• カメラ買取

不要なカメラの処分方法|壊れたカメラは買取できる?捨てる時の注意点も紹介

カメラの処分はどうすればよいか悩んでいませんか?この記事ではカメラの処分方法やその前にやらなければならないことについてまとめました。また、おすすめの処分方法についても紹介しています。お得にカメラを処分したい方は必見です。

高マガ編集部

不要なカメラの処分方法|壊れたカメラは買取できる?捨てる時の注意点も紹介

「新しいカメラを購入したから古いものは売ろうかな」
「もうずいぶんと使っていないカメラを処分したい」
「壊れてしまって使えないカメラ…売れないかな」

様々な理由でカメラの処分を検討していると思いますが、カメラの処分にはデータの削除やバッテリーに関して注意すべき点があります。

またカメラは壊れていても売れる可能性があります。
ただ捨てるのでは、手間も費用も掛かってもったいないと感じる方もいるのではないでしょうか。

この記事では、カメラの処分で損をしない、お得にカメラを手放す方法を紹介します。

カメラの処分前にしなければならないこと

まずカメラを処分しようと考えたら、そのままごみに捨ててしまうのは非常に危険です。

もし、何もしないで捨ててしまうと個人情報が流出する可能があります。ここでは、カメラを処分する前にしなければならないことについて紹介します。

カメラの画像データを消去する

まずは、カメラの画像データを消去してください。メモリーがカメラ本体に残っている場合、そのまま捨ててしまうと画像や個人情報が漏れてしまいます。

また、メモリーカードを挿入している方は必ず取り外すようにしましょう。

カメラの画像データの消去の仕方については、機種によって異なるためマニュアルを確認してください。

もし、マニュアルが見当たらない場合はメーカーのサポート窓口に電話をすると消去の方法か電子マニュアルの場所をお伝え頂けることが多いので、カメラの画像データは必ず消すようにしましょう。

カメラの設定を初期化・消去する

最近のカメラは個人認証機能などを登録ができるようになっているため、名前や誕生日を設定している方は要注意です。

たかが名前、誕生日と思うかもしれませんが、それが流出してしまうと、個人の特定に繋がる可能性が高くなります。また、無線LANの設定をしているデジタルカメラも注意してください。

処分するときは取扱説明書に従って、全ての登録情報を消去するようにしましょう。

カメラをお得に処分するならまずは買取を考えよう

カメラをお得に処分する方法、それは買取に出す方法です。

壊れたカメラや状態が悪いジャンクカメラでも、買取できる可能性は十分にあります。

ゴミとして処分してしまう前に、ぜひ一度査定してみましょう。

カメラの買取はカメラ買取専門業者に

カメラ高く売れるドットコム

カメラは専門性の高い品物です。
そのため、カメラに関する知識をしっかり持っている業者に査定をしてもらいましょう。

カメラ高く売れるドットコム」は東証一部上場企業が運営するカメラ専門の買取サービスです。

使わなくなったカメラをネットで手軽に売却できると評判で、カメラのや周辺機器に詳しい査定士が在籍しており、丁寧な査定が魅力です。

査定は無料で電話[0120-945-991]または下の緑のボタンからWEBでお申込み頂けます。
「こんなカメラ売れるかな?」「査定だけでもしてみたいな」といった方もぜひ、お気軽にご利用ください。

カメラ高く売れるドットコムで査定する

▼さらに詳しくカメラ高く売れるドットコムについて知りたい方はこちらから

買取以外のカメラの処分方法

買取を断られてしまった、今すぐに処分したい方はゴミとして処分する方法があります。

家電量販店やスーパーでは下取りや無料で引き取ってもらえることもあります。 それぞれ紹介します。

粗大ごみ・燃えないゴミとして処分する

カメラは金属や樹脂からできている精密機械で、小型家電製品に該当します。多くの自治体では「燃えないごみ」(不燃ごみ)として捨てることができます。ただし、一部自治体では「粗大ごみ」として取り扱っていることも。

住んでいる地域での取り扱いを確認し、もし粗大ごみとして出す場合は自治体に回収してもらうか、指定の場所へ持っていくようにしましょう。

回収業者に引き取ってもらう

もし、カメラをたくさん処分する場合は民間の回収業者に引き取ってもらうのも一つです。基本的に有料となり、自治体に回収してもらうよりも費用は高くなりますが、スケジュールが合わせやすいため、比較的早く処分ができます。

ただし、無料で回収してくれる業者には注意が必要です。場合によっては違法な処分をされトラブルに発展するケースも少なくありません。もちろん、無料で回収してくれる業者が全て悪徳とはいいませんが、どのように処分するのか念入り確認をして、本当に信頼できるかどうか確認するようにしましょう。

家電量販店に下取りを出す

ビックカメラやヤマダ電機など大手の家電量販店ではカメラの下取りを行っているところも多いです。カメラを買い換えるときは、古いカメラを下取り処分することで、最新のカメラがお得に購入ができます。

