れを落としておく

銀食器は時間がたつにつれて、黒ずみや変色が生じます。
銀食器に汚れや黒ずみがあるまま査定に出すと、価格が減額されることも考えられますので、目立つ汚れや変色は事前に落とし、きれいな状態で査定に出しましょう。

食器用の中性洗剤で洗ったり拭いたりしても落ちない汚れは、アルミホイルと塩、水を使って落とすのがおすすめです。

まず、少量の塩を入れた水を沸騰させ、広げたアルミホイルを浸します。
その中に銀食器を入れ、5分ほど一緒に煮ると黒ずみが簡単に落とせます。

また、銀を磨くクロスや専用クリームを使うのもおすすめです。

2.欠陥のある銀食器は貴金属専門業者へ

折れたカトラリーや欠けたトレーなど、破損が見られる銀食器も銀の純度が高いものならば、貴金属として価値があるため、買取査定に出してみましょう。
中古食器買取店で断られたら貴貴金属専門業者へ諦めずに聞くことが重要です。
場合によっては高額で買い取りしてもらえることがあります。

3.複数の業者に見積もりを依頼する

なるべく高く銀食器を売るには、複数業者から見積もりを取ることが大切です。
1社のみに依頼しただけでは、適正価格なのかを見極めるのが難しいです。
とくに銀食器は貴金属やアンティーク品などの専門知識が必要なので、業者によっては正しい買取価格が出ないことがあります。

そのため、複数業者に見積もりを取ることで、買取価格相場が把握でき、より高く買い取ってもらえる可能性がアップします。
なお、業者を選ぶ際は、過去の買取実績や業者の特徴などを参考に、2~3社ほどの業者に見積もりをしてもらいましょう。

食器買取のおすすめ業者【福ちゃん】

福ちゃん

600万点以上の買取実績がある「福ちゃん」では、さまざまな食器の買取査定を行っています。
使用済みの食器や型落ち品、付属品がないものも扱っており、電話やメールで簡単に査定依頼ができます。
もちろん銀食器の買取も行っており、安心して査定を任せられるでしょう。

また福ちゃんでは、店頭買取のほかに出張買取や配達買取などを無料で行っています。
店舗が遠い方や仕事でまとまった時間が作れない方、買い取ってほしい商品がたくさんある方も、気軽に査定依頼ができます。
査定だけの依頼も可能なため、気になる方はぜひ公式サイトをチェックしてみましょう。

「福ちゃん」で食器の買取価格を調べる

まとめ

結婚式の贈り物やギフトなどで人気の銀食器。
銀食器は食器としてだけでなく、貴金属としても価値があるので、処分するときは買取査定に出すのがおすすめです。
まずは食器のもち手などにある刻印を探し、銀食器の種類を調べましょう。

銀食器の買取価格はブランドやメーカー、銀の価格、付属品の有無、保存状態などによって決まります。
また、まとめて売る、目立つ汚れを落とすなどの工夫で買取価格アップが狙えます。
業者を選ぶときは、複数業者から見積もりを取って、条件に合った業者に依頼することが大切です。

高マガ編集部 / takamaga
高マガ編集部 / takamaga

関連キーワード