タンスの処分方法|気になる費用や回収・売却について解説

タンスの処分方法をご紹介しています。回収・引き取り・売却など様々な処分方法を解説しています。いざ処分するというときに処分方法に困ってしまいがちなタンスなどの家具ですが、いくつか方法を知ることで最適な捨て方を見つけることができます。それぞれメリットやデメリットなども解説していますので、ぜひ、タンスの処分にお役立てください。

乾太一



タンスの処分方法|気になる費用や回収・売却について解説

大掃除や引っ越しの際に誰もが悩むのが、不要になった家具の処分についてです。ですが、自治体によっては処分できる品目が決まっていたり、処分の際にお金がかかったりします。

そこで、この記事では家具の中でも特に大きく、処分方法に困るタンスに関して取り上げました。

「タンスの処分方法にはどのようなものがあるか」、「タンスの処分にはどの程度の費用が掛かるのか」といった、多くの人が気にしている点について、詳しくご紹介します。

タンスの処分方法にはいったいどのようなものがあるのか

タンスの処分方法には大きく分けて5つの方法があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。これらの処分方法について、必要となる費用の内訳や実際の例などを交えながら紹介します。

1.粗大ゴミとして自治体指定の方法で捨てる

タンスの処分を考えた際に、まず選択肢に上がるのはやはり粗大ゴミとしての処分でしょう。粗大ゴミとして処分を行う場合、地域ごとに定められた方法での処分となります。

多くの場合、事前に自治体に連絡をし、処分を依頼します。この際に処分予定のタンスの大きさを伝え、回収予定日と回収に必要な手数料を決定します。

そして回収予定日当日の朝、指定された場所へとタンスを持っていけば処分完了です。手数料はコンビニなどで販売されている自治体指定のシールを購入することで納入とされている場合がほとんどです。

この処分方法におけるメリットは、安心である、という点です。自治体指定の方法で処分していれば、比較的処分費用も抑えて処分することができます。一例として、大型のタンスで2,000円~3,000円ほどがかかります。

一方、この処分方法におけるデメリットは、指定場所まではタンスを運ぶ必要があるため、1人での処分にはあまり向かないというデメリットや2、3週間前からのお申し込みが必要など時間が必要になることなどが挙げられます。

自治体指定の方法でのタンス処分にかかる費用例(東京都 江東区)

タンスの大きさ料金
高さと幅の合計が180cm~270cmのもの1,200円
高さと幅の合計が270cm~360cmのもの2,000円
高さと幅の合計が360cm~のもの2,800円

2.回収業者に引き取りを依頼する

回収業者に引き取りを依頼する

回収業者に回収を依頼することで、タンスを引き取ってもらう方法もあります。回収業者への引き取りを依頼する場合は、まず依頼する回収業者を決める必要があります。

このときに、できるだけ多くの業者に見積もりを依頼しましょう。業者により価格が異なるため、できるだけコストを低く抑えるには、適正な価格で処分をしてくれる業者を探す必要があります。

また、業者によってはトラブルに巻き込まれてしまうケースもあります。依頼する予定の業者の実績はしっかりと確認することが大切です。

値段にばかり気が向いてしまうと、不法な方法で処分をしている業者にあたってしまうとも限りません。しっかりと処分内容や処分方法を聞き、金額と処分の方法に納得できる業者を選ぶ必要があります。

回収業者に依頼するメリットとデメリット

この処分方法におけるメリットは、回収業者がこちらが指定した日時に、指定した場所まで荷物を回収しに来てくれる点です。

自分の手で運ぶ必要がほとんど無い上に、処分のために予定を調整する必要もないため、処分に使う労力を大きく減らすことができます。

一方デメリットとしては、他の処分方法に比べ、処分のための費用が割高になる可能性があるということです。

多くの回収業者では、回収する量と回収する際に使用する車両の大きさで料金設定をしているので、タンスだけ処分したい、という場合には割高になってしまう可能性があります。

