• ブランド買取

オールドコーチとは?特徴やラインナップ、偽物の見分け方を解説

オールドコーチの特徴やラインナップなどについて説明します。ただ、人気すぎるがあまり偽物も多く出回っているので注意してください。今回は、オールドコーチの本物と偽物の見分け方も紹介します。

高マガ編集部

オールドコーチとは?特徴やラインナップ、偽物の見分け方を解説

幅広い年代から人気があるブランド・コーチには、“オールドコーチ”と呼ばれるヴィンテージものもあります。使い込むほど味が出るという魅力があるので、今でもその人気は絶えません。

そこで今回は、オールドコーチの特徴やラインナップなどについて説明します。本物と偽物の見分け方も説明するので、購入を考えている人は参考にしてください。

オールドコーチの特徴

オールドコーチの特徴を3つ紹介します。お手頃価格で買える商品もあるので、憧れていたのであれば今が購入のチャンスかもしれません。

 

お手頃価格

オールドコーチの特徴は、“お手頃価格で入手できる”ことです。実際、1~2万円で販売されているオールドコーチもあります。

ハイブランドで質の高い商品が数万円で購入できるのであれば、かなりお得な買い物だと言えるでしょう。

後ほど説明しますが、オールドコーチには丈夫な素材が使われています。そのため、発売から年数が経っていても比較的綺麗な商品が多いですよ。古着屋でも売られているので、ぜひ探してみてください。

 

シンプル

オールドコーチの特徴は、“シンプル”なことです。どのようなコーディネートにも合わせやすいのは、オールドコーチの魅力でしょう。例えば、オールドコーチのショルダーバッグには、コーチの大きなブランドロゴが刻印されていません。

シンプルで使いやすいハイブランド感を演出しています。オールドコーチは女性が憧れるブランドとして有名です。しかし、男性にも違和感なくマッチするスタイリッシュな見た目のものもあります。そのため、オールドコーチは性別や年代問わず、幅広い層から人気です。

 

頑丈な素材が使われている

オールドコーチの特徴は、グラブタン・レザーという“頑丈な素材が使われている”ことです。グラブタン・レザーとは、使い込むほど味が深くなる素材です。

そのためオールドコーチは、古くなってもあまり価値が下がりません。資産価値が保たれやすいのもオールドコーチの魅力です。長く使っても壊れにくいアイテムなので、シティユースに適したバッグとも言えるでしょう。

おすすめのブランド品買取サービスをチェックする

オールドコーチのラインナップ

オールドコーチのラインナップを紹介します。特徴や人気の仕様とともに紹介するので、参考にしてください。

ターンロック

“ターンロック”とは、アイコニックなスタイルが特徴のモデルです。ターンロックの中には、丸形や四角型など、さまざまなデザインがあります。

もちろん、荷物を落とさないように機能面もしっかり設計されています。そのため、デザインと使い勝手の両方を求める人にはおすすめのモデルでしょう。また、クラシカルな印象を与えてくれるのもターンロックの魅力です。

ポシェット

“ポシェット”とは、シックで落ち着いた色合いが特徴のモデルです。オールドコーチのポシェットは、現行のコーチに比べて、少し落ち着いている雰囲気のモデルが多く展開されています。特にブラックとブラウンのカラーが人気です。

また、ポシェットには開閉口にアクセントとしてターンロックがあしらわれているモデルもあります。このターンロックがゴールドだと“高級感”が演出されるので、大人の女性にぴったりでしょう。

ショルダーバック

“ショルダーバッグ”は、オールドコーチの中でもバリエーションが豊富なのが特徴のモデルです。レザー仕様でヴィンテージ感漂うデザインが多いので、主に男性から人気があるモデルです。

フォーマルな服装にはもちろん、ワンポイントとして使えばカジュアルな服装にも合います。オールドコーチは、“ファッションをピシッと引き締めたい”そんな人におすすめです。

ブリーフケース

“ブリーフケース”とは、オールドさと大人の雰囲気を感じられるのが特徴のモデルです。収納スペースが大きいモデルが多いので、通勤・通学を行う学生やビジネスパーソンにおすすめです。

ブリーフケースにもターンロックが採用されているため、シルエットも美しいと評されています。女性はもちろん、ダンディな大人の男性にもぴったりのアイテムです。ブリーフケースは、コーチのアイコンに相応しいと言っても過言ではありません。

リュック

“リュック”は、低価格でありながら高品質なのが特徴のモデルです。オールドコーチのリュックは、幅広い層へアプローチするために作られたアイテムです。

“手の届く高級品”をコンセプトに作られたため、比較的リーズナブルな価格で販売されています。リーズナブルだからと言って、安っぽくはありません。高品質なレザーを使って製造しているため、高級感もあります。

おすすめのブランド品買取サービスをチェックする

オールドコーチは偽物も出回っているため注意

オールドコーチはハイブランドで非常に人気が高いアイテムです。そのため、オールドコーチの偽物もたくさん出回っています。しかし、本物と偽物には明確な違いがあります。

この見分け方をお伝えするので、オールドコーチを購入する場合は、必ず本物かどうか確認しましょう。

【本体編】オールドコーチの見方

まずは、オールドコーチの本体から本物か偽物か見分ける方法を紹介します。レザープレートやファスナーは分かりやすいと思います。そのため、この2つは必ずチェックしましょう。

 

