金庫の処分でお得な方法は?無料処分の方法や処分費用の相場を紹介

金庫をただ捨てようとすると、高額な処分費用や手間が掛かります。金庫の処分を検討している方は、処分費用無料の買取依頼がおすすめです。買取ができない場合に、不用品回収業者の利用や、粗大ゴミでの処分を検討しましょう。金庫の処分でおすすめの方法は買取業者の利用です。当記事で詳しく紹介します。

きょーへい

金庫の処分でお得な方法は?無料処分の方法や処分費用の相場を紹介

「金庫が古くなったし置いておく場所もないから処分したい」
「金庫の処分費用をできるだけ安く済ませたい」

そんな方に向けて、使わなくなった金庫の処分方法をまとめました。
処分方法ごとの費用の相場も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

上記のような希望がある方には、買取業者への依頼がおすすめです。
こちらでおすすめの買取業者を紹介しているので、お役立てください。

粗大ごみでは捨てられない金庫の処分方法4選&

金庫を処分するときに、まずは粗大ごみで捨てようと思う人も多いのではないでしょうか?

金庫は特殊な素材が使われていることが多く、ほとんどの自治体では粗大ごみとして回収してもらえません。

手提げ型や小さな金庫は回収している自治体もありますが、大きな金庫は粗大ごみの対象外となることがほとんどです。

そこで、粗大ごみ以外で金庫を処分する方法を4つ紹介します。

買取してもらう

金庫の処分でもっともおすすめの方法です。
買取が可能な状態の金庫であれば、処分を費用を掛けないどころか、換金できる可能性もあります。

金庫の寿命は20年と定められているので、製造から20年以上経つものは買取の対象外となるでしょう。

また、メルカリなどのフリマサイトで売る方法は、梱包や発送料などの費用がかかるためおすすめできません。

買取業者なら出張買取を依頼すれば、指定した日時に査定や受け取りに来てもらうことができ、非常に便利です。

こちらから金庫の買取におすすめの買取業者をご覧になれます。

おすすめの金庫買取業者を見てみる

購入した店舗で引き取ってもらう

金庫を販売している店舗では、使わなくなった金庫の引き取りサービスを行っていることが多くあります。

新しい金庫を購入するタイミングであれば、無料で引き取ってもらえる可能性もあるのが魅力です。

店舗によっては、出張引き取りを行っているので、持っている金庫が重くて持ち運びが大変な場合は、引き取りに来てもらうのもおすすめ。

費用の相場は5,000円から3万円と言われています。

金庫の大きさによって差があり、出張引き取りの場合は金庫の設置場所が2階以上だと持ち出すのが大変なため追加料金がかかることもあります。

金庫回収業者に依頼する

金庫専門の回収業者に頼むのも1つの手段です。

とくに、鍵が開かない場合は、鍵を開けてから回収してくれる業者に頼むのがおすすめ。

解錠もお願いするとその分費用はかかりますが、同じ業者が解錠と回収を同時に行ってくれるので、手間がかからないのがメリットです。

日本セーフ・ファニチュア協同組合連合会では金庫の廃棄についての問い合わせを受け付けているので、信頼できる業者を紹介してもらえる可能性もあります。

費用の相場は、解錠が3,000円〜、回収が5,000円〜3万円です。

金庫の種類や重さによって異なるので、複数の業者で見積もりを取るのがおすすめですよ。

不用品回収に出す

大型家具や家電の回収をしている業者でも、金庫を回収してもらえます。

ほとんどの業者が自宅まで回収しに来てくれるので、持ち運び不要なのは嬉しい点。

また、金庫のほかにも不要品がある場合は、一緒に回収してもらえます。

費用の相場は3,000円〜2万円ほどと言われていますが、業者や金庫のサイズによってさまざまです。

極端に回収費用が安い業者は、回収してもらった後に追加費用を請求されるなどのトラブルが発生する可能性もあります。

不安な人は、金庫屋で引き取ってもらうか、金庫専門の業者に頼むのがおすすめですよ。

金庫の処分にかかる費用の相場

金庫の処分にかかる費用は、処分方法や金庫のサイズによってさまざま。

基本的には、金庫の重量1kgあたり200円前後+回収費用が相場と言われています。

家庭用の金庫なら、3,000〜20,000円ほどで回収してもらえることがほとんどです。

また、解錠をしてもらう場合や、家から持ち出すのに複数の人手やクレーン車などが必要な場合は、追加で費用がかかります。

見積もり内容に納得するかどうかが業者選びの決め手になるので、できれば複数の回収業者に見積もりを出してもらいましょう。

金庫を処分するなら費用ゼロの買取がお得

金庫の処分費用3千円~2万円ほどと決して安くありません。

日時を指定して、同じように回収されるなら換金できる可能性のある買取業者への依頼がお得です。

買取不可だった場合に、費用を掛けて処分を行ってはいかがでしょうか。
買取可能な金庫は使用条件に問題がなく、状態が良いもので、製造から10年以内のものと言われています。

