座間市の粗大ごみ処分・捨て方|不用品の回収方法・シール料金

神奈川県座間市の粗大ごみの処分方法をまとめました。家庭で出た粗大ごみの捨て方について申込方法から料金の支払い方法、回収・持ち込みについて、捨てられる品目、自治体のルールについても解説しています。今回は座間市で粗大ごみを処分するときに知っておきたい情報を紹介しています。また、自治体での粗大ごみ処分以外に不用品を処分できる方法として、買取業者による便利な買取サービスについても併せて紹介しています。
不用品回収業者一括査定のエコノバ

座間市の粗大ごみ処分・捨て方|不用品の回収方法・シール料金

「自宅にあるいらないものを処分したいけれど、粗大ごみとして処分するのは面倒でイヤ」ということはありませんか?

粗大ごみは通常の燃えるごみ・燃えないごみとは違い、事前に申し込みや料金の支払いを済ませておく必要があります。

座間市での粗大ごみ処分でも、このような手続きが必須です。そこで今回は、座間市で粗大ごみを処分するための方法とポイント、手数料などの詳しい情報についてまとめてみました。

家に不用品がある方、これから粗大ごみを処分する方、必見です。ぜひ、参考にしてください。

粗大ごみの基準と分別

座間市で粗大ごみとして扱われる品目のサイズは一辺の長さが50cm以上、2m未満のものです。カーペットやベッド、物干し竿などで2mを超えるものは、2m以内のサイズに解体しなければなりません。

テーブルや座椅子など、座間市で粗大ごみと認めている品目の場合は、一辺が50cm以下でも粗大ごみとして扱われます。

反対に、ビデオデッキや石油ストーブなどのように粗大ごみとして指定されていない一辺50cm未満のごみは粗大ごみではなく、燃えないごみとして出すことができます。

捨てるごみが粗大ごみになるか確認したい場合には、座間市|粗大ごみとなる品目例を参考にしてください。

なお、座間市で収集された粗大ごみのうち再生できるものは修理を行った上、リサイクルプラザで販売されます。

座間市の粗大ごみ処分の申し込み方法

座間市の粗大ごみ処分の申し込み方法

座間市で粗大ごみを処分する時には、必ず事前に申し込みを済ませておく必要があります。申し込み方法には、電話とインターネットの2種類があります。

電話での申し込みは、下記の専用ダイヤルへ直接電話をしてごみ収集の日時を決めます。

インターネットでの申し込みでは、申請者IDの登録が必要となります。登録を済ませると、ネット上で粗大ごみ処分の申し込みも可能となります。

粗大ごみ処分の申込先

  • 電話での申み先:座間市役所粗大ごみ排出申し込み専用ダイヤル
  • 電話番号:046(252)7560
  • インターネットでの申込先:e-kanagawa電子申請

座間市の粗大ごみシール(処理券)の料金・手数料

多くの自治体では、処分する品目のサイズなどによって粗大ごみ処分料金が変動します。しかし座間市の場合、かかる料金は対象の品目であればすべて1点あたり500円で可能です。

また、セットとなっている品目であれば、複数個でも1個として処分ができます。

粗大ごみ処分の料金は、事前に専用の粗大ごみシールを購入します。粗大ごみシールは、座間市内のコンビニエンスストアやスーパーなどで購入ができます。下記のURLに、粗大ごみ粗大ごみシール販売店一覧が掲載されています。

なお、処分料金が一律のため、販売されている粗大ごみシールは500円の1種類のみです。購入した粗大ごみシールは払い戻しができないので、購入する時にはよく枚数を確かめておきましょう。

粗大ごみ手数料の減免制度

座間市では、障害者の方や母子家庭を対象として、粗大ごみ処分にかかる手数料の減免制度があり、1世帯につき年間5個までの粗大ごみ処分が無料となります。

対象家庭で減免制度を利用する場合は粗大ごみシール購入の必要はありませんが、一般廃棄物(粗大ごみ)処理手数料減免申請書に記入し、座間市役所資源対策課に対して減免の申請をしなければなりません。