ファスナー

本物のコーチに使われているファスナーは、「YKK」と「IDEAL」のみです。したがって、“YKK”と“IDEAL”以外のロゴが刻印されている場合は偽物なので注意しましょう。

しかし、“IDEAL”のファスナーは2010年ころから使われ始めたそうです。2,000年代以前のオールドコーチには、“IDEAL”のファスナーが使われていない可能性が高いので注意しましょう。

 

縫い目

コーチの製品は、“1インチに12目”という決まりがあります。そのため、1インチ12目に当てはまらないアイテムは高い確率で偽物です。

しかし、最近は多くの製品が中国で作られているようです。大量生産されるようになってからは、本物でも1インチ12目で作られていないアイテムもあります。

ただ、古い年代のオールドコーチは必ず1インチ12目で作られています。縫い目で本物かを判断する方法は、古い年代のオールドコーチを見る場合に限り有効です。

 

スナップ

オールドコーチには、スナップと呼ばれるマグネットがついています。このスナップが本物であれば、「COACH®」か「ROMAG(COMAG)」という刻印があるはずです。違う刻印がされている場合は、高い確率で偽物なので注意しましょう。

また、偽物はスナップの作りが甘い傾向にあります。そのため本体を閉じたとき、マグネットがぴったりとくっつかない場合もあるようです。

 

レザープレート

レザープレートとは、オールドコーチについている商品番号が書かれたプレートのことです。数字の並びや記号は必ず決まっています。

そのため公式サイトをチェックし、番号は同じか、並びも同じか、チェックしましょう。1文字でも異なる場合は、偽物である確率が高いと判断します。

おすすめのブランド品買取サービスをチェックする

【本体以外編】オールドコーチの見方

次に、オールドコーチの本体以外から本物か偽物か見分ける方法を紹介します。値札は分かりやすいと思います。そのため、まずは値札からチェックしましょう。

 

ハンドル

バッグを購入するとハンドル部分がビニールで包まれているものもあります。しかし、コーチはハンドル部分をビニールで包みません。

そのため購入後、ハンドル部分がビニールで包まれていたら、それは偽物である確率が高いと考えられます。怪しいと感じた場合は、すぐ返品、または一度鑑定してもらいましょう。

 

ビニール

オンラインショップでアイテムを購入すると、すべての商品がビニールで包まれて送られてきます。そして、本物であればそのビニールにコーチのロゴマークが印刷されているはずです。そのため、コーチのロゴがない場合は、まず偽物であることを疑いましょう

 

値札

コーチの値札は基本的に大きさが指定されています。その大きさは、約8cm×4cmです。そして、ほとんどの場合、白地で2つ折りです。本物であれば、値札の外側に「COACH」または「COACH Factory」と茶色の文字で書かれています。

また、右下には「COACH®」というロゴが記載されているはずです。さらに細かく言うと、内側にはスタイルナンバー・カラー・SKUバーコード番号などが、黒字で印刷されています。

ちなみに、ジュエリーや携帯ストラップなどの小物は、約2cm×4cmのサイズの値札がつけられています。

 

タグ

コーチの製品は、現在約9割が中国で生産されています。しかし、1980年代以前は多くの製品がアメリカで生産されています。

そのため、オールドコーチを購入する場合は、その製品が作られた年代を検索し、どこで作られているのかタグから判断しましょう。ちなみに、黒の太字で“COACH-ITALY”という文字が記載されており、タグの形が紙製の長方形であれば高い確率で偽物です。

ブランド品を高く売りたいなら!おすすめの買取サービス

オールドコーチを買うために今もっているアイテムを売ろう、そう考えている人も多いかと思います。しかし、せっかく売るなら高く売りませんか。

アイテムを高く売りたい人向けに、おすすめの買取サービスを2つ紹介します。アイテムを高く売ってオールドコーチを安くゲットしましょう。

 

ブランド高く売れるドットコム

「ブランド高く売れるドットコム」とは、コーチやエルメスなどをはじめとしたブランド品を高価買取してくれるサービスです。バッグはもちろん、財布やベルトなど、小物の買取にも対応しています。

電話またはWeb申し込みから簡単に査定を依頼できるのも、ブランド高く売れるドットコムならではの魅力です。

もちろん、査定価格に納得してからの買取なので、売却を催促されることもありません。全国対応で安心の事前査定も行っているので、まずは気軽に相談しましょう。

ブランド高く売れるドットコムで査定する

 

おいくら

おいくら一括査定

「おいくら」とは、東証一部上場企業が運営する一括査定サービスです。売りたい商品の情報を入力するだけで、全国の買取ショップに査定を一括で依頼できます。一括査定依頼後は、最大20社から査定結果メールが送られてきます。

査定の手間を省きながら、高く買取してくれる業者を簡単に見つけられるのが、おいくら最大の特徴です。365日24時間何度でも完全無料で使えるので、高く売れる業者を楽に見つけたい場合は使いましょう。

「おいくら」で 今すぐ一括査定で買取価格を調べる

まとめ

今回は、オールドコーチの特徴やラインナップなどについて説明しました。オールドコーチは、その質の高さから今でも高い人気を誇っています。それなのに対して、今はかなりお手頃な価格で買えます。そのため、まさに今が買い時でしょう。

しかし、人気すぎるがあまり、偽物も多く出回っているので注意してください。今回紹介した見分け方を取り入れれば高い確率で本物か偽物か見分けられるので、ぜひ参考にしてください。

高マガ編集部 / takamaga
高マガ編集部 / takamaga

関連キーワード