• 着物買取

着物クリーニングが安い専門店3社!着物種類別の料金相場も

着物を購入したけど自分で洗濯できるのか、クリーニングは安いのか?など気になっている方はいませんか?ここでは、着物は自分で洗うことができるのか、クリーニングはどのくらいで安いのかについてまとめました。また、クリーニングや保管が面倒だと思った方のおすすめの方法も紹介しています。着物の扱い方について悩んでいる方は必見です。

sirasaka

着物買取なら高く売れるドットコム

着物クリーニングが安い専門店3社!着物種類別の料金相場も

着物クリーニング料金はお店によって最大で1万円程の差があります。着物は何度もクリーニングに出すこともないため、料金相場って分かりづらいですよね。

この記事では着物をクリーニング出す時に気になる「着物クリーニング店の選び方」や「着物の種類別の料金相場」「厳選した着物クリーニング店」などをご紹介します。

クリーニング料金は留袖や振袖、訪問着や七五三など種類によって変わるため、ご自身のお手元のお着物をご確認の上、ご覧ください。

振袖など着物のクリーニング店の選び方

着物をクリーニングに出す魅力はなんといっても丸洗いできる点です。

着物を自宅で丸洗いできるご家庭は限られているでしょう。

とはいえ、丸洗いできるクリーニング店はたくさんあるため、何を基準に選べばいいのでしょうか?

そこで特に参考にして頂きたいポイントが下の3つです。

  • 電話でいくつか簡単な質問をしてみる
  • 着物クリーニングの専門店かどうか
  • 料金とクリーニング内容が見合っているのか

1つ目の「電話で質問をしてみる」はクリーニング店にどれほど着物クリーニングの知識があるのか、そしてお店の姿勢を伺うことができます。

おすすめの簡単な質問を用意しました。

  • 「丸洗いしてほしいのですが、下洗いはされますか?」

この「下洗い」という行為は、業界の方なら基本知識であり、汚れを落とす上で重要な作業のことです。

格安着物クリーニング店は下洗いをしない店も多かったり、そもそも知らなかったりするため注意しましょう。

長年放置してしまったことによる染みや、黄色に変色してしまった染みなどは専門技術が必要になります。

そのため、着物のクリーニングは着物専門のクリーニング店への依頼がおすすめです。

【解説】着物クリーニングならではのオプションと料金

ここでは着物クリーニングを依頼する際にオプションとしてよく登場する名目、そして具体的にどんな作業をしてくれるのかを料金相場と一緒にご紹介します。

  • シミ抜き 1,000円~2,000円

文字通り「シミを抜く」作業を指します。500円玉ほどの大きさのシミで、料金相場は1,000円~2,000円程でしょう。

  • 洗い張り 12,000円~

着物の仕立て(縫製)を解いて、一度生地を大きく開き、丁寧に洗剤とブラシで洗っていきます。
その後、再びお着物として仕立て直すという流れとなります。

仕立てには洗い張りとは別に料金が20,000円~掛かってきます。

そのため、「ただクリーニングしたかっただけなのにとても高額…」ということにならないよう、着物クリーニングとの違いを知っておきましょう。

  • 撥水加工 6,000円~

加工する前よりも、水や汚れを吸収しにくくなり、汚れにくくできる加工です。汚れが付いてしまったときも落としやすくなる効果もあります。

  • 汗抜き 4,000円~

黄ばみの原因となる汗染みを洗浄してもらうことです。

着用時に汗をかいた時や、しばらく着る機械がない時は、依頼したほうが良いでしょう。

振袖や留袖など着物種類別のクリーニング料金相場表

着物は振袖や留袖、訪問着や羽織、肌着にあたる長襦袢など様々な種類があり、それぞれクリーニング料金が違います。

着物の種類 料金相場
振袖 3,000円~12,000円
訪問着 3,000円~10,000円
留袖 3,000円~12,000円
羽織 2,500円~6,000円
長襦袢 2,000円~4,500円