他にも処分するべきものがあるというときに利用するのが良いでしょう。1品目だけを処分するプランを用意している業者もありますが、費用が高かったり、業者側の回収ルートに合わせなければならないという場合もあるので事前に確認が必要です。

回収業者にタンス処分を依頼した際の費用例(ある業者様の例)

処分する品目料金
タンスのみ処分の場合8000円~10000円
タンス以外にも処分する製品がある際のタンス処分料金4000円~8000円
多数の製品を処分する場合25000円

実際にいくらかかるのか一括査定サイトで比較

実際にいくらかかるのか一括査定で比較

タンス処分の費用例をチェックしたところで、実際にご自身が片付けたいタンスの処分費用を一括査定サイトで複数の回収業者に見積もりをとってみましょう。業者間で金額に違いがあるため、一括査定なら比較・検討が容易にでき納得した形で回収を依頼することができます。

もちろん、一括査定にかかる費用は0無料かつ気になる業者へ質問もできるため、相場を知りたい方は利用してみてはいかがでしょうか。

タンスの処分費用を一括査定で比較する

3.引っ越し業者に引き取ってもらう

引っ越し業者に引き取ってもらう

もし引っ越しの際に不要になったタンスを処分したい、という場合であれば、その引っ越しを依頼している業者にタンスを回収してもらえる場合があります。

多くの引っ越し業者では、引っ越しの際の不用品の回収サービスを行っています。利用したい場合には事前に確認をした上で依頼するといいでしょう。

この処分方法におけるメリットは、処分にかかる費用を大きく抑えられるという点です。引っ越しサービスを利用しているお客様に対して提供されているサービスで、無料の場合も多くあります。

一方デメリットですが、やはり利用できる機会が限られているという点です。

引っ越しサービスを利用しないことにはそもそも回収サービスも利用できないので、大掃除で不要になったタンスを処分したいといったような場合には他の処分方法を選択する必要があります。

引越し業者の回収サービスにかかる費用例(ある業者様の例)

処分する品目料金
引越し時の廃棄物廃棄費用負担額は0円~

引越しで出る不用品の処分方法は下記の関連記事でも紹介していますので合わせてご覧下さい。

4.ネットオークションで販売する

処分する予定のタンスがまだ利用できる状態ならば、そのタンスをネットオークションに出品するというのも一つの方法です。

この方法のメリットとしては、上手くすれば売り上げがそのまま手に入るという点です。普通処分すると処分費用がかかってしまいますが、逆に収入をえることができるので、かなりお得な処分の方法です。

一方デメリットとしては、商品が売れるかどうか不確定だ、という点です。ネットオークションに出品したからといって確実にタンスの処分ができるかというと、そういうわけではありません。

買い手がつかなければ処分することはできません。しかも、出品中はタンスを保管する必要があるので、保管スペースも必要になります。

ネットオークションでのタンス販売成立例

販売品目販売額
中古 無印良品 MUJI タモ材ワイド4段チェスト(W120cm D40cm H83cm)22500円

5.買取専門業者に売却する

買取専門業者に売却する

処分の際にしっかりと検討しておきたい方法として、買取業者を利用するというものがあります。この方法では、不要になったタンスを現金化することも可能です。

主な3つの買取方法について

店頭買取・出張買取・宅配買取のなどの買取方法を用意している買取業者が多いです。

店頭買取は、近くにある買取業者の店舗へと直接タンスを持っていくという方法です。そのままその場で査定をしてもらい、買取金額に納得した場合はそこで現金を受け取って取引は終了です。

出張買取は、買取業者が実際にお客様の自宅へと出張してきて、その場で査定を行う方法です。業者の人がタンスの査定を行い、双方納得したら現金を受け取って取引は完了です。