おすすめの金庫買取業者を見てみる

金庫の買取相場は0円~数万円

買取の相場は5,000円ほどがほとんどです。
流動性が高い品物ではないことや、重さによる運搬コストが掛かることなどから、買取相場は低めです。

とはいえ、製造から1年未満かつ人気のメーカーの金庫は、数万円の値が付くこともあります。

金庫は相場の把握が難しい品物であるため、まずは査定が必要です。

金庫の買取なら高く売れるドットコムがおすすめ

金庫は重く移動が大変なものも多いです。
高く売れるドットコム」は出張買取に対応しているため、スタッフが査定から搬出までを行ってくれます。

手間なく処分、売却できるだけでなく、査定依頼から最短即日対応も相談できます。

また販売店舗を持たずネットに特化した販売経路を持っており、削減したコストを買取金額に還元できる分、業界トップクラスの高額買取を実現しています。

査定のご依頼は電話[0120-503-864]またはWEB(下の緑のボタン)から簡単に申込み頂けます。

出張買取の日程や、金庫以外に処分、買取してほしいものなどもあれば、遠慮なくご相談ください。

金庫の無料査定を申込む

金庫を処分や買取に出す前の準備

金庫を処分する前にチェックしておきたいことが3つあります。

どの方法で処分するかを問わないので、読みながらチェックしてみてくださいね。

中身がないか再度確認してお

当たり前ですが、処分する前に中身を空にしておきましょう。

万が一、中にものが入った状態で回収してもらうと、そのまま処分されてしまう可能性もあります。

また、中身が処分されない場合でも、回収してもらった場所へ取りに行く手間がかかったり、自宅に送ってもらう費用がかかったりと、無駄な時間や費用がかかります。

中身を出すのは直前でいいやと思っていると忘れてしまうこうともあるので、処分すると決めたときに空にしておくのがおすすめです。

また、回収してもらう直前にも、中にものが入っていないかを再度確認するようにしましょう。

金庫の種類や鍵のタイプを把握しておく

金庫は形状や鍵のタイプなどでいくつかの種類に分かれています。

金庫の種類は、大きく分けると耐火金庫と防盗金庫の2種類。

さらに、投入式金庫・手提げ金庫・シークレット金庫があります。

鍵のタイプは、ダイヤル式・シリンダー式・テンキー式・指紋認証式・生体認証式などさまざまです。

基本的に家庭で使う金庫であれば、鍵を回して解錠するダイヤル式・鍵を使って解錠するシリンダー式・番号をボタンで入力して解錠するテンキー式が多いでしょう。

回収業者などで処分する場合は、どの種類でも費用に差はないことが多いですが、買取してもらう場合は金庫の種類や鍵のタイプで買取価格が変わります。

正確な見積もり金額を教えてもらうためにも、金庫の種類と鍵のタイプは把握しおきましょう。

重さを確認しておく

金庫の重さも事前に確認しておくのがおすすめです。

基本的に処分するときの費用は、金庫が重いほど高額になります。

1人では持ち運びが困難と判断された場合は作業する人数が増えるので、その分の追加費用が発生します。

事前に重さを伝えておけば、すべてを含んだ費用を教えてもらえるので、追加費用が発生しません。

とはいえ、大きな金庫は重さを図るのも一苦労ですよね?

そのため、メーカー名・商品番号・製造年・金庫の種類だけでも把握しておきましょう。

これらを伝えることで、業者が商品を特定して重さを加味した見積もりを提示してくれます。

金庫の寿命と処分のタイミング

金庫を中心に鋼製家具類の製造・販売などを行う事業連合である、日本セーフ・ファニチュア協同組合連合会は、金庫の寿命を20年と定めています。

なぜ寿命があるのかというと、耐火材が経年劣化してしまうからです。

20年で耐火性能が20%落ちると言われており、大切な書類などを火事から守りきれなくなってしまいます。

いま処分や買い替えを検討している金庫以外にも、買ってから時間が経過する金庫がある場合は、製造年を確認しておくのがおすすめです。

まとめ

金庫の処分方法や費用について紹介しました。

できれば無料かつお金ももらえる買取をしたいと思うものの、買取してもらえるのかが不安な人もいるのではないでしょうか?

製造年数などの買取の基準はありますが、素人では買取してもらえるかどうかを判断するのは困難です。

そのため、壊れていない金庫であれば、処分を検討している人でも買取査定を試してみるのがおすすめです。

高く売れるドットコム」なら、公式サイトから見積りを無料で依頼できます。

もちろん、買取の対象外だった場合や買取をキャンセルした場合でも、費用は一切かかりません。

また、出張買取にも無料で対応しているので、金庫を持ち運べない人にもおすすめです。

商品名・金庫の状態・メーカー名・付属品・連絡先などを記入するだけなので、ぜひ一度試してみてください。

きょーへい / ライター
きょーへい / ライター

札幌在住の旅行好きライター。文章を読むのが苦手な人にも、最後まで読んでもらえるような記事作成を心がけています。

きょーへいの執筆記事一覧 ≫

関連キーワード