なお、粗大ごみ処分手数料減免対象の家庭でも、年間5個を超える粗大ごみの処分については実費負担が必要です。

持ち込みはできる?座間市の粗大ごみ処分ルールの特徴

持ち込みはできる?座間市の粗大ごみ処分ルールの特徴

多くの自治体では、個人が粗大ごみをごみ処理施設などへ直接ごみを持ち込むことができます。しかし、座間市では持ち込みでの処分はできず、すべて戸別回収のみとなります。

事前申し込み制で、自宅まで粗大ごみを収集してもらう方法のみです。そして、座間市での粗大ごみ収集には点数制限があり、1回の戸別回収で処分できるのは最大5点までです。

5点を超える場合、再度戸別収集を依頼しなければなりません。引っ越しなどで大量の不要物が出る場合は少々面倒が伴うかもしれませんが、数回に分けて処分します。

粗大ごみを出す日は、事前の申し込み時に指定されます。当日は、日の出から朝8時30分までの間に指定の場所にごみを出しておきます。その際、必ず購入した粗大ごみシールを処分する物に貼付するのを忘れないようにしましょう。

座間市で粗大ごみとして出せない品目

粗大ごみとして認められている品目で規定サイズをオーバーしてしまうもののうち、解体しても2mを超えてしまう場合は、粗大ごみとして処分ができません。

座間市で粗大ごみとして認められている品目であっても、石やコンクリートなどの処分対象外の素材を使っている場合は、粗大ごみとして処分できない点に要注意です。

粗大ごみとされている品目でも、木製やプラスチック製、金属製などの素材は燃えるごみ、または燃えないごみとなることがあるので、処分したいごみについて、粗大ごみ処分の対象品目であるか、素材をチェックしておきましょう。

家電リサイクル法対象品目やパソコンは捨てられるのか

家電リサイクル法対象品目やパソコンは捨てられるのか

他の自治体と同様に、座間市でも家電リサイクル法の対象となる家電製品は粗大ごみとして処分ができません。そして、資源有効利用促進法でリサイクル対象に指定されているパソコンなども処分不可です。

ワープロは粗大ごみとして処分可能ですが、その際はパソコンと区別を付けるためにごみを出す時に「ワープロ」とわかりやすく貼紙をしなければなりません。

また、木材やコンクリートなどの建築廃材、タイヤやバッテリーなどの自動車部品、廃油やプロパンガスボンベといた処理困難物。

商店や企業、工場などでの事業によって出たごみ、引っ越しや大掃除、庭木の刈り込みなどで出た多量のごみも、粗大ごみとして処分はできません。

座間市で粗大ごみとして出せないものをまとめると、以下の品目となります。

家電リサイクル法対象家電4品目
テレビ
エアコン
冷蔵庫
洗濯機

家電リサイクル法についてや対象4品目の詳しい処分方法に関しては下記の関連記事を参考にしてください。

資源有効利用促進法対象品目
デスクトップパソコン本体
ディスプレイ
ノートパソコン

パソコンの詳しい処分方法は下記の関連記事を参考にしてください。

処理困難物とされているもの
コンクリート
自動車部品
ピアノ など

ピアノの処分方法について説明した関連記事がありますので合わせてご覧下さい。

これらの処分不可の品目を処分したい時には、購入先の店舗または座間市の許可を得ている収集業者に相談しましょう。収集業者については、座間市資源対策課で紹介してもらえます。

  • 問い合わせ先:座間市役所 資源対策課
  • 電話番号:046-252-7659

座間市で家電製品や家具、寝具を処分する

座間市で家電製品や家具、寝具を処分する方法

例えば、家電製品の中でも家電リサイクル法の対象にならない製品の場合、電子レンジやトースター、ファンヒーターなどは粗大ごみではなく燃えないごみとして処分となります。