ご覧のように着物のクリーニング料金は大きな差があります。

理由はクリーニングを自社工場で行うか、外部に委託しているのか、手作業か機械作業なのかなど様々です。

そのため、着物クリーニング店を選び時は、「着物のクリーニングの知識が本当にあるのか」「着物クリーニングの専門店なのか」この2点を確認できるといいですね。

着物クリーニングおすすめ3店を厳選

ここでは、これまでお話した「着物クリーニング店の選び方や注意点」を踏まえて厳選した3社の着物クリーニング店をご紹介致します。

きものtotonoe(トトノエ)

着物クリーニングの専門店、1つ目のおすすめは「きものtotonoe」。

「とても綺麗な仕上がりで正直驚きました」こちら実際に寄せられた感想としてHPにも紹介されており、非常に評価の高いクリーニングサービスのようです。

熟練の職人による洗い(下洗い・丸洗い)、すすぎ、シミ抜き、仕上げを行い専用の丈夫なケースに入れて返送されます。

仕上がりに不満がある場合は、1週間以内であれば無料で再仕上げしてくれる保証も。

料金は各種着物の丸洗いで【5,830円~】、さらに詳しく知りたい方はHPをご確認ください。

きものtotonoe ホームページ

わ蔵

着物クリーニング専門店のわ蔵は宅配専門のクリーニングサービスです。

そのため、自宅から着物を発送するだけで、クリーニング依頼をできます。

「もう一度期待をお届けします」を理念に、丸洗い汗抜き、そして最長1年間の着物保管サービスも利用が可能。

クリーニング料金にはこれらすべての代金が含まれており、振袖着物が8,800円~、喪服は7,150円~利用できます。

自宅での保管が手間だと感じる方は、プロの元でクリーニングも保管も任せてしまってはどうでしょうか。

わ蔵 ホームページ

KIREINA(キレイナ)

3つ目の着物クリーニング専門店はオーダークリーニングサービスを提供している「KIREINA(キレイナ)」。

丁寧に扱ってほしい服、どこに出すか迷っている高価なお着物、他店で断られてしまった服を、どこよりも丁寧に綺麗に長持ちさせるを理念とするサービスです。

着物以外にもウェディングドレスやレザー類など、クリーニングが難しい服を取り扱っており、専門技術に長けたクリーニングサービスの1つと言えるでしょう。

お申込はWEBから、送られてきた返送用のダンボールで送ればあとは待つだけ。

料金は振袖・留袖が16,500円、着物は9,900円、着物帯は3,300円です。

KIREINA ホームページ

着物は自分で洗える?

着物は自分で洗濯できるのか。気になっている方もいるでしょう。着物は基本的に、クリーニングに出すものです。

しかし、ちょっとした汚れや手入れをする度にクリーニングに出すのは、時間や手間だけでなくお金もかかって困る方も多いでしょう。

着物でも、洗濯機や手洗いがOKという洗濯表示がついていれば、自宅で洗うことが可能ですし、足袋なども洗濯機で洗えます。

ただし、直接洗濯機に入れるのではなく、着物が入るぐらいの洗濯ネットを用意し、ドライコースで洗濯するなど工夫が必要です。

さらに、洗浄力が強いアルカリ性のものを使うと色落ちする可能性もあります。

染み抜き程度であれば自分でも行えますが、大切な着物の色落ちなどを防ぐため注意する必要があります。以下記事では自分で着物の染み抜きを行う方法を解説しています。クリーニングに出すほどでもない着物の小さな汚れが気になる方は参考にしてみてください。

着物をクリーニングに出す頻度は?

着物を初めて購入したときに「クリーニングに出す頻度はどれぐらいなのか?」と悩んだりしませんか?