宅配買取は、自分でタンスを業者指定の場所まで宅配で送り、そこで業者に査定をしてもらう方法です。

この買取方法の場合はタンスを送って数日後に業者から連絡がきて、買取金額を伝えられます。その金額に納得の場合、業者から買取料金が振り込まれます。

タンスを買取している業者としていない業者がいるので複数の買取業者に見積もりをとることをおすすめします。

そこで、買取商品の検索や買取価格を簡単に比較できるサービスをご紹介したいと思います。

おいくら

おいくら

おいくらは、タンスなどの家具をはじめ、不要になった家電、ブランド品、パソコン、本、楽器などさまざまな商品の一括買取査定の依頼ができるポータルサイトです。

一番のメリットは、最大で20社に一括査定を依頼し、買取価格を比較できることです。 全国1400以上のショップが登録されていて、総合リサイクルショップから質屋まで幅広い業種のショップを探すこともできます。

必要なデータを入力するだけで、簡単に希望のショップ、高価買取してもらえるショップを見つけることが可能です。ぜひおいくらの一括査定をお試しください。

おいくらで一括査定する

買取業者に依頼するメリット

買取業者の利用におけるメリットとしては、買取金額が付けば処分費用や運び出しなどの手間がかからず、とてもお得な処分方法であるという点です。

店頭買取は、買取中では最も早く処分を完了することができます。店舗に持ち込んでその場で査定が行われるので、すぐに処分したい方におすすめです。

タンスのような大型のものを処分する際は、出張買取がおすすめです。買取業者が自宅まで査定しに来てくれるのでタンスをどこかへ運ぶ必要がありません。

買取業者について詳細に解説した関連記事もありますので参考にしてみてください。

買取やネットオークションで買取価格を上げる工夫

買取やネットオークションで買取価格を上げる工夫

買取業者やネットオークションを利用してタンスを処分する場合、やはり少しでも買取価格は高くしたいものです。そこで、買取価格を少しでも上げられるような工夫をいくつか紹介します。

キズや汚れを付けないようにする

まず何よりも気にしなければならないのがタンス本体のキズや汚れです。査定の際に最も重要視されるのはやはり製品の状態で、それはタンスの査定においても例外ではありません。

そのため、買取業者やネットオークションによる処分を考えているものは普段から丁寧に扱うようにしましょう。汚れや傷がある場合は、査定前に簡単な掃除やメンテナンスをするようにしましょう。

汚れを落としたり、傷を補修するだけでも査定金額が上がる場合があります。また、説明書や、付属の部品、予備のパーツ等がある場合はそれらも合わせて査定に出すようにしましょう。

ねじが不足したタンスや、パーツの足りないタンスは査定金額がマイナスになる可能性があります。

売り時を考える

他に買取価格に直結することとして、その製品の売り時があります。

不要になったタンスを物置などに閉まったままにしていると経年劣化してしまう場合があります。ブランド物のタンスの場合、状態が悪ければ査定にも影響します。

不要になったり、処分に困っている場合には、一度査定に出してみるのもおすすめです。

手数料を気にかける

買取業者によっては出張買取の際に手数料が必要だったり、宅配買取の配送料がお客様負担である場合があります。買取業者に依頼するときは、関連する費用にも注意したうえで業者を選ぶといいでしょう。

ここで紹介したのはどれもちょっとした工夫ですが、買取価格に直結します。どうせタンスを売るなら、少しでも高く売りたいものです。そのため、売る時には是非これらのことも気にしてみてください。

まとめ

まとめ

タンスの処分方法について幾つか紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。この記事で、皆さんに最適な処分方法が見つかれば幸いです。

どんな製品であっても、一番大切なことは正しい処分方法で処分をすることです。違法処分をすると罪に問われたり、罰金を支払わなくてはなりません。

タンスは大きくてその上重いものなので、不要になるとかなり邪魔になります。だからといってルールを疎かにせず、正しい方法で処分をしてください。

乾太一 / 専属ライター
乾太一 / 専属ライター

あらゆるモノの買取・処分方法を熟知している高く売れるドットコムマガジン編集部のエースメンバー。疑問が多いリユースについて誰もが読んでわかりやすい記事作りを心がけています。