製品の特徴などによって、処分の可否が異なるものもあります。冷風機はフロンが使われていない製品であれば燃えないごみとして出せますが、フロンが使用されている場合はどんなごみとしても処分ができなくなります。

また、同じヒーターでもハロゲンヒーターは燃えないごみですが、オイルパネルヒーターは処分不可です。

布団は、自治体によって処分のルールが異なるため、処分方法がわかりづらい品目といえます。座間市では、布団は5枚までを1セットとして、1個分の料金で粗大ごみとして処分が可能です。

布団と同じく、スポンジ入りで折りたためるタイプのマットレスも5枚1セットで処分ができます。ただし、磁気布団や磁気マットレスは1枚のみ、スプリング入りのマットレスは座間市ではごみとして処分はできません。

セットで処分できる品目と処分時に注意するべき品目

座間市では、品目によって複数を1セットでまとめて処分できるものとそれぞれ1点として処分するべきものが多くあります。

まとめて1セットとみなすもの

  • 机用椅子や机
  • 鏡台・ドレッサーと専用の椅子
  • こたつ本体とこたつ板
  • スピーカーでセットとして売っているもの
  • ダイニングテーブルと一緒に使う椅子(同じデザインのものであれば6脚1セット)
  • ふすまや障子、網戸はいずれも5枚1セット
  • 物干し竿やカーテンレールは5本1
  • 物干し台は1対で1セット
  • タンスや食器棚で上下で分けられるタイプのものは上下で1セット
  • スキー板とストックは、1人分で1セット

その反対に、ソファーや応接セットは個々に分かれるものは同じセットのものであったとしても、1点ずつカウントして処分しなければなりません。

電気カーペットに使用するカバーも、電気カーペット本体とセットではなくそれぞれ1点としてカウントされます。

スピーカーは粗大ごみとして処分が可能ですが、サイズが50cm以内のミニコンポは燃えないごみとして取り扱われます。

ベビーカーに関しては、折りたたみができるものは燃えないごみですが、双子用ベビーカーは折りたためるタイプでも粗大ごみとして処分が必要です。

参考:座間市|粗大ごみとなる品目例

粗大ごみを処分する前に買取サービスの検討がおすすめ

粗大ごみを処分する前に買取サービスの検討がおすすめ

ごみの処分は品目によって処分方法が異なったり、料金が変わってきたりするので、処分には予約や料金の確認など面倒が伴います。

いらなくなったものがまだ使えるような品物であれば、ごみとして処分する前に、一度買取サービスを検討してみてはいかがでしょうか。

高く売れるドットコムでは出張買取・宅配買取にも対応しているので、自宅にいながらにして不要品の売ることができます。出張手数料や送料、搬出手数料もかからず、不要なものを処分してお金にすることができます。

自治体での粗大ごみ処分すると処分手数料がかかりますが、高く売れるドットコムの買取サービスは査定から買取まで無料な上、買取代金を受け取ることができます。

不要なものを粗大ごみに出す前に、一度、買取サービスに査定に出してみるのもおすすめです。

高く売れるドットコムへ査定を依頼する

まとめ

粗大ごみを処分する際には、事前に確認しておくべきことがたくさんあります。

座間市でも独自の処分ルールがあるため、処分したいものがある時にはあらかじめ粗大ごみ処分について情報を集めておくと、いざというときに慌てずにすみます。

座間市では、ダイニングテーブルと椅子などを1セットとして回収してもらえるなど、他の市にないサービスもあるのでとても便利です。不用品が出たときは、事前にしっかりと情報収集して、できるだけ費用をかけずに正しく賢く処分しましょう。

乾太一 / 専属ライター
乾太一 / 専属ライター

あらゆるモノの買取・処分方法を熟知している高く売れるドットコムマガジン編集部のエースメンバー。疑問が多いリユースについて誰もが読んでわかりやすい記事作りを心がけています。