自分で落とせる軽い汚れの場合は、2回~4回程度着用してから、クリーニングに出すのがベストです。

着物を着た後は、陰干しをして汗を飛ばし、専用のブラシでブラッシングをかけ、汚れていないかチェックしましょう。

その時点で汚れがついていない、臭いがない場合はクリーニングに出す必要はありません。

ただし、1回着物を着て、次に着る予定が1年後になる場合は、着用後や着る前にクリーニングに出しておく方が良いでしょう。

帯のクリーニングはそこまで必要ない

着物は定期的にクリーニングに出した方がいいですが、帯はそこまで必要ありません。

陰干しで汗や水分を飛ばしてケアをしていれば、綺麗に保つことができます。

着物の正しい保管方法は?

着物は非常に繊細なため、正しい保管方法を知らないと生地が傷んでしまいます。

着物の保管方法は以下の流れで行います。

  • 着物を「ほんだたみ」する
  • 畳んだ着物を畳紙(たとうし)に入れる ※着物専用保存袋があれば、畳紙ごと入れる
  • タンスに保管し、虫に食べられないように四隅に防虫剤を入れる。

また、保管するタンスは通気性の良い桐ダンスがおすすめですが、乾燥剤を活用し、定期的に外気にさらせれば、収納ケースなどでも保管できます。

また、保管している着物は「7月下旬~8月上旬」「9月下旬~10月上旬」「1月下旬~2月中旬」の年に3回「虫干し」を行うのが理想的。

難しい場合は、年に一度、着物のメンテナンスをかねて一緒に行うといいでしょう。

着物の保管方法についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

保管が大変なら売却するのも一つ。おすすめ業者2選

着物の保管について説明をしましたが「大変だし手間がかかる」と感じた方は売却をするのも一つです。

着物は需要が高いため、状態が良ければ高値で買い取ってくれる可能性があります。

そのため、保管に失敗をしてしまい虫に食べられてしまうよりも、いっそのこと売却することも検討してみてください。

高く売れるドットコム

アンティークLP

着物や帯などを高く売りたい人におすすめの買取サービスは、“高く売れるドットコム”です。

高く売れるドットコムとは、買取サービス利用者が薦めたいと思う買取サービスというランキングで、No.1を獲得した業界最大級の買取業者です。すでに100万人が利用しています。主に以下のような特徴があります。

お急ぎの方や詳しくお問い合わせしたい方は、通話無料のお電話 0120-503-864 へどうぞ!(受付時間:年末年始を除く 9:15~21:00)

高く売れるドットコムは、“安心できる買取業者を探している”という人におすすめです。

いくらで着物が売れるか査定する

おいくら

おいくら 「スピード感」キャプチャ 2021年4月時点 最新版

もし、業者に選びに悩んでしまったときは、買取比較サイトの”おいくら”があります。こちらを利用することで、自分が持っている着物がどのくらいで売れるのか簡単に比較ができます。また、電話番号の入力も不要で安心して利用できます。

高く売るためには複数業者への査定依頼は必要不可欠。逆を言えば、焦って1社だけに絞り込んで査定依頼を行い、言われるがまま売ると損をしてしまう可能性があるということです。

そうならないためにもおいくらの一括査定をぜひ使ってみてください。

いくらで着物が売れるか査定する

着物のおすすめ買取店・買取価格相場については以下記事でより詳しく解説しています。

まとめ

着物のクリーニングは専門店への依頼が必須です。

また確かな技術と1点1点の着物に向き合う姿勢も重要視したいところ。

安いからとクリーニングに出してみた結果、思わぬトラブルが発生することもあります。

そのためにも、クリーニング後に保証があるお店や、着物クリーニングの知識があるお店を見極めて依頼するようにしましょう。

sirasaka / ライター
sirasaka / ライター

東証一部上場企業が運営している総合買取サービス「高く売れるドットコム」の査定業務や出張買取に携わり、一方で知見を活かし「買取」をテーマとしたメディアの運用も行っています。 買取にまつわる疑問や不安を解決できるような情報をご提供致します! リユース営業士資格を保持(日本リユース業協会より授与)

sirasakaの執筆記事一覧 ≫

関連キーワード