ただし、カメラの種類によっては下取りが難しい場合があるため、自分の持っているカメラのメーカーや型番などを控えて下取りしてもらえるか事前に確認するようにしましょう。

古いカメラは高値で売れる可能性がある

「買取業者って比較的新しいもの売れないのでは?」と思っている方もいるでしょう。実は古いカメラは高値で売れる可能性があります。

切手や古銭、食器などが高く売れる理由はそれを収集するコレクターがいるからです。コレクターの存在によって需要が成り立ち、年代物の希少価値が高いものは高値で取引されます。

カメラも同様に希少価値があるものは、需要が高いです。中には販売価格よりも価値が高くなり、高額買取になる可能性も。

「ハッセルブラッド」「ライカ」「ローライ」などの古いカメラを持っている方は一度カメラ専門店などに査定依頼を出してみてください。

また、古いカメラは壊れていたとしても修理用の部品取りとして使われることもあるため、見た目がボロボロでも査定してもらうのがいいでしょう。

カメラの買取はカメラ高く売れるドットコムへ

カメラ高く売れるドットコム

カメラの処分を考えている方は、一度カメラ高く売れるドットコムに査定を出してみてください。専門知識豊富なスタッフが査定するため、希少価値がわかり、さらに事前査定で買取額もすぐにわかります。

ここでは、カメラ高く売れるドットコムのおすすめポイントについてもう少し詳しく見ていきましょう。

カメラ高く売れるドットコムで査定する

専門知識豊富なスタッフが査定するため、希少価値がわかる!

カメラ高く売れるドットコムはその名の通り、デジタルカメラ、一眼レフ、ストロボなどカメラや関連商品を専門に買い取ってくれる業者です。

リサイクルショップの中には買取品目としてカメラも対象にしているが、価値がわかっておらず、知らないうちに買い叩かれてしまう可能性も。

しかし、カメラ高く売れるドットコムでは全員専門知識が豊富なスタッフが査定するため希少価値がわかり、高く買い取ってくれます。

カメラ愛好者が「薦めたい」と思う買取サービスを実施しており、全国どこでも対応可能なため、これからカメラを売ろうと考えている方は検討してみてください。

カメラ高く売れるドットコムで査定する

事前査定ですぐに相場がわかる

カメラ高く売れるドットコムでは、電話やネットで事前査定が可能です。特に電話であれば、すぐに事前査定を行ってもらえるため「すぐに相場が知りたい!」や「すぐに売りたい」という方におすすめです。

また、ネットではカメラや基本の情報を入力すれば簡単に買取価格を調べれます。難しい手続きや操作は一切なく、スマホからでも入力ができ、査定場所を選びません。

おすすめは[0120-945-991]に電話することですが、受付時間の9時15分~21時までの間で時間が取れない場合はネットで必要な情報を入力し事前査定してもらうようにしましょう。

カメラ高く売れるドットコムで査定する

自分にあった買取方法を選ぶことができる

カメラ高く売れるドットコムは「店頭買取」「出張買取」「宅配買取」の3つの中から自分に合ったものを選べます。例えば、自宅から店舗が近い場合は、店頭買取を利用すれば、その場で現金を手に入ります。

遠方の場合は出張買取か宅配買取がおすすめです。出張買取は自宅まで査定員が買取に来てくれるサービスです。店頭買取の場合は「これも売りたかったのに忘れていた!」となることもありますが、出張買取だと、その場で売りたいものが見つかったときも柔軟に対応してくれます。また、対面のため査定交渉もしやすいです。

宅配買取は段ボールの売りたいカメラを入れて送れば買取ができます。店頭買取や出張買取のようにその場で現金になるわけではありませんが、空いた時間で査定結果が確認できるため、忙しい方でも隙間時間で対応できるのがおすすめです。

出張買取か宅配買取か悩んでいる場合は、事前査定時にどちらがよいかスタッフが丁寧に教えてくれるため、相談してみるのもいいでしょう。

カメラ高く売れるドットコムで査定する

こちらでは中古カメラの買取相場や高く売るコツなどを紹介しています
詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

まとめ

カメラの処分方法について紹介をしました。カメラの本体には写真のデータや個人情報が入っている可能性があるため、処分する前や必ず設定の初期化などを行いデータを消すようにしましょう。

また、処分するときは燃えないごみになるのか、粗大ごみになるのかは自治体によって変わるため、事前に確認してみてください。ただ、ごみとして出すのはもったいない方は買取業者に売るのがおすすめです。

費用処分がかからないどころかお金が手に入るため、まだまだ動くカメラを捨てる場合は買取を考えてみてください。そのときは、カメラ高く売れるどっとこむへ電話かネットで事前査定をすればすぐに相場がわかりますよ。

高マガ編集部 / takamaga
高マガ編集部 / takamaga

高マガ編集部の執筆記事一覧 ≫

関連